allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ありふれたファシズム/野獣たちのバラード(1965)

OBYKNOVENNYJ FASHIZM
ECHO OF THE JACKBOOT [英]
A NIGHT OF THOUGHTS
ORDINARY FASCISM
TRUMPS OVER VIOLENCE

メディア映画
上映時間129分
製作国ソ連
公開情報劇場公開(月の輪映画=日本海映画)
初公開年月1971/10/24
ジャンルドキュメンタリー
あなた自身の瞳の奥にファシズムがひそんでいる
思考停止した人間の恐ろしさを暴露して ライプチッヒ国際映画祭グランプリ受賞に輝く 最新のナチ・ドキュメントバラード!

ファシズムは…あなた自身の心の奥にもある!(リバイバル時)

【解説】
 ナチスの記録フィルムなどを再構成し、ファシズムの台頭していく様を描いたドキュメンタリー。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-08-04 22:00:26
ソ連モスフィルムがナチスから押収した
膨大なフィルムの中から
ファシズムに関する事項を丹念に洗い出し、
見る者に内なるファシズムに侵されていないか
問いかける内容になっています。
制作の背景を思えば、旧ソ連の国家体制をもとにした、
完全な国威高揚映画だったわけですが、
ヒットラーに関する部分などは、歴史的な資料として
貴重で興味深いものもあります。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION