allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

野生のエルザ(1965)

BORN FREE

メディア映画
上映時間94分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1966/03/15
リバイバル→東映洋画-75.7
ジャンルドラマ/ファミリー
感動の涙あふれる--人間と汚れなき動物の愛と勇気の物語
野生のエルザ [DVD]
amazon.co.jpへ

【解説】
 ケニアの動物保護官であるアダムソン夫妻は、人食いとして射殺されたライオンの子供をエルザと名づけて育てることにした。エルザは夫妻に良くなついていたが、やがて二人は一時的にケニアを去ることになる。夫妻は、エルザを動物園に入れず、野生に戻すことを決心したが……。ジョイ・アダムソン原作のノンフィクションをもとにした動物映画。「永遠のエルザ」に続く。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(演出:山田悦司 翻訳:宇津木道子 効果:赤塚不二夫 選曲:東上別府精 調整:山田太平 制作:日本国際エンタープライズ/グロービジョン)
※このデータは放送当時の情報です。
二階堂有希子ヴァージニア・マッケンナジョイ・アダムソン
柳生博ビル・トラヴァースジョージ・アダムソン
北村弘一
上田敏也
仲木隆司
加藤修
【関連作品】
野生のエルザ(1965)正編
永遠のエルザ(1971)続編
野生のエルザ(1974)TVシリーズ
野生のエルザ2/新たなる冒険(1996)TVムービー
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
644 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-03-11 00:24:55
 撮影機材が進歩したという背景に出来た、アフリカオールロケの作品。

 アフリカ物と言えば「モガンボ」や「キング・ソロモン’50年」などがあるが、ロケシーンは基本的には別撮りであった。
 これは、有名な俳優を起用していないと言う事もあるが、撮影機材が発達したことが大きいはず。

 動物の撮影としても、イボイノシシと初対決では、怖気づき、次には普通に狩をするというのは実際撮るのは難しいだろう。

 現在見るとライオンが一夫一婦制に見えるなどおかしな点もあるが、全体的には事実を元にしているだけあって良好だ。
 ライオンの先を考えぬペット化、動物園の問題など、こういった作品があって考えられるようになったはず。
 それらと当時の状況を考えると、この作品の意味と意義は大きい。

 音楽がジョン・バリーで007風に聞こえるのが大げさな感じもするが、マット・モンローの歌声は実にマッチしている。

 ちなにみライオンは狩が下手で、ハイエナの取った獲物を横取りするそうだ。
 その後ハイエナがライオンの食い残しを食べているのを見た人の話で、ハイエナが残飯をあさる動物として広まったとのこと。
投稿者:映画元気投稿日:2009-01-05 13:43:57
<元気コメント>
 動物を飼ったり、動物園やテレビで見たりして癒される時間があります。 
 ただ、人と野生動物との触れ合いというより、人間と自然との付き合い方を改めて考えさせられます。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2008/10/post-2488.html
投稿者:マジャール投稿日:2007-04-20 00:48:46
アフリカ!ライオン!大好きな映画です。
主題歌はマット・モンローじゃなかったっけ?
投稿者:あいく投稿日:2007-03-03 17:06:50
【ネタバレ注意】

人間と動物が皆こんな風になれたら良いのに、と思う作品です。

置き去りにして、次の日エルザに会いに行き、エルザが凄く幸せそうな顔をする場面が切なくて大好きです。

しかし、エルザは幸せだったのでしょうか。
人間の世界でほのぼのと過ごしきる事も出来ず、
野生の仲間になり切る事も途中からしか出来ず。
大変戸惑ったと思います。
それが、両方の世界を見る事が出来たと思えば良いのですが。
確かに、人間達と一緒にいた頃のエルザも幸せそうでした。
それに、最後に子供達と出てきたエルザもそれなりに幸せそうでしたね。

しかし、エルザだけを野生に帰して残りの兄弟は動物園行き・・・。
これは贔屓では無いんでしょうか。
兄弟が動物園で自由を奪われて生活した事を考えると辛いですが、
エルザも無理やり野生に帰らされたりして辛かったと思うので五分五分。

結局、ライオンを殺す人間達がいる、人間達を食べ殺すライオンがいる。
この条件が消えない以上、動物と人間の共存なんて不可能なのかもしれませんね。

それにしても、エルザと夫婦の家族っぷりには感動しました。
奥さんを一晩中待ち続けるエルザ。
エルザを子供のように思う夫婦には一つの家族ドラマを観ているようでした。
お気に入りの映画です。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-09-10 12:09:51
【ネタバレ注意】

洗濯物が流れ、そして小川が血に染まる…残虐なオープニング。
人喰いライオンを退治〜不本意ながら、復讐に突進する母親も射殺…3匹の“孤児”が残された…勿論、ここで放置しておくのも知恵。人間なんて完璧な行動を常に取れるものではない。動物好きの奥さんへの土産に夫は子供達を持ち帰った…

苦労してミルクを飲ませ、次第に仲良くなる人間と子ライオン。
…だが、幾ら人に危害を及ぼさなくても(狩猟すら知らないのだが)ライオンはライオン。
動物園に引き取って貰う事にしたのだが…別れを悲しむ奥さん〜彼女が一番大好きなエルザだけ、奥さんを喜ばせる為に夫は連れ帰った…
ここで3匹共、動物園に送っちゃうって選択も真。事実、夫も友達もそれがベストと考えていた筈。なのだが、そういう行動をやっちゃうのも、また人間であるような。

再び民家を襲うライオンを退治にゆき、夫がライフルに弾を入れ忘れるのが楽しい。
いや、海で遊んだり…本当に、もう家族なんだよね。

でも「環境」故に一緒に暮らす事が、難しくなる…ハンターに射殺されるかも知れない〜で夫は再び動物園行きを考えるのだが、奥さんが頑強に反対。彼女には自由を与えたい〜野性に戻る手伝いを…って事になる。勝手といえば勝手。が、人間には過去を振り返って成長し、違う行動を取るという選択が許されてる。(ラストで○△×を抱き上げないのが彼女の成長)

が、それは絶対不可能に思える選択肢でもあった…

魅力的な夫婦。車の屋根が好きな(寝ずに奥さんを待つ)エルザ。
そう、人間の勝手で檻の中に入れて、入園料を払って、餌を呉れる客に媚びて「きゃー、可愛いっ」て言われる…それも幸せなのかも知れない。(動物園に行く客も「人間って勝手だなぁ」なんて思ってたら楽しくないし、そもそも人間は勝手なものなのだ)

いちかバチかの賭け…本当に可愛がっている子を殺してしまうかも知れない行動。これは、もう勝手などではない。愛と、本当に大事と信じるもの…自由への挑戦なのだ。

投稿者:Ikeda投稿日:2005-12-28 15:49:19
この映画のエルザはずっと同じ雌ライオンなのかどうか顔の見分けがつきませんが名演です。他の野性動物にしても、よくここまで慣らしたと感心しました。ヴァージニア・マッケンナとエルザとの愛情が非常に感動的で、公開された時、人気の高い映画でした。
それなのにケチをつけるのはどうかとは思いますが、もともとエルザの両親を殺して、その子供を可愛がるというのが、人間の勝手な行動で、結局はペットとしての愛情でしかありません。それに、これだけ過保護に育てておいて、動物園にも入れず、野生に戻すのもどうかなと思いました。映画ですから、そこまで考えることはないかも知れませんが、気になる問題です。
投稿者:ともくん投稿日:2001-05-20 02:04:05
小説も音楽もヒット。
やさしい気持ちになれる映画です。
事故の知らせは、世界を悲しくさせました・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作曲賞ジョン・バリー 
 ■ 歌曲賞ジョン・バリー作曲『野性のエルザ』 Born Free
  ドン・ブラック作詞
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】野生のエルザレンタル有り
 【VIDEO】野生のエルザレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 野生のエルザ(BORN FREE)
新品:¥ 2,700
1新品:¥ 5,000より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION