allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

DOG STAR/ドッグ・スター(2002)

メディア映画
上映時間125分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル=オメガ・ミコット)
初公開年月2002/04/27
ジャンルロマンス/ファンタジー
ひと夏の終わり…「君」への想いを伝えたい・・・・。
DOG STAR [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,980
USED価格:¥ 1,180
amazon.co.jpへ

 Photos
DOG STAR/ドッグ・スターDOG STAR/ドッグ・スター

【解説】
 長年ピンク映画界で活躍を続け、近年「HYSTERIC」「RUSH!」など一般映画も精力的に手掛ける瀬々敬久監督による異色のファンタジー・ラブ・ストーリー。主演は豊川悦司と井川遥。残り少ない余生を送る盲導犬がひょんなことから人間に姿を変え、仔犬時代に預けられていた一家の娘と再会、決して実ることのない切ない恋の行方を描く。
 盲導犬は、訓練できるようになるまで、パピーウォーカーと呼ばれる仔犬育成ボランティアの家庭に預けられる。盲導犬シローのパピーウォーカーはハルカの家族だった。現在12才のシローは人間でいえばすっかり老人。主人の元ボクサー、ゴングとは息のあった名コンビだったが、ある日、信号無視のトラックに跳ねられ、ゴングは即死、シローだけが助かった。やがて落ち込むシローの前にゴングの幽霊が現われ1つだけシローの願いを叶えてくれるという。人間になってパピーウォーカーの家族ともう一度会いたいと願うシロー。すると数分後、シローは本当に“人”になっていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
540 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民生1973投稿日:2004-08-20 09:02:14
【ネタバレ注意】

生理的に好かない井川遥主演なので期待せずに観賞。井川の拙劣な演技(予想通り)はともかく、序盤はファンタジーとしてそこそこ楽しめた(石橋凌の好演ゆえか?)。が、中盤以降(泉谷しげるが車から落っこちて死に、刑事がトヨエツを訪ねてきたあたりから)はストーリーがしっちゃかめっちゃか。「明日も元気でごきげんよう」という台詞、やたらと作り手は気に入っているようだが、さして感動できないし…。ラスト(犬の夢だったというオチ?)は意味が皆目分からないし…。訓練所で井川と犬が再会したところで素直に終わらせておけばよかったのでは?
 

【レンタル】
 【DVD】DOG STAR/ドッグ・スターレンタル有り
 【VIDEO】DOG STAR/ドッグ・スターレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION