allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サイン(2002)

SIGNS

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナ)
初公開年月2002/09/21
ジャンルドラマ/サスペンス/ホラー
それは――決して気づいてはいけない兆候(サイン)
サイン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,000
USED価格:¥ 1,603
amazon.co.jpへ

【解説】
 全世界で大ヒットを記録した「シックス・センス」「アンブレイカブル」の鬼才M・ナイト・シャマラン監督がメル・ギブソン主演で描くミステリー。映画史上最高額の値が付いた脚本は、公開直前までトップ・シークレットとして扱われ、衝撃の結末には徹底した秘密主義が貫かれた。
 信仰に篤い牧師のグラハム・ヘスは、最愛の妻を突然の事故で亡くしてしまう。その時、ある霊的な現象が起きたことでグラハムは神に対して疑念を抱き、やがて牧師を辞める。農夫となったグラハムは、弟と2人の子供たちと共に平穏な日々を送っていた。だが、ある日、農場のトウモロコシ畑に巨大なミステリー・サークルが出現して以来、奇怪な出来事が続発する。幼い娘には不吉な予知能力が宿り、農場の周囲に次々と不幸が起き始める。グラハムはミステリー・サークルがなぜ自分の農場に現われたのか、それが意味するものは何なのか調べようとするが……。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 (2002)
[002]Aグリーン・デスティニー (2000)
[003]Aグラディエーター (2000)
[004]AJAWS/ジョーズ (1975)
[005]Aアバウト・ア・ボーイ (2002)
[006]Aバイオハザード (2002)
[007]A初恋のきた道 (1999)
[008]Aオーロラの彼方へ (2000)
[009]Aザ・ロック (1996)
[010]Aグリーンマイル (1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
68322 4.74
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2017-03-10 22:58:08
“シックス・センス”と同様に、単なるホラーでもSFでもありません。ただ、「オチ」があまりにも軽い。ちなみに「オチ」は「駄作」として有名な“フォーガットン”と同じです。空飛ぶ○○に乗ってくる連中ですよ。これだと「なんでもあり」になります。
ではヒューマンドラマかというと、底が浅い。キリスト教徒だって、これには感激しないでしょう。
ただ、恐怖のあおり方は、シャマランらしい。途中までは楽しめます。「オチ」があまりに軽いので、エンターテイメントと割り切れる人にしか勧めません。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 20:30:58
ホアキン・フェニックスが良いですね。
投稿者:きらきら投稿日:2015-03-31 09:55:30
宇宙人がやってきて、家族の絆が取り戻される話ですね。
荒唐無稽な話を大まじめにやることで、異化効果を狙ったんでしょうか……。

シャマランは基本的に脚本家資質のディレクターです。
紙に書けない演出はあまりできない、どちらかといえば不器用なほうなのかもしれません。
コーエン兄弟やジャームッシュだったら、もうちょっと違うベクトルへこの作品を導いたかもしれませんね。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-27 01:07:38
え? ナニコレ?
冗談? 本気? どっちなの??
投稿者:UFO投稿日:2013-11-03 20:50:51
なんだかなぁ。
投稿者:cappye投稿日:2013-01-26 14:04:02
【ネタバレ注意】

 同シャマラン監督の『ヴィレッジ』みたいなのを想像して見たら大失敗した。庭に突然現れた巨大なミステリー・サークルは一体何なのか、宇宙人からのサイン!?、と思っていたら本当にそうだった(笑)という何の捻りもない脚本に脱帽!こんな馬鹿馬鹿しい作品を俳優さんたちが妙に真剣な顔で演じているので笑える。さすが鬼才!!

投稿者:jb投稿日:2012-07-26 18:26:13
だめだった。
投稿者:namurisu投稿日:2011-05-24 15:14:10
2位は、これ。というか…他が全滅。
投稿者:クリモフ投稿日:2011-04-27 15:21:05
シャマランなんで特に期待もしないで、まぁ暇つぶしのためのSFっぽいスリラーが観たいなぁ、と思ったんですが、これはなんとも。笑える、という方もいて、その気持ちもわからないでもないですが、自分には笑えもしませんでした。
もうSFとしてみたら粗すぎて、世界規模の事件なのに宇宙人などのディテール無視。彼らは何しに来たのか。宗教映画らしいとの評に関しても、いくらなんでも浅すぎるでしょう。運命とか信仰とか考える前に、土壇場で予言なんて雑な脚本だなぁ、という印象しかない。
最後の望みとしての馬鹿馬鹿しくて笑えるかも、ということも突っ切ってない煮え切らなさが、笑えなくしています。なんか「これはスリラーじゃなく人間の再生ドラマなんだよ」っていうシャマランのスタンスが珍現象を萎えさせます。
この人、自身の演技とか見ても思うんですが、やっぱ天然なんでしょうかねぇ。メル他の役者が全力なのが、プロってすごいなぁ、って感じでした。
投稿者:scissors投稿日:2011-04-21 20:11:18
シャマラン作品を見てると、
この監督はキリスト教を敬愛しているフリしながら、
実はものすごくバカにして楽しんでるんじゃないかと思えるフシが多々あるんだけど、
これを見るとやっぱり・・・。
俗に言う「敬虔なクリスチャン」の方々は、これを見て喜んだんだろうか?
投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 00:13:13
メル・ギブソン
投稿者:GRIFFIN投稿日:2010-05-09 17:47:14
SFなんだから物語に必然性はなくても良いけどさぁ、、、。
異性人が超人じゃなくたって、弱くたってもちろんいい。

でも、現実世界にはもうちょっとリアリティが欲しかった。
弟と兄の年齢が離れすぎてないか?でもって何で一緒に住んでるの?
どうでもいいかもしれないけど、物語の外堀を丁寧に固めていかないと
少人数が主人公の物語なんだから一人一人に深みがでない。

子供の視点で、無線機使ったりアルミの帽子を作ったりと笑える作品に
するのかと思いきや、ともかく神秘的に描こうという演出ばかりで、物足りない。
何を言いたかった(したかった)んだろう、この作品で。

信仰と信心じゃ異星人は退治できないし・・・。
(なんと水!でヒネリもなし)
ともかく、僕は後者の説を信じるね。
人間は弱いし孤独だけど、それを補うための家族なんじゃないかな。
運はあると思うけど、導いたり導かれたりするものじゃぁない。偶然だ。
もちろんそれに出会うための努力が必要だけどね。
努力することに価値があるんだから、運を単に必然と描いちゃぁ身も蓋もない。http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:こじか投稿日:2010-05-06 04:52:38
わたしが初めて観たシャマラン作品。
シックスセンスのイメージと
サインの時代錯誤感に食わず嫌いを起こし、
観るわけがない…と思ってたのだが。

「!」
ふとツタヤで観かけたアルミホイル被ったポスターに釘付け。
かなり"ピン"とキタ。
予備知識は上記のみのまま即レンタルで即鑑賞したのだが…、

爆笑に次ぐ爆笑、クスクス笑いに次ぐクスクス笑い。
絵本、アルミ、メルの演技、絶妙音楽♪、ブラジルからの映像!!!
ヌメヌメの彼、それもひょこり独り、バット、水…。
もぉ〜シャマラン、トラップ掛け過ぎだょ(笑)
大体(20)00年代の一級映画に
ミステリーサークル持ってくる時点で
弁(わきま)えと意気込み充分だ。
マーズアタックよりもさりげなく、
洗練された演出でどちらからも真剣に観れる怪作です。
だいすき。
投稿者:uptail投稿日:2009-07-06 09:42:54
ホアキン・フェニックス
投稿者:幸村和投稿日:2008-11-30 01:03:44
妻の死をきっかけに捨ててしまった信仰を取り戻す男の物語…なんだけど、もうそんなこと、どうでもいい。
ホアキンと、そしてハイテクかローテクか全然わからない宇宙人、もうこれに視線は釘付け。アルミ・ヘルのホアキン、コントみたいな宇宙人とそれを見て驚愕のあまり飛びすさるホアキン、戦うホアキン…!!

こんなにストーリーの本筋とは違うところで大笑いした映画はない。
監督が真面目なのかふざけているのかわからない映画はこれ以外では「マッスル・モンク」くらいしか思いつきません。
これ、一人で見てしまったけど、この笑い、誰かと共有したかった。
あまりに珍品で☆のつけようがありません。
投稿者:花男投稿日:2008-02-27 17:53:39
近はあまり見かけませんが、テレ東とかUHFで再放送していたアメリカの白黒SFテレビシリーズみたいなテイストです。展開といい、わかりやすい伏線といい、オチといい・・・。

どこまで本気なのかよくわかんないので見ていて困ってしまいますが、あくまでも昼過ぎとか深夜に時間つぶしに観る映画としてみるとそこそこ面白いかと。
投稿者:ララルー投稿日:2007-12-20 13:53:12
このカルキンは、あのカルキンの弟なのか?息子なのか?
血がつながってるとは言え、まったく同じ顔だよ。怖いよ。
カルキン家の血の濃さが怖いよ。
投稿者:naoron投稿日:2007-08-29 14:07:49
世間では酷評されてますが、我が家では大絶賛です。
家族皆が登場人物達に感情移入でき、緊張しまくり興奮しまくりでした。

なぜこんなに感情移入できたのか。
それは、地球的規模の事件なのに、物語はごく一般の田舎家族とその周辺だけで展開するという設定。
世界の様子も、TVやラジオ等で伝えられるのみ。これはあの宇宙戦争に似た設定でかなりリアルに感じました。
特にブラジルの宇宙人!我が家でも同じように悲鳴をあげました。最高です。

インディペンデンスデイやアルマゲドンみたいな、大味でうるさいだけのSF映画は我が家は大嫌い。こういうサスペンスタッチのSFはいいですね!
投稿者:なちら投稿日:2007-02-26 13:42:25
ホアキンのアルミの帽子に、どうしても笑ってしまう。
投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-08-24 06:05:09
シャマラン監督の作品は、これから全部インド映画に分類することにする。
むろん、本作で登場した彼が完璧にインド人であったことにも由来する。ターバンはおそらく似合うであろうし、カレーも好きに違いない。
それにしてもミステリーサークルだろうとアメリカン・コミックだろうと、どんなにハリウッド的にアメリカを利用しようと、シャマラン監督はインドの監督である。なぜなら画面にあふれるテーマはインドだし、宇宙人の動きだってインド的、第一あの静けさはインドそのものではなかろうか。主人公の兄弟も、あるいはインドにルーツがあるのかもしれない。
おそらく、彼は今後百年くらいのあいだ、ハリウッドにおける最重要インド人である。
投稿者:masamami投稿日:2006-08-19 23:07:49
「シックス・センス」で騙され、「アンブレカブル」でなんだこれはとうんざりして、
「サイン」公開時は見る気まるで起きず。今夜フジテレビで放送ということで
何となく見て、あまりの酷さに唖然、空前絶後の駄作でした。
シャマランの脚本料が1000万ドルなんて単なる宣伝だろう。
1万ドルでも高い。作りもまるで低予算映画。同じ低予算映画でも
ロジャー・コーマンなどとは比較しても無駄なほどの映画的
面白さゼロ。
メル・ギブソンの演技はくどくて鬱陶しいし、チンケに1体だけ出て来る
宇宙人の造形もださすぎてお笑い。弱点が水と来てもうがっくり。
陰気な家族がアホな宇宙人と遭遇するというだけのギミックも落ちも何も
ない映画的興奮ゼロ。シャマランって詐欺師的資質があるだけの
奴じゃないの。もう映画作るなよ。それをハリウッドの馬鹿が
また作らせたようだね。この監督の映画はすべて映画そのものを
否定するだけのいかがわしいもの。見た時間返せ、詐欺師野郎。
投稿者:まくらK投稿日:2006-08-12 13:27:10
体液か体内ガスかが武器なんやね宇宙人さん
どっこからきったのっかごっくろうさんね
た〜いむ○っ○ー○♪

笑うに笑えん。どうせえっちゅうの
確信犯としてわかってやってて
そういう瑣末な事をつっこみいれる
オレなんかをあざ笑ってやがるとしたら
なぐってやるから出て来いシャマラン
投稿者:ニシ投稿日:2006-06-27 09:26:35
宇宙人の襲来を通して、一家の家族の絆みたいなのを感じさせられました。少しジーンときた映画でした。よかったです。あと宇宙人が結構リアルで、それも自分としてはよかったです。ストーリーの展開としては、所々突っ込みが入るシーンもあるけど、監督は一番に家族の愛を伝えたかったんじゃないかな〜って思いました。
投稿者:hit投稿日:2006-06-09 03:16:29
ミステリーサークルをめぐる謎解き映画だと思って見たら違った。
これは宗教映画です。(ミステリーサークルを絡めるあたりはシャマラン的)
だから、SFやミステリーを期待した人間はがっかりするし、信仰に興味の無い人はピンと来ないのではないか。
それにしても、SF的考察が不十分というかお粗末なのはなぜでしょうか?
なにか意図があるのでしょうか?
本作脚本料1000万ドルとも言われていますが、この内容でよく払ってくれたという感じです。
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-05-08 06:21:15
ホアキンが最高に笑える。冒頭から宇宙人をバットで撲殺するまで爆笑の連続。

話を広げすぎじゃないですか? ブラジルやらメキシコやら、それこそ地球最後の日・・やらが出てくると逆にゲンナリする。ある1家族の宇宙人との遭遇・・だけでまとめた方が集中して見れたと思った。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-02-10 20:33:50
弱点に爆笑。
投稿者:じゃび投稿日:2006-01-14 11:29:50
【ネタバレ注意】

 最愛の妻の臨終の言葉やバットがあることなど、すべてをサインだ!と言われても…ねぇ。神の存在を信じなさいってこと?次々異変が起こるという緊迫感、正体が見えない恐怖感があって前半戦はとってもいいのだが…、それにしてもこの宇宙人って弱すぎ!! 地球を訪問(侵略ではない)する技術力があるのに、地球には雨が降るってこと知らなかったのかぁ…。そんなあほな。と言うことでこの映画は究極のキリスト教徒のための宗教映画ってことになります。

投稿者:スワガー軍曹投稿日:2005-11-29 05:56:56
【ネタバレ注意】

宇宙人さん、地球って、雨が降るんですよ。

投稿者:さとせ投稿日:2005-11-05 19:56:23
予告のミステリーサークルとメル・ギブソンの演技を見るとホラーっぽかったのだが実際はサスペンス(かな?)。
宇宙人の造形は良く出来ていて、ラストを見せなかったのが良かったのか、
悪かったのか評価が分かれるところです。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-10-09 21:56:48
【ネタバレ注意】

宇宙人を現実と捉えられる人が最も楽しめるムービー。
初めは信じられないが、宇宙人を確信したら…これはマジで怖いよ。
結局、助かったから良かったようなものの。
愛犬は食われちゃったのかねぇ。
実際、怖くなかったら湖にも逃げないような。
人間ってものは信じると馬鹿みたいな事を大真面目にやる…が、笑えないな。
(水着特集は可哀想だけど…それどころじゃないだろ?)
…暗い画面は何か重厚な感じを受けるね。
ミステリーサークルは宇宙船の着陸マーク?
勿論、偶然は偶然。神の啓示などではない。
いや、啓示なのかも知れないが教会とは関係ない。
マーフィーの法則じゃないが、法則に当てはまらない物事は忘れ去っているものだ。
ただ、子供たちが生まれたときの話、そしてオチの喘息だったから…って部分は、人間としてぐっとくるものがあるね。
ただ、酷い仕打ちをしたと神を呪い、よくぞ助けてくれたと神を崇めるのはいかがなものかと。
必然なぞ世の中に無いのだが、みんな、何とかしようと日々頑張っているんじゃないか。〜逆に偶然も大きく捉えれば無いのだが。しかし我々にそういう手段は許されていない。
友好を求めてきた?勝手に毒ガスでも何でも嗅がされて食われちゃいなさい。

投稿者:irony投稿日:2005-08-05 07:29:08
 メルが基本にある作品ですな。しかし、テーマに対して設定が大袈裟ですな。シャマランには大金渡しちゃダメでしょう(笑)。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-06-12 21:06:58
宇宙人がメインじゃないんだよ。そこを読まなきゃなあ、おい!
投稿者:sayonara投稿日:2005-06-07 21:44:40
というジャンルがあるのかも知れない、世の中には。
映画を撮ることは上手いんだと思います。
そのうえで低予算映画的な脚本に哲学的な含蓄をこめて
高予算映画の撮り方で製作する、というやり方をしているので
感動する人もいれば、馬鹿にされたと思って怒る人もいるのでしょう。
監督はその哲学的な部分には忠実であり、
その作品の商品価値感の不安定さ、
いわばジャンルに対して斜に構える姿勢を見せびらかしながら
ジャンル映画として撮ること、それ自体の持つ批評性があからさまであることが
商品としての魅力を高めると認識していると思います。
逆に言えば定型的な作品では既に観客は満足しないと考えているのではないか。
でもこんなにがっかりする人が多いのでは
考え直したほうが良いかもしれません。
あたしはこういうの好きなんで残念ですが。
投稿者:みく投稿日:2005-04-21 23:10:20
【ネタバレ注意】

私はこの映画大好きです。とてもいい映画だと思います。
この話で宇宙人は重要ではありません。
襲ってきたのが動物でもどんな形でもいいんです。
監督が言いたかったことは「世の中に無駄なことなんてない」って
ことだと思います。
いろんな失敗も、欠点と思えることも、みんな意味があってそうなっている。
そして、今まで偶然だと思ってたことがふと何かにつながった時
神様を信じるようになるんだって。
主人公が、奥さんを亡くして、自分の運命を憎みながら過ごしていて、
でも最後にたくさん重なった偶然に、神様の存在を感じるところに
私もなんだか救われるような、ほっとした気持ちになりました。
でも大好きなんだけど、怖いからなかなか見れないんだけど。

投稿者:ASH投稿日:2005-04-03 20:50:48
【ネタバレ注意】

 世界規模で異星人の侵略が行われているらしいけど、大騒ぎしているのは主人公の周りだけ。そう、コレは意識的にB級SF映画の路線を狙っているんだろう。『ID4』のような超大作をシャラマン監督が撮るわけがない。いまどきああいう異星人を見ても驚きゃしないが、あえてオーソドックスなデザインにしたのかもね。

 ただ、シャラマン監督独得の映像センスとテンポは健在で、地下室でのサスペンスの盛り上げ方なんかはなかなかだったと思う。どういうわけか、この手の映画では喘息持ちの症状がサスペンスを助長させる。ああいう状況で必ず発作って起こすもんだよね。

 信仰を捨てた牧師が異星人の侵略を経験し、それを取り戻すというオチはそれこそ神からの啓示だったのか。難しいことは分らんが。

投稿者:すかたん投稿日:2005-04-03 03:05:50
「おっさん、そんな弱っちいくせに、高い金かけて、よその星までよく侵略に来たわなぁ(笑)」とあわれみたくなる宇宙人だな。

新宿に「殴られ屋」というのが居るらしいから、そういうバイトでもしたらどうかな?君達なら儲かるよ。うん。
投稿者:william投稿日:2005-03-04 20:38:46
というかこの「サイン」って、実はあえてツッコミを入れてもらうための「サイン」ではなかろうか?言ってみればこの作品は意図的に制作したB級映画なんだと思う。そもそも今時こんなちゃちな脚本じゃ企画が通らないだろうし、おまけになんじゃあのショボいエイリアンは・・・って感じだし。
だが所々にちりばめられた、クソ真面目な顔で放つ家族のシュールなギャグが、この重く堅苦しい世界観に一点の光を与えているように、どう考えても有り得ない冗談みたいな「サイン」が、この地球滅亡の危機を描いたSFサスペンス映画が、「実際のエイリアンなんてどうせこんなもんでしょ」というシューリアリズムを描いたSF「コメディ」映画であることを主張している様な気がする。
ホアキンがバットでエイリアンを殴っているとき、ジャイアンの姿が思い浮かばれました。それもやっぱコメディであることの象徴でしょう。
投稿者:Boss投稿日:2004-09-13 18:26:38
【ネタバレ注意】

がっかりさせられた作品ですね。やっぱり出してはいけない。出てしまっては、このようになることはわかりきっているのでは。テーマや表現ではなく、監督自身の力量のなさです。

投稿者:映子投稿日:2004-06-15 23:15:43
「アンブレイカブル」にしてもこの作品にしても作り手のすごい自己満足の映画のような気がする。何か深い意味があるのかもしれないが全然伝わってこないし、ストレートに見ると本当に馬鹿らしい。
両作品でシャマラン監督自身がすごく暗示的な役をしているのだが、両作品とも別に登場しなくても済むような人物のような気もする。
作品自体も本当にどうでもいいような作品なのだが、なんか気になる。
私にはそんな風に感じられました。
投稿者:さち投稿日:2004-06-13 11:28:29
究極に普通の作品 
投稿者:サノバビッチ公爵夫人投稿日:2004-01-08 11:07:07
これ最高。陰気な一家がくりだすギャグに大笑い。
箱庭的スケールで世界の窒息感を見事に描ききっている。
ラストが定型的すぎる気もしますが、総じてオモシロイ。
だまされてはいけない。シャマランは、道端で踏まれるのを待っているバナナの皮なんである。
投稿者:hide0921投稿日:2003-12-07 12:47:13
【ネタバレ注意】

高値の脚本をどうしたかった??宇宙人が出てきたときは目茶目茶笑った。まぬけすぎ!期待してみると裏切られるが、期待しないでみるとそこそこ楽しめる。派手なシーンを全て排除した「インディペンデンス・デイ」ってところか?(かなり違うな)。これをみるなら「TAKEN」を観た方がいい。

投稿者:リザード夫婦投稿日:2003-11-04 19:18:18
【ネタバレ注意】

とにかく、3部作に共通してるのは、一流映画ではなく、
世の中支えてるのはB級映画だということを再認識するところ。
まさか、今回は「人類SOS・トリフィドの日」で来るとは・・・。
とにかく、50〜70年代のSF・ホラー大好きな人向け。
さて、次は・・・って、この手のはもう作んないのかな?

投稿者:ゆーき投稿日:2003-10-28 14:25:38
【ネタバレ注意】

ものすごい酷評だったから、まだ観てなかった作品だったが、やっとこ観た。
酷評を聞いてからだったので、思ったよりは楽しめた。「なにかいる!?」という感覚を映像で伝えるのがうまい作品だが、その「なにか」が具体的に出てきてしまうので、かなり薄い印象の作品になってしまった感じがした。全体で言いたい事は「信仰」かな?まあ、この監督、シックスセンスが良すぎた感もあって、ちょっと不調な感じがする。★★☆

投稿者:のうずい投稿日:2003-08-30 21:22:28
【ネタバレ注意】

シャマランって前2作に共通するのは、
対極の存在を描いてるという事だよね。

「シックス・センス」では生と死、「アンブレイカブル」では善と悪。
そして今作は・・・まぁ今回も善と悪と言えるかもしれないけど、多分、
神と宇宙人というのは同一線上の両極だと思うんだよね。

どういう事かと言うと、どちらも未だかつて誰もその存在を確かめた事の
ないもの・・・と言えないだろうか。
そう考えると、神を信じるなら宇宙人の存在も信じないと嘘だよアンタ、
という事になると思うんだよね。
だから宇宙人を登場させる必要がそこで出てくると・・・。

これは男が信仰を取り戻すまでのお話しなのだから、どうしても神の存在を
信じられないと言うのなら、もう一方の対極(同レベル)にいる存在を登場
させないと、つり合わないと考えたんじゃないだろうか。
そう考えるとこの作品、俄然おもしろくなってくるんですよ。
なるほど、と思えちゃう。(ま、俺だけかも(笑))

それからもう一つ、実は答え(らしき)事は最初にすでに言われているん
じゃないかな。カルキン坊や扮する子供が「神様がやったんだ」と言って
るんだよね、実は・・・。これは見落としがちだけど、シャマラン作品には
これまた共通して最初に常に答えが出ている(そしてそれを我々は見落とし
ている)というパタ−ンがあるんだよね。
ミステリ−・サ−クルがイコ−ル宇宙人の仕業だとかってに思い込んでいる
だけでしょ、我々が(笑)
だって未だにそんなもの誰も解明できてないんだし。

とにかく、俺はこの作品好きです。実はかなり崇高な作品だと思う。
あまりにもシンプルすぎて、そしてシャマランの作品は自己の哲学の領域に
傾いているから、けっこう勘違いされて毛嫌いされやすいかもしれないです
けどね。

投稿者:くまどり投稿日:2003-08-12 20:21:10
【ネタバレ注意】

 映画の分かり易さというものが、文化に根付くのは、ご承知の通り。
 これは、信仰についての映画というよりも盲信についての映画だろう。
 これは、逆説の映画なのだ。
 この映画を見て、
”あの宇宙人が友好を求めて、命取りにもなりかねない弱点がある場所に来た者たち”という視点で見てみたら、どうだろうか?
 「そんな馬鹿な!」
 そういう意見がほとんどでしょう。
 では、一度でもあの宇宙人が積極的に人を襲っているシーンがあっただろうか?
医者の家に入ってきた/テレビで流されたニュース/家を取り囲まれた/地下で手を伸ばして首を掴んだ/子供を抱え、ガスをかけた/最後、庭で。
よくよく思いだしてみれば、一度たりとも積極的に襲ってきたことはないのだ。
医者の家に捕まっていた宇宙人が襲った→医者は無事であり、逆に水が苦手だと知ったし、指を、包丁で切られていた。
テレビで流されたニュースで実際に襲われているシーンは映ってない。
家を取り囲んで、あの科学力があるのに、ただ叩いているだけ?
地下で伸ばされた手に、誰も傷を負っていない。(殺す気なら、例の指から出るガスを流せばいい)
毒ガスで子供を殺そうとしたはずが、子供は死ぬどころか、呼吸停止から蘇る。
最後の庭で、バットの攻撃に反撃したが、あの家にはたった一人で襲いに来たのか?しかも、宇宙人から攻撃していない。
 こう読むことは出来ないだろうか?
友好を結びに来たが、会話が成立しない。
しかも、弱点である水を盾に攻撃され、撤退命令が出た。
が、ある家では、子供が自分を見て、倒れてしまった。
薬を与えようとするとその身内が、バットで襲ってきた。
殺される。すでに仲間は戻っている。逃げなければ!
だが、弱点の水をかけられてしまう。
苦しい。やめてくれ。打ち下ろされるバット。
 そう、田舎の一軒家で、あの元神父の一家は想像で書かれた本とテレビの情報だけを鵜呑みにしている。しかも、神に結びつけて、すべては必然だと思いこんでいる。必然?すべてが?有り得ない。あり得るのか?
そう、あの映画の主人公はあり得ると思いこんでしまった。何しろ、元神父だから。盲信にかすんだ目で見れば、何もかもそう見えてしまう。
情報はその人が、見たいように見えるのだ。
イスラム教徒を、キリスト教に改宗させるようなものだ。
 あの仕掛けまくりのシャマラン監督が、誰もが指摘出来るミスをここまで愚直に繰り返すと言うしつこいまでの仕掛け。
 そんな脚本にハリウッド史上最高額を払うとでも?
ビデオで、DVDで繰り返し観る時代に、あれを?
キリスト教徒の方が、映画内の矛盾に気づきやすいからこそ、それらの国で
大ヒットしたのではないか?
水が無くても、あんなに弱い宇宙人が武器を使わずに攻めてくるのか?
攻めてきたと見れば、そう見えるし、友好を求めてきたと思えば、そう見えやしないか?これはまさに、この現代におけるメディアを戦争を揶揄した映画だったのではないか?
 シャマランはスピルバーグを尊敬していると公言している。
 スピルバーグにも「サイン」と同じ映画がある。「未知との遭遇」だ。
「サイン」は「未知との遭遇」と全く同じ構造で出来ている。
一人の男が、宇宙からの来訪者によって、自分を取り戻す話だ。
2本の映画の主人公は同様に信じる事で救われる。片方は外宇宙の知的生命を、片方は神を。彼は、自らの憧れたのと同様の、未知と遭遇する男の寓話で、
時代へ鐘を鳴らしているのだ。
 もちろん、これは、ひねくれた見方だ、といわれることも受けよう。
 だが、第二次世界大戦時に日本人の蔑称に”エイリアン”というモノが
あったのをご存じだろうか。
 「サイン」は、インド人シャマランから、現代アメリカへの警鐘である。
 このハリウッドでトップを張る希少な黒人でない有色人種監督は、
きっと、観客を信じているのだろう。そして、映画を。
 この視点でもう一度この作品を観ることをお薦めする。

投稿者:リザード投稿日:2003-08-11 23:45:39
私はそんなに駄作だとは思わなかったんだけど…(笑)だけど、確かにね、
ミステリーサークル=宇宙人ってのは割と平凡だし。ラスト、本当に宇宙人
出てきちゃったし。でも、登場人物少なくって、宇宙人も出てくるまでは、
一体「何?何?」ってカンジだったし、良かったと思いますよ。
私の場合、逆に「シックスセンス」の方が、ラストのオチが判っちゃったの
で(どなたか書かれてましたよね?)こっちの方が面白かったです。
投稿者:well投稿日:2003-07-23 15:12:08
ビデオを借りて見ました。見る→睡魔に襲われる→中断→見る→睡魔→中断の繰り返しで、見終わるまでに異常に時間がかかってしまった。何かヘンな電波が出てるのでは、、?と疑いたくなるほどの強烈な睡魔でした。

ボーがすっごくかわいい、ということの他には見るべきとこのない作品だと思います。

(途中ハーシーのチョコが食べたくなった。)
投稿者:dungeorn投稿日:2003-07-09 01:54:44
シャマランは確信犯なんじゃないでしょうか。いつかB級、カルトと言われたい人なはず。だっていつも笑えるもん。
投稿者:jimpei投稿日:2003-06-30 04:38:32
宣伝がマズイ…。
個人的には、シックスセンス→アンブレイカブル→サインと
作品を追う毎にオモシロクなってきているんだけどなー。
シャマラン監督作品は映画としての重厚感があって好きなんですが、
サインのオープニングクレジットを見てもわかるように
「オレって、現代の巨匠でしょ?」みたいなのが
ちょっと鼻に付いてしまったりして(笑)
監督の演出力とカメラマンの才能には、ただただ脱帽。
次回作も絶対に観ます。
投稿者:だんり投稿日:2003-06-22 23:14:46
【ネタバレ注意】

ん〜 シックスセンスと予告編は観ていたので結構期待して観たんですけどねぇー。ちょっとどころか非常に期待外れでした。ラストは『エッちょっと待って。これで終わりッ』って感じでしたね。確かに途中でハラハラする場面はありましたけど、大したこと無かったし・・・でも、『最後には何かあるんだろう』と思って観てたんですけど何もありませんでした。期待していた分、落ち込みも大きい・・・

投稿者:投稿日:2003-06-10 09:27:14
『シックスセンス』は大好きでした。
でもそれ以降のシャマラン作品は、どうしても駄作に見えてしまう・・・。
ひねりがなさすぎ。
投稿者:ヤン提督投稿日:2003-05-28 22:04:47
【ネタバレ注意】

もし神の意思が存在し、大切な人の死に際に出会えるとしたら、
どんなことを言って欲しいだろうか?

半身になろうとも意識がある奇跡
神が与えてくれた最後の時間のはずだった。なのに、
「見て」「打って」
そんな最後の言葉で
その人の人生と死をどう理解しろというのだろうか

彼は神に見放されたのか?
神の意思など、もともとないのか?
ただ、偶然に生かされて
ただ、偶然に彼に伝えたのか
あの訳のわからない言葉を

しかし、その言葉は彼女からの最愛の人々を守るためのサイン

人生は、起こってしまった事実ではなく、
なにを信じるかによって救われるのかも知れない。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/8126/

投稿者:ぶう投稿日:2003-05-23 05:03:01
【ネタバレ注意】

CMでは本当に面白そうで、ミステリーサークルを科学的に解くと思った。
・・・それがまさか本当に宇宙人が出るなんて。
もっとひねって、観客びっくりさせてくれって思ったわ。
つまんなかった。

投稿者:ズーコ投稿日:2003-05-12 09:50:20
【ネタバレ注意】

鑑賞中、「また訳のわからないオチか、無意味なオチで終わるの?」とウンザリしてしまったが、正当な終わり方で気分すっきり!
バカにした意味ではなく笑えるし、緊張感もある。
監督の前作2作品と比べれば雲泥の差。
少なくとも「ウソ」をついてないからね。
ヒッチの「舞台恐怖症」より悪かったよ、前々作は。
でも、シャマランはヒッチに信奉してるんだよな…
「ウソ」はそこで学んだのか?

投稿者:ねたろう投稿日:2003-05-12 03:45:45
途中までは、とにかく眠かった。

ラストあたりになって、面白さとはまったく別の感情で眠くなくなった。

それがあまりにも悲しい。
投稿者:ちょび投稿日:2003-04-30 21:09:55
シャマラン監督のことだから、最初からなにか秘密があるのだろうと構えて観てましたが、最後の最後まで結局大事な部分は出てこないので、さらっと最後まで流して観たほうがいいですね。最後の「奇跡」にたどり着くのには長すぎる前フリでした。
宇宙人が人間の面影ありすぎで全然「恐怖」がない。狂った殺人者に狙われた家族の映画と言っても途中から見た人は通じるのでは・・・
例のごとく監督出てくるし。「あなたも好きね」ってな感じで微笑ましい。
奥さんが最後に言った「打って」はわかるけど、「見て」とは、どういう意味??うーん、だれか教えて下さい。
投稿者:Grand-ma投稿日:2003-04-24 19:07:56
個人的には理解できましたね。
シャマラン監督っぽいといえばぽいです。
ただオチへの持って行き方は「シックスセンス」によく似てたなぁ
結果嫌いではないが大絶賛ってほどでわ。

でも娘のボーがかわいかったネ
投稿者:レグルスオート投稿日:2003-04-16 17:09:39
某TV番組で お○ぎ と ぴ○こ とかゆうオカマが絶賛してたんだけど、こやつらが褒めまくる映画って、タイテイつまらないので、あまり期待してなかったけど、ヒドすぎで、びっくりでした。特に最後は、はぁ???でした。観終わって思ったこと、時間の無駄使いだった。
投稿者:genocide投稿日:2003-04-11 22:48:03
この映画、何も期待しないで、
身構えずに見てれば、結構面白かったかも・・・。

副題は「がんばれ!ホアキン」に決定!(笑)

投稿者:Shakespeare投稿日:2003-04-06 16:18:45
意味不明なかんじがよかった。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2003-03-30 19:25:30
眠っているところを起こされて「ん・・ハッ」となるホアキンがかわいい。テレビで宇宙人を見せられて「アーッ」と律儀に驚くホアキンがかわいい。「水着特集」のビデオを録画に使われてしまう時の「あ・・」という地味な反応がかわいい。この映画でのホアキンは本当にいいヤツ。この映画で私がビクッとしたのは犬がワン!・・て吠えた時だけ。後ろでガーガーいびきをかいていた方。寝ていて正解でしたよ。ホアキン目当ての私は満足しましたけど、この作品は得るはずのもの(感動・満足感・啓示など)がなにひとつ観客に返ってきません。その意味では「金返せ映画」だと思います。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-21 04:50:47
あー、おもしろくなかった。
投稿者:movie_theater投稿日:2003-03-16 14:19:32
【ネタバレ注意】

この映画はミステリーサークルや宇宙人、UFOなど出てきますが、これらはあくまで_Signs_を描くための-手段-であって、-偶然をただの偶然と捉えるか奇跡と捉えるか-というテーマを語っているわけです。P.S.実際はミステリーサークルは人間の手によって作られています。

投稿者:valley投稿日:2003-03-06 10:55:48
DVDで見ました。なので、多少評価は低めです。
…が、これなら60年代のロッド・サーリングのテレビ番組
「ミステリー・ゾーン」の方が全然面白いです。

そもそも脚本が映画向きじゃない。
これは舞台用です。
映画ならではのビジュアルによる感動がないです。
すべてセリフとト書きで頭の中で理解させる映画。
投稿者:メリタ投稿日:2003-03-03 13:31:18
【ネタバレ注意】

けっこうひとりで見ているとドキっとする場面はあります。
うーん、でも脚本ってそんなにすごいのかなぁ。宇宙人の侵略だけの話しだと退屈だから、家族愛のテーマを盛り込んでみたりしてます。でもそれって、パニック映画にあるどうでもいい恋愛劇と同レベル。地下室に避難したあとは、パニックルームと似たような感じでした。バットで宇宙人を殴るというのは、どうなの? どうせなら最後まで宇宙人を見せない方がよかったのでは?

投稿者:JBJ投稿日:2003-02-22 15:37:12
監督の技量やセンスがいくらよくても、楽しめるものでないと娯楽作とは言い難い。一部のマニアに絶賛されるものはカルトといいます。依って、この作品はカルトといわざるを得ないでしょうね。観客の殆どは“オチ”を期待してるのにあれはないよなぁ。それを裏切ってまでも上回る作品でもない。映画の勉強とシャマランの技量を堪能したい人はどーぞって感じですね。
投稿者:s-stilish投稿日:2003-02-11 05:55:55
 巷では物語のオチが、とか宇宙人はね〜、とかいっているが、そんなところにこの映画の真髄、おもしろさはない。登場人物の再生といったテ−マに向かって進行していく過程にこそ、この映画のおもしろさ、素晴らしさがあるのだ!
ヒュ-マニズム溢れるテ-マと、それとは似つかわしくない超自然的なギミックとの融合、「シックス・センス」の時から一貫してこの斬新な手法で観客をひきつけてきたシャマランの手腕はみごとという他ない!ひとつひとつへのこだわり、そして映画の演出が絶妙なのだ!(小道具、効果音など)
 シャマランは、よくスピルバーグと比較してみられる。双方とも観客を楽しませる娯楽作品の作り手として、天才的なセンスを持ち合わせているからだ!しかし、最近、俺はスピルバ−グの作品にはやや食傷気味だ。あまりに形が完成されすぎて、素直にエンタ−テイメントとして楽しみが薄いのだ!観るものの好みにもよると思うが、俺は断然シャマランの方が楽しめる!
 実際に劇場では、その大気の様につかみどころのない作品の雰囲気、様々な表情を併せ持った効果音に、緊張感を保ったまま終盤まで。そして、物語の終了後に得られる安堵感。そう知らぬ間に映画の世界にとりこまれた自分がそこにいたのだった。久々の興奮と感動!これぞ劇場で観るにふさわしい娯楽大作だ!!
投稿者:baja投稿日:2003-01-17 00:03:23
【ネタバレ注意】

ミステリーサークルには違った意味があるのかな、と期待してたが結局そのままじゃん。エイリアンに至っては古典的な容姿そのもの...撃退のしかたなんぞも〜腹が立つ!映画のいたる所にサインが、と劇場パンフには書いてあったが、それがどーした!金返せ。

投稿者:cario投稿日:2003-01-16 06:54:52
下のジャンキーさんに激しく同意!みんな演技がわざとらしくて見ているのがつらかった。どんでん返しを期待して最後まで見ていた自分が恥ずかしくて情けなかった。
投稿者:miya投稿日:2002-12-29 04:54:47
【ネタバレ注意】

めちゃめちゃ緊迫感のある映画だったから
宇宙人が本当はいいやつだったとか、
最後のオチをわくわくし考えながら見てたら、
おい!!!!そのままかよ!!!!
ある意味最強のオチでした・・・

投稿者:panpan投稿日:2002-12-04 01:11:32
【ネタバレ注意】

う〜ん!!最後には絶対予想外の展開が・・・・と思っていたのに、そのままでした。あの宇宙人はバンデル星人と同じくらい低予算で弱いのである。
30年前のガメラの方がよくできたぬいぐるみである。

投稿者:michan0829投稿日:2002-11-28 21:04:54
【ネタバレ注意】

いやー、びっくりした。
シャマランってこんなB級監督だったのね。
このノリはまさにB級SFだよ。

きっとなんか凄いドンデンがあるのだと思ってたら、
なんだ、そのままかい!!!
しかも宇宙人やすっぽ!

前半は睡魔に襲われたが、後半は
まるで矢追純一監修UFOスペシャルのようで
かなり笑えました。
ここまでくると立派なカルト映画です。

投稿者:John投稿日:2002-11-17 00:54:43
観終わってほんとため息でました。がっかりです。
緊張感も笑いも家族愛もあったね。だからどうなの?中途半端なんじゃい!!!
伏線とか言ってたけどわかりやすすぎだし、いっぱいあればいいってもんじゃないよ。
それと宣伝とストーリーが違わすぎやしないかい???
もうシャマラン監督には期待しません。でも気になって次回作も観てしまうんだろうな・・・
はあ〜〜〜
投稿者:TANGO NOIR投稿日:2002-11-01 01:52:27
【ネタバレ注意】

シャマラン最高!!っつーか宇宙人弱すぎでしょ!!!
すっげえー楽しめた。ドキドキさせられ、笑わされ、感動もした。
俺がこの映画を観たのも、『サイン』なのですね。
ある意味、今年のバカ映画第2位です。(1位はズーランダ−)

投稿者:ポッパー見習い投稿日:2002-10-25 16:21:01
じつはホラー(スリラーですか?)を映画館で見に行ったのはこの「サイン」が初めてです。
評価は分かれてますが、俺は素直に恐かったです。
もう、全編通して緊張しっぱなし。
しかしあのミステリーサークルは?「ミステリーサークルにまつわる映画」と宣伝してたのに、途中から全然出てきてないじゃないですか。あれが何の「サイン」かも詳しい意味は分からなかった。
あとねえ、派手さがないんですよ。UFOがもうちょっとはっきり出てきてくれれば面白かったかも。だってテレビの汚い映像に小さく出てるだけですもんねえ。
後、信仰についての話も、なんかストーリーに無理矢理くっつけただけのような気が・・・・それでもクライマックス近くのお父さんの息子への話は素直に感動できましたけどね。
いろいろ突っ込みどころはありましたけれども、でも映画自体はそれを感じさせないほどいい出来であったと俺は思います。
でも〜、やっぱもうちょっと金かけてほしかったかな。シャマランさんは儲かってるんだから。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-10-24 20:35:34
「インソムニア」でも思ったのだが、最近は作品とまったく違った雰囲気を持つ予告編で観客を煽ることが多くなったと思う。本作も、予告編はSFホラーかサスペンスという感じの宣伝、しかも監督が監督だけに、何か衝撃のラストがあるぞ〜と煽りまくり。これに期待して劇場に行くと・・・ちょっと・・・ですな。
そう言ったことを抜きにすれば、人間の心の迷いと救いを描いた普通の作品という感じ。「まあ、よろしいのではないでしょうか」という感じで、ストーリーの進むテンポが悪いこと以外はあまり気にならなかった。ただ、この普通の主題を描くのに、ミステリーサークルだなんだが必要なのかは疑問。もうちょっと、正攻法で描いた方が、万民うけするいい作品になったかもしれない。
投稿者:meg0313投稿日:2002-10-24 18:51:35
【ネタバレ注意】

個人的にはやられたっ!って感じですね。
シャラマンのことだから後でなんか凄いことが起こるはず!って思っていたら素直に宇宙人が出てきた!でもスクリーンの中で子供達がキャーキャー言ってて、物語の中でも衝撃的なシーンだったはずなのに、私はあの緑の者が「ごっつええ感じ」の卵産むキャラクターに見えて、出た瞬間に笑ってしまった。

投稿者:Clash1977投稿日:2002-10-24 04:57:47
 ”誘う女”で目の離せない役者となったホアキン・フェニックス、どんどん良い俳優になってきた。電波遮断用帽子を真面目な顔で被っていた彼の顔が眼に焼きついている。この映画は”エクソシスト2”のようにカルト・ムービー化する要素を持った怪作で、この先も末永く語り継がれるのではないか、監督の意図とは関係ない所で、という気がします。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-10-20 17:41:45
どうせやるなら「宇宙人」役の方が良かったと思う。。。
投稿者:Tetsuya!投稿日:2002-10-20 09:59:20
【ネタバレ注意】

はらはらドキドキと大きな音のびっくりの前半ですが,後半はどっかのストーリと同じ水での撃退の展開でした。誰かのコメントにもあるように,宇宙船を作れて,しかも侵略するのなら「事前にもっと調べろ」といいたくなるぐらい,おそまつな内容でした。安い制作費で仕上がったのでしょうね。内容的に期待はずれでした。

投稿者:まっけん投稿日:2002-10-12 12:35:41
【ネタバレ注意】

超大作てきなふれこみのわりに、なんか、カルトっぽい作品。
ヘンな映画が好きな僕は「アンブレイカブル」に続いて楽しめましたけど。
なんでヒットしたのかが不思議。
だって、別に、家族愛を描いた感動作!(そういって宣伝してるけど)じゃなくって、ただのヘンな映画なんだもん。

「あなたに起こるすべてには意味がある」というメッセージが、
9,11テロ後のアメリカ人に響いたってことですか?

なにがヘンかっていうと、
映画の構造そのものが、オチのためにつくられてるって、ことですかね。
この監督、日本の「新本格」系のミステリー読ませれば、ハマると思うよ。


あきらかに「ウ××ズ」の「う×××××そう」と同じストーリイなのに、
なんか、崇高な映画っぽくみせる、「なにも明かさない」方式の宣伝は
大好きですが。


でも、惹句があいかわらず「「シックスセンス」を上回る衝撃」なんだよね。
「アンブレイカブル」のときもそういっていたのに。
さて、次回作は、もう、そんなに客ははいらんのじゃないですかね。

投稿者:witchfinder投稿日:2002-10-09 21:54:34
【ネタバレ注意】

かなり小規模の「インディペンデンス・ディ」かな・・・こりゃ。

投稿者:ヒロリー投稿日:2002-10-06 17:35:44
【ネタバレ注意】

僕の周りでも酷評が多いですが、僕自身はとてもGOODでした。
何が出てくるのかという緊迫感、恐怖感がしっかりと伝わってきましたし、
感動するシーンもあり。(友人号泣だったし。)
確かに宇宙人が出てくるところで「あ、出しちゃった」って感じですけど、
まあそれもアリってことで。
SFを題材にしているサスペンス(?)な感じが新鮮で良かったです。

投稿者:dadada投稿日:2002-10-05 06:31:57
フラッシュバックと共に訪れるシャマラン映画定番のクライマックス!
さて、今回は!...「モノは考え様です!」とでも言いたいのかぁ?!どんでん返しというより、威丈高なメッセージだぁ!
これは、チョット笑える...つうか、この監督の自縄自縛状態がハッキリと見て取れて吹き出してしまうっつうか...。
映像、音響ともに結構センスがあって、イイ感じに展開されていたSFホラー風家族ドラマは、このクライマックスのためのネタふり?...それじゃぁ、少々、勿体ない気がする。プロットの組み立てとしては、まず、オチありきなんだろうけど...うーん...宇宙人がハッキリと姿を見せて展開される怒涛のクライマックス...やっぱ、それまでの物語の流れからするとなぁ...残念ながら、逆にここだけ突飛な印象が残る。
とは言うものの、前作「アンブレイカブル」では、この監督さんの巨匠にでもなったつもりの様な横柄な語り口に辟易としたけれど、今回はサービス精神が旺盛なので...それなりに楽しめました。
投稿者:Gordon Shumway投稿日:2002-10-04 17:02:33
【ネタバレ注意】

なんだかなぁ。(コージー富田がまねする阿藤快で)
宇宙人・・・。宇宙人じゃなくて別のものではいけなかったのでしょうか?(しかもその宇宙人がまたちゃちいというかなんというか。)テーマは悪くないのに、何故宇宙人?シャマラン監督は”普通”の映画はもう作れないのでしょうか?『シックス・センス』の呪縛なのでしょうか。
でも、お手製製の”ヘルメット”を被ってソファーに座る3人よかったです。映画館中が”ぷっ”ってなりました。ブラジルからの映像に心底怯えるホアキンがまたいいですねぇ。

投稿者:かーず投稿日:2002-10-04 09:40:33
パニックルームよりこの家の方が頑丈だった。それだけで最高。
投稿者:いである投稿日:2002-10-01 13:46:19
【ネタバレ注意】

宗教的な寓話にすぎないことは理解できるし、それはそれで面白かった(妻の最期の言葉の意味とか)けど、いくらなんでもあんなにひねりがないんじゃねえ。もうこの映画、私には「宇宙人にケツバット!」という落ちしか記憶に残りません。
SF者としては、こんなストーリーにSF的なアイテムを使うなと言いたい。オカルトものに徹してよ。
ところでメル・ギブソンってば、『パトリオット』といい『ワンス・アンド・フォーエバー』といい、最近アメリカ的価値観に媚びすぎている気がする。

余計なことかもしれませんが、皆さん、神父ではなく牧師です。やはり日本人は、キリスト教とは縁遠い。

投稿者:たけちゃん投稿日:2002-10-01 04:55:36
【ネタバレ注意】

あんな高度なUFOを作れるほど頭がいいはずのエイリアンが、まさか地球の3分の2を覆う水の存在を知らなかったのでしょうか? だとしたらホント、勉強不足の奴らです。さらに、あんな高度の文明をもっているはずのエイリアンがはだかで武器も何もなくうろつくというのも気になって仕方ありません。この映画をみてからというもの、頭の中にうずまく???で夜も眠れません。

投稿者:Lee投稿日:2002-09-30 18:14:37
【ネタバレ注意】

なんかの方が面白かったような気がしますが、本当に宇宙人が出てくる点で、「シックス・センス」よりははるかに衝撃的なおち。

取り去った十字架のあとが壁に残っているショットがありますが、あれが本作でいうところのサインなのでしょう。

投稿者:桃太郎投稿日:2002-09-30 16:47:02
 ストーリー的にはべたべたなUFOもので、ひねりとかは一切なしのストレート勝負。「え?え?え?」と思いつつもなぜかスクリーンに目がくぎ付け。映像の持つ雰囲気とか怪しげな音楽、この辺は相変わらずうまいと思った。
 最後のどんでん返しや奇抜なストーリーを期待しすぎなければ充分楽しめる。
投稿者:garp投稿日:2002-09-30 00:17:59
期待してなかったので(じゃあ行くなよ‥‥)
思った通りになり、清々しかったです。
だって今さらUFO映画なんてねぇ‥‥。
恐らく低予算である(メル・ギブソンの出演料くらいだろう)
と思われるので、アイデア勝ちだったのではないでしょうか。
ミステリーサークルがサイン、なんて
やっぱ、ちょっと観たくはなりますもんね。
このテーマなら、何も宇宙人の侵略に絡めなくてもいいんだから、
やっぱり宣伝し易い、このアイデアの勝ちです。
それにしてもチンケな話しだったなぁ‥‥
投稿者:かっこう投稿日:2002-09-29 00:06:02
スリラーを期待して見に行ったのに、ここまでベタなSFとは…。
そして、いきなり始まって展開が怒涛すぎる。

中盤はまあ、ドキドキしてたんですけどね。
ブラジルの映像は本当に衝撃的で良かったです。
だけど、そのままの展開だったなあ。
投稿者:ながべえ投稿日:2002-09-27 00:48:40
「最愛の妻を事故で亡くして…」ってところはどういった意味合いの設定だったんでしょうか??
どのシーンに掛かってくることなのか、いまいちわかりません…
投稿者:shinjuan投稿日:2002-09-26 21:37:21
とてもしんどい映画でした。がっくり。
投稿者:cornhead投稿日:2002-09-24 21:59:57
【ネタバレ注意】

もしかして皆さん、宇宙人の撃退法は、バットで殴る事だと思っていらっしゃります?

投稿者:シリル投稿日:2002-09-24 19:12:47
監督本人が出過ぎだと…。
下手とは言わない、でも重要な役なのに…。
シーン間の暗転や俳優の使い方に優れた監督なのに、オーラ(この監督の作品の場合、妙なリアル感)が感じられないキャラがいるとそれだけで作品の魅力半減…。
信仰を失うほどの辛さがメルギブソンから感じられただけに残念です。

とは言え、楽しませてもらいました。
宣伝をミスってるのが返す返すも残念。
(謎解き作品じゃないじゃん!!!!)
カルキン君さすがに似てるね♪
9月はアバウトアボーイと言いインソムニアと言い個人的に当たりが多くてうれしかった。
投稿者:yumicchi投稿日:2002-09-23 16:44:41
すっごい、面白かったです。怖さとどことない可笑しさと、
最後、アレの意味がわかった時の感動と。
やっぱりシャマランは面白いなぁと大満足でした。
米国でもまだまだ上位にいて、累計2億ドル超えてるし、
概ね評価は高いんじゃないでしょうか。
前2作も良かったし、ますます信頼度UPですな。
それにしても世界的大事件なのに、舞台のほとんどがあの家に
限られてるところが、なんとも可笑しいんだけど、
だからこそ滑稽にならずにリアルに感じられたのかな。
あと、ホアキンがすごく良かったですね。
メル・ギブソンの映画って「リーサル」シリーズ以外は
メル・ギブソンしか目立たないんだけど、
これはみんなキャラが立ってて良かったです。
シャマランは次も観にいきますよ、私は。
ここでは悪評ですが、みんな欲張りすぎちゃう?
投稿者:やすたけ投稿日:2002-09-22 23:41:19
【ネタバレ注意】

『シックスセンス』はもちろん、巷ではいまいちの評判だった『アンブレイカブル』も、映画は所詮お話の世界、なんでもありで面白ければオッケーじゃん、という僕にとって、引き続きの今作品にも多大なる期待を寄せていました。

が、・・・うーむ、今までのニ作品でもゴーストやアニメヒーローなどという現実世界に「お話」の要素を盛り込んで、それをうまく使い最後のどんでん返しにつなげていたのに、今回のは正直、え?これでおしまいなの?という消化不良感が多分に残りました。
今までの作品に比べ、あまりにストレートで、どんでん返しっぷりが足らなかったせいかな?
あと、エイリアンをバットで殴って撃退するとかといった、いくら「お話」にしてもその設定はいかがなものか的な場面が多かった事ものめり込めなかった原因でしょうか。
『アンブレイカブル』も相当にお話チックだったけど、あれはあれでそういう世界観に徹底してたから、これはこれと納得して観れてましたが、なんだか今回のは中途半端な感じで。

ともあれ、『シックスセンス』のおどろきを再び!ということで、次回作を早くも期待しています。





http://www2.odn.ne.jp/~chs45160/

投稿者:トリガー投稿日:2002-09-19 00:20:49
まさかこんな結末で終わってしまうとは・・・、
とてもシャマランとは思えない。
しかし、シャマランだからこそもっと奥深いものがあると
疑ってしまうのも事実である。
ここまでストレートに伝えたいことを伝えてくる彼は初めてだ。
奥深さが足りなかった(もしくは俺の頭が足りない)のだろうけど
ここ最近の作品のなかではかなり面白い部類の映画ではあった。
もちろん、頭カラッポにして観ていて面白い映画という意味で。
個人的には「シックスセンス」「アンブレイカブル」より面白い。
投稿者:米どころ投稿日:2002-09-18 20:15:37
まあ、駄作ではないけれど、傑作でもないし、カメラの使い方で監督の技量は十分判断できる。
でも、このストーリーに関してはやっぱりいまいちかな。
アンブレイカブルなどの作品を見た後だと、どうしても違う作品で語ってる事は違っても受け取り側としてはどうしてもね・・
確かに、見る側としてはこれからどうなるのかという、勝手に緊迫したシ〜ンを創造してちりばめられたギャグシ〜ンに笑ってしまうけど、ここまで期待させといてこれでは・・・

これから見る人には内容は言えないけど、面白かったとも言えないし、面白くないともいえないし、まぁ、どうでしょうか・・・
投稿者:ヤンタン投稿日:2002-09-18 15:30:33
【ネタバレ注意】

むつかしい〜。何がって、受け入れるのが、、、。これは今までにない
新しいジャンルなのかも。確かにハリウッド的パターンには飽きてるん
だけど、でもシャマランの映画を見ると違う!とか思うわけよ。
て事はやっぱりパタ−ンを求めてる自分がそこにいるという事になるわな。
新しいものが見たい見たいと言っておきながら、感動の仕方までも
パタ−ン化してる自分に気付かされるんだよシャマラン映画は。
これを新しいと受け止められるかどうか、そこに掛かってくるね。
う〜んむつかしい、、、。

前2作とも主人公たちの事を表したタイトルなんだから、今回もよく
考えればサークルの事を言ってるんじゃないって分かるよね。
それからいつも一般家庭だけに焦点を合わせてるんだから、世界規模な事
を描くわけないってのも分かってたはずなのに、やられた(笑)

勝手な思い込みは通用しないって事だけは共通してるな。

投稿者:やっちん投稿日:2002-09-17 01:48:49
「シックスセンス」→「アンブレイカブル」→「サイン」とだんだん面白くなくなってくる気がします。
終わった時の劇場の雰囲気も「なにこれ、、、」という感じが漂ってましたし、、。
とりあえず、これまでのようなSFっぽいものを期待している方はご注意を!
投稿者:和製スパイク投稿日:2002-09-16 21:29:34
最近のフィンチャーやノーラン(リメークですが)の作品もそうだけどあえてオチをなしにしてるような気がしないでもないです。そういう方向へ映画が向かってるかもしれないですね。
投稿者:文太投稿日:2002-09-16 14:44:52
 凡人の保守的映画感性に真っ向からケンカを売りつつ、きちんと親子の絆を描き、途方もないバカバカしさで笑わせるアクロバッティングな大傑作!観客が映画に期待する”アッと驚かせるオチ”や”気の利いた展開”なんぞ予定調和の最たる怠惰なものだと教えてくれたシャマランさんの心意気に大拍手!もっと頑張れ!
投稿者:プードル投稿日:2002-09-15 23:44:34
【ネタバレ注意】

なかなか酷評が多いようですが、わたしはとても満足しました!!
変な宇宙人出現にはちょっとショックでしたが、近未来にありうる話だなと怖くなりました。
前2作に匹敵するようなラストの衝撃はありませんでしたが、バランスを崩した家族の再生というドラマにはもの凄く感動しました。食卓でみんなハグするところや、子供2人に生まれたときの話しをするところなんかはこみ上げてくるものがありました。
全体的にダークな重々しい印象の中に、ちょっとした笑い(とくにホアキンのアルミ箔帽最高)があり、微笑ましかったですね。カルキン君とアビゲイルちゃんはそりゃあもう可愛かったです。

投稿者:Mr.Nobody投稿日:2002-09-15 00:22:01
【ネタバレ注意】

皆さん、M・ナイト・シャマラン監督をもちあげ過ぎでは、
確かに『シックス・センス』のラストは衝撃だけど、あれって
オリジナルじゃないじゃん。同じラストの映画あったし...
今回の『サイン』は正直がっかりしました。カメラワークや演出は確かに
凝ってるけど、話がベタ過ぎる。ラストの地下室シーンは『鳥』&
『ナイト・オブ・ザ・リビングデット』のまんまです。
やっぱり、宇宙人が出た時点でアウトでしょ。

投稿者:KOU投稿日:2002-09-14 23:52:42
【ネタバレ注意】

この映画は、予告編を見る限り、
「ミステリーサークル」の謎に迫る物語のようなイメージを 観客に与えます。
この予告編が いかんかったね。

「ミステリーサークル」と言えば、UFOや宇宙人の仕業と言われている。
つまり この映画、普通に考えたら、地球にUFOが接近してくるストーリーだ。
しかし、そこは『シックス・センス』のシャマラン監督のこと。
もっと とんでもない秘密や種が 仕掛けられているのだろう。

……多くの観客が、このような期待を抱いて、この映画を観ることでしょう。
しかし、実際に本編をご覧になれば分かるとおり、
実は その辺に関しては 意外や意外、直球勝負です。

そういうわけで、この映画にガッカリする人も多いと思いますが、僕は満足。
『エクソシスト』のハッピーエンド版だと捉えました。

http://face.ruru.ne.jp/harekura/

投稿者:イドの怪物投稿日:2002-09-14 23:31:15
メル・ギブソンの映画で一番つまらない! そして「シックス・センス」「アンブレーカブル」「サイン」の三つで一番悪い出来、と思う。SFとしてもホラーとしても実に中途半端。
投稿者:PEKO投稿日:2002-09-10 00:50:41
【ネタバレ注意】

予告から予想した(期待した)内容とかなり違う話でガッカリさんです。ミステリーサークルの事を中心にした話で今まで語られてきたサークルとは違う展開に!と思ってたのが、なんて事ないただの宇宙人がせめてくるって話でした。でも「ID4」なんかとは全然違って実際に起こってそうな感じが良かったです。かなりハラハラドッキンしましたし。最後バットで殴りかかる所は笑ってしまいました。宇宙人は人間よりも強いってのはただの思い込みだって事に気づかされました。それにしてもねぇ・・・。
2002.09.09観賞 6点

投稿者:よしお投稿日:2002-08-29 12:42:41
【ネタバレ注意】

まったく。いつになったらメル・ギブソンの胸を突き破ってエイリアンがでてくるのか? いつになったらUFOがホワイトハウスをプッ飛ばすのか? などとワクワクしてた自分って・・・。しかしあの思わせぶりな予告はイカンよ。 やたらとバカでっかい文字のオープング・クレジットを見た時から嫌な予感はしていた。(センスねーなぁ・・) よかったのはブラジルからのエイリアンが映ったビデオ。それと娘役の女の子が可愛かったことだけ。神父が信仰心を取り戻すためにわざわざエイリアンを使わんでもってカンジかな。 エイリアンにバットで殴りかかるのはいかにもアメリカ人だな。

投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2002-08-27 19:47:35
  なんじゃ!こりゃ!結局何なんだよって感じで終わってしまった、
宇宙人あんた弱すぎるよ!少しぐらい抵抗してほしかった・・それにやたら水のシーンが出てくるのでまさか!とは思ったが、案の定予想が当たってしまいありゃま・・TV映画みたいで、スティーブン、キングの映画に有りそうなないようでありゃま・・てゆうか監督、あんた、アンブレイカブルに続いて出演しないほうが良いと思う、それにしても宇宙人、家に放置したままなのか?NASAに持っていったのか?興味シンシン丸である。出来ればこの後の映画を金掛けて作ってほしい。
投稿者:armani投稿日:2002-08-23 11:17:30
試写会をやらないなど、話題性で前評判は高いようですね。正直、結構期待して見に行ったのですが、肩透かしを食らってしまいました。『シックスセンス』のような、衝撃的な結末を期待している方には、がっかりかもしれません。それなりに、要所要所に緊張した盛り上がりは見られるのですが、中途半端に流れてしまいます。ちょっと残念ですね。
投稿者:NaNiYaTsu投稿日:2002-08-10 17:44:50
【ネタバレ注意】

英語わかんなくて内容理解してないままですが、とりあえず、エイリアンは見たくなかったな。。。毒ガスもアレだし。。。サインって事でとどめて本性を見せない方が観客の想像力を書きたててもっと怖くなったのに。とも思いましたが、それにしても、エイリアンを登場させ、人間と戦わせるなんて非現実的な設定の中でも、あの「エイリアン」とは違い実際ありえるかもしれないと思わせる現実味を出す努力が最大限に感じられました。怖さだけじゃなくて笑いも有ったのも良かった。もっとしっかりした設定と説明が欲しかった気もするけどそこは自分の英語力が足りなかっただけかもな気がするのでノーコメントで(汗 全体的にそこまで嫌いじゃなかったです。

【レンタル】
 【Blu-ray】サインレンタル有り
 【DVD】サインレンタル有り
 【VIDEO】サインレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION