allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

(1955)

THE MOUNTAIN

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(PAR)
初公開年月1956/09/15
ジャンルアドベンチャー/ドラマ
山 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 1,380
USED価格:¥ 1,266
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2011-12-02 11:53:26
ザカリー(スペンサー・トレイシー)は元シェルパーだったが、案内したイギリス人が転落死したことで、山に嫌われたと考えて、今は隠退し、若い弟クリス(ロバート・ワグナー)と一緒に麓で暮らしていた。ある日、インドからの旅客機が険しい山の上に墜落し、それには金目のものが多くあると聞いたクリスはそれを略奪しようとザカリーに持ちかけた。サカリーは死人から盗むなどもってのほかだと反対したが、クリスが一人で登頂しようとしたので、やむを得ず先導して登攀して飛行機の残骸まで辿り着く。所が飛行機の中には、まだ息のあるインド女性がいて・・・。

トレイシーが茫洋としているが正義感の強い男を演じて名演ですが、この役は彼にピッタリという感じです。ワグナーもウエイターなどなどは、やっていられないという欲の深い弟を演じて悪くありませんが、トレイシーの前にあまり目立ちません。また、クレア・トレバーがトレシーの愛人として出演していますが、こちらは脇役的な存在です。
この映画の目玉はロック・クライミングのシーンで、モンブランにロケしたという風景と共に、オーバー・ハングを登って行くシーンは将に迫力があり、このような事に、全く経験のない私も手に汗を握る思いでした。
投稿者:マジャール投稿日:2006-12-28 20:39:05
【ネタバレ注意】

なんと言っても、色彩の素晴らしさに目を奪われる。全編これ、セガンティーニのアルプス画・油彩画のような美しさ!(この時期のカラー作品って、ホントいいですよね。同じこと思ってる人他にもいると思う)
物語は、雪山に遭難した旅客機の墜落現場まで登頂に挑むという、山岳アクション物ですが、最近の映画のような忙しなさは無く、どこかのんびりしてて、そこが又いい味出してます。それでも、登山シーンのリアルな迫力は、なかなかのもの。(観てるとき、こっちまで息が荒くなった)『老人と海』でも好演した孤高の名優スペンサー・トレイシーの魅力がたっぷり味わえます。
ラストも味があっていい。根性のまがった不肖の弟(R・ワグナー)をかばう兄(トレイシー)と、すべてを察してメモを破り捨てる査問官(E・G・マーシャル)。『リバティ・バランスを射った男』のラストを思わせる余韻がうれしい。
監督のE・ドミトリクは、他にもいい映画を残したご贔屓監督の1人です。これも大傑作の娯楽作品。名作です。

(コメント、大幅に書き直しました)

投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-07 12:33:03
私はとても好きでした。ちょっと泣きました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞(国外)スペンサー・トレイシー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】山2015/04/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION