allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

なごり雪(2002)

メディア映画
上映時間111分
製作国日本
公開情報劇場公開(大映)
初公開年月2002/09/28
ジャンルドラマ/青春/ロマンス
生き惑う季節にいるあなたに、
二十八年前のあの唄は、今、何を語り掛けるのか。 
大林宣彦DVDコレクション なごり雪 プレミアムセット
USED価格:¥ 5,579
amazon.co.jpへ

 Photos
なごり雪なごり雪

【クレジット】
監督:大林宣彦
プロデューサー:大林恭子
山崎輝道
脚本:南柱根
大林宣彦
撮影:加藤雄大
美術:竹内公一
衣装:千代田圭介
編集:大林宣彦
音楽:學草太郎
山下康介
主題歌:伊勢正三
スクリプター:呉美保
スチール:谷口和生
ネガ編集:幸地甫之
ヘアメイク:岡野千江子
ポジ編集:内田純子
照明:西表灯光
制作担当:若山直樹
装飾:河合良昭
特機:中川貞利
録音:内田誠
助監督:南柱根
出演:三浦友和梶村祐作
須藤温子雪子
細山田隆人祐作・過去
反田孝幸水田・過去
長澤まさみ水田夏帆
田中幸太朗
斉藤梨沙
日高真弓
小形雄二
左時枝梶村道子
津島恵子水田の母
(特別出演)
ベンガル水田健一郎
宝生舞菅井とし子
【解説】
 フォーク・グループ“かぐや姫”のメンバーの一人、伊勢正三により作られ、その後女性シンガー、イルカが歌い大ヒットした『なごり雪』。そんなフォークソングの名曲をモチーフに青春映画の名手・大林宣彦監督が舞台をこれまでの尾道から大分県臼杵(うすき)市に移して描く甘く切なく、そしてノスタルジックなラブ・ストーリー。
 間もなく50歳を迎える梶村祐作は、28年間連れ添った妻に逃げられ、自殺願望を持つようになっていた。そんな祐作のもとへ1本の電話が掛かってきた。かつての友、水田健一郎からだった。水田の妻・雪子が危篤状態だという。祐作は水田の帰郷の願いを聞き入れ、古里の臼杵へ戻った。祐作は雪子の瀕死の姿を見て、28年前の思い出が蘇ってきた。3人で過ごした青春の日々…。雪子は祐作に恋していた。それに気付いていながらも応えられなかった祐作。雪子に恋をしていた水田。そして今、一つの結末を迎えようとしていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1276 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:デジゴン投稿日:2012-07-13 09:53:56
監督はおセンチだからなあ…と思いつつ観ました。
そんなことない、大人の映画でした。
何より大分県の良さが見えたのが良かったです。
なぜ伊勢正三やこうせつが出たのか。
岡城址はここだったのか…
三浦 按針
ペトロ・カスイ・岐部
カトリック
プロテスタント
歴史の面白さがはじまる予感。
投稿者:wanderer投稿日:2007-01-08 15:59:43
 最初から最後までとにかく暗い恋愛映画です。その原因は、相手の女性が最初から最後までずっと病院のベッドで意識不明の重体となっているからです。若い頃の恋愛も悲しい女性の物語なのです。

 男を思う一途な女と、それに応えられない男。その構図が映画の中でずっと続きます。この暗さに耐えられるでしょうか。人それぞれの恋愛経験は違うでしょうが、どこか共通点があって、この映画を観ると、何か感じることがきっとあるのではないかと思います。

 こんな恋愛映画は過去になかったのではないでしょうか。作者の過去の思い出をそのまま映画化しただけなのではないか、と想像すればそれまでですが、斬新と言えるのではないか、とも思います。

 観ている途中は、ちょっと退屈に感じることもありますが、終盤に近づくに連れ、なぜか引き込まれていきます。観終わった後は、さらに何かジーンときます。

 この映画は「なごり雪」という名曲が前提としてあり、映画の中でも、その歌詞がところどころに出てきます。だからどうしても歌からできた映画という印象になってしまいますが、この映画は歌がなくても十分独立して観られたのではないかと思います。逆に歌がなかったら、もっと純粋にいい映画になったのではないかとすら思えます。もっとも興行的には、名曲の力を借りた方が儲けるでしょうし、実際、そうだったのかもしれません。ただ、映画としては、もったいないという気持ちも持ってしまいました。
http://homepage1.nifty.com/mt_hayashi/movies.html
投稿者:ろーちゃん投稿日:2006-08-21 08:10:38

オタノマシャヒロリンさんはあくまで『嫌み』で言ってるんだよ。
真に受けないでね。嫌みにしてもたちの悪い嫌みだけど。

ノスタルジックな青春回顧物語を作りたければ、もっと方法が
あるよね・・・優柔不断な青年。気持ちを内に秘めたまま故郷を
飛び出せない少女。感傷通り越して痛々しい・・・それも通り越して
ギャグになってた。シュールな残酷ギャグドラマといったところ。
無理やり『なごり雪』の歌詞をセリフに当て込んだのには聞いていて
恥ずかしくなった。
臼杵ってあんなに山深い田舎町なのか?
投稿者:へー投稿日:2005-12-31 14:29:37
ベンガルが大根芝居で、他の人達も最初のほうは特に詩を朗読しているようなというか、演劇を見ているというか、なんかばかばかしくて見る気を一気に失った。結果やはりつまらなくてまったく感動もしなかった。
投稿者:投稿日:2005-03-10 18:09:24
「なごり雪」という歌の持つ素晴らしさ、誰にでも愛される普遍的な魅力を大林監督が独り占めして私物化しようとしたヒドイ映画だと思った。ヒット曲にはそれぞれ聞く人の思い入れというものがあるだろう。それを個人の思惑で無理やり違う形に矯正させて犯すような乱暴な作品だ。しかも笑える。ヒロインの顔が出ない。包帯でぐるぐる巻きで目も鼻も口もない患者なんていますか?映し出される風景は清らかだが、大分の美しい町並みと伊勢正三の美しい歌の世界を利用しただけに過ぎない。結局何が言いたいのかサッパリわからず、見た人の心の中を乱すだけの資源の無駄だと思った。「なごり雪」は大好きな歌だけにこんなことに使って欲しくなかった。冒頭に作詞作曲者の伊勢正三本人を出演させることで、アンチな意見を出させない作為も気に入らない。公開からしばらく経つが今思い出しても腹の立つ映画です。
投稿者:miyazaki投稿日:2004-05-10 10:58:39
2002年4月臼杵市に出張した時地元の方からこの映画の話を聞き、非常に期待していたのに、自分の持っていたなごり雪の歌のイメージとはおよそかけ離れた内容で、正直言ってがっかりしました。なごり雪がテーマにしているのは、故郷で過ごした自らの青春との別れで、そのことをはっきり恋と呼べないような淡く仄かな想いを抱く女性に託して表現したのだろうと私は思っています。ストーリー自体が平凡であることを、台詞や語りでカバーしようとしているので、とって付けたような会話が多く、しかもしゃべり過ぎで学芸会的な演出という印象。もっと間を工夫して、登場人物の微妙な心理を表現できないのかなあと思います。強いて言えば、臼杵の落ち着いた町の情景がよく表現されていたことだけが評価点。大林監督は結局この映画で何を訴えたかったのかな、と疑問に思います。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-10-12 02:12:46
「なごり雪」は名曲なのに、映画にしてはあきません。もう少し感動できる題材がなんでこうなるんや!。ほんま邦画はいつも、こうつまらなくなるのかね〜ラストシーンも盛り上がりにかけるぞ!4点
投稿者:ワンダフルピヨひこ投稿日:2003-09-18 22:11:30
あの演技と台詞回しはどうしてもだめ。あまりにも芝居がかりすぎ
投稿者:yurie投稿日:2003-08-18 21:10:14
【ネタバレ注意】

 母に連れられてみました。あーあ。お馬鹿な私は、途中で寝てしまいました。ぐすっ。(^^;)
 そうそう「黄泉かえり」は、最後までみました。ツヨポンす・て・き。

投稿者:オタノマシャヒロリン投稿日:2003-08-12 23:30:42
 サ・イ・コ・ウの映画です。21世紀この映画を超える映画は、無い。

 大林監督イェ〜イ!「時をかける少女」イェ〜イ!「転校生」イェ〜イ!出来る男は違う。ただのロリコンじゃない。最高のロリコンじゃなくて監督です。

 イルカの「なごり雪」今改めて聞くといい歌です。別れても変らず相手を褒め称える事って、なかなか出来ないよね。私もそんな寛大な人間に少しでも近づきたい。

 理系育ちで、自尊心が人いち倍強く、傲慢で、感性の鈍い私にも涙が溢れてきました。

 もしも、見る機会がありましたら着替えと雨具とバスタオルを用意して下さい。

 
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】なごり雪 プレミアムセット <初回限定生産>2003/09/10\7,980amazon.co.jpへ
 【DVD】なごり雪 デラックス版2003/09/10\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】なごり雪 デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】なごり雪レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION