allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

闇の中の音楽(1948)

MUSIK I MORKER
MUSIC IS MY FUTURE
MUSIC IN DARKNESS
NIGHT IS MY FUTURE [米]

メディア映画
上映時間88分
製作国スウェーデン
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1991/02/15
ジャンルドラマ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2018-07-27 21:20:18
ベングド(B・マルムスティーン)が失明しているのにも拘らず、彼に恋をするイングリッド(M・ゼッタリング)。M・ゼッタリングは、個人的にはそれほど美人とは思わないが、健気で可愛らしかった。彼女のバックヌードと横乳も綺麗で良かった。
ベングドの失言で、一旦、二人は離れ離れになるが、運命なのか、偶然再会して、ハッピーエンドになって良かった。しかし、現実は厳しいので、牧師が忠告したようにならなければいいけどね。
この作品も、I・ベルイマンらしく、信仰に関して触れられるが、軽めでした。
投稿者:Ikeda投稿日:2010-09-06 11:06:58
不慮の事故で失明したベンクト(ビルイェル・マルムステーン)は伯母ベアトリス(ナイマ・ウイフストランド)に世話になっていたが、お手伝いさんのイングリード(マイ・ゼッタリング)が彼に好意を持っていた。彼女は彼がピアノを良く弾いているのを見て自分も音楽を学びたいと思っていたが、ある日、ベンクトが雇用人と結婚するなんて事はしないと言っているのを聞いてしまった。年月が経ってレストランなどで働いていたベンクトは偶然、彼女に会って・・・。

イングマール・ベルイマンの4作目の映画で、半ば自暴的になっていたベンクトを献身的に援助するイングリードを演じるマイが可愛くて好演です。割合、月並みなストーリーですが、さわやかな内容が良くて、最後にベアトリスと同棲していたエーベ(ベンクト・エクルンド)に殴られたベンクトが一人前の人間として扱ってくれて有り難うと言うあたりが印象に残りました。
【レンタル】
 【VIDEO】闇の中の音楽レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION