allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヤングガン2(1990)

YOUNG GUNS II

メディア映画
上映時間106分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1990/11/02
ジャンル西部劇/アクション
銃弾にかけた明日への夢、鮮烈な青春クライマックス!
ヤングガン2 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 15,990
USED価格:¥ 10,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 西部時代の生き残りの老人が語り始めるビリー・ザ・キッドの物語。西部にその名を轟かせ賞金首となったビリー(エステヴェス)達。そんな彼らを、保安官に任命された友人のパット・ギャレット(ピーターセン)は執拗に追い続ける。一人、また一人と若い命を散らせていく仲間たち。やがて、ビリーとパットが対峙する時を迎える。映画の構成は面白いアイデア。幾つかの誇り高い死に様も、切なくスタイリッシュ。ビリー・ザ・キッドは、パット・ギャレットに殺されてはいなかった!?という新解釈で描かれる物語。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ヤングガン(1988)
ヤングガン2(1990)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
858 7.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-12-17 12:15:15
【ネタバレ注意】

見応えはあるんだけど、キーファーやルー・ダイヤモンドが死ぬのを前作のファンはどう思ったのだろうか。星二つ半。

投稿者:Kircheis投稿日:2011-05-03 12:29:37
ジョン・ボン・ジョヴィの主題歌が当時好きすぎて、アルバムを愛聴していたなぁ。

でも内容的には俺はぶっちゃけ1の方が好き。
ちなみに今作でも好きなキャラはルーの演じるチャベス。

この映画、実は生きてたビリーが過去を回想する構成は良いと思ったんだけど、とにかくパット・ギャレットに魅力が無さすぎたのが残念だった。
投稿者:gapper投稿日:2009-05-23 17:08:16
 形式的には、西部劇だが実際は青春映画というのは納得である。主要メンバーは、全て若者。といっても、元仲間で敵対関係になるパット・ギャレット(ピーターセン)は35歳だ。CSI:科学捜査班とは、印象がまったく違う。
 映像は美しく、繊細な感じだ。ただそれは、弱々しさと一体である。骨太の作品を好む人には、向かない。

 ジェーン(ジェニー・ライト)が裸で馬に乗るシーンがあるが、時代のせいもあると思うが効果が薄いように思う。同じような裸で馬に乗るシーンがある「空かける強盗団」のキム・ノバクとは比較にならない。決して、容姿で劣っているわけではなく、存在感で負けている。

 ジョン・ウエインの作品では、正義感の塊のように描かれていた「チザム」が、ここでは暴君の悪党なのが興味を引いた。しかも、コバーンが演じている。

 総じていうと、青春の危うさを美しい風景の中で描いていい作品であるが、それ以外がない。社会性のあるメッセージはもちろんないし、人生への訓示もない。ひょっとしたら、アウトローは全うな人生を歩けないというのはあるかもしれないが。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-26 14:36:47
第一作が好きだったので見ました。皆さんのコメントを見ると1より、この2の方を好きな方が多いようですね。私的には1の方が好きなんですけど。本作はエミリオ・エステヴェス演じるビリーがパット・ギャレットに追われ続けるので何となく暗さを感じてしまいます。ビリーは生きていた?という疑問の残る話ですが最初と終わりに出てくる老人はどう見てもエミリオに見えなくて微妙でした。でも前作に引き続きエミリオやキーファー・サザーランド、ルー・ダイアモンド・フィリップスなどが登場するのは嬉しいし、本作でのキーファーとルーの姿は忘れられません。ちなみにパットを演じたウィリアム・ピーターセンは元々かなり嫌いな役者だったので本作でさらに嫌になりました。そしてなんと言っても本作にはあのクリスチャン・スレイターも出ています!クリスチャンの若かりし頃の可愛い姿は最高です!私にとっては大ファンのエミリオとクリスチャンが画面に2人出ている事自体が堪りません。なので話はあまり好きではないけれどキャストと皆の演技は良かったというのが私の感想ですね。
投稿者:うまい棒太郎投稿日:2006-10-26 04:30:49
「1」と並んで、非常に楽しめる西部劇群像。
「1」よりも「2」の方がビリー・ザ・キッドに焦点が絞られていて良い。

エミリオ・エステベス以上に無邪気でカッコよいビリーを
演じられる役者はたぶんこれからも出ない気がする。
まだ売れてない頃のヴィゴ・モーテンセンも出演しているが、
「LOTR」よりも老けているような印象が。
キーファー・サザーランドやルー・ダイヤモンド・フィリップスも
前作のキャラクターが板に付いていて、よりカッコよい。

ちなみにallcinemaさん、「2」の本国公開年度は1990年です。
1988年は「1」ですよ。お間違えなきよう。
投稿者:ジャック ウォルシュ投稿日:2006-05-07 21:17:30
私は1より、この2の方が好きだ。
エミリオ・エステべス作品では、これが1番だと個人的に思っている。
キーファーもかっこよかったし、内容も良かった。
この二人には、また共演してほしい。
投稿者:fulcrum投稿日:2003-08-01 08:12:54
私は1作目が大好きです。しかし、作品としての完成度はこっちのほうが上かな?
1作目は牧場主タンストールに育てられたレギュレイターズが地元の有力者に叛逆する物語、完結編の本作はレギュレイターズが崩壊してゆく過程を描いている。当然こっちには寂寞感がつきまとい、“なんだかわかんないけど盛り上がる”感じだった前作とは雰囲気が違う。明るくないですね。

でもシネスコいっぱいに拡がるニューメキシコの風景や、逃亡を続けるビリーたちの疾走感はこっちのほうがいい感じ。あと、ビリーなじみの娼婦役のジェニー・ライトが奇跡的にキレイ。キーファやルーも強烈な印象ですね。激しく光を放ちながら燃え尽きていく姿が、どれも美しい。
投稿者:ASH投稿日:2002-06-09 09:59:55
【ネタバレ注意】

 冒頭で年老いたビリーが回想するという構成がイイね。なんだか「小さな巨人」みたい。今作はパット・ギャレットとビリーの確執をスタイリッシュな映像で捉えた好編。前作にあったやんちゃな明るさ減った分地味になったが、完成度はこちらの方が上。パット役のW・ピーターセンの好演が光る。馬がいなくなるラストも秀逸。

投稿者:トリガー投稿日:2002-06-09 00:53:59
僕は1作目よりこっちをとる。
1作目よりもそれぞれの生き様が深く描かれている。
単なる西部劇で収まらなくなったドラマも加えられているし
ボン・ジョビの「ブレイズ・オブ・グローリー」もよい。
投稿者:ウエスタンマニア投稿日:2001-06-25 19:15:14
特典映像にはジョン・ボン・ジョビのプロモーションもね!
投稿者:ドトウ投稿日:2001-06-18 01:47:06
前作に触発されて、西部劇好きになった私。本作もかっこいいビリーに期待していたのですがだめでした。その時点で終わりです。さようなら。
投稿者:リリック投稿日:2001-04-07 05:26:49
ジョン・ボン・ジョビ一瞬です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主題歌賞ジョン・ボン・ジョヴィ作詞・作曲 Blaze of Glory
■ 歌曲賞ジョン・ボン・ジョヴィ "Blaze of Glory"
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ヤングガン22001/11/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ヤングガン2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION