allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トータル・フィアーズ(2002)

THE SUM OF ALL FEARS

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2002/08/10
ジャンルサスペンス/ドラマ/アクション
2002.08.10
核ミサイル発射までのカウントダウン開始!!
トータル・フィアーズ [DVD]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 9,740
USED価格:¥ 1,046
amazon.co.jpへ

【解説】
 トム・クランシーのベストセラー小説『恐怖の総和』を映画化した、CIA情報分析官“ジャック・ライアン”シリーズの第4弾。アメリカ本土で核爆弾が爆発するという未曾有の事態に、米ロを中心に世界各地に散在する危機の火種がやがて第三次世界大戦勃発へと向かう恐怖を描いたサスペンス・アクション。主演はハリソン・フォードから変わって3代目となる「パール・ハーバー」のベン・アフレック。
 ロシアの大統領が急死し、アメリカ政府にとって無名同然のネメロフが新大統領になった。いったいどんな人物なのか模索する中、唯一彼が次期大統領であると進言していた若きCIAアナリスト、ジャック・ライアンはキャボット長官の助手としてロシアへ飛ぶ。その後キャボットたちはロシアの核工場を視察するが、そこで研究者の3人が行方不明であることを知りライアンは調査の結果アメリカに核爆弾が持ち込まれていることを突き止める。しかし時は既に遅く、全米最大のイベントであるスーパーボウルの会場でそれが爆発。一瞬にして何十万の命が奪われてしまう。アメリカ史上最悪の想像を絶する大惨事に政府は最高レベルの緊急警戒態勢に突入。しかし今度は米空母がロシア戦闘機によって攻撃を受け、事態を掌握できないアメリカ政府はロシアへ向けた核攻撃のカウントダウンを始めてしまう。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
山寺宏一ベン・アフレックジャック・ライアン
池田勝モーガン・フリーマンウィリアム・キャボット長官
中村正ジェームズ・クロムウェルファウラー大統領(アメリカ)
山路和弘リーヴ・シュレイバークラーク
小川真司アラン・ベイツリチャード・ドレスラー
藤本譲フィリップ・ベイカー・ホールベッカー国防長官
佐々木勝彦ロン・リフキンオーウェンズ国務長官
稲垣隆史ブルース・マッギルリーヴェル国家安全保障顧問
屋良有作シアラン・ハインズネメロフ大統領(ロシア)
田中敦子ブリジット・モイナハンキャシー・マラー医師
放送2007/12/07 日本テレビ 金曜ロードショー
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aパニック・ルーム (2002)
[002]Aマイノリティ・リポート (2002)
[003]Aバイオハザード (2002)
[004]Aモンスターズ・インク (2001)
[005]Aスターリングラード (2000)
[006]Aペイ・フォワード 可能の王国 (2000)
[007]Aハリー・ポッターと賢者の石 (2001)
[008]Aアザーズ (2001)
[009]Aブラックホーク・ダウン (2001)
[010]Aショコラ (2000)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
36239 6.64
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:なちら投稿日:2014-02-17 10:02:00
原作は知らないけどライアンシリーズってのは急な肩書きの変更や
デスクから現場に引っ張り出される所ばかりやっとる気がするが、そういうもの?
まぁそれはそういう設定でアリとしても、ロシアだな!いや、ロシアじゃないよ!の流れは、
既にレッドオクトーバーで使用済みだよね。
ネタかぶりは残念だなぁ。

ただ、自分はアメリカ人がみな大統領崇拝者に見えるんだけど、
そのアメリカ人のライアンが正しい事の為に大統領を無視しがちな面はカッコいいなと感じる。
投稿者:uptail投稿日:2013-03-09 18:54:25
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:scissors投稿日:2013-01-27 01:32:10
いろんな意味でショボい映画。
製作総指揮にも名を連ねているトム・クランシーの価値がガタ落ち。
リーヴ・シュレイバーっていつも脇役なのに出演作が悉く駄作ばっかりなのは何故。
投稿者:wakaremitispecialist投稿日:2011-01-16 12:28:10
ある集団が地面に埋まっていた1973年の不発弾を入手して改良して大国で爆発させ別の大国の仕業と思い込ませて二つの大国同士戦争させて破滅させようと企てる、というヤバイ映画だったような気がするが、被爆して死ぬ寸前の長官役のモーガンフリーマンを見舞いに来たベンアフレックに対して、モーガンがベンの質問に答えようとせず自分の妻やベンの彼女(女医らしい)のことを口にする場面は俺には理解できん、いや理解しようと努力したよ、でも最後まで馴染めんかった。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-01-18 15:51:53
 
分厚い文庫本二冊を二時間の映画に、というのはやっぱり無理が…。
原作ではイスラエルが使用した不発の戦術核を中東のゲリラが入手して
その核物質を使って東ドイツの技術者が核爆弾を製造して…というお話。
(製造の不備があったんで、爆発したけど予定通りの威力が出ず)
そのへんをバッサリ切って「アメリカ国内で核爆発」という目玉だけを
残した判断は仕方がないんだけど、結果的には犯人側の思惑は異常に
ショボいわ、核爆発までの盛り上がりはないわ、爆発したけど全然
たいしたことなく見えちゃうわと映画が大惨事になってしまった。

クライマックスの、ホットラインの文字画面だけでソ連側を説得しようと
するくだりも、文系のライアンが必死でやるから面白いわけで、ベン・
アフレックは熱演だけどやっぱりミスキャストでした。無念。
投稿者:k−投稿日:2005-04-03 23:29:30
ベン・アフレックはジャック・バウアーなのか!?
投稿者:vale投稿日:2005-02-27 14:37:14
核爆発でも平気なパワー・アップしたジャック・ライアン。この時点でサスペンスとしてもミッションとしても大失敗で終了している。ベン・アフレックの大根ぶりはファンならずとも見ていてつらい。
投稿者:william投稿日:2005-02-07 07:55:44
「パール・ハーバー」という素晴らしい勘違い戦争映画を熱演したベン・アフレックが主演なだけに、期待を裏切らない大駄作。
風向きが違えば被爆しないという冗談みたいな情報を元に、被爆地へ裸一貫で突入する純粋無垢なベンの姿には違う意味で感動した。
投稿者:投稿日:2005-01-31 02:41:14
この映画を「駄作」と言う人はこの映画以上に「甘い」人でしょうね。

                      ・・・開けておかないと。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-09-06 01:29:14
昨日、広島の原爆ドームと平和記念資料館に行って来ました。
この映画を作った人たちも行って来るといいですよ。
どんなに頭悪くても、賢くなれますよ。たぶん・・・

※結構、外人さんも多かったです。(アメリカ人だけでなく)
核の恐ろしさは、知っている人はちゃんと知っているのでしょう。
知らないのは頭悪い人だけかな・・・
投稿者:jasmine投稿日:2004-04-03 13:56:11
今から1年半前、この映画を日本公開直後にみて、数週間後にロシアにいきました。モスクワで「トータル・フィアーズ」の大きな映画宣伝がでているのをみて、「時代は変わったんだなあ」と思いました。関係ないですが、赤の広場、やっぱりきれいっすよ。
ロシア大統領役の人がアイルランド出身のようなのでちょっとびっくりしました。どうーーりで英語がうまいわけだ。。個人的にこの俳優さんは好きなのですが、大統領くらいロシア人俳優をつかってくれ!
バースデイガールもそうですが、ニコールキッドマン(好きなんですが)はまったくロシア人にみえない!
もう10年もするとちゃんとロシア人を使ってくれるんでしょうかね、アメリカも。昔のアメリカ映画で(今もそうですが)日本人のかわりに中国人をつかっていたように。

核の扱い方には他の方に同感。
なにしろ「侵略」を「民主化」にかえちゃう国なんですから・・。
投稿者:たかのつめ投稿日:2004-03-24 20:43:24
【ネタバレ注意】

 原作者のクランシーが製作総指揮を執ったので、シナリオは原作を好きなように改編。フォードが近年めっきり老け込んできた故か?3代目ライアンとして人気者のベンを起用。但し、あまりにも若過ぎるので、前作よりももっと昔に時代設定せざるを得なくなり、原作を大幅に変更。これまで原作を忠実に映像化してきただけに、“ライアンおたく”としてはどうにも違和感をぬぐえない。そして主人公が若くなったので、周りの人々を演ずる役者も皆変わってしまい、特にクラーク役のデフォーも交代しちまったのはガッカリだなあ!(太っちょのシュレイバーではクラークの精悍なイメージに全く合わないのだ!) 
 それと、核爆発があったのに近くにいた大統領が無事だったり、その惨事の現場をライアン達が普段着で歩き廻るといった、核の危険についてあまりにも無神経なところはどうにもいただけない。リアリティを重視するクランシーならもうちょっと考えて欲しかった。(この辺りがアメリカの知識人の”核”についての認識のレベルということなんでしょうかねえ?!)

投稿者:nehane215投稿日:2004-03-20 11:50:09
すごいよっ!ベンアフ。
君が世界を救うんだよ。
君が地球を救うんだよ。
信じられるかい、ねぇ、信じられるかい!?

うん。
そう、…到底僕には信じられないよ。
投稿者:evans投稿日:2003-09-01 02:59:36
300万円だせばミグに体験飛行できる時代にこんな映画を造るなんて・・・
映画自体の出来については、核爆発のCGを観て急に睡魔に襲われ、断言はできませんが、ベンが好きなら観るのもアリかなと・・・
投稿者:なべ投稿日:2003-08-30 13:36:51
 ラインシリーズで原作者クランシーが初めて製作総指揮者として、スタッフに加わっています。だからこそ、原作のアイデアだけをベースに、全く別な脚本にすることが出来たのでしょう。従って本作品は全面的にクランシーに責任があるともいえるのですが、クランシーおたくとしてはなんとも残念な作品です。原作を読んだときにも感じたことですが、ストーリーの文字通り”核”となる「原爆」の扱いがお粗末すぎます。森羅万象に精通し又それがウリのクランシーなのに、この「核」に対する愚鈍さは信じ難い、否、それがクランシーの本質にして限界なのかもしれません。そもそもアメリカ人には「核」にノーテンキなひとが多いのでしょうか?シュワチャンの「トルーライズ」でも目の前で「核爆弾」が爆発して、それを平然と眺めているシーンがあって「そんなアホな!」と思いましたが。
 娯楽映画としては、一昔前のスパイ映画タッチではありますが、緊迫感があって、監督はよく頑張ったといえるでしょう。ロシアの大雪原を行く3台の車のシーンが秀逸で、特に印象的です。ゴールドスミスの音楽も、さすが巨匠!ツボを押さえた素晴らしい音楽です。
 キャストではなんといってもモーガン・フリーマンと敵役・ドレスラーのアラン・ベイツ(しかし太りましたな!)がいい。しかしアトはいただけません。
 肝心の主人公ジャックのベン・アフレックは、興業面から人気スターを選んだのは分りますが、しかし、ライアン博士の卓越した知性が感じられない。ブリジット・モイナハンのキャシーもドクター・キャシーの知性美にはほど遠い。ファウラー大統領のジェームズ・クロムエルとなると・・・しかしこれは、この大統領を否定的に描く為に選んだとすればその狙いはアタリです。
 チーム・ライアンを構成する重要人物のひとり、ジョン・クラークは太っチョのロシア人の感じで、本来の精悍なイメージと全く違います。「今そこにある危機」でのウイレム・デフォーがずっといいですね。又結構画面に登場するCIA幹部女性はメアリー・パット・フォーリーのようですが、原作ではあんなおっかないおばさんではなくもっと魅力的な女性なんですけどね。
 クランシーは自分が創出した素晴らしい人達のイメージをもっと大事にしなきゃあいけません!
 ともかく、これでライアンシり−ズは時系列的にムチャクチャになってしまいましたし、原作群は映像化が不可能なくらい壮大なスケールになってますから、今後新しい作品を見ることは無理なのかもしれませんネ?
投稿者:モーゼル投稿日:2003-07-14 00:34:03
エスピオナージュ!これに尽きる。
手垢に塗れた「第三次大戦」テーマをこの冷戦がとっくに過ぎた時代に
どうやって甦らせるか?これこそこの作品のモチーフ。
従って「未知への飛行」「博士の異常な愛情」「駆逐艦ベッドフォード作戦」
その他もろもろの懐かしい作品と同様、結局は不信とその相乗フィードバック
こそが、破滅への序曲だという、もはや定番のストーリーテリングが心地良い。
ラストの最も最後のオチこそが、軍人でも政治家でもない、分析(アナリスト)
であるスパイこそが常に平和の守護神であるという皮肉な結末でキメる。
ル・カレ、デイトンといった忘れられたスパイたちが寒い国から帰ってきたようだ。
投稿者:quadrant投稿日:2003-06-29 13:27:56
・・そんなことはどうでもいい些細な事。
いかに放射線や熱線被害の描写が緩かろうと、核がヒーローを飾るアイテムとして扱われようと、そんなことはどうでもいいんですよ。
「恐怖の総和」・・たとえフィクションであっても、地獄の門が開くさまを目撃することは、非常に不愉快かつ鬱陶しい経験でした。
9点です。オススメですよ。
投稿者:あやっち投稿日:2003-06-22 01:35:03
なんだかなぁ(笑)
全体的にはまあまあ楽しめたんだけど…ねぇ…(笑)

だってさ、核が落ちたんだよ???
いくら規模が小さかろうがあんなもんで済むわけ無いじゃん。
みんなそのまんまの格好でふらふらしてて被爆しないのか???
モーガン・フリーマンは良かったけどv

なんとなくリアリティに欠ける映画でした。

映画だからそれでいいのかな(笑)
投稿者:fulcrum投稿日:2003-06-15 00:49:30
はっきり言って本編は駄作か愚作。しかしDVD所収の監督と原作者のコメンタリーはとても面白い!
「本物のCIA職員はこんなに有能じゃないよ」とか「ホットラインの部屋を見たらがっかりしなかった?」「したした」とか、エキスパートなんだかミーハーなんだかよくわからない掛け合いが続く。クランシーの情報量はさすがに豊富で、一所懸命勉強したであろう監督の、苦心のシーンをあっちでバサリ、こっちでバサリと斬り捨てている。ある意味気持ちがよい。これは必聴のコメンタリかもしれん。

しかし核爆発のシーンは荒唐無稽ですねやはり。監督は広島の市街写真を見てショックを受けたらしいが、原作者は「核爆発の後は火事がつきもの。当時の日本には防火システムがなかったしね」で片づけてしまう。そうかなあ??
ただ、アメリカが国を挙げて核戦争に備えているのは事実らしく、本作で登場した核攻撃現場を検証する対策班は実在するとか。しかも映画は本物の協力を得てるとも。そこそこリアリティはあるんだろうな。それに「広島よりも小型」という設定だし、高々度での爆発じゃないし……と上手に言い訳できるのだが、やはり「これで万事解決なワケないだろ!」と突っ込みたくなる。それは俺のじいちゃんが被爆者だったからかなあ。
でもアメリカ人の被爆者ってのもすごく多いはずなんだよな(アトミック・ソルジャー)。それでもやっぱりこの程度の描写……いくら商業映画とはいえ。
やっぱり、こんな人たちが大量破壊兵器を持ってるのはちょっと心配ですね。
投稿者:Longisland投稿日:2003-03-19 17:59:41
大量破壊兵器(米国の場合は『核』)の恐ろしさはこんなもんか?
軍事オタのT・クライシーは所詮被爆国民じゃないんだね、恐ろしいのは本作品で描かれる核描写が本当の核戦争だと多くの米国民が認識していることか。この程度の認識の基イラクと戦争か?
映画としては見せ場もあり及第点でしょうが、なんか釈然としない。
投稿者:snow23投稿日:2003-02-19 12:14:36
全く内容も知らずに、『ジャック・ライアンもの』すら知らずに見た。
前半の1時間、「これは前3作と同じく居眠り用の作品」と思いきや、我慢してみたことが後半につながった。
核兵器の被弾やらポイントとなるチャットやら、あれれ・・っと思うところもあるけど、日常を忘れたい方にはお奨めの1本です。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2002-12-30 20:35:14
【ネタバレ注意】

核攻撃なんか体験した事無い国の人が作った映画なんだから、まあその辺は仕方ないでしょう。
悪い意味で全く期待を裏切りませんでした。さすがに核攻撃の前後は迫力ありましたけどね。
よかったのはそこだけ!

投稿者:yoshi_os投稿日:2002-12-30 16:08:48
これまでのライアンシリーズとは時間軸がぜんぜん違うんですね。
原作とはいろいろなところが違ってるので、別の作品として見てみてください。
ただ、原作も核の「汚染」の恐怖はあまり伝わってきませんでしたが。アメリカ人の核観なんでしょうね。
投稿者:マカロニ投稿日:2002-12-29 02:59:33
モーガン・フリ−マンがイイッ!!
かなりシブイっす。
死んじゃうのは悲しいけど、死に方まで男気がある。
彼が出ているだけで、映画全体が引き締まるのはなぜだろう?

ベンは死なないね。隕石が衝突してきたときも、戦争があったときも、彼は生きていたしね。
新生、S.セガールですかなコレは。
とりあえず、万歳!!

映画としては、かなりいい出来でした。
構成がしっかりしている分、緊迫感があります。
アメリカに原爆が落ちるって言うだけでも見る価値アリ。
今までの強いアメリカ映画とは違って、ソ連と対等(…ちょっと違うけど)の立場で描いてるあたりも、すばらしい。
こりゃ、久々に満足させてもらいました。
(オチはイマイチだったけど…)
投稿者:vari投稿日:2002-11-27 09:52:57
単純に「娯楽作」としての出来だけ言うなら、これまでのシリーズで最高だと思います。過去の作品は、原作の膨大な情報量を前にお手上げ状態、さんざん端折った末に、結局はズルズルダラダラと表面的な筋書きをなぞるだけで精一杯でしたね。

その点、この作品では、疑心暗鬼のうちに戦争へと突き進む米露首脳、真の情報を求めて奔走するライアンというように、うまく絞り込んでいます。「13デイズ」や「FaleSafe」ほどのリアリティには欠けるし、なんじゃこりゃと言いたくなる場面も多々ありますが、緊張感が持続しただけでもシリーズ最高作と言えます。過去の作品も違う監督でリメイクしてほしいですね。

核と放射能の描写については、皆さんご指摘のとおり。この映画を見たアメリカの皆さんが、「この程度の爆弾なら、イラクにも一発落としてやるか。ポチッとな」とか勘違いしないでくれればいいんですが...
投稿者:篭瀬山投稿日:2002-11-10 21:03:43
あのな。お前らが作って実際この国に落とした核爆弾ってのはな、そんな甘いもんじゃないんだよ。皮膚は焼け爛れて地面に落ち、ガラスの破片が突き刺さってまさに地獄絵図、と言っても分からんか、黙示録の世界だよ。死体や半死体がそこら中に積み重なって、病院なんか機能しないんだよ。医師や看護婦自身が被災者なんだから。だいたい戦争ってのは、おっしゃる通り、勇気の総和ではなくて恐怖の総和なんだから。アレ? そこだけは分かってんのね。それならいいよ。7
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2002-09-05 20:31:49
これ見終わった後胸糞悪かった!不快感さえ出てきた!
あんなチャットだけで最後解決していかにもハッピーエンドみたいな感じで終わらしていいものなのか?被爆した大統領といい主人公といい、核が爆発してロシアとアメリカが攻撃し合ったのに最後は2人の大統領が何にもなかったかのように何かにサインしてたが、俺がゴルゴ13だったら2人とも撃ち殺す、てゆうか核爆弾そこに落としてやる、
核の被害が簡単に描きすぎただ爆発して終わり「オイ!そんだけかよ!」と思った、てゆうか自分の国に核爆弾落としてみないと解からないのかね?
それにしても腹が立った!
ぶりぶりっ!ぶちゅっ!


投稿者:dadada投稿日:2002-09-01 21:51:04
被爆国民の哀しい性か...映画を観ている間中、幼い頃から刷り込まれた核への恐怖感や嫌悪感がチラチラ。
結局、核をオモチャ程度にしか扱わずに、お決まりの平和メッセージを謳い上げるこの映画の語り口は、ひどく軽薄で無責任な気がしてしまった。
いかにもハリウッド調のフツゥ〜の娯楽映画ですもの、もっと気楽な題材を扱いなさいよ...つぅか、こんな題材を扱うなら、もっと真面目に作って下さいよ...なんてな苦言を呈したくもなるっちゅうの...ちゃいまっか?...どうなんでしょ?
投稿者:A&A投稿日:2002-08-30 12:20:16
それなりに楽しめました。緊張感もあったし、CIAの仕事っぷりも見れたし最後まで飽きずに観れました。極寒のロシアの風景と荘厳な音楽も良い感じ。けれどやはり気になるのは爆発後の描写です。主人公や大統領がそこにいる間は風景として爆心地の様子が描かれているけれど、主要人物が場面を移動してしまうと爆心地のことはぱったりと出なくなってしまうのが、どうしても「軽い」印象を受けてしまいます。エンディングで恋人二人はやたら幸せそうな顔をしているけれど、核が落ちた場所はそれ以後何年も人が立ち入ることは出来ないし後遺症で苦しむ人だっている。それに対する人物達の反応や描写がまったくみられなかったのが残念です。もっと国内で核が爆発したことの深刻さがあると良かった。

ベン・アフレックは「アルマゲドン」の時よりは良い顔になってきたと思います(笑)
投稿者:米どころ投稿日:2002-08-26 21:59:48
この映画、特にみんなが言う事に同感するよ。
けっこうひきこまれたかんじもあるし、心拍数も少し上がったしね。
よく、唯一の被爆国として許せないというけれど、ここに書き込んでる人の大半が原爆の被爆のことを、被爆の日に心から悲しんでる人はほとんどいないでしょう。(もし、いたらその人たちには謝ります)
よく、映画をとおしてその国の事を言う人がいますが、われわれの心にそういう考えを少しでも植え付けたこの映画は、それだけでも見て意義のある映画だったのではないだろうか?
ついでに言えば、核をもってる国はいつこういう惨劇に見舞われても仕方がないということを少しでもきづいて欲しい・・・
投稿者:とし投稿日:2002-08-21 16:52:51
私も原作はまったく読んでいません。ってエバって言うようなことではありませんね。そんなわけで映画と原作の比較は出来ませんが、本作のエンタテインメントとしてのできはそこそこだと思います。「いまそこにある危機」よりスケールでかいし。ただし、ただしですよ。いかに映画とはいえ、エンタテインメントとはいえ、あの核兵器の惨状のいい加減さは世界唯一の被爆国の国民としては許しがたいものがあります。他の方々も指摘されているので割愛させていただきますが、核兵器がいかに非人道的、悪魔的な兵器かを理解していない国に保有する資格は無いことを自覚させねば映画中に描かれたような事態が本当に起きない保証はないと思います。ヒロシマ、ナガサキの惨状がパールハーバーの応報などと考える能天気なアメリカ人に、眼をそむけるな、と強く言いたい。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-08-20 12:21:53
 ベン・アフレックがダメ。なんか頼りなくて、頭悪そうで。(ファンの方ごめんなさい。)このシリーズは好きなのだが、どうもこのジャック・ライアンは好みでない。それからアメリカの大統領がやけくそになって核戦争に突入しそうになるシーンは最低、あなたが冷静さを失ってどうするの?
テロが引き金になって大国が衝突しそうになるという辺りはいかにも現実にありそうで緊迫感はあったが、今ひとつ好きになれない作品。
投稿者:きくゑ投稿日:2002-08-17 00:46:04
アメリカの映画って感じだったな。
大統領が理性じゃなくて感情で判断してるとこなんか、オーイ、、、って感じやし。
下のコメントにもあったように、核爆弾の恐怖がどれほどのものか深く描かれてなかったのが気になりました。
なんか最強兵器だったらなんでも良かったのか?って思った。
ってか、これ起こり得るからマジ怖いんですけど、、、
ベン・アフレックとモーガン・フリーマン2人のシーンがもうちょっとほしかったかも。
投稿者:イドの怪物投稿日:2002-08-03 23:40:56
でした。
トム・クランシーらしさも出ていたし、若返ったジャックライアンも良かったし。 むしろHフォードよりはよほどらしかった様な。
しかし今この時代に、「第三次世界大戦勃発」という古典的なテーマのストーリで、この類では名作も数々あるので少々辛めの採点にせざるを得ませんでした。「未知への飛行」と対比してみたら結構楽しめますよ。
投稿者:JJ投稿日:2002-08-01 09:53:28
これ、かなりツボにハマりました。面白かった。
アクション映画だと思っていたのですが、どっちかというとサスペンス。
伏線もうまく貼ってあるし、結果はなんとなく読めるのに、
常にハラハラドキドキさせる手腕は見事。
(たまに無用な取っ組み合いシーンもありましたけど・・・・。)
核による悲惨な映像等はあまりなかったけれど、
それでも核戦争が起こったら?という怖さはしっかりと伝わってきました。
細かい揚げ足を取ろうと思ったら、たくさんツッコミ所はあるのですが、
(みなさんが書いておられる放射能汚染地域へ乗り込むシーンとか)
大きな流れだけ見ると、アメリカのバカっぷりをアメリカ映画で描いている
潔さみたいなところが妙に気に入りました。
とくに、ニューヨークのテロ後のアメリカの行動とダブるところが
あったりして、よけいにそう感じました。
ちょっとヨーロッパ諸国の扱いがバカにされてるような気もしましたが、
アメリカと揃ってバカ扱いってことなので、問題ないのでしょうかね・・・。
映像も音楽もキレイ&上品にまとまっていて良かったです。
ところどころに見え隠れするラブストーリーも
息抜き的にホッとさせるような感じでストーリーの邪魔にならず良かったです。

ちなみに原作は全く読んでいません。
シリーズ作品であることも全く知りませんでした。
でも、真っ白な状態で観れば、単品映画としては、かなり楽しめました。
投稿者:PEKO投稿日:2002-08-01 00:35:44
だから普通に映画だけで観て、それでも結構楽しめました。原作一つも読んでないんでジャック・ライアンが一体何歳の設定なのかを知ってみたい。アレック、ハリソンときて何故いきなり若返ったのか?時代設定は前作より前の話なのか?っと突っ込みたくなってしまう代わりっぷり。ベン・アフレックのおかげでジャック・ライアンが知的だけどどこか抜けてる熱い青年というイメージになってしまった。その影響で映画自体も熱い感じになっててよかったです。まあもう少し最後の方盛り上げてほしかった。
2002.07.30観賞  6点
投稿者:Bulletin meaker投稿日:2002-07-20 00:28:58
原作がすごい分量なので、どれだけ映画化できるかが不安でしたが、その不安が的中したようです。テロリストや主人公の設定、時代背景がまったく無視されてます。とくに今回は原作者が製作総指揮にあたってるのに、残念です。まあ、でも監督さんたちはよくぞがんばったとほめましょう。私はクランシーのファンで、彼の小説はほとんど全部読んでます。過去のクランシー映画は欠点もありますが、基本的によくできてると思いますよ。これを原作に及ばず、比較にならないとか、原作がないがしろとか言う人はクランシー小説を愛してないのでしょう。もう一度、映画と小説を比べてください。映画ならではの優れた描写を見つけられるでしょう。ましてや恐怖の総和を、2部、3部作に分けろというのは映画スタッフへの冒涜であり、無知蒙昧なファンのエゴです。
でもネオナチはいただけないなあ。まあ政治的問題があるから仕方ないけど。
投稿者:flyinghoggie投稿日:2002-07-06 03:13:34
【ネタバレ注意】

まだ見ていないが、これまでの同シリーズ作品からしてだいたいの想像はできる。
核爆発のことであちこちで批判されているが、映画では「フイズル爆発」の説明はないのか? フイズルであることが説明されてないと全然つじつまが合わないだろうに…。この作品にとってこの核爆発はもっとも重要なファクターで、ここを中途半端にされたら作品そのものが成り立たない。
原作のストーリーやテーマをないがしろにするのはやめて欲しいものだ。「映画は別物」といわれても、原作をよく知る者には原作をないがしろにされるのは耐え難い。
トム・クランシー作品、特にジャック・ライアンシリーズを映画化したいという、監督やスタッフの気持ちはわからないでもないが、やるなら徹底してやってほしいものだ。スターウォーズや指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)のように、2部作、3部作にもできたはずだ。
念のため述べておくが、この作品を含めて4作になるジャック・ライアンシリーズの映画は、どれも原作に遠く及ばず、比較にならない。原作が超大ベストセラーなのは伊達ではなく、トム・クランシーの作品は恐ろしいほどのリアリティと圧倒的な面白さをもつものばかりだ。この映画を評価する人にもしない人にも、ぜひ原作を読まれることをおすすめする。

投稿者:mlatex76投稿日:2002-06-24 21:16:57
上の【解説】欄にもある通り、
映画の途中で、ボルチモアが核の熱線により思いっきり吹き飛びます。
ただ「ヒロシマよりも規模が小さい」とか、
「今の風向きなら放射能は大丈夫だ」とか、
明らかにトンチンカンな言い訳のもと、
ベン・アフレックは爆心地に向かって車を飛ばしたりするわけです。

おい、ちょっと待て。
いくらなんでも爆心地に向かったら被曝すんだろ。
そんな観客のツッコミもむなしく、
放射能による被害は全編通じて観ても、全然登場しない。

この映画では、
核は「一瞬で多くの人の命を奪うでっかい爆弾」としてしか描かれず、
「その後何百年にも渡って汚染が続き、
生態系にまで被害を及ぼすことになる死の灰生成装置」
としての視点が、完全に欠如しているわけです。
んもう、ぱーふぇくとなほどに。
核の本当の怖さって、目に見えない放射能が人々の体に蓄積され、
身体に変調を来たしはじめて、徐々に弱ってくっていう、
想像するだけでそりゃあもうぞっとする部分にあると思うんだけどなあ。

冷戦時代に制作された『ザ・デイ・アフター』は、
髪の毛が抜け落ちたり、ちょっとだけ外に出た家族が
1人だけ1ヶ月もしないうちに死んでしまったり、って言う
「ほんと、マジ、核だけはヤバい!」と思わせる真の怖さがあった。
のに、この映画や『ブロークン・アロー』なんかは、
映画に加えるスパイスとしての役割だけのために核を平気で爆発させる。
放射能は、とりあえずなかったことにして、どっかーん。

なんか、そういう発想が、
ビルに飛行機を突き立てられて大切な家族を失った国の人たちの頭から
出てくることに対して、無性に苛立った。

ただ、ストーリー的には粉々だけど、
ロシアの大統領がアメリカの大統領よりも、
ずっと包容力と寛容さを兼ね備えた好人物として描かれている点や、
核爆発以降の映像が、『プライベートライアン』チックな
乾いた砂色に統一されている点など、ちょっとだけ見どころはあった。

でも、基本的にはつまんない。
試写会でよかった。金払わなくてよかった。
投稿者:Bluxome投稿日:2002-06-02 02:52:20
【ネタバレ注意】

普段アクションモノは血が怖くて見れない私なんですが、この映画は全然血がガンガン出てるシーンが全然なくて、結構血が怖い人でも見れると思う。
ヤフ〜とかのコメントを読むと、宗教的だとか書いてましたけど、確かに結構宗教とか、民族??とかが関わってました。ロシアとアメリカ、あとイスラエルやナチスなど・・・
でも、すごく興味深い内容で面白かったです。
原爆(中性子爆弾??)が落ちてるのに人々は全然普通に生きてるというのにはちょっと疑問を感じましたが・・・でも迫力満点の映画でした!
アメリカではTVですごくCMやってるくせに、全然映画館がらがらだった。。。行った場所にもよるのかなぁ??

【レンタル】
 【DVD】トータル・フィアーズ スペシャル・コレクターズ・エディションレンタル有り
 【VIDEO】トータル・フィアーズ 〈字幕スーパー版〉レンタル有り
 【VIDEO】トータル・フィアーズ 〈日本語吹替版〉レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION