allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー(2002)

AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER

メディア映画
上映時間95分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2002/08/24
ジャンルコメディ/アクション
おバカもいいかげんにしなサイケデリック!!
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー [DVD]
参考価格:¥ 2,700
USED価格:¥ 1,099
amazon.co.jpへ

 Photos
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー

【クレジット】
監督:ジェイ・ローチ
製作:ジョン・S・ライオンズ
エリック・マクレオド
デミ・ムーア
マイク・マイヤーズ
ジェニファー・トッド
スザンヌ・トッド
キャラクター創造:マイク・マイヤーズ
脚本:マイク・マイヤーズ
マイケル・マッカラーズ
撮影:ピーター・デミング
音楽:ジョージ・S・クリントン
出演:マイク・マイヤーズオースティン・パワーズ/ドクター・イーブル/ファット・バスター/ゴールドメンバー
ビヨンセ・ノウルズフォクシー・クレオパトラ
マイケル・ヨークベイジル・エクスポジション
セス・グリーンスコット・イーブル
ロバート・ワグナーナンバー2
フレッド・サヴェージナンバー3
ミンディ・スターリングフラウ・ファルビッシナ
ヴァーン・J・トロイヤーミニ・ミー/ミニ・オースティン
マイケル・ケインナイジェル・パワーズ
ブリトニー・スピアーズ
(カメオ出演)
グウィネス・パルトロー
(カメオ出演)
ケヴィン・スペイシー
(カメオ出演)
ダニー・デヴィート
(カメオ出演)
クインシー・ジョーンズ
(カメオ出演)
オジー・オズボーン
(カメオ出演)
トム・クルーズ
(カメオ出演)
バート・バカラック
(カメオ出演)
ロブ・ロウ
(カメオ出演)
ジョン・トラヴォルタ
(カメオ出演)
スティーヴン・スピルバーグ
(カメオ出演)
クリント・ハワード
【解説】
 「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズが製作・脚本・主演を務めるサイケでおバカなパロディ映画「オースティン・パワーズ」の第3弾。英国諜報員オースティン・パワーズがこれまでのドクター・イーブルやファット・バスタードに加え新たな敵“ゴールドメンバー”とも対決する。新ヒロインにはデスティニーズ・チャイルドのビヨンセを抜擢。今回もあっと驚く大スターが多数カメオ出演している。
 最高レベルの監視体制にある刑務所からどうにか脱獄したドクター・イーブルとミニー・ミーはゴールドメンバーと手を組んだ。そして、彼らは世界征服のための計画を練り上げた。彼らは計画を成功させるためにタイムスリップして、英国の偉大なスパイ“ナイジェル・パワーズ”を誘拐するのだった。彼こそは、プレイボーイでやり手(?)の英国諜報員、我らがオースティン・パワーズの実の父親だった。彼らを追うオースティンはタイムスリップの途中で1975年に立ち寄り、美しいフォクシー・クレオパトラと出会い、彼女に救援を求めるのだが……。
<allcinema>
【関連作品】
オースティン・パワーズ(1997)シリーズ第1作
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー(2002)シリーズ第3作
オースティン・パワーズ:デラックス(1999)シリーズ第2作
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aオースティン・パワーズ:デラックス (1999)
[002]Aオースティン・パワーズ (1997)
[003]AX-MEN2 (2003)
[004]Aキルトに綴る愛 (1995)
[005]Aチャーリーズ・エンジェル (2000)
[006]Aゴーストシップ (2002)
[007]A光の旅人 K-PAX (2001)
[008]Aバック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (1990)
[009]Aスイミング・プール (2003)
[010]Aホワイト・オランダー (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
23159 6.91
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちっぷ投稿日:2015-09-20 12:14:30
最も笑えた作品でした。くだらないと考えた人は観るのをやめたほうが・・。。
投稿者:gapper投稿日:2013-02-23 22:44:58
 推定予算6,300万ドル、総収益約460万ドル(伊2002)。

 パロディのオンパレードだが、若い人には分からないと思う。
 基本は007の「007は二度死ぬ(1967)」だが、そこかしこにネタが。
 着信音は、「電撃フリントGO!GO作戦 (1966)」からだが分かるものは数少ない気がする。

 ナイジェル(マイケル・ケイン)の車が、ミニ・クーパーなのは「ミニミニ大作戦 (1969)」でリメイクもあるから分かりそう。
 ラストの歌も「アルフィー (1966)」からで同様にリメイク有。
 マイケルが気に入られていたのか。

 62分頃”著作権がないからゴジラじゃない〜”と言っているのは、マシオカの若き姿。
 まだ、太っていない。

 しかし、オースティン(マイク・マイヤーズ)のママ(Kinga Philipps)は美人だね。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-07-03 22:47:36
2作目は汚いウンチネタとかあったけど、本作はそういうのも抑えられてまっとうなギャグ路線で好感持てます。最後登場のファットバスター含めて、 マイク・メイヤーズは1人4役ですが、言われないとわからないほどメイクで別人のよう。
個人的には3部作の中で1番好きな作品。
投稿者:デスティニ−投稿日:2004-10-06 12:39:04
何じゃコリャ?全然笑えねぇ。ドコが面白いんだか・・・。それとも僕が悪いのか?
唯一笑えたのが猿のシーン。そんだけです。ハイ。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-07-31 12:59:25
【ネタバレ注意】

面白かったですよ、今回も。
スコットのハゲには私もびっくり!
ナンバー2も相変わらずかっこいい。
少年時代の彼が良かった。
カメオ出演のメンバーも良かったが、やっぱレギュラーのメンバー達がイケてました。
金のメンバーもね・・・
マイケル・ケインのパパはイマイチでしたが・・・
日本人の描き方、扱い方は相変わらずといった感じか・・・
ゴジラへのつっこみも「ハア?」という感じでした。
日本人には下らないギャグを言わせとけ、ですか?

投稿者:若田部投稿日:2004-07-05 10:55:39
ヒロインの黒人の女はビヨンセだったんだ!
まったく気づかなかった!というか当時知らなかった。
エリザベス・ハーレーが出てないからイマイチだった。
しかし超大作になっているよな。
投稿者:さち投稿日:2004-06-14 03:02:39
おしゃれな映画 ビヨンセがかなり良かった
投稿者:ASH投稿日:2003-07-24 22:31:31
【ネタバレ注意】

 「面白くない」と言う人がいるのは解らなくもないが、元ネタを少しでも知っている人が観れば、実は細部までこだわって作られた映画だとうことが解るはず。確かに、思いつきで入れたとおぼしきギャグも見受けられるのは間違いないのだがね。

 例えば、牽引ビームを作製する日本人が「ロボト」という名前なのも、お礼を言う際に「ドモ、アリガット、ミスター・ロボット」という台詞を言いたかっただけだからなのだ。このフレーズが、いったい何から採られているのかを知っている人には笑える、という具合。

 捕まったDr.イービルとミニ・ミーが刑務所でいきなりラップで歌いだすのも解らないよねぇ。「アニー」というミュージカル映画を知っている人、あるいは「Yo! MTV RAP」という番組の存在を知っている人は笑えたかな?

 この映画でのマイケル・ケインは、山城新伍に似ている。

投稿者:むーにー投稿日:2003-07-22 03:10:26
しょっぱなから大爆笑でしたw
○ムがでてきたあたりから腹筋が苦しかった
中だるみもすごかったけど
オジーのぎこちない演技と
最後のトラ○ルタのあのしてやったりの笑顔
でやたれたw
話はおもろうなかったけど
超豪華キャストだけで笑えました。
次回作がたのしみです。
投稿者:lina投稿日:2003-07-22 01:12:10
でも、面白いっ!!
下品だなんだ思いながら、やっぱり笑ってしまえるのがこの映画の良い所じゃないかな?
ファッションもすごく可愛い。
確かに最終章で笑いのキレは鈍っていたけど、まだまだいけます!
私はとにかくオープニングのトム・クルーズが一押しですっ!!
バカだよ、バカだよ、こいつ!! って、思わず爆笑してしまいます。
投稿者:genocide投稿日:2003-05-11 18:16:25
【ネタバレ注意】

ケビン・スペイシーで死にそうになった。
笑いではタブーとされる、下ネタ、人種差別、身体的特長。
なぜこんなに嫌味の無い笑いになるのか不思議。

投稿者:篭瀬山投稿日:2002-12-24 22:07:59
時代は60年代末の”サイケ”から70年代半ばに移って、キーワードはなんだろう、”フィーバー”、かな? トラボルタを出してくれただけでファンとしては大喜びだけど、これをやりたいならもはや”オースティン・パワーズ”の使命は終わりだよね。サイケ色が薄れただけじゃなくてフィーバーもほとんど強調しないから、観やすくはなったけど。

それはともかく、イギリス人の愛好するセンス・オブ・ヒューモア、とでも言うのか、稚気丸出しの駄洒落、エロというより肛門期帰りした下ネタ、他者の身体的特徴をあげつらう、異国の文化を自分たちと違うというだけで笑い飛ばす、こういうのが大好きな人にはそこそこ楽しめる映画かも。私?そこそこ楽しかった…。6
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-10-10 20:58:47
「ゴールドメンバー」という題名だけあって、豪華な顔ぶれ・・・だと思ったら、これって「男根」の隠語だったのね。お下品。
前作、前々作に比べて設定に凝っていてなかなか楽しめたのだが、ストーリーが単純明快さに欠け、ストレートにおバカパワー・お下劣パワーみたいなものが伝わってこなかったのが残念。これが、シリーズ最後ということで、内容を盛り込み過ぎたのだろうか。
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2002-09-25 14:59:25
 ダニーデビートが一番印象に残ったよ。
出来れば彼らを兄弟にしてほしくはなかった、日本を分かりやすく描いてもらってよかった、いかにもっ!!て感じ。
投稿者:Antoine投稿日:2002-09-17 21:04:47
出演している俳優は、個性的であり、実力もある人々ばかりである。また、下ネタが頻発するが別にどうってことはない。
ところが、ストーリーがまったくおもしろくない。
カメオ出演、ファッション、音楽、過去の作品へのオマージュ等の副次的な要素はいいが、映画の「命」であるストーリーがおサムイ内容ではどうしようもない。
素材は豪華だが、おサムイ内容のコメディ映画というと、最近では「ラットレース」があるが、とにかく新作の映画でおもしろいコメディ映画というとほとんど記憶がない。
オースティン・パワーズシリーズは、最初どちらかというと「コア」な客層向けという印象があったが、ここに至って「万人受け」するようになったと感じていたら、案の定下らない作品に成り下がってしまった。
投稿者:ゆういち投稿日:2002-09-13 12:18:30
下品、下品というけれどヒネリもパワ−もなくがっかり。
私が笑ったところといえば、あのスタ−の○○が○○する
所とマイケル・ケインの初登場シ−ン(写真での)、あとは
カ−テンの場面くらいだった。見終わって思ったけれど
スタ−の特別出演は絶対に隠すべきだったと思う。あの人が
あんなことをっていう以外に面白いところがあまりないもん。
マイケル・ケインだってもっとシリアスな映画の方が面白いくらい
だもん。映画がつまらないのは仕方がないけどこの映画を雑誌、
テレビでほめた人間は少なくとも評論家の看板はおろすべきです。
字幕監修にロンドンブ−ツの田村淳とあって少し不安になったけど
駄洒落が割と巧く訳してあって感心してしまった。元の英語から
どれくらい変わっているかは分からないけど。所詮「駄」ジャレ
だけれど。
投稿者:モンテ投稿日:2002-09-08 03:48:12
笑っちゃったのはオープニングぐらい。
K・スペイシーと字幕が出るまで気付かなかった!!!馴染んじゃってい過ぎだわ、スペイシー。あと、ゴールドメンバーの悪趣味な衣装&振る舞い(『しょっぱっ』ってトコ)は何故だかバーホーベンを思い出して、ちょっと困った。
そのほかは寒いのだけど、今回のオーステイン・ギャルのビヨンセがなかなかカワイイのと、M・ケインが出てるだけでなんとなく得した気分になっちゃったので、ヨシとして帰ってきました。
1つ謎…ロブ・ロウってどこに出てきたんだろ???全然気がつかなかった!
投稿者:クオモ投稿日:2002-09-06 04:46:15
これまでの2作は大好きだけど、今回のはつまらない。最悪。久々に映画を観て「金返せ〜!」と思った。意外なスターのカメオ出演のシーンは笑うけど(特にオズボーン一家)、そんなの笑えて当たり前。それ以外で笑えるところといえば、カーテンごしのシルエットで下ネタ連発するところぐらい。これに関しても、前に似たようなことやってなかった??新しいギャグは寒いし、某お笑いタレントによる字幕監修も全然意味ないし、3作目にきての行き詰まりみたいなものが端々から感じられた。もう次回作は観たくないと思ったら、どうやらこれで最後っぽい。製作者が一番わかってます。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-08-25 18:08:39
 オープニングはすごすぎる、こんなの普通観られない。いかにこのシリーズがアメリカ人に愛されているかがわかる。
 映画のほうは相変わらずのハイテンション。おなじみのシルエットを使った下ネタギャグ、ミニミーとの格闘シーン、「××××」言葉のオンパレード、それからスコットの壊れ具合が笑った。キャラは相変わらずおなじみのものばかりだし楽しめる、この映画だけ観てもいいのだが前2作を観てからの方がより楽しめる。このシリーズはまりました。
 主演、脚本から製作、キャラ作りまでこなすマイク・マイヤーズはすごい才能だ!!
投稿者:armani投稿日:2002-08-23 11:24:50
相変わらずの“おバカネタ”満タンで、結構笑えます。そこここに、知ってる顔も登場し、盛り上げています。とりあえず、オープニングにはご注目!下品ネタの弱い人には、お勧めしません。
投稿者:PEKO投稿日:2002-08-22 01:26:42
私は下品なジョークが好きではなく、しかもくどいのでオースティンはあまりうけつけなかったのですが、これは素直に面白かった。特にミニ・ミーかわい過ぎ。セス・グリーンもがんばってます。この二人でもー大満足。マイク・マイヤーズの存在がなんか薄く感じた。しっかりしろ、四役もやってるんだから。
でもオープニングが一番よかった気がする・・・。あとトラボルタ。
2002.08.21観賞 6点
投稿者:Keiko投稿日:2002-08-12 16:14:14
あー、待ってました。こうゆう大笑いできる映画を。
今回もやってくれました。

シリーズ中最多のゲストたち、父親の登場、日本語(?)ラップ、セス・グリーンの成長と見るところだらけ。

シリーズ中、もっとも英語が聞き取りやすかったのは私だけ?
下品なコトバもありますが、リスニングの勉強したい人は字幕見ないでトライ!

それにしても、マイヤーズの日本語わかりにくかったなあ。http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000079947
投稿者:ミツエモン投稿日:2002-08-01 05:55:24
これまじわらった。ハリウッド映画に出てくる日本人の日本語がおかしいのは気にせずとにかく笑った。オースティンパワーズが片言の日本語を話すのだけどアメ人達には何をいってるか字幕見るまでわからないけど俺は1人で笑ってしまった。チョコレート AssCream。 いきなりのトムクルーズ?登場から最高でした。あれは本物なのかな。。。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ブレイクスルー演技賞(女優)ビヨンセ・ノウルズ 
 ■ コメディ演技賞マイク・マイヤーズ 
 □ 悪役賞マイク・マイヤーズ ゴルドメンバー
【レンタル】
 【DVD】オースティン・パワーズ ゴールドメンバーレンタル有り
 【VIDEO】オースティン・パワーズ ゴールドメンバーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION