allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

モンスーン・ウェディング(2001)

MONSOON WEDDING

メディア映画
上映時間114分
製作国インド/アメリカ/フランス/イタリア
公開情報劇場公開(メディア・スーツ)
初公開年月2002/08/17
ジャンルドラマ/ロマンス
あまい涙。
しょっぱい涙。
にがい涙。
涙の数だけ
幸福になれる。
モンスーン・ウェディング [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 1,120
amazon.co.jpへ

 Photos
モンスーン・ウェディングモンスーン・ウェディング

【解説】
 インドの伝統に則った絢爛で盛大な結婚式を舞台に、そこに集った人々の恋や人生模様を滑らかなタッチで紡いでいく群像劇。監督は「サラーム・ボンベイ!」「カーマ・スートラ/愛の教科書」のミーラー・ナーイル。2001年のヴェネチア国際映画祭においてグランプリにあたる金獅子賞を受賞。
 インド・デリー。テレビ局に勤める女性アディティ・ベルマは父の決めた縁談をここへきて急に承諾した。相手はアメリカで仕事をするエンジニアのヘマント・ライ。父のラリットは娘の結婚式を伝統に則り、モンスーンの時期に親戚縁者を集めて盛大に執り行なおうと準備に大忙し。結婚式を数日後に控え、アディティは仕事場に別れの挨拶へと向かう。実は、彼女は担当する番組のスタッフと不倫関係にあったのだが、結婚直前のいまでも心の整理がつかないのだ。そんな中、世界中からベルマ家の親族たちが続々とやって来る。そしていつしか、そこかしこで感情と感情が交錯していく……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
978 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:TNO投稿日:2011-09-09 01:31:28
上流階級と下級の人々、インド文化と米国文化、伝統と革新が混沌としていて、手持ちカメラによるラフな構図がそれに輪をかける。登場人物の志向は、それぞれだが、その志向する先を目指して一生懸命。上流階級の人達は、世の中の変化についてゆけないけど体面は保たなくてはならないという辛い立場なんだろう。下級に属するイベントプロデューサーの方が金回りはよさそう。不倫や幼児への性的虐待も登場する。やたら、周りに怒気を撒き散らしている頼りなさげな家長が、問題ある弟夫婦を追い出す場面は、この人やるときゃやるじゃんという感じが出ていて良かった。音楽の中では、女達が踊りながら歌う嫁さんを選ぶ歌が、一番気に入りました。ネハ・デュベイさんのソロのダンスは、プロだと思わせる。ヴァソンダラ・ダスの目の大きさには圧倒される。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-03-01 07:32:34
よかったです
投稿者:たまきち投稿日:2006-08-15 19:42:01
結婚式に向けて進んでいく、それぞれのドラマが良い。
この映画も落ち込んでいるときにオススメです。
きっと元気になれますよ。
投稿者:Ikeda投稿日:2006-08-11 13:37:52
この映画の主題は中流家庭の一人娘の結婚にまつわる話ですが、家長を中心とした一族その他多くの登場人物の間のエピソードが入り乱れて流されますので、多彩な内容になっています。カットの切り替えもテンポがあり、カメラの動きもが非常に良いのは、さすが映画王国インドですが、人間の心の機微を良く捕らえているのは立派です。
盛大な結婚式が行われますが、インドでは娘を嫁にやると身代が潰れるとという話があるくらいです。この映画でも式の費用について「うちは息子で良かった」「だが女房が贅沢だろう」「いや、彼女は自分の財産があるから」という会話が交わされるのが面白いです。
私事ですが、40年前にインドに出張していた時、インドのエンジニアが結婚するのでカメラを貸してくれと言われ、カラーフイルムを入れて貸した事があります。当時は日本でもカラーは出始めで、インドにはなく、日本で現像してから写真を渡しました。この時、式に誘われたけれども、仕事があるので行けなくて残念でしたが、写真だけは残りました。また、式の前に「新婦はどんな人」と聞いたら「まだ会ってないので解らない」との返事に驚いた事を思いだします。
あまりインど映画は見ていませんが、この作品では歌はあっても踊りが、さほど出て来ないし、幻想的な場面がほとんどないのが新しい感覚だと思います。ロケ地はニューデリーとオールドデリーのようですが、ヒンズー語とインド訛の英語がチャンポンに使われているのが懐かしいです。
奥さんがトイレに隠れて煙草を吸うシーンがありますが、これなどアメリカの影響があって、禁煙する人やチャイ(香料入りミルクティー)に砂糖を入れないでくれという人に「アメリカナイズされているな」と言うのもそうです。この時代には携帯電話もかなり普及していたようですが、街の看板に「STD,ISD」と書いてあるのは固定電話が掛けられる印で、国際電話は「ISD」でないと掛けられません。
投稿者:さち投稿日:2004-11-17 00:08:26
なかなか面白い
投稿者:投稿日:2004-11-09 23:27:27
【ネタバレ注意】

 人物の描き分けがうまい。それぞれに血が通っている。監督の人間観察の鋭さだ
ろう。善人ばかり出てくるわけではないのがいい。後半、花嫁の父が兄に、毅然と「出
て行ってくれ」という場面が、この映画の芯になっている。下層階級出身であろうウ
ウェディングプランナー(好演!)と女中の恋愛のほうが、好感を持って見られた。個
人的には主演女優は全く好みではなく、あの女中さんは、好きです。
 DVDの監督インタビューで、「前向きなパンジャブ人の生き方を描いた」といって
いるのが興味深かった。とするとインドには他の民族もいて、そっちは前向きじゃな
い、ということなのだろうか。

投稿者:ふむ投稿日:2004-01-07 16:09:42
インド映画特有の、歌って踊るだけに徹していない、色んな人間の心情が良く出ている秀作だと思いました。
みんなの演技が自然すぎる!!!

マリーゴールドの花がとっても綺麗で印象的で、思わずこの映画の色使いにはまってしまいました(!!)
オススメ映画の一つです!http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Tulip/2161/
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-07-21 21:40:21
純粋にいい映画。不倫相手に心が残る女性の
心理もわかるし、お父さんの勇断には拍手!
日本になくなった家長の強さというものを
しみじみと感じるし、ハデ婚の脇でジミ婚を
しているウェディングコーディネーターと
お手伝いさんもすごく感じがよかったし。
サリーで結婚式、してみたかったな〜。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:2000投稿日:2003-02-13 01:41:07
【ネタバレ注意】

インドでの、家族を題材にした話。最初らへんは、インパクトが無くてイマイチ話にのめりこめなかった。しかし、登場人物に割りと満遍なく当てられるスポットライトのせいか、感情移入し楽しく見れた。
 とにかく、インドに行ってみたくなった。途中、インドをアピールするかのごとく映されるインドの町並みの様子。あと、インド映画はこれしか見たこと無いけどインドの人は他人の痛みがわかり、人を大事にする人が多いように感じた。日本人を見てると、他人を傷つけても自分を大事にするといった人が多いように感じる。少なくとも、この映画の登場人物からは、そういった印象を受けた。ナントカおじさん以外。純粋さかな。あと、もう一個印象的な所は、「座っていたら転ばない、勇気を出して馬に乗った人だけが落馬できる。」という所。あと、花嫁のお父さんが、基本的に強気な人だけどリアの悲しい過去を後で知って、「支えてくれ」と、ベッドで奥さんに泣きつく場面。一人で生き抜く強さもほしいが、支えてくれるかけがえの無い人のほうがもっと価値あるかもなと思った。インドいつか行こう。

投稿者:ゆき投稿日:2003-02-11 22:39:17
 何でしょう。インド映画なのに、まるで日本のドラマや映画を見るのと同じ感覚で見れてしまいました。ただ違うのは、キャストがインドの方というだけ。
父親の気持ちとか、嫁ぐ娘の気持ちとかがとても丁寧に描かれていて良かったです。インド映画自体数本しか見ていませんが、女性の方って、しおらしいって印象を受けました。男性をたてるとでも言うか。それでいて美しいというのは、羨ましい限りです。
投稿者:mimirinn投稿日:2003-02-03 18:57:45
インドの結婚式はすごいですね!!
私もシングルなんですが、親戚からめっちゃ攻められるのは万国共通なんですね。
インドの女性は意外とみんなふっくらしていますね。
でも美しいですわ♪
インド映画はなぜかはまるんですよ・・・。
この映画観てたら結婚もいいかな。。なんて思いますね。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 金獅子賞ミーラー・ナーイル 
□ 外国語映画賞 
□ 外国語映画賞 
□ インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞ミーラー・ナーイル 
□ 外国語映画賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】モンスーン・ウェディング2003/01/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】モンスーン・ウェディングレンタル有り
 【VIDEO】モンスーン・ウェディングレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION