allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インソムニア(2002)

INSOMNIA

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月2002/09/07
ジャンルサスペンス/ドラマ/犯罪
始まりは
髪を洗われ 爪を切られた
17歳の
少女の死体

6日間眠れないほどのあまりにも異常な事件
インソムニア [DVD]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,500
USED価格:¥ 2,160
amazon.co.jpへ

 Photos
インソムニアインソムニア

【解説】
 1997年にノルウェーで製作された同名作品(日本未公開)を「メメント」のクリストファー・ノーラン監督でリメイクしたサスペンス・スリラー。白夜のアラスカを舞台に、捜査中に誤って相棒を射殺してしまった不眠症(インソムニア)の警察官が次第に精神的に追い詰められていく恐怖を描く。主演はアル・パチーノ、共演にロビン・ウィリアムズとヒラリー・スワンク。
 アラスカ・ナイトミュート。いまの時期は24時間太陽が沈まないこの町で17歳の少女の変死体が発見された。翌日、ロス警察のウィル・ドーマーが相棒のハップとともに応援にやって来る。ウィルは今までの豊富な経験を駆使し、犯人をおびき出す方法を思いつく。思惑通り海辺の小屋に犯人が姿を現わす。しかし、深い霧に犯人を見失ったウィルは誤って相棒を射殺してしまう。自分が射殺した事実を地元警察に告白しそびれたウィルは白夜も手伝って不眠症に陥る。不眠が続いて3日目の早朝、ウィルのもとに少女殺しの犯人から電話がかかってくる…。
<allcinema>
【関連作品】
不眠症 オリジナル版 インソムニア(1997)オリジナル
インソムニア(2002)リメイク
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aショコラ (2000)
[002]Aインサイダー (1999)
[003]AジョンQ-最後の決断- (2002)
[004]Aボウリング・フォー・コロンバイン (2002)
[005]Aオーロラの彼方へ (2000)
[006]Aソウ (2004)
[007]Aヒート (1995)
[008]Aグラディエーター (2000)
[009]Aオーシャンズ11 (2001)
[010]Aフェイク (1997)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
43307 7.14
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 10:47:47
つまらないと思ったら、違う人が脚本を書いてるんですね。
投稿者:黒美君彦投稿日:2013-10-01 13:49:19
【ネタバレ注意】

なかなかのサスペンス。
優秀なロス市警刑事のウィル・ドーマーを演じたアル・パチーノが実にいい。

同僚への誤射を、逃走した犯人に罪をなすりつけたことで、果たして本当に誤射だったのかどうかドーマー自身もわからなくなってくる。
白夜で眠れない夜が続き、射殺の現場を目撃した犯人ウィルター・フィンチ(ロビン・ウィリアムズ)と秘密を共有してしまう…。
彼に心酔するアラスカの女性刑事エリー・バーを演じたヒラリー・スワンクが、ドーマーの言葉として語る言葉が実に効果的だ。
「いい警官は謎解きで眠れず、悪い警官は良心が眠らせない」
(A good cop can\'t sleep because a piece of the puzzle\'s missing, and a bad cop can\'t sleep \'cause his conscience won\'t let him.)

悪役が珍しいR・ウィリアムズがやはり巧い。
心理サスペンスとして十分楽しめる作品。アラスカの寒さが見えてくる。

投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-10-22 13:10:54
冒頭の飛行機のシーンから引きつけられる。音楽もいい。パチーノの熱演は鼻につくけど、スワンクのういういしさがそれをやわらげている。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:scissors投稿日:2011-05-15 16:06:15
やはりノーランは演出下手
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-03-07 23:40:32
そこそこ観れるけど解りにくい描写が少なくないし、ベッドで寝てるスワンクを起こさないようにパチーノが警察バッジを持っていくショットは完全に意味不明だった(こっちが何かを見過ごしてたのか?)。決着の付け方はいつものハリウッド映画。
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-26 20:53:04
新米女刑事に扮してパチーノ扮する老刑事に捜査のイロハを教わるヒラリースワンクの初々しさは「ミリオンダラー・ベイビー」とか「フリーダム・ライターズ」 を経た後だと新鮮。http://mototencho.web.fc2.com/2008/darknig.html#insomunia
投稿者:uptail投稿日:2010-05-19 18:41:59
アル・パチーノ
投稿者:ララルー投稿日:2008-06-27 09:26:32
アラスカっていつも地面が濡れてるんですか?
アラスカって犬の死体が路上に転がってるんですか?
つか、アラスカって人が住んでるんですか?
てか、アラスカってアメリカですか?
パチーノは部屋出るとき、ちゃんと犬にエサやったのかなあ?
投稿者:なちら投稿日:2008-04-21 21:22:17
闇夜は何が潜んでいるのか分からない恐ろしさがあるけど、明るい夜っていうのもまた不気味。
見えすぎても、怖い。
不気味さという物をノーランは巧みに操りますね。感心します。

A・パチーノは素敵なおじ様だけど、ホントにいい歳だから、
眠れなかったり、丸太が押し寄せる水中に落下したり、肉体的に辛い目にあっている姿が
何だかかわいそうで見てられない。
走ったり、殴ったりっていう役は、もーやめなって。
投稿者:花男投稿日:2008-02-06 18:34:33
アル・パチーノが出る映画って、良作、駄作問わずどんな映画でも“アル・パチーノ映画”になっちゃいます。これもそんな感じですね。スクリーンや画面に出ると目で追っちゃうんですよね、不思議と(自分だけか)。後半の「歳食ったな〜アル・パチーノ」とか思いながら観てしまうぐらいやつれ具合は感心します。

ストーリー的には、サスペンスとドラマの両立の難しさを感じます。バランスを狙ったんでしょうが、サスペンス映画って言っちゃうと間延びしていますし、ドラマっていっちゃうと心理描写に食い足りない面があり、その辺にフラストレーションを感じますね。
投稿者:goodfilm投稿日:2007-02-03 20:04:21
【ネタバレ注意】

おじいちゃん走る走る、溺れそうになっても脱出。ぼそぼそしゃべりの場面が多く映画館では寝るぞ。おじいちゃんと違うだろキャステイングのロビンの二人とも死ぬシーンは悪い意味であっけにとられ、何もかもがインソムニア如くすっきりしないまま終演。
関係者があまりにも気をつかい過ぎて、おじいちゃんばかりがクローズアップされている、死ぬシーンのDon\'t show me.で格好よく終わらせたいようだが、クローズアップのし過ぎで、最後は感動できなかった。
俳優の出演度合いを気にし過ぎて失敗する典型的なパターン。

投稿者:あっきー投稿日:2006-07-31 21:52:27
単純に評価すると「並(4星)」なのですが
作品全体から出る雰囲気が非常に良かったです!
24時間太陽が沈まない町という舞台と
あの町並みがサスペンスにピッタリの雰囲気を出していました!
アル・パチーノの起用も良かったのではないでしょうか!

↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:フリクリ投稿日:2006-05-19 12:43:02
評判も悪く、エンターテイメントとして駄作でも、好きになっちゃう作品ってありますよね。
私にとっては好きな作品です。
てゆーか、大好きなアル・パチーノが暗い過去に苦悩しながら犯人を追う刑事を演じてるんだから、好きにならないわけがない!
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-07 00:38:16
はじめからアル・パチーノの顔が疲れきってるから、変化がなくて不眠症にみえない。
投稿者:bond投稿日:2006-03-08 13:22:10
やっぱロビン・ウィリアムズはミスキャストでは、殻を破りたいのは解るけど。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-02-25 17:55:30
人気のまばらなアラスカの田舎町、荒涼とした大自然・・・
パチーノ・ウィリアムズ・スワンクといった充実したキャスト・・・
お膳立てはそろってるのだが、肝心の素材と料理人が駄目だと辛いという典型的な例だろうと思う。
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-01-16 08:02:52
1回目の時は、正直「う〜ん・・」って感じ。結末を知ってる状態で2回目を見れば「こりゃ面白いわ」ってなる。アル・パチーノは迫力ある演技。ヒラリー・スワンク、ロビン・ウィリアムズともになかなか良い演技。つーか、アカデミー俳優3人揃って、凄い豪華。10年後ぐらいに「羊たちの沈黙」「セブン」並みに絶賛されそうな気が・・するんだが。いや、ないか。
投稿者:SPORTY投稿日:2005-08-22 13:06:48
捜査中に犯した取り返しのつかない失敗を告白しそびれ、自分のキャリアへの確執からそれを隠蔽するためひたすら奔走する刑事の姿を描いたサスペンス。哀しい中年のベテラン刑事をパチーノが好演しています。ラストに誇りを取り戻したとき彼は‥。
投稿者:のうずい投稿日:2005-07-10 12:32:18
【ネタバレ注意】

「メメント」ではもろに記憶に生涯のある主人公だったが、今作も実は
過去の記憶に苛まれる登場人物である。パチ−ノには何度となく挿入される
証拠捏造の場面、そしてウィリアムズには殺してしまった少女の記憶が
それぞれフラッシュバックする。
人間は、嫌な過去を‘忘れよう忘れようと必死で頭に刻み込む’バカな
生き物である。「メメント」とはまったく逆な話しで、なかなか興味深い。

くわえて、主人公は必死で闇を作ろうとする。白夜という設定ゆえ、
カーテンと窓との隙間から差し込む日の光をなんとか遮ろうとするのだが、
闇を好むというこの表現は、今思えば「バットマン・ビギンズ」の主人公
ブル−ス・ウェインへと繋がり、これもまた興味深い。

「メメント」で消えて闇となっていく記憶になんとか光を当てたいと願い、
「インソムニア」では逃れられない記憶を闇の中に葬りたい衝動にかられ、
「ビギンズ」に至ってはその闇を克服するどころか味方につける。

強烈な個性の表現には至っていないが、ある程度は注目したい監督である。

投稿者:william投稿日:2005-03-30 11:14:17
パチーノとウィリアムズの演技力はさすがだが、ストーリーが地味すぎて、やってる方は不眠状態でも、見てるこっちは催眠状態に陥る。結局、不眠症は大して関係ないじゃんってオチだし。
投稿者:さち投稿日:2005-03-18 15:20:42
なかなか
投稿者:D.投稿日:2004-07-21 12:05:08
なんだか猟奇的な予告編、そしてC・ノーランが監督と聞いて『羊たちの沈黙』や『セブン』のようなサイコ・スリラー系を期待するとガッカリします。私もその一人でしたが、それを差し引いたにしても、全体的に印象が薄く、少々期待ハズレな作品でした。

心理サスペンスというには少々緊張感に欠けていて、内容的にはA・パチーノが主人公の重苦しい人間ドラマという方がしっくりきます。確かにA・パチーノは存在感抜群で渋いんですが、その反面、犯人も含めて主人公以外のキャラが薄っぺらいんですよね。特に、もっとイッてしまっていると期待したR・ウィリアムズの殺人犯はなんだか普通の中年オジサンでした。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:ブル510投稿日:2004-05-17 16:06:28
どんな人も眠気にはかなわない、という映画です。
投稿者:hanako投稿日:2004-03-29 11:28:27
キャスティングのおかげで眠り込まずに済みました。
パチーノ様は文句なく良かったのですが、せっかくR・ウィリアムスと共演なのだからバランスよく使って欲しかったです。

せっかくのR・ウィリアムスの犯罪者っぷりの作り込みが
やたら丸太を軽快に超えていって期待させておいてラストは御粗末過ぎ…。
ヒラリーは『ボーイズ・ドント・クライ』以来ちゃんとした女性に見えなくて「女役!女役!」と言いきかせながら観ました(ゴメンナサイ)★
投稿者:tax投稿日:2004-01-28 22:41:23
【ネタバレ注意】

サスペンスのネタが3つあったのに、全部中途半端じゃ
犯人は誰か、内部調査の行方、相棒殺しはばれるのか
脚本が弱いんじゃ
パチーノとウィリアムズは、それぞれ うまいんだけどね
だけど、ウィリアムズをキャスティングする理由は不明
ラストの暴れ方からして変質者だったと思うんだけど
そうだとすると、説得力が十分でないな
パチーノは、眠そうな感じがよく出てて、実力どおり
最後に死ぬのは目に見えてたけど
脚本的には エネルギーが切れた感じだよね

投稿者:非評家投稿日:2004-01-28 05:08:42
薄暗い雰囲気の中
かなり暗いムードの展開
私の眠れない夜の一本
8回位使ったかな?
今だエンディングまで観ていない
気にはなるが・・・もうどうでもいい
投稿者:well投稿日:2003-07-31 17:04:05
【ネタバレ注意】

6日も寝ないで、車運転すんな!!

投稿者:genocide投稿日:2003-06-24 22:05:24
なんか、結構良いんだけど、
小さくまとまりすぎな感じ。
もっと弾けてほしかった。
投稿者:映子投稿日:2003-06-06 19:54:23
ロビン・ウィリアムスが善人しか見えないというのはまさにそう。だから別に無理やり彼を悪人に仕立て上げる必要もないと思うし、アル・パチーノを逆に完全に悪人として(どんでん返しとして)描いた方がストーリー的には面白かったように思う。アル・パチーノの表情を見てると、とにかく眠くて見てる最中に目があけられなくなった。・・・
投稿者:sundance投稿日:2003-04-29 01:05:43
パチーノは『フェイク』以降明らかに「老い」を
武器にしている。『インソムニア』はその「老い」を
疲労感とリンクさせ、もはや彼以外の誰にも醸しだせない
「苦い渋み」として、その存在感を激しく屹立させている。
作品を選ばすどんな作品にでも飛びついているデ・ニーロ
(なにしろE・マーフィと共演ですよ)や、
『スフィア』『マッドシティ』が大コケして最近まったく
オファーがないD・ホフマンといった同年代の俳優を
大きく引き離して、いまのパチーノははるか彼方を一人で
歩んでいるとの印象が強い。

ジャンル分けすれば悪徳刑事ものに分類できるが、
D・ワシントンが倫理観のかけらもない悪徳刑事を
演じた『トレーニング・デイ』に比べれれば
かなり手ぬるいし、また海外ミステリを読み込んでいる
方ならジェイムズ・エルロイの一連の暗黒小説を
想起して鼻で笑われるだろう。
クリストファー・ノーランは登場人物の内面の
暗黒面を暴くだけの才気をもった
監督だと思っていたがメジャーだと妥協してしまうのだろうか。http://www.iris.dti.ne.jp/~jim-beam/
投稿者:M.hager投稿日:2003-04-27 19:19:50
ノーラン監督は昔のサスペンスによくあった人物の心理描写を巧みに使っていて好きだ。メメントにしてもインソムニアにしても、物語の出来事で観客の心理を煽るよりも主人公の行動やセリフを重視しているところが個人的に好きだ。凶悪事件を表に出さず、登場人物の心理的な駆け引きゲームの方を全面に押し出したこの作品はまあこれでもありかなと思った。
投稿者:ASH投稿日:2003-04-13 03:17:52
【ネタバレ注意】

ノルウェー製オリジナル版は本作鑑賞時点では未見なので比較はナシね。

あえて紋切り型ハリウッド的ハッピーエンドを避けたラストはやっぱりお見事!

その前にある銃撃戦もC・ノーラン監督によるハリウッドへの迎合だったのでしょう。

不眠症にさいなまれ、次第に追いつめられてゆくパチーノの焦りも巧く表現されていた。

対するR・ウィリアムスのいつもとは違うヌメヌメとした不気味な存在感もなかなかです。

アラスカの美しい風景を切り取った映像も素晴らしく、所々にあるノーラン調も良かった。

投稿者:JBJ投稿日:2003-03-11 20:14:35
【ネタバレ注意】

アル・パチーノの芝居に文句をつける方はいないでしょうね、これは。そして、ロビン・ウィリアムス・・・。絶対に下手な、いや、むしろ非常に上手い役者なのに、こういう役柄はやはり不得手なのでは?アプローチの方向を間違えたのか、印象が薄い。そのせいかラストにみせる凶暴さの意味をどう捉えればいいのかわからなかった。ただ単に秘密を守ろうとしたのか?それとも、あの凶暴さを見せることによって、ケイはアクシデントではなく、やっぱり殺されたという事だったのか?ロビンだけの責任ではないと思うが、やはり惜しい使われ方で残念。この手の役はよした方がいいと思う。自作の「ストーカー」は悪役みたいな感じに言われてるが、プロットを読むと今回とは違うみたいなので、期待します。

投稿者:filmer2003投稿日:2003-03-10 03:34:08
【ネタバレ注意】

面白くて、作品世界にひたひたと浸れました。いかにも田舎の頑張ってる新人刑事ヒラリー・スワンクの成長物語としても面白い。憧れの先輩刑事に現場での手ほどきを受け、その先輩が実は不正を働いていたことに気付き、どんどん刑事らしくなっていく。一方で、堕落というか、感覚が麻痺して自分が正義になってしまう老いの醜さとが対象となっており、先輩=後輩ものの正統なよさを感じた。映画はアラスカの夏だけど、旅行で行った冬のノルウェーに似てて、アル・パチーノとガブリエル・バーン、ヒラリー・スワンクとジュリア・オーモンドの役回りや雰囲気もなんだか「陰謀のシナリオ」を彷佛させるところがあって、北欧っぽいなあ、と思ってたら、ノルウェー映画のリメイクだったんですね。リングといい、リメイクでないとなかなか重厚なサスペンス作れないのでしょうかねえ。この2作は、リメイクの質がとても高いと思いますけど。前作の失敗を学んで、ディテールや運び、伏線がしっかりしてますよね。
ロビン・ウィリアムスは、もちろんうまい俳優だけど、この作品では印象残ら
ず、ミスキャストかなと思った。期待を込めて監督前作の「メメント」見たが、技巧は丁寧だが分かりにくしい、驚く話でもなくてがっかりだった。

投稿者:月の熊さん投稿日:2003-03-06 00:44:03
TVで渡部篤郎さんが、俳優の演技能力の評価なんて、人それぞれのそれらほとんどが彼らの好き嫌いによってなされている。勿論基礎は大事。でもそれ以上は大した違いがあるわけじゃないと思う。っみたいなことを言っているところを観たことがあります。渡部さんはじめ、二コラス・ケイジ、ロバート・デ・ニーロ、Bjorkその他の面々の演技を以前からむっちゃ評価しておりますが、上記の話を聞いてからは、その真実性の是非は別として、「僕には演技なんて学んだことも無いし、何も知らないのだから、結局評価したくなる役者の演技なんてのがあるとするならば、それは自分の偏狭な視野から好感を得れたものであるに過ぎないのだろう」と納得してしまえるようになってしまいました。少しさめた、つまらない役者演技への姿勢がかなりの期間定着してしまっております。

 しかし、しかしですよ!こんな僕に「インソムニア」のパチーノさんの演技は文字通り身を震わす程の超最高級の演技を見せてくれたんだと思います。
 シーンの前後は(まだ一回のみの視聴なので)はっきりと記憶してませんが、確かパートナーの死を電話で知らせて、相手側から交信を切られてしまった後にため息をついて受話器を無気力(と簡単に説明してはいけないと思うのだが)げにおろすパチーノさんの演技のことですね。
 マジです。マジで身震いが起こったんです。DVD回してた部屋は温かかったですし渡しいまかぜひいてません(花粉症ですが)。映画観ててこの経験は初めて!インテリ気取りしたような身構えは全くなし!先述のとおり役者の演技能力評論に疑いさえ抱いていた自分に、別段演技の観察意識なんてありませんでしたし…。直感の世界というのか、観念という、認識行為への怠惰とは全く別の、感覚の奥の奥から何かが共鳴したんだと思います。
 こんな経験を得た方々が演技評論を口にしてらっしゃるのかと、又新たに未開の地の門を開くことが出来たような気分です。今まで演技評論のネットワークはほとんど無視してきましたからね。

何を言わんとするかというと、この映画、これだけパチーノさんの力量を引き出したという実績だけでも傑作と評されるに値するのでは?勿論私個人的な感想です。こんな映画との出会い方も又いいものだなと、鱗の二三枚が剥がれたような爽快感が得られました。「道を見失うな…」彼の演技がこの台詞に超ど級の説得力を与えました。

ロビン・ウイリアムさんの悪役ぶりは次の「ストーカー」だったかなんだったかに期待です。皆さんと同じように、これだけじゃ到底満足できんは。
投稿者:ゆういち投稿日:2003-01-03 21:57:52
【ネタバレ注意】

「メメント」はキャリ−・アン・モスの悪い女ぶり
のみが印象に残ったけれどこの映画はアイデアに
溺れることなく(というかリメイクだし)非常に
しっかりとした映画で面白かった。追われる人間は
もちろんのこと追う人間も悪い奴で、しかも追われる側が
追う側の弱みを握っている。この設定だけでサスペンス
として「合格」だし、それぞれを演じるアル・パチ−ノと
ロビン・ウィリアムズがもの凄く気合いの入った演技で
とても見応えがあった。特にR・ウィリアムズ!いつもの
万人向けのコメディ演技を捨ててとても抑えた演技を
していて勇気があるなと思った。しかもどこにでもいる
普通の男という感じでありながらパチ−ノと遭遇する
シ−ンではものすごい緊張感を出していて流石だなと
思った。ヒラリ−・スワンクは少し「羊たちの沈黙」の
ジョディ・フォスタ−の影響を感じたけれどなかなかの好演。
そしてモイラ・ティアニ−!「ER」で見て好きだったけれど
この映画では大いに迷うパチ−ノの迷いを振り切るきっかけを
作るという結構大事な役で出ていて嬉しかった。

サスペンス映画としても抜群に面白かったけど
私が感心したのは後半の話の展開。良心の呵責に
さいなまれ正気を失いそうになるパチ−ノ。
悪魔の誘惑をするR・ウィリアムズ。荒涼とした
氷の大地で展開される壮絶な心理劇。アクション場面で
カメラがめまぐるしく動いていたのがちょっと残念だったけど
あとは文句のつけようがなかった。そしてラスト、立ちつくす
ヒラリ−・スワンク。それはもうほとんど「ギリシャ悲劇」の
ようで(あんまり知らないけれど風格があったという意味で。
ついでにいうとニュ−・シネマっぽい感じも若干した)厳粛な
気持ちになった。

投稿者:篭瀬山投稿日:2002-12-22 11:44:25
脚本が論理的でキャスティングも絶妙、絵で見せる工夫をうまくやってるなあ、と感じましたが、眠いのかボケてるのか、老人のウダウダに付き合わされちゃたまらない。総合点では、6
投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-22 00:56:54
監督がメメントの人だから結構期待したんですけどイマイチでした。ロビン・ウィリアムスの悪役はあんまりよくないし、アル・パチーノもただの疲れきったおやじだし。もっとヒネリがあると思ったが単なるサスペンスで面白くなかった。
クリストファー・ノーランどうしちゃったんだ?「メメント」は良いのに。
この作品を見に行った時、混んでいて、三十分近く待たされた挙句、期待はずれだったから少しムカツキました。
投稿者:いもこ投稿日:2002-11-02 12:43:11
【ネタバレ注意】

「メメント」しか観ていないのでノーラン監督の手腕がどれほどあるか、まだまだ?という感じですけど、この作品は外したかも知れない。

ノーランは白夜の怖い感じが画面に出せず失敗。ロケ撮影よりセット撮影の方が効果が出るような。主演のアル・パチーノは不眠症じゃなくて本当に眠そう。眠たーいって叫んでいるような演技。スワンクが魅力的だから(ジョディー・フォスターっぽい>羊)彼女を軸にしてもよかった。
なんせ中年二人のサスペンス・アクション場面がことごとくだめ。流木のシーンなんていらない。変に無駄が多い。撮影もサスペンスを誘わない。アラスカの観光地アピールしてるだけ。 

投稿者:チバッジョ投稿日:2002-10-21 15:23:12
【ネタバレ注意】

「メメント」をビデオ鑑賞してから観に行きました。
「メメント」はアイデアは認めますが、それ以上のものではないと思います。
「インソムニア」はノーランが初めて撮った「普通の」サスペンスと思いますが、
彼なら3作目であったとしてもこれくらいは楽に撮れるんですね。
「セブン」系を期待していたので少し期待外れでしたが・・・。
ただ拡声器の音響で犯人を逃がしてしまう場面では「まさか・・・」と苦笑い
してしまいました。
不眠症になるほどの映画ではないですね。

投稿者:ゆうじ投稿日:2002-10-17 20:35:17
予告編に大いに問題ありですね。でも、重苦しい人間ドラマなんだから、ホラーサスペンス風に見せないと客が寄り付かないかも。ちなみに、夏に滞在したイギリスでも日本とほぼ同様の予告編をやっていました。
内容的には、アル・パチーノ演じる老刑事の苦悩がよく描けていて、なかなか見ごたえがありました。アル・パチーノはやはりうまい。反面、ロビン・ウィリアムスが演じる犯人は、今ひとつ印象が薄いですな。何か普通のおじさんみたいでした。
投稿者:Gordon Shumway投稿日:2002-10-16 13:15:33
あのコピーからして”「ツインピークス」っぽいのか?監督はクリストファー・ノランだし。一体どんな展開が?”というような期待をもって見に行ったのですが、全然違いました。(宣伝の仕方に問題ありだ!)
ロビンの悪役も普通。もうちょっと不気味さを出してほしかったな。
投稿者:ビル投稿日:2002-10-15 15:41:26
なんか‥‥いまいち期待外れ??
予告見てみたらホラー?みたいな気がしたけど実際見てみたら
突発的な展開もないしねぇι
だいたい50点くらいでした!獏
投稿者:モービルムービー投稿日:2002-10-12 00:13:33
 出だしの映像のスバラシさは見事!スゴイ期待感で始まった。
 犯人捜査の指示の出し方でパチーノのヴェテラン性がよくわかり、初悪役のロビン・ウィリアムズの猟奇性にどんなものがあるのか興味が起こるが、それは別になんと言うことも無く、サスペンスからドラマへと移行する。
 お互いに(犯人と刑事が)秘密(悪事?)を持ち合う所は、昔見た「サイレントパートナー」(クリストファー・プラマー、エリオット・グールド)を思い起こさせる展開ではある。
 不眠症の映画であるのに、僕が一瞬ウトウトとしてしまったのは、疲れているからだけではないだろう。
 いずれにせよ、あの予告編で想像するストーリーとはギャップが有り過ぎて、「セブン」系のつもりで行くと肩透かしを食ってしまう。内容に見合った予告を作るべきである。
投稿者:yuki24投稿日:2002-10-03 10:52:46
アル・パチーノ。
歳相応の役とは言えないが!?、まさしく“キング”!!
62歳の俳優を主役に持ってくる、ハリウッドの企画には素直に頭が下がります。
それもこれも伝説的俳優の彼だから成せる技でしょう。
アル・パチーノの素晴らしい演技に圧倒されました。
まさに、リチャード3世を感じさせる演技をしてくれました♪
投稿者:手乗りキリン投稿日:2002-09-30 19:00:04
アルパチーノの老け顔が かなりのショックなのと 余りにもストーリーが平凡過ぎ! 今回 主役級のロビンがあの役では悲し過ぎ! 期待したほどの作品でなかったことは明らかでした。 ロビンが〜〜(悲)
投稿者:starfucker投稿日:2002-09-29 13:18:57
これはサスペンスというよりアル・パチーノのヒューマンドラマとして観た方がいい。大衆向けではない。終わり方がハリウッド映画っぽくなかったのが良かった。
投稿者:チェストロックウェル投稿日:2002-09-21 17:12:53
アルパチーノ最新作ということで観に行った。パチーノは、相変わらずだったが、かなり年をとっていた印象が強かった。あのパチーノが、あんな姿に・・・。でも、存在感抜群。やっぱり最高だった。
しかし、アルパチーノがかっこよかった。ただそれだけ。わざわざ、前売り券を買いに行き、当日も朝一から並んで観るような映画ではなかった感じ。
どうも俺は入り込めなかった。
投稿者:dadada投稿日:2002-09-21 07:31:34
ホントは自分が何を考え何を望んでいるのかが、わからなくなるような曖昧で混沌とした状態を面白く見せる映画。しかし、見た目に派手で「道を見失うな」なんてわかり易いセリフの飛び交うクライマックスは、ここだけ切り取って観れば楽しめたりするんだけれど、映画全体の流れの中では映画自体の可能性を放棄したかのようで安直。
投稿者:JJ投稿日:2002-09-20 14:46:15
【ネタバレ注意】

映画としては、悪くはないんだけど、サスペンスとしては、いまひとつ物足りない。
アル・パチーノが好きな人には、相変わらずの彼の熱演は見ごたえ十分だと思うが、
私は個人的には、この映画では、ヒラリー・スワンクが素敵だなと思った。
彼女が、一途に警官として頑張ろうとしている姿がステキに描かれていた。
しかし、ロビン・ウイリアムズの使い方ってどうなんだろう・・・・。
彼の使い方(とくにラスト)が、映画全体を、ものすごく安っぽくしてしまっているような気がしてならなかった。

投稿者:shinjuan投稿日:2002-09-20 01:24:34
オープニングの、水上飛行機が大氷河の上空を滑るように通過し、着水するシーンは映像として素晴らしく、一気にこの映画に引き込まれてしまった。パチーノの存在感は圧倒的だが、今回は役柄がいつもとはやや違うところが観客の意表を心地よく突いてくれる。最北の地という設定も、この映画の空気感を引き締めてくれるし、キャスティングも見事。そして"らしい"エンディングまで、重厚感と実に観応えのある作品だった。ただ、全般に暗く、重い質感がどう評価されるか?....エンタテイメント性が低い分、難しいと思いながら観てしまったのも事実。映画の味わいを楽しむ人の為の作品か。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-09-19 22:45:07
 普通に犯人探しをするのかと思いきや途中から犯人、同僚との心理的駆け引きを描いた人間ドラマとなった。特にひねりはない、つまらない事はないのだが前2作のインパクトが強かったのでチョット拍子抜けしたのは事実。
 お金をかけた大作とインディーズの小規模な作品とではやっぱり監督本人の意思の反映のされ方が違うのかな〜と感じた。
 でもつまらない事はないし、主演3人の演技は見事だったし、最初の繊維に血が染み込んでゆく映像の謎も最後にわかったし、いいんだけどなんか不満。それだけこの監督に対する期待感って大きいんだな。
投稿者:とおなのか投稿日:2002-09-12 21:36:00
「クリストファー・ノーラン」で見に行くと「・・・」かも知れません。
メメントは非常に好きな映画だったので,第一目的は「クリストファー・
ノーラン」でしたが,今回のこの映画は「アル・パチーノ」の素晴らしさに
つきますね。きちんと映画の中に引っ張っていってくれた演技力(説得力)に
大感激でした。
投稿者:uke-y投稿日:2002-09-11 23:39:53
【ネタバレ注意】

 やっぱりこうなるのか〜
 「クリストファー・ノーラン」に期待してみたががっかり.
 とにかく普通そして薄い.
 すべての動機付け、ネタが薄い.
 白夜も不眠症も描写が薄すぎて何の印象も残らん.
 もとネタをみてないがアラスカ、アメリカ人でこの話は
 無理があったのかも...
 次回作に期待.

投稿者:和製スパイク投稿日:2002-09-11 14:47:18
「メメント」の時もそうだったがノーランの映画の銃声の音は他の映画と何かが違う気がする。
投稿者:garp投稿日:2002-09-09 01:05:47
【ネタバレ注意】

アル・パチーノで観に行った。やっぱり年を取りましたねー。
走ってる姿がきつそうでした。
ちとストーリーに無理があるかなぁなんて思いました。
ラストはエリーが一気に解っちゃったりとか、ありがちでしたね。
しかしハップってのはとんでもない野郎ですな。
ウォルターよりひどいよ。
ん?俺、間違ってるか?

投稿者:トリガー投稿日:2002-09-08 17:34:27
またアイデア1つで勝負に出るのかと思ったら、違った。
失われる理性を描いた純粋なサスペンス。
ドーマーとフィンチの駆け引きに緊張感があって面白い。
「悪徳刑事」と「犯罪者」の間にある微妙な空間で右往左往している
ウィル・ドーマーを演じるアル・パチーノの演技はやはり素晴らしい。
前々から気になっていたロビン・ウィリアムズは
まぁ、それほど強烈な印象を残したわけでもなく普通の悪役といった感じ。
これがノーラン監督自力で作りあげたものなら
もっと凄いと思っただろうど、リメイクだからなぁ。
でも「メメント」より好き。
投稿者:パタママ投稿日:2002-09-08 15:49:23
TVで流される映像の多さにギョッ・・宣伝費かけてるんだなー。
でも、あんまりいい映像には見えない。あんまり食指も動かない。
アル・パチーノが老体に鞭打って出てるようで嘆かわしい。
ロビン・ウィリアムズの悪役は面白そうだけど、それでもこの二人の組み合わせは出がらしのような気もする。
この予想を裏切ってほしい・・
投稿者:イドの怪物投稿日:2002-09-08 00:01:54
面白い映画だったんですけど、
  ・役者に金を掛けた割りには生かしきっていない。
  ・予告編ほど猟奇性は無い(この手の映画は"セブン"の後だけに..)
  ・最後が月並み
等々の不満が残りました。
まぁ¥1,800ならまぁまぁ、,600-ならお得な買い物。
投稿者:PEKO投稿日:2002-09-05 01:53:18
【ネタバレ注意】

最近の映画の中では抜群におもしろいです。名優たちの演技合戦もさる事ながら、絡み合う罪と罪に不眠症も重なって見るものをどんどん引き込んでゆくストーリーがすばらしい。
犯人があっさり犯行を認めてしまい、あらっ?っと肩透かしを食ってしまったけど、ただのサスペンスではなくそこからさらにストーリーが深みを増して進んで行く。犯人当てが好きな人はがっかりする事この上ないでしょう。
テーマは良心の呵責でしょうか?アル・パチーノ様の眠そうな顔はぼけ始めの顔にも見えるのは気のせいかしらん?
2002.09.04観賞 8点

投稿者:hippies投稿日:2002-07-16 02:57:12
好きな俳優3人が共演したので、見ないわけにはいかなかった。アルパチーノが自分を模倣していた。監督の指示か?英語がききとれなくて、筋を映像で見るので精一杯だったので、なにもいえないが、人物の描き方が物足りない感じがした。たぶん言葉の中にずいぶん入っているんだろう。webhippies
投稿者:sflover投稿日:2002-06-02 07:29:56
夏は24時間昼間で夜が訪れないアラスカが舞台。
推理小説的な映画かと期待して観に行ったら思い切り外れた。
人懐っこい笑顔のロビンが初の悪役を演じるという以外は
印象に残るモノはなかった。残念。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】インソムニア <期間限定生産>2005/07/06\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】インソムニア2003/03/19\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】インソムニアレンタル有り
 【VIDEO】インソムニアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION