allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アバウト・ア・ボーイ(2002)

ABOUT A BOY

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2002/09/14
ジャンルドラマ/コメディ
38歳のウィルにとって
人生はきわめて単純なものだった。
そう、12歳の少年マーカスと
出会うまでは――。
アバウト・ア・ボーイ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,484
USED価格:¥ 3,866
amazon.co.jpへ

 Photos
アバウト・ア・ボーイアバウト・ア・ボーイ

【解説】
 「ハイ・フィデリティ」の原作者、ニック・ホーンビィのベストセラーを映画化。優雅に暮らす無責任な独身男が、12歳の少年と出会うことで自らの人生を見つめ直していく。主演は「ノッティングヒルの恋人」のヒュー・グラント。共演に「ハムナプトラ」「スターリングラード」のレイチェル・ワイズ。監督は「アメリカン・パイ」のポール&クリス・ウェイツ兄弟。
 ウィル・フリーマン。38歳、無職、独身。ノース・ロンドンに住み、亡き父がクリスマス・ソングを一発ヒットさせたおかげでお気楽な印税生活を送っていた。ある日、ウィルは12歳の少年マーカスと出会う。マーカスはシングルマザーの母親フィオナのひどい鬱病に悩んでいた。そんな矢先、フィオナが自殺を図る。フィオナはウィルの素早い対応で事なきを得るが、マーカスは母をこれ以上一人にしておけないと考え、ウィルと母のデートをセッティングする。そうこうしてるうち、次第にウィルのアパートに入り浸るようになるマーカス。生活のリズムを狂わされ困惑するウィルだったが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aブリジット・ジョーンズの日記 (2001)
[002]Aマジェスティック (2001)
[003]Aトゥー・ウィークス・ノーティス (2002)
[004]Aロード・トゥ・パーディション (2002)
[005]Aプリティ・プリンセス (2001)
[006]Aレッド・ドラゴン (2002)
[007]Aビューティフル・マインド (2001)
[008]Aボーイズ・ドント・クライ (1999)
[009]Bアメリカン・ビューティー (1999)
[010]BI am Sam アイ・アム・サム (2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
52391 7.52
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 02:03:52
ヒュー・グラントが格好良い。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-04-30 20:28:27
確か学生の頃に観て、どこが面白いのかわからないまま終了。
今だったら違う見方ができるんだろうか・・・。
また観る気にはならないんだけどね。
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-19 17:43:14
「ハイフィデリティ」に続いて原作が映画化されたニック・ホーンビィ。現代イギリス文学界の寵児なのだそうですけれど、確かに鋭い視点を持っている人http://mototencho.web.fc2.com/2007/musicl.html#aboutaboy
投稿者:なちら投稿日:2009-12-21 22:51:19
自分の存在は誰にも意味が無いお陰で、ストレス無しの生活が出来る。
意味の無い存在を自覚して生きるって、凄いね〜。
少年の母が精神的に不安定でも、彼を励まそうとかいう気は無い。だって無力なんだもん。
って、それ力抜けすぎでしょ!

だけど、自覚の無い内に二人の繋がりが深くなって行く様子が良いんだよ。
彼も心が無いわけじゃないからね。
感動的なのではなく、あ〜あやっちゃったってな感じで。そこが良い。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-08-01 20:50:01
元々ヒュー・グラントを好きではないので、この時点で微妙なんだけど、公開時は雑誌で大きく取り上げられていたし、テレビでも結構宣伝をしていたので鑑賞しました。
でもやはり思っていたほどは楽しめなくて、相変わらずヒューも微妙でした。内容的にも普通で、イマイチ良い作品には感じませんでしたね。
それにしても主人公の少年を演じたニコラス・ホルトの眉毛は個性的で良いですね。
投稿者:たまきち投稿日:2007-01-30 10:26:25
大笑いさせてくれる訳じゃないし、感動の波が押し寄せるわけでもないけど。
ニンマリ・ジ〜ンとさせてくれる映画です。
投稿者:D.投稿日:2005-01-08 17:07:50
後半に少しだけ恋愛エピソードがあるものの、基本的には大人になりきれず他人とは深い関係を持ちたがらない男と、ちょっと変わっているために周囲に溶け込めず子供らしくない部分がある少年の二人の物語です。個人的にはR・ワイズ目当てで観た部分があったので、彼女の出番の少なさには不満でしたが、それはいいとしても、全体的に「浅い」と感じました。切り絵を見せられているような・・・主人公二人の関係は良く描かれているんですが、一番盛り上がる核となるエピソードがないんです。さぁこれからと思っていたら、あっさりと幕引き。もっと観たかったと感じさせられるのは、きっとキャラが魅力的だったからなのでしょう。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:矢野敬太郎投稿日:2004-09-23 02:03:00
【ネタバレ注意】

2002年の公開時に劇場で見て、当時は「ふうん」という程度の感想だった。
最近になり、ふとしたことからDVDを入手して再度見たのだけど、「いいじゃ
ない、この映画」と思った。
作品全体に漂う平熱ムードに感化されたのか、感想もどこか抑制されたものに
なってしまうのだけど、気持ちとしては9点から10点をつけたい。子供のよう
な主人公が、本当の子供と一緒に少しだけ大人になるという主題が、今の自分
と重なりあったせいもある。
ギターを抱えてステージに上がるウィルの気持ちはどんなものだったろう。
ウィルじゃなくても、勇気の要る行動だ。けれど、ボロボロになりながら歌う
マーカスを目の前にして傍観者ではいられなかった彼の気持ち、軽い痛みを
伴って観る側に伝わってきた。
本当はもっと書きたいのだけど、書きたいことが沢山ありすぎて冗長になりそ
うなのでやめておこうと思う。
再鑑賞して本当に良かった。

投稿者:民生1973投稿日:2004-07-13 12:49:31
【ネタバレ注意】

コテコテのアメリカン・ムービーならばクライマックスのコンサートシーンは失笑から一転して大喝采、「スタンディング・オベーション」で締められるところだろうが、この監督&脚本家はその最大の泣かせどころを「笑い」でスカす。そこがリアルであり、オシャレでもある。

投稿者:PECO投稿日:2004-07-12 20:46:27
どんな映画か知らず何気に見ました。そしたらなんだかとてもいい気分になれる映画でした。ヒュー様の生活は確かにうらやましい。でも中身は何もない。からっぽ。それに気付けるか気付けないかでやっぱり人生違ったものになると思う。結構ヘビーなテーマなのに、でも重たくならず、軽い感じでサラッと見せてくれました。ほのぼのしました。
投稿者:nehane215投稿日:2004-06-11 00:58:50
無職でもさ…、

働きたくても働けなくて、仕事ないから極ビンボー。
顔は悪けりゃ頭も悪く、ルックスなんてお構いなし。
当然彼女もいるわけなくて、バーチャルセックス御手の物。
ネットサーフィン趣味なんです。オタクな奴と囁かれ。
親は遺産に借金遺し、親戚親類縁切れた。

そんな…、
面倒を見てもらう家族も、
借金取りがついてまわる仕事も持たない粗野でお気の毒な生活。
それは彼にとって100%あきらめのゆくものだった。
そして、その生活は長く続くはずだった…。

そんな彼の前にある日、?ほにゃらら?が現れて…。

…みたいな超リアルな
「(裏)アバウト・ア・ボーイ」も観てみたい。
投稿者:ASH投稿日:2004-04-11 15:38:00
主人公たちの心情を表しているバッドリー・ドローン・ボーイの歌が素晴らしい。
投稿者:amaranth投稿日:2004-03-21 17:42:06
かれこれ10回以上観てますね。ヒューは「ノッティングヒル」以来ファンです。ただ、ヒュー゛様"という感覚は解らないなあ。ハイセンスなダメ男でしょ。彼の魅力のベースにあるのはイギリス人のブラックユーモアですよ。ディカプリオやジュード・ロウ、ベッカムと同列にキャーキャー言ってる女性を見ると馬鹿かと思いますね。何度観てもヒューの英語、台詞回し、雰囲気を楽しめる映画。エンディングはちょっと強引だか許せる程度。何より笑えるのがいい。
 
投稿者:徘徊爺投稿日:2004-02-16 13:10:21
そこに至るまでの経緯をもっと詳しく描いてほしかった(原作を読めなんて言うなよ)。でなければ、この主人公のことは、僕には全く理解できない。カッコイイ高級車に乗り、顔もスタイルもいいしギターも弾ける男盛りの38才が、なんでまた中学生の息子がいるようなシングルマザーとあえて付き合おうとするのか?インポとか重度のマザコンとか何か心的障害のある男性なんだろうか?
ナレーションの多いのにも閉口した。まるで、ダメ男の言い訳や愚痴を聞かされているようだった。とにかく、僕にとっては、近年稀にみる不快な映画だった。
投稿者:ゆき投稿日:2004-02-05 20:35:30
 こういう作品って好きです。特別派手でもなく、大きな盛り上がりがある訳でもないんですが、凄く好感が持てました。押し付けがましくないしね。
最初は少年がヒューの家に勝手に来るのが嫌だったし、何で断らないんだろうって思いましたが、一緒にいてもただテレビを見ているだけっていう関係が良いなあと思った。ギター演奏のシーンも良かったけど、その後のラストのシーンはもっと好きです。またきっといつか見るだろう作品になりました。
投稿者:くんばか投稿日:2004-01-24 02:36:38
いいね。これ。最初から全員がそれぞれのエゴで動いていて
最後に他人とかかわりあうまでの流れがとてもスムーズ。
ヒュー・グラントって才人だなあ。自分の俳優人生の中で
地をみせるタイミングと場所をしっかりつかんだな。
この映画の笑い、くだらなかったり洗練されてたり、
とりあえずセンスありますよ。すごく笑った。
二人の主役の「BOY」は年齢と精神のつりあわなさが同じで
その平均線に自分がいるような気がして、どっちにも
感情移入できた。
確かに「アメリカンパイ」の監督の作品であることにはビビる。
投稿者:ilovesunshine投稿日:2003-12-12 01:24:35
おかしくって笑えてジーンときて涙して・・最近このような映画が少なくなっていますね。それにしてもヒュ−グラントの間の取り方は絶妙ですね。コメディーの才能は凄い。2002年もっとも楽しんだ映画の一本でした。お奨めします。
投稿者:フゥ投稿日:2003-09-09 23:01:13
はじめて皆が「ヒュー様」と呼ぶ気持ちが分かってしまったかも。
ダメダメ君が似合いすぎる〜。
マーカスとウィルが2人並んでテレビみるシーンが可愛すぎる。
投稿者:ミャミ投稿日:2003-08-27 10:46:59
【ネタバレ注意】

おもしろかった&ちょっぴり泣けた。。。
ヒューグラントいいです〜。こういう役似合う!
心の言葉は本心?かと思うくらいです。笑えました。。。
子役もなんともイイ味だしてます。かわいくないけど憎めない。。。

学校のステージで歌う場面は、ホロリときました〜。変に男女のからみが少なかったのも、この映画をよくしてると思う!

投稿者:BINBO投稿日:2003-08-05 21:55:00
アメリカ映画という事と、「アメリカンパイ」の監督という事に驚きを。
投稿者:ardant投稿日:2003-07-14 18:41:12
この映画、大好き。見ている間ずっと「終わって欲しくない」って思ったくらい。

ヒュー(ウィルか)のあのいいかげんさ、てきとーさとか、でも実は自分にうんざりしてたりするとことか。ああいう人の人生を「好き勝手して」ってみんなが白い目で見てて、そいで本人は半ばやけくそっぽく開き直ってる感ってよくわかる。ほんとはうらやましいんじゃないの? って思うけど。

ヒューが心の中で言ってる言葉、すごいおかしかった。ああいう気持ちってあるもん。おもしろく感じたのは、わたしもああいう人種だからかも。ま、あんないい人ではないけど。普通からするといい人じゃないのかもしれないけど、いい人じゃん!ってわたしは強く思った。

一番ぐっときたのは、ステージにギターを弾きながら出てくるところ。ギターを弾く男ってのは、どんな人でもかっちょいいもんだとしみじみ思った。やっぱり男はギターくらい弾けないとねーなんて。
あとは、「ウィル、これどうやって使うの?」と聞かれて「使うな」って答えるところかな。そういう男が好きなんだってだけだけど。
投稿者:genocide投稿日:2003-06-05 22:39:40
主人公に感情移入できなかった。
子供はさておき、その母親が生理的に受け付けないタイプ!
すごく気持ち悪かった。
これってコメディ?笑えた?
投稿者:wayu投稿日:2003-06-03 10:51:18
ストーリー ○
ヒューのファッション ◎

短髪のヒューは、やばい。
投稿者:JJ投稿日:2003-04-11 15:39:18
英国らしさ漂うコメディで、なかなか楽しい映画だった。
ヒュー・グラントは、本当にコメディが似合う人ですね。
今回の役もかなりドンピシャで似合ってました。
あの少年が、可愛らしすぎず、ほどよくブサイク(?)なところ
とあの髪型が、妙に好感が持てました。
あれが、ただのカワイイ男の子だったらここまで面白くなかったかも。
投稿者:SYCO投稿日:2003-03-21 02:23:52
原作者のニック・ホーンビィって、『ハイ・フディリティー』でもそうだけど、男の自己中心さ、身勝手さを面白おかしく描くのが得意。
私は女だけど、主人公にものすご〜く共感するところがかなりあるんです。 結局、男であれ女であれ、みんな自分が一番なんですね。 それでもって、結局はそれを認識してるか、してないかの違いだけ。
『アバウト・ア・ボーイ』の主人公ウィルはそういう自分をわかってるから、他人と深く関わるのを避けて実は偉い奴なんです。
その対極のヒッピー・ママのフィオナ。 彼女は他人に迷惑を掛けまくっている。 見てて腹が立つ。
とにかく面白いです。 サントラの『Badly Drown Boys』も良い!!
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2568/index.html
投稿者:おうま投稿日:2003-03-07 14:08:48
アカデミーの脚色賞ノミネートってことでDVDを借りたけど、
期待以上によかった。ヒューグラントの出演作の中では
一番好きかもしれない。ブリジットジョーンズの日記(?)
とかいうのよりもずっといい。話も面白かったし、
セリフ回しやナレーションの入れ方とか、センスばっちり。
彼の住んでるロフトもおしゃれで、隣の部屋とのしきりになってる
水槽、わたしも欲しいです^^
http://hoppingmax.com
投稿者:いもこ投稿日:2002-11-02 13:38:32
親の遺産で働かずに食っていけるなんてーのは日本じゃいないね。なんせ相続税とか何とかで大変。ありとしてもこんな自由気ままな暮らしは無理だな(笑) 買い物フェチでロック好き(この男は趣味がいいんである)でシングルでハンサムで奥手で根はいい奴。こんな奴いるかぁ〜?! 


女性版ブリジット・ジョーンズって宣伝文句はいらない。全然にてないじゃないか? こやつとブリジット。 ブリジットって典型的な向こうのイケてない・・・略) ヒュー・グラント王子様の「不思議の国のアリス」。 まぁ、子役が少々ウザぁーですけれど、それが気にならければ結構楽しめる。
投稿者:yuki24投稿日:2002-10-19 18:38:49
ウィル・フリーマンとヒュー・グラント。
あまりにも似すぎじゃありません?
浅はかでサイテー、そして「空っぽ」な男・・・。
正しくそんなイメージがピッタリですよ!!
初めて女性陣が「ヒュー様〜♪」と言っている気持ちが分かったかな!?
投稿者:まー投稿日:2002-10-03 01:09:01
音楽のかぶりかたが、とーってもいい感じでした。お話も、好きです。
イギリスを意識した、でも、やっぱりアメリカ映画だなーって思った。

でも、そんなうんちくは何の足しにもならないです。

見終わったときに、「良い映画だったなー」とほのぼのしました。
投稿者:ノリオ投稿日:2002-10-01 21:10:23
なんか身につまされてしまうなあ。もちろん親の印税で喰ってはいけないし、お洒落なフラットも、一夜限りの恋愛も無縁だけれど、歳を重ねていくばかりで大人に成り切れていないのは御同輩。それでも無責任男だった時の方が主人公が魅力的に見えてしまうのは間違っていますか?しかしこれからロバータフラックを聴くたびにこの映画のことを思い出すんだろうな。
投稿者:hory投稿日:2002-09-24 17:07:30
期待していた映画は期待はずれ、期待していなかった映画なのに案外面白い...そんなパターンはよくあるけれど、この映画は期待通りの映画だった。
大きなエピソードがあるわけではないけど、ほのぼのとしていて、時には笑い時には悲しくなり、見終わった後に「なんか良かったな」って思える。
ヒューグラントがハマリ役で、日本版があったら阿部寛がぴったりかもと勝手に思っている今日この頃。

それにしても、映画館にいた外人さんは、はじめっから最後まで笑っていたな。
投稿者:shinjuan投稿日:2002-09-22 00:25:13
さらっとしかし丁寧に作られた、いかにもヒュー・グラントのために作られたというような小粋な映画でした。グラントは実に演技が上手いですね。今まであんまり気に止めなかったんだけど、今回はけっこう、いや実に冴えていました。アメリカが舞台じゃこうはいかないんだろうけど、大きな事件もどんでん返しもなくラストまで持っていかれる心地よさはありました。でもアメリカ映画なんですよね、これって。トライベッカがしっかりかんでいるし。となると、アメリカ人向けの作品でもあるんですか。ブリジットジョーンズ以来の最近の傾向かな。
投稿者:PEKO投稿日:2002-09-20 23:43:21
私も現在フリーター真っ盛りなので、いたく共感してしまいました。特に自分について何も語れないっていうのに愕然となりました。就職せねば、もう若くないんだから。
それほど山のない映画でしたが、それが逆に優しい人のつながりを感じさせてよかったです。
それにしてもマーカス前髪揃え過ぎ!さらにラストの髪型もこれまた微妙。
2002.09.19観賞 6点
投稿者:桃太郎投稿日:2002-09-19 22:42:12
 ヒューグラントがともかくよかった。どちらかというと今までは単なる2枚目であまりいい印象はなかったのだが、この映画では2枚目なのだがどこか満たされていないダサイ30代男を好演していて非常に共感できた。
 基本的に一人が好きなのだが時折感じる暖かい気持ち、それが人とつながっている時であると気づいたあたりから一気に面白くなった。これ共感する独身男性結構多いんじゃないかな〜でも劇場は女性の方が多かった。もっと男性が見るべき映画だと思った。
投稿者:Poh投稿日:2002-09-07 15:49:14
 子どもの出てくるヒューマンものは好きでないのですが、友人から試写会の誘いがあって、気乗りせずに行ったら、思いの外良かったです。子どもモノ嫌いの方にもおすすめです。展開が予想できないところもよいです。レイチェルも綺麗でした。人間関係もこんなのありかなぁ…という妙に割り切ってるというか、何も考えて無いというか、そういうところが、気さくでよいです。是非ご覧ください。
投稿者:inspace投稿日:2002-09-05 13:17:39
客寄せの為か、
男版ブリジットジョーンズ、という触れ込みでしたが、
こっちの方が良かった。
ラストも良かった。ハッピーエンドなのに、
なぜかちょっと悲しくなったけど。
でも、結局ウィルは、何も仕事せずに暮らしていくんですかね?

ヒューグラントやっぱりいいわ〜って思ったけど、
見た後にたまたま読んだ彼の記事、
肌色の下着を着る女はイヤとか、見た目重視とか、
相変わらずだな〜って思いました。
でもそういうところを隠さないとこもいいけどね♪
(映画と関係ないですねスミマセン)
投稿者:Keiko投稿日:2002-08-12 16:23:25
ニック・ホーンビィ、売れてるなあ。
映画の製作まで関わっているのかあ。
こうなると現在売れまくっている「How to be good」も映画化間違いナシなんだろうな。今度は誰が情けない30男の役をやるのだろう?
ジョン・キューザック(ハイフィデリィティ)→ヒュー・グラントときたら?
このふたりを超える「情けなさ」はなかなか難しいんじゃないだろうか。

この子役のコ、流行の子役みたいに「かわいくて賢い」感じじゃなくていいんです。とっても。
ちょっとぶーたれた感じが、この役にピッタリ。

こんなにブリティッシュな映画なのにアメリカ映画だったとは、こりゃたまげた。http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000079947
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚色賞クリス・ワイツ 
  ポール・ワイツ 
  ピーター・ヘッジズ 
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ヒュー・グラント 
□ 助演女優賞トニ・コレット 
 □ 脚色賞ピーター・ヘッジズ 
  ポール・ワイツ 
  クリス・ワイツ 
□ 若手俳優賞ニコラス・ホルト 
【ニュース】
全米興行成績、大ヒット・アクション「メイズ・ランナー」続編が初登場首位2015/09/21
リリー・トムリン主演コメディ・ドラマ「Grandma」、予告編2015/06/19
「そして父になる」英語リメイク企画、脚本に「アバウト・ア・ボーイ」のワイツ兄弟を起用へ2014/06/26
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」が初登場首位2013/03/25
ティナ・フェイ&ポール・ラッド共演コメディ「Admission」、最新予告編2012/12/21
ティナ・フェイ&ポール・ラッド共演コメディ「Admission」、予告編2012/11/16
ロバート・デ・ニーロ&ポール・ダノ共演感動ドラマ「Being Flynn」、予告編2011/11/15
全米興行成績、「ミート・ザ・ペアレンツ」第3弾が初登場首位2010/12/27
ニック・ホーンビィ脚本ドラマ「An Education」、最新予告編2009/08/28
オスカー有力コンテンダー「An Education」、予告編2009/07/15
DVDリリース情報:「ジム・ジャームッシュ・アーリーBOX」「アメリカン・ドリームズ」etc.2006/08/30
“ライラの冒険シリーズ”、N・キッドマンの参加が正式決定2006/07/31
ニューライン、“ライラの冒険シリーズ”製作を正式スタート2006/06/29
「ライラの冒険シリーズ」、クリス・ワイツの監督復帰が決定2006/05/09
全米興行成績、大ヒットホラーゲームの映画版が首位2006/04/24
全米興行成績、「絶叫計画」第4弾が好スタート2006/04/17
ポール・ワイツ監督最新作、予告編2005/12/16
ニューライン、「ライラの冒険シリーズ」の全米公開日を決定2005/11/17
DVDリリース情報:「50回目のファースト・キス」他2005/08/26
全米興行成績、アドベンチャー作品が首位2005/04/11
ニック・ホーンビィ原作Fever Pitch」予告編2005/03/01
全米興行成績、サム・ジャクソン主演作が首位2005/01/17
全米興行成績、「ミート・ザ・〜」が3週連続V2005/01/11
“ライラの冒険シリーズ”の監督選びがふりだしに2004/12/15
“ライラの冒険シリーズ”、クリス・ワイツ監督で決定2004/09/28
“ライラの冒険シリーズ”、近く監督決定?2004/05/25
ニック・ホーンビィ処女作、ハリウッドで再映画化2003/05/15
全米脚本家組合賞、候補作発表2003/02/07
ヘザー・グレアムに新たな恋?2003/01/24
ゴールデングローブ賞ノミネート発表2002/12/20
雑誌“People”&“TIME”、トップテン発表2002/12/20
ニック・ホーンビィ、映画の脚本に挑戦?2002/10/09
H・グラント、リメイク作品でJ・チェンと共演へ2002/10/02
ヒュー・グラント、「アメリカン・パイ3」に出演?2002/07/23
バットマンvsスーパーマン、夢の対決がついに実現!?2002/07/10
【レンタル】
 【Blu-ray】アバウト・ア・ボーイレンタル有り
 【DVD】アバウト・ア・ボーイレンタル有り
 【VIDEO】アバウト・ア・ボーイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION