allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マトリックス レボリューションズ(2003)

THE MATRIX REVOLUTIONS

メディア映画
上映時間129分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2003/11/05
ジャンルSF/アクション/サスペンス
始まりが あるものには すべて 終りがある
マトリックス ワーナー・スペシャル・パック(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,888
価格:¥ 3,980
amazon.co.jpへ

 Photos
マトリックス レボリューションズマトリックス レボリューションズマトリックス レボリューションズ

【クレジット】
監督:アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー
製作:ジョエル・シルヴァー
製作総指揮:ブルース・バーマン
脚本:アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー
撮影:ビル・ポープ
特撮監修:ジョン・ゲイター
美術:オーウェン・パターソン
衣裳:キム・バレット
編集:ザック・ステーンバーグ
カンフーコレオグ
ラファー:
ユエン・ウーピン
音楽:ドン・デイヴィス
出演:キアヌ・リーヴスネオ/トーマス・アンダーソン
ローレンス・フィッシュバーンモーフィアス
キャリー=アン・モストリニティー
ヒューゴ・ウィーヴィングエージェント・スミス
ジェイダ・ピンケット=スミスナイオビ
ランベール・ウィルソンメロヴィンジアン
モニカ・ベルッチパーセフォニー
ハロルド・ペリノーリンク
ハリー・J・レニックスロック
ノーナ・M・ゲイジー
ジーナ・トーレスカズ
アンソニー・ウォンゴースト
クレイトン・ワトソンキッド
コリン・チョウセラフ
イアン・ブリスベイン
バーナード・ホワイトラマ
ナサニエル・リーズミフネ
タンビーア・アトウォルサティー
ブルース・スペンストレインマン
アンソニー・ザーブハーマン評議員
メアリー・アリス予言者(オラクル)
ヘルムート・バカイティス設計者(アーキテクト)
ランドール・ダク・キムキー・メーカー
エイドリアン・レイメントザ・ツインズ(ツイン1)
ニール・レイメントザ・ツインズ(ツイン2)
ジュネヴィーヴ・オライリー
【解説】
 かつてない斬新な映像とプロットで全世界を席巻したSFハイパー・アクション第3弾にしてシリーズ完結編。様々な謎を残したまま、人類最後の都市ザイオンを死守する反乱軍と仮想現実マトリックスを支配する人工知能の最終決戦が繰り広げられる。2003年11月5日に異例の世界同日同時刻公開を敢行。
 昏睡状態に陥り、現実世界と仮想世界の間を彷徨っていたネオ。仲間の助力で現実に戻ってきた彼は、ある決心を固め、トリニティーと2人だけで敵の中枢に向かう。一方、人工知能側は、ザイオンを壊滅させるため、センティネルズの大群で猛攻を仕掛けた。迎え撃つ反乱軍は、圧倒的に不利ながらも、モーフィアスたちの確固とした信念のもとに死闘を展開する。そんな中、エージェント・スミスは、人工知能も制御できないほどのパワーを増幅、完全にプログラムから独立し、人類の命運を賭けるネオとの最終決戦に備えていた…。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
森川智之キアヌ・リーヴスネオ/トーマス・アンダーソン
内海賢二ローレンス・フィッシュバーンモーフィアス
戸田恵子キャリー=アン・モストリニティー
大塚芳忠ヒューゴ・ウィーヴィングエージェント・スミス
深見梨加ジェイダ・ピンケット=スミスナイオビ
沢田敏子メアリー・アリス予言者(オラクル)
塩田朋子モニカ・ベルッチパーセフォニー
家中宏コリン・チョウセラフ
菅生隆之ハリー・J・レニックスロック
江原正士ランベール・ウィルソンメロヴィンジアン
辻親八ランドール・ダク・キムキー・メーカー
福山廉士エイドリアン・レイメントザ・ツインズ(ツイン1)
中村正ヘルムート・バカイティス設計者(アーキテクト)
蓮池龍三イアン・ブリスベイン
斎藤志郎ブルース・スペンストレインマン
放送2008/06/27 日本テレビ 金曜ロードショー
【関連作品】
マトリックス(1999)第1作
マトリックス リローデッド(2003)第2作
マトリックス レボリューションズ(2003)第3作
アニマトリックス(2003)
マトリックス リビジデッド(2001)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aマトリックス リローデッド (2003)
[002]Aマトリックス (1999)
[003]Aラスト サムライ (2003)
[004]Aキル・ビル (2003)
[005]Aマイノリティ・リポート (2002)
[006]Aロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003)
[007]A007/ダイ・アナザー・デイ (2002)
[008]Aフォーン・ブース (2002)
[009]AX-MEN2 (2003)
[010]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
68441 6.49
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-23 21:13:15
どうでもいい パート2。
投稿者:なちら投稿日:2013-04-01 22:06:17
あんなに攻撃してた人間と退却を取引するほど
スミスがマシンシティの脅威として描かれていた場面なんてあったっけ??
まぁ、二作目の時点で自分の心がだいぶ離れてしまったからよく見てなかったのかもしれないけど、
ずいぶん唐突に感じたものでね…。

預言者のオバチャンもよく分からん理由で外見が変わっているが…。
もしかして、大人の事情なんだろか?

うーん、通して見てみると初めの一作を見れば十分だったねー。
投稿者:namurisu投稿日:2012-05-16 14:19:00
ちゃちなロボットアクションに成り下がった。
投稿者:uptail投稿日:2011-11-08 09:19:33
キャリー=アン・モス
投稿者:scissors投稿日:2011-06-16 17:33:14
欲かいて無理矢理三部作にするから・・・。
まあ一作で済む内容をこんだけ引き伸ばしてたんまり儲けたろうから、作り手は笑いが止まらんだろうけど。
投稿者:こじか投稿日:2010-08-21 17:00:24
もう何やってんだろ、って感じのお話しでした。
90年代サイバーパンク代表作品が
この惰性シリーズ化によって品格下げたな。
やはりこの種の作品はミステリアスにやり逃げないと。
スターウォーズじゃないんだから。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-01-23 16:18:04
クライマックスのロボットバトルなどで、辛うじて前作よりは楽しめたトリロジー完結編。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-02 05:06:55
マトリックスは1→2→3とシリーズを重ねる毎に楽しめた。
つーか、最初の印象が悪すぎただけだが…。
ストーリーは全部良く分かりません。
その中では単純に戦闘シーンだけ楽しめた今作が一番好き。
投稿者:あつし投稿日:2008-11-03 11:09:07
うまい具合にまとめられてはいるものの、展開に驚きや印象に残る部分が少ないような…。
なんだか盛り上がりに欠けるというか、そりゃそうなるよな、というか。
いや盛り上がってはいるんだけど、どこか突き抜けてない感があるのかな。
一作目が衝撃的だっただけに、なんだかあらゆる場面でスッキリしない感じがする。
映像のクオリティはすごいんですけどね。
投稿者:花男投稿日:2008-03-19 15:38:17
この映画の評価って難しいですね。おもしろいって言ってもいいしダメダメっていうこともできるし・・。
まあ単体でSF戦争映画とみれば「スターウォーズエピソード1、2」や「スターシップトゥルーパーズ」よりははるかに面白いかと。見どころ満載ですし・・。でも、マトリックストリロジー完結編とみるといまいち釈然としないものが・・・。

作り手サイドのひとりよがりぶりが気持ちよかった第1作に対して、ちょっとひとりよがり度が高すぎて、そりゃあんたたちは気持ちいいかもしんないけど観客のことも考えてよ・・て感じです。
投稿者:tomovsky投稿日:2007-11-30 02:23:45
それだけの作品なのか?確かに2でかなり不安を感じたんだが・・・・・・。ネオが昏睡状態のまま3に続くってな所がな。やっぱり、ストーリーも少しは凡人でもわかるようなのにしないと無理だな。1がやっと理解出来る程度のストーリーだからな。正直、続編は作るべきじゃなかったなと今は思う。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-02-10 05:38:24
【ネタバレ注意】

人類の勝利で終わらなかった異色のハッピーエンドに世界の大半の観客は開いた口が塞がらなかっただろうが、現実世界ではゲームのキャラに過酷な事をやらせて、終わったらユーザーが伸びをするのに対して、この映画の世界ではコンピューターが神なので、ザイオンを滅ぼすか(クリアするか)否かは奴等の気分次第(約束は絶対破らないらしいが)。改めて観てみると、中々大胆な終わらせ方だったと思う。
ただ、ザイオンで繰り広げられるセンチネルの大群との銃撃戦は面白いが、シリーズ最大のクライマックスがスミスとの間抜けなカンフー対決とは、美学的に完全に失敗している。スミスは本来第1面のクリアキャラで、宿敵になるとは誰も予想していなかったと思うんだけどな。

投稿者:Boogeyman投稿日:2007-02-05 22:55:38
【ネタバレ注意】

 そんなひねくれたセリフが出てきてしまう自分がちょっといやになった。
 この数年間でこれほど期待した、つか、続きが気になった映画はなかった。だって、前作であれだけすごいクリフハンガー(宙ぶらりん)かまされたんだもん。どこまでが現実で、どこまでが虚構で、何が真実なのか……。押井作品なんかにも通じる、虚実の境が融解していく目眩を起こしそうな難解さに圧倒された。ややこしくて正直消化しきれなかったけど(笑)、逆にそれが解き明かされる期待があった。語り草になってるハイウェイでのチェイスシーンはじめ、アクションパートもすごかった。
 一体どんな結末を迎えるのか。ハラハラしながら本作を待っていたのに……。

 前作の『ややこしい話』はものの見事にどっかに吹っ飛んで、もうひたすらにCGバトル、単なる映像偏重作品に落ちぶれていた。
 前作初出のアクの強いキャラクター達も、ほとんどが活躍無いまま退場。ツインズが出なかったのを残念がってる方は多いみたいですね。あの白ずくめのいでたちに、どこぞの障害者団体から「アルビノへの偏見を強める」なんて抗議があったとか聞くけど、それで萎縮してしまったんだろうか?
 アクションシーンも、シップチェイスとロボットバトルが延々と続くので少々うんざり。前作までの仮想空間内で繰り広げられる、弾をよけたり車を踏みつぶしたりの『超現実』的なバトルは減って、全てが虚構(映画の中では『現実』なんだけど)の『非現実』的なシーンばっかりになってしまった。ウンカかイナゴみたいに群れなすセンチネル(メカクラゲ)は圧巻だったけど、ただそれだけ。
 で、世界を救う最後のバトルがコブシって……。

 小難しいのは一般受けしないと思ったのか、それとも、スタッフにも結局消化しきれないままにザーッと流してしまったのか?あれだけ張った伏線を、映像効果の力押しで強引に決着をつけただけに思えた。いや、マトリックスは健在だし、結局何も解決していない?
 前作とほぼ連続して制作・公開のはずだったのに、このつながりのなさは何なんだ?続編重ねるほどダメになるのは世の常だけど、何か『スゴいもの』が生まれそうな期待が満ちていただけにつくづく惜しい。
 期待していた『スゴい結末』とのギャップで、5点。

投稿者:フェニックス投稿日:2006-11-22 22:58:03
【ネタバレ注意】

ラスト直前でトリニティが死ぬとも思わなかったし、ネオが失明するとも思わなかった。
2作目の終盤ころからだが、コンピュータ側にやけに感情が出てきているような気もして妙な感じだった。

投稿者:レッド・キング投稿日:2006-10-03 17:22:23
たしか、「1」でエージェント・スミスより強い奴がいるような事言ってなかったっけ?どんな奴が出てくるか、楽しみだったんだけど・・。
モニカ・べルッチの書き込み多いね、綺麗でセクシーだもんね、当然だけどね、MTVムービーアワードでベスト・キス賞(キアヌと)取ったんだね。
トリニティとのキスシーンは、ベストではなっかったと言うことか・・・
出来ればモニカ・ベルッチの方をヒロインにしてほしかった。
「2」でふたごの強敵でたじゃない?何で決着つけないの?
全体的にすっきりしなかった。
誰もトリニティとの愛の物語、期待してないよ!
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-09-17 02:37:08
シリーズものって
往々にして1作目を越える作品が作られるのは限りなく少ないな〜。
マトリックスもそうで、シリーズを追う事に面白みは減っていく。
しかし2作観たら最後まで観なくちゃ気が済まない。何とも残念。
投稿者:ひでぞう投稿日:2006-04-11 01:53:42
1作目=A級SF映画
2作目=B級アクション映画
  (ただし高速道路のシーンは特A級)
3作目=C級ファンタジー
見事な三段落ちですな。
投稿者:witness投稿日:2006-01-18 17:41:45
「1、2作目で披露したカンフーアクションから脱却し、本作でドラゴンボール的アクションにバージョンアップしました。これ以上のバージョンアップはネタが無いため完結とさせていただきました。」てな感じ。
投稿者:かっこう投稿日:2005-10-09 21:08:28
【ネタバレ注意】

決して面白くなかったわけではない。だが、1がすごく良かったから、2、3はどうしても見劣りする。
確かに人間対マシンでは単純すぎるのかもしれないが、スミスを前に人間とマシンが手を組むってのはイマイチに思う。

投稿者:黒美君彦投稿日:2005-10-02 07:29:52
マトリックス的世界が面白いと思えたのは、観念や時間的概念を超えた映像表現をしてみせたところ。そんな映像表現が消費され尽くされた今や、この三作目は逆に観念やらに振り回され、単なる「宇宙戦争」みたくドンパチに終始してしまった。それでも好きな人は多いのでしょうから、それはそれで構いませんが。
勿論、このシリーズが他の作品に多大な影響を与えたことは評価します。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-09-25 17:50:44
マシンとの戦いは結構迫力あった。
投稿者:さち投稿日:2005-07-20 18:39:21
普通
投稿者:catfish7575投稿日:2005-06-08 08:40:06
1と2でさんざん盛り上げといて3で逃げられた感じ。すっきりしない結末ですなぁ。スミスとネオの決闘も漫画チックになりすぎて臨場感が大きく欠如。最高に期待してただけにガックリ。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-10 00:23:25
金かかってますね。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2005-02-11 17:45:20
ひどいなこりゃ、見所はロボット大戦と戦艦だもの。
エイリアン で見た人間型ロボットに インディペンデンスデイ の物量戦。
信じることは大切だけど、作品途中で質を信じられなくなってしまった。
個と個が見事な、一作目が見たくなった。http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:うさぎとかめ投稿日:2005-02-10 02:40:15
理解できなかったけどスミスもクラゲもいっぱい出てきて面白かった!
1・2・3作と続けて何度か見たら理解できるかな???
それにしても雨の中での戦いにあの長いコートは戦いにくいだろう?!


投稿者:nr-akiko投稿日:2004-07-18 23:25:46
しょっぱなからストーリーが理解不能になってしまいました。何がどこに向っているのか、何と何が戦っているのか訳がわからなくなっちゃた。でも、タコ怪獣がわさわさ出てくるところは「おっえ〜〜!!」って感じですごかった。
1があまりにも素晴らしかったので、(上映後拍手した)落差がつらい・・
投稿者:S&H投稿日:2004-05-21 23:11:23
ストーリーで目的がどうのこうのと言っていたけど、結局、機械帝国の目的がわからなかった。ちょっと難しく考え過ぎて、整理がつかなくなっちゃった感じですね。マトリックスで良いのは、理屈(ストーリー)ではなくて、スタイリッシュなところに尽きます。とにかく、ぞろぞろスミスが出てくるところでは爆笑。ラストはひたすら眠いだけでした。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-05-10 00:32:15
どうなんやろか?2作目までは映画館で観たけど、これはビデオですわ。何でかいうと、訳わからんと思たから映画館で観たら損する思たからや。個人的には面白ないわ。この映画のファンもおるからあんまり変なこと書けんけど・・・映像はええからよしとするわ。
投稿者:もーがん自由人投稿日:2004-05-03 23:20:11
【ネタバレ注意】

やっぱり1作目の感動を台無しにしたくなかったので批判的な目は控えめにして見ました。映像音響ともに迫力満点。トリニティの最期の場面がちょいとイラつきましたが全体に満足できる出来に仕上がっていたと思います。ストーリー的にハッとさせる部分がなかったのは残念でしたが結末なんてこんなものでしょう。この3部作は1−2−3の後もう1度1を見て終了するのが正解かと思われます。

投稿者:あるぶる投稿日:2004-05-02 21:23:59
【ネタバレ注意】

ウォシャ兄弟に影響を与えたとされるアーティストは多い。たしかに押井アニメやエヴァンゲリオン、ウィリアム・ギブスン、フィリップ・K・ディックなどをさけてこの映画を語ることはできないだろう。

でもさ、「レヴォリューションズ」を見る限り、けっきょくいちばん参考にしてるのは鳥山明なんじゃないの? さいごのスミスとネオの殴り合いなんか、しまいにスーパーサイヤ人になってかめはめ波がでるのかとおもってしまったよ。

投稿者:右心室投稿日:2004-04-13 08:40:53
【ネタバレ注意】

前2作までに広げに広げた大風呂敷をたたむのに大忙しって感じで、全っっ然面白くなかった。
肝心要のアクションが無くて、何がマトリックスなの?
見せ場皆無。カラッポ。製作陣の「観客を喜ばせたい」という意思が感じられない。

ザイオンにタコ型マシンがわっさわっさ来るところと、ネオ対スミスの人智を超えた超絶決戦は凄かった。そこは拍手!
そこだけ。
あとは、眠気をこらえる方がハラハラドキドキ。って位つまらなかった。
10点満点で5点。

投稿者:引き金さん投稿日:2004-02-13 18:06:47
ごめんなさい。何も面白くありませんでした。
エンドロールの究極のミクスチャー・ミュージックは迫力大でしたね。
投稿者:くんばか投稿日:2004-02-09 14:37:51
 リローデッドのラストの伏線からザイオンもまた機会世界から送られた幻想なのか
と思われたけど、それだけはやめてくれ、と思っていたので、そうはならないだけ
良かった。マトリックス世界を人間が破壊するに至らないエンディングも悪くない
。ただ問題なのは、新たに目覚める者を描かなかったところと機会世界と組んで
新敵スミスと戦ったところ。
 僕の代案としては、スミスと手を組んで新たに目覚めたものとネオたちザイオン
の人間とが組んで機会世界と戦う、というのはどうだろう。
そしてスミスが新たな機会世界の王として引継ぎ、またネオも新たにザイオンを
再構築する。スミスが謀反を起こすことで機会側の支配構造も引き合いに出せる
し、リローデッドで大量追加されたプログラムキャラクターたちも活躍できる。
ラストにドラマチックな革命が遂行されなくてもいいけど、機械に対しての
敵意すら見せないのは、悲しすぎるから。
スミスのネオに対する恨みを無視すれば、の話ですが。
投稿者:hanya投稿日:2004-01-18 02:42:53
さすがに全編クライマックス。これで面白くなきゃ作品として成り立たないだろ。
リローデッドのあのうざさがずいぶんすっきり。
それでもスミスとの戦いは単調で飽きるけど。
意外にちゃんと、風呂敷をたためていたのではなかろうか。
ラスト雨中のキアヌの表情が、なんかすごくかわいかった。
投稿者:cement投稿日:2004-01-15 01:57:31
【ネタバレ注意】

批判意見が多いので+の意見を

エヴァンゲリオンと似ている点が目立つので(リローデッドの批評にもあったが)あえて比較してみる
っつーか意味わからんかったけどEVAに当てはめたら少しおもろくなったので。意味わからないってひとの参考になれば・・・。

まず似た台詞。
MATRIX=始まりがあるものにはすべて終りがある EVA=始まりと終わりは同じところにある
これは、よく考えるとネオもスミスも作った人は同じ、あるいは人は違うが目的が同じ(MATRIXを完全なものにする為)
と考えることも出来る、つまりコンピュータ側の産物。
で、ネオは最後、始まりの場所に還ったと。

MATRIX=選択 EVA=真実
これは似た台詞というより同じ意味。つまりEVAで言う現実と真実 MATRIXでは現実と選択。
現実とは目に見えるそのもの。真実とは現実に見て何を思ったか。どう判断したかである。(EVA的にね)
MATRIX(という映画)とはネオの選択になぞってネオの心の成長を描いたもの。=MATRIX(システム)の成長。
だから、選択はあるが選択はないのだ。(ここがムズいかな?)なぜなら成長は狙われたものだから。

とここまではSF映画としての解釈。批判だけなら簡単だ。監督さんが映画を作るという意味は
見る人、あるいは見せたい人への何かしらのメッセージがあるはず。
サブタイトルを見てみる。
3作目はREVOLUTIONSとある。訳は革命者達。あるいは革命(複数)。
こう考えるとどーだろう?ネオの立場は映画鑑賞者たち。つまり我々。
革命者達とは我々の事。
この映画を見せられて「扉の前まで案内された」のは私たちであり、どう感じたか=どう選択したかを
製作者は傍観していて尚且つ、現実のみを批判する(ドラゴンボールじゃんとか)のを卒業し、
自分だけの選択=真実=現実を解釈する力を持ちなさいと。革命を起こせと、言われているんじゃないかと。
と考えるとウォッシャウスキー兄弟はアーキテクチャと言ったところかな。

REつながり
最後にサブタイトルについて、このシリーズ2、3とかではなくサブタイトルが付いている
1作目は無いけど再販されたDVDを強引に引用するとw
REVISITED、RELOADED、REVOLUTIONS となっている。
これって起承転結に見えない?3作目は複数形。革命者は一人ではない。そして革命は一つではない事を表してる。
これにあえて足りない「結」を考えると、私が名づけていいなら、3作を(現実)観て、どう思ったか?
それは見た人それぞれに「選択」は違うはず。3作までは映画という非現実だけどそこから生まれた
「選択」は各REVOLUTIONSの心に確かに存在する。それは「REAL」そしてそのREALが集まったこういった掲示板などこそ「REALS」

私の意見を読んで少しでもMATRIXがおもしろく感じてくれるといいなぁ
さぁ、みんなでこのREALSを完成させよう^^

ええと書き足りないのでもう少しw

なんで1作目がREVISITEDなのか。なぜREなのかは、この世界は繰り返しであることを表す。
困難(現実)にぶつかり選択を変え(革命)新たな選択をしたとしても結局現実自体は何も変わらないのだ
人類と機械の関係は何も変わらない。その現実の中に生きる道を見つけることこそ革命。
それが出来てこそ生きている。生きていける。考えを(選択)変えなければ成長は無い。死んでいるのと同意なのだ。
それは世界の終わり。自分の終わり。何も進展しない。

革命とは現実の捉え方を変えるということ。同じ現実でも見方によっては良い方向へ向かう。
閉塞した考えは何も生まない。閉塞した世界に成長はない。
簡単に言えば、「雨だから憂鬱」と思う。それは誰に教えられたか自分で決め付けてしまっている諦め。閉塞した考え。
雨の日だって楽しいことはあるはず。そこだ。現実をどうとらえるか。

今こそ革命を起こせ。  自分を超えろ。

ところでこの映画は製作者側の世界にも革命を促す。1作目で見せた素晴らしいアイディア「マシンガン撮影」の手法で
時間とカメラアングルを自在に操るすべを見せた。いま、CMやらドラマやらで やたらとこれを目にする。
映像作家たちはこぞってこの気持ちよさに酔いしれている。だがそればっかりはやってられない。
それを超える映像を作り出してみせてこそ革命。
世界中の映像作家達よ、私はウォッシャウスキー兄弟と共に期待を胸に映像世界の革命を待つことにします^^

投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-01-05 23:47:09
マトリックスの最終章。第一作での映像技法で世界中がドキモを抜かれ、二作目は一作目でこの映像技法が取り入られた映画が追随した為に、めあたらしものは無く普通の出来栄えであった。三作目は最終章とあってストーリー的、映像的にも期待するところはあったが最悪の駄作となってしまった感がある。製作者のこのシリーズへの思い入れや力量は感じられるが観客までは伝わってこない気がした。やたらとでかい音響。スクリーンと言えばセンティネルズとザイオンを死守する反乱軍の戦いの場面では、数匹で良いものを隙間を全部埋め尽くすものだからキャンバスにスプレーで塗りたくった感じで何が何だか区別がつかない。強すぎると思えば、最後は、ネオとスミスの一対一の格闘技だけで終わる。そして現実の世界が救われる。「おい。おい。それはないだろう」とお粗末な作品であった。

20031127_Cinema鑑賞_60点
投稿者:KOU投稿日:2004-01-04 23:20:47
もう、実写版「ドラゴンボール」は見る必要ないな、とも思った。http://face.ruru.ne.jp/harekura/
投稿者:dadada投稿日:2004-01-03 20:41:15
「ラスト・サムライ」と「ハムタロウ」で、ごったがえす正月のシネコンにて鑑賞。冒頭から眠いのなんの。単独で観て楽しめない映画はまずいよ。「2」の内容だって、そんなに覚えていないから、お屠蘇気分の頭には全く入ってこない。結局、「2」で広げた大風呂敷の強引な取り纏め。「愛」だよ、「愛」。アウトドアでのアクションも無く、同じような場面の繰り返し。最新テクのプロモーション映画か?これは。それなら、業界の人間だけ集めて観せろっつうの。わざわざ、三部作にする必要なし。「2」と「3」は、切り詰めて一本の映画で十分じゃない?
投稿者:グランパ投稿日:2003-12-23 08:17:34
バカが背伸びして難しいことを言ってみたけど、やっぱりバカなので自分でも何を言っているのか解らなくなり、纏めきれなくなった。
それだけの映画。
ホント、一作目だけでやめとけば良かったのに。
投稿者:フリクリ投稿日:2003-12-22 12:18:28
確かにラストに疑問を持つ人は多いでしょう。
ターミネーターと同じようなもんですかね。
たいていのSFはスケールのでかさゆえに完結は難しいものです。
私はあれでよかったと思ってますが・・・
しかしラストのネオVSスミスにはがっかりですね。
二人ともビュンビュン飛びまわってるだけで、1の時の格闘の力強さが無くなってます。
数少ない生のカンフーシーンもCG、スローモーションでごまかしてるだけでした。
すごかったのは音楽だけ・・・
所詮西洋人がどれだけ頑張っても数ヶ月そこらの訓練ではCGによる見せかけカンフーしかできないのでしょう。
スミスがドニー・イェンならかなり迫力アップだったろうに・・・
でもそれではキアヌが秒殺されてしまうな・・・ネオは真田広之にすべきか・・・
しかしなんと言っても、レボリューションズの最高の見せ場はザイオン攻防戦でしょう。
APUの出撃シーン。ミフネ船長の激励。そして25万を越えるセンティネルとの激戦!
これはSF映画史に残る最高の戦いといえるでしょう。
最後の最後まで戦い抜くミフネ船長!(しかもあの渋い顔は日本人っぽさがある!)
彼こそが真の漢!武人!!本当のラスト・サムライではないか!!!
彼が息絶えた時、私は涙のあまり彼に敬礼した・・・
そのほか、少年兵キッドやセラフ、あと天井を走り回るマトリックスの敵たちもかっこ良かった。
完結させるにはおしい映画ですが、やはりいい映画です。
早くDVDとAPU(とミフネ船長)のフィギアがほしい。
APUはガンダムをイメージしてるとか・・・
ジャパニメーションを意識する最近のアメリカ人は、やっと見る目が出てきたなという感じです。ムフフ・・・
投稿者:spruce投稿日:2003-12-12 20:18:31
【ネタバレ注意】

宗教観からコンピューターの知識まで、せいぜい人並みの知識しか持ち合わせていないが、難しいことはさておき、マトリックス最終章でようやく監督が伝えたかった事が分かった気がする。

要は「日本のアニメが好きだーー!!!」なのだ。

「ドラゴンボール」も「ナウシカ」も「ガンダム」も「甲殻」も「みーんな大ー好き!」で、「いつか実写でこんなのできたらいいな・・・」と思っていたら、パート1が思いのほかヒットし、続編を巨額の予算で撮れることになってしまった・・

でも「ドラゴンボール」や「ガンダム」を実写orフルCGでやるには途方も無い金がかかるし、脚本も必ず破綻する、そこで、訳の分からない世界観や専門用語を持ち出し、強引に3部完結にして、最後の1時間の大花火に備えたのだ。

よく「この映画の良さが分かる人間がとれだけいるのやら・・」っだったり、グノーシスから救済論までせこせこリサーチした上で、やっとこ批判を開始する輩がいるが、上記のアニメに少しでも思い入れがあり、最後の1時間をそこそこ楽しめたのなら、このシリーズの真髄の95%は堪能したといっていいだろう。

アメリカの批評家の多くがこの作品を酷評していたが、彼らにぜひ聞いてみたい、
「風の谷のナウシカ」や「ピッコロ大魔王」を知ってて批評してんのか、オイ!」と。

投稿者:ilovesunshine投稿日:2003-12-11 22:26:28
【ネタバレ注意】

リローデットよりは良かったものの解りにくい!かなり哲学的なバックグラウンドを持っていますが伝わら無かったのでは。キリスト教、仏教、ヒンズー教などいろいろな宗教感をもって見られる映画でした。でも巨大制作費を回収したければ万人に解るように創らなければいけないでしょーが。それに戦闘場面が長すぎてうんざり。

ちなみに見たとき私が連想したのはヒンズー教、平家物語そしてオー・フォルトゥナ(カルミナブラーナ:あー運命の輪が回る)でした。

投稿者:K+投稿日:2003-12-11 02:18:33
所詮機械から開放されていないわけで、
人間様のわたしとしては、なんだかなーという結末でした。

で、このあと人間様はどーするのでしょう?
だって、まだ大量の人間が捕われの身なわけだし、
まさか「ザイオンさえ無事ならいい」なんて考えでは……

そして、マシン・タウンがあんなのだったのがショックでした。
もっとこう「人間っぽい」ところがあると良かったのですが。
そうであったならば機械と人間の共存とかにも目線が向くのに。
機械もマトリックスさえよければいいのかな〜?
マトリックスの存在意義が良く判らなくなってしまいました。
(アニマトリックスのセカンド・ルネッサンスはなんだったの……)

1から段々と「お話」主体になってきたような感じで、
反比例して「アクション」がしょぼくなってしまったような気がします。
(でも、大量のセンチネルはスターシップ・トゥルーパーズみたいで好き)

1>アニメ>3>2
といったところでしょうか。
投稿者:nomopage投稿日:2003-11-29 23:11:33
【ネタバレ注意】

評論家に評判が悪い映画だが、最後にスミスが出てくるので救われた。ザイオンの戦いだけだったら、1978年のスターウォーズとで同じで、単なる殴り合い。"Mr. Anderson"の声を聞いたときには嬉しかった。この部分の真価が分からない人には、この映画の良さが分からない。ぜひ、万人に見て欲しい。

投稿者:まりっくりん投稿日:2003-11-24 23:40:44
リローデッドを見たとき,ザイオンのしみったれた描写にがっかりしたので,あまり期待してなかったんですが,面白かったです。
確かに冒頭の駅のシーン(懐かしの人発見!)がよくわかんないことと,ベルッチの見せ場がないこと,マトリックス内の活躍が少ないこと,が引っかかりました。モーフィアスも目立たないし,大味な描写(マシンシティー突入とか)も多く・・・とか言ってたら,マイナス材料ばっかりみたいだけど,どうしても否定する気にまでならない。よくわかりませんが・・・。
この世界観は完結させるには惜しい・・・そう思ってるのかもしれません。
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-11-24 21:01:35
まさかハリウッド映画でドラゴンボールを見るとは思わなかった。退屈なラストの格闘シーンであった。画面も実写というよりはアニメの様な質感だったし。それ以外では纏まりもありそこそこの出来だったと思う。しかし「スミス」という名前は「バイラス」とでもした方が面白かったんでは。
投稿者:ノヴェッロ投稿日:2003-11-23 15:47:55
セラフって天使のセラフィム?
セラフに守られているオラクルはキリスト?
アーキテクトは神?

ネオが機械の都市で話をした“顔”って悪魔のベルセブブが
モチーフのようだし・・
投稿者:smashkash投稿日:2003-11-23 10:39:26
【ネタバレ注意】

この映画何がいいって、ザイオンでの戦いが一番良かったです!
あの迫力は度肝を抜かれましたね!あのシーンはワクワクしました。

あとは…?(笑)
メロビンジアン&パーセフォニーはあっけなく…。あの2人結構好きだったのに。
ツインズってリローデッドで終わってたんですね。出てくるものと期待してたんですが。
個人的に、レボリューションズではキャラでいえばセラフが良かったです。

それにしても問題なのはラスト。
ネオはどうなったの!?まあザイオンが救われたから良かった(笑)

最後まで謎が多かったですね(泣)

投稿者:クニ投稿日:2003-11-22 20:32:23
【ネタバレ注意】

今日、観てきました。確かに皆さんのコメントにもあるように
ザイオンでの戦闘シーン、迫力もあってCGの出来栄えもなかなか
だと思います。
しかーし、ラストが頂けませんねぇ・・・。
観た人が勝手に想像して下さいと言わんばかりのラストシーンでした。
少女がプログラムした朝日が昇ってきてエンディングとは、正直言って
ちょっと気が抜けちゃいましたねぇ・・・。

投稿者:Guy投稿日:2003-11-19 00:21:17
内容はどうでもいいんです。
モニカ譲さえ拝めればと思ってましたので・・・。
え?これだけ?もーガッカリです。このシリーズには。
投稿者:スリットみかん投稿日:2003-11-18 00:29:21
【ネタバレ注意】

3部作の主役(黒幕)はアーキテクトとオラクルですね。
色んな解釈があるようですが、タイトル通り、マトリックス自身、即ち設計思想プログラム=アーキテクトと設計協力者=オラクルが、あの女の子の協力を得て、彼らの望む世界(マトリックスVer.7)を作るために革命を起こす話じゃないでしょうか?
つまらない結末だ、という意見が圧倒的に多いようですが、人間対マシーンという図式で観ているからじゃないでしょうか?
第1作は、彼らプログラムが革命に必要な強大なエネルギー(正のネオと負のスミス)を得るまでのストーリーでしょう。人類が反物質で新エネルギーを得るといった古典的SFネタをマトリックスの世界に置き換えたものかな?
人間に感情移入して観てしまいがちだけど、人間も彼らプログラムのコマの1つと考えると、「マトリックスの外の世界」というのも本当に実在するかどうかすら怪しくなる(我々が異次元世界を概念上で創造するのと同じ?)。
「人類が異次元世界の脅威と向き合う」という古典的SFをマトリックスの世界に置き換えて描いたものなんじゃないかなあ?
我々は物理法則の限界を超えてより素晴らしい宇宙を創造する可能性を持っている、という楽観的思想が流れているようで、あのラストは私には結構心地よいものでした。

投稿者:まっちょ投稿日:2003-11-17 20:45:00
【ネタバレ注意】

正直期待を裏切りましたね、この映画。まあハリウッドかぁぁなんても思わされました。いいとこ一つもないんじゃない?脚本、アクション、シナリオ・・・。これをしたいなら、アニメでいいと思います。テーマは凄く深いはずのものなのに、映画のレベルは最低だと思います。結局はCGじゃないですか。おれは凄く思うんですけど、この映画、人類はテクノロジーに支配されない!ってあるじゃないですか。戦いも人類が勝つわけで。でも、この映画自体が、完全にテクノロジーに支配されてません?結局観客の印象に残るのはとんでもないCGなわけで。映画自体、すごく矛盾してると思います。しかも三作目なんかほんとに一作目のテーマから脱線してると思います。結局はラブシーンか・・・って。おれはパリに住んでて、パリでみたんですが、観客は大笑いしてましたね、脚本に。完全にバカにされていました。こんなに深いテーマを扱うなら、それなりの映画を作ってもらいたいです。

投稿者:カフカ投稿日:2003-11-16 18:02:22
う〜ん・・・納得できない。やっぱり1で止めとくべきだった。まあ興行的には
大成功でしょうが・・・
投稿者:むーにー投稿日:2003-11-12 23:46:54
実写版ドラゴンボール観てるみたいでした(笑)
だんだんスミスの頭の感じがべジータに見えてきて
空中戦とかかなり大爆笑。
ガンダムっぽいな〜って思うところも多々、
(ザイオンってZion=ジオン?)
最後はもしや「ナウシカ」?なんて思いながら観てしまいました。
アニメにはあまり詳しくないんですが、詳しい方は
違った意味での楽しみ方もあったのかも知れませんね。
個人的にはみんなが楽しめた一作目と同じような感じで
作って欲しかったな。
投稿者:ちゃき投稿日:2003-11-11 15:25:55
【ネタバレ注意】

様々な予想が飛び交いに飛び交ってかなりの盛り上がりを見せた4年間のマトリックス。遂に最終章です。プログラミングの世界だけあって、プログラムの仕組みを知っている者としては興味深い点が多いわけですが、まず今回はネイオビとザイオンを守るおじ頭がかっこよすぎ。あんな隊長なら私はどこまでも着いて行きます。あの16歳のキッドは美味しいとこどり?と言わんばかりの演出。全体を通して「愛」というのと「選択」というのがキーですかね(モニカ・ベルリッチはその一言だけのために出てきた(笑))。プログラミング的にも興味深い見解だけれど、情報っていうのはその人(プログラム)が必要なだけ与えられるものであって、その情報はその人だけのもの。その人が判断していくという個人のものであるにも関わらず、その結果は多くの人に影響していく。その繰り返しが今の世の中を成り立たせているっていう世界観だという意図ははっきりしたのかな。それが自分の大事な人を救うための選択であっても、それは自分の意志による自分の決定だからだれも咎められないんですよね。結果それが世界を良い方向に持っていくと、ま、そういう流れでしょうか。あとは平和。ネオのせりふもそうだけど、全体を通してあらゆる人種が出てきたでしょ。最初からそういう設定にしていたかは別として、2,3を通して伝えたかったのはこれでしょうね。マトリックスとかいってかなりクールな印象ですが、かなり熱いところをついてきます。それが人のマシーンとは違う所以かな。

相変わらず1の何倍も掛けたというアクションシーンCGシーンは見もの。監督が日本アニメファンというだけあって、どうしてあんなにもドラゴンボールzに似ている構成なのかはあえて問わないことにして、ザイオンでの戦闘シーンは今日でのSF最高傑作でしょう。1,2であれだけ稼いだからこれだけお金を費やせたということで、あの映像は我々の出資もあってのこと・・・ということでひとつ。でもCGは時代と共に朽ちるけれど、伝えたかった内容、それがこれからも残っていく大事な部分かと思います。あーでも一回見ただけじゃ到底ついていけません。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/

投稿者:yumicchi投稿日:2003-11-11 14:13:22
なんかもう、最高でした。想像でしかありえない世界をここまで
映像化できる兄弟に感動。三部作を全部見終わるまでに
あーでもない、こーでもないといろんなことを考える映画って
初めてで、ラストの本作をを観るまでほかの映画にはない
楽しみ方ができたと思う。こういうSFやファンタジーって
どれだけその物語の中にのめりこめるか、っていうのが
大事だけど、このシリーズは最後まで冷めることなく楽しめたし
終わってしまって悲しい、と思う映画も初めて。
他者のために身を投げ出す行為は、たとえ物語の中であっても
感動を呼ぶものだと改めて思った。
キーワードは「選択」か。
投稿者:molbollo投稿日:2003-11-10 17:18:58
【ネタバレ注意】

なんか普通に終わってしまったカンジがしてしっくりこないです。ネオの前任者達が迎えた結末とは少し違うけど、結局歴史は繰り返されるってことですかね。
スミスがエージェントのままだったらどういう結末が待ってたんでしょうか?そう考えると、スミスがシステムから独立してしまうってのも結局予定どうりに起こることだったんでしょうかねぇ。

投稿者:レイジーデイジー投稿日:2003-11-10 17:10:44
コレが低予算映画なら凄いと言ってあげたくもなるが、
超弩級の予算&CGにモノいわせでまくし立て、
観客の思考能力を破壊するかの如く(事実破壊された客多数?)
分けわからん展開オンパレードの
大団円で大ヒット〜っておい!

現在の薄っぺらで見せかけだけの
ダメ駄目なハリウッド映画の集大成的3部作だなこりゃ。

1作で止めておけばよかったのになぁー。
K・リーブス渾身の仰け反りも今は昔。
投稿者:tomodream投稿日:2003-11-09 21:17:31
【ネタバレ注意】

1回見ただけでは意味が良く分からない。
人間がゲームをしていたと言う意見もあるけどそれもはっきりとしたことは
いえないと思う。
非常に難解な映画・・・あんな戦闘シーンに時間を割くなら、もっと物語をしっかり語った方がいいのでは?

投稿者:小梅投稿日:2003-11-09 19:57:46
【ネタバレ注意】

なんかグッとはこないケドまぁそれはそれでよかったかなぁと。
前回同様、スミスの大量発生がわたしにはどうしても嬉しくて…(笑)
なによりも、今回はネオよりナイオビがかっこよかった!!!!
トリニティーはともかく…結局ネオも死んじゃったんですか??

投稿者:投稿日:2003-11-09 15:47:45
面白くなかった!!!
今まで積み上げてきたものが全て崩れていくのを感じました。これはあくまで私の感想ですので気にしないで下さい!「終わりよければ全てよし」と言う言葉があるように逆もまたあるんですね・・・本当に残念でした。
投稿者:ZERO投稿日:2003-11-09 14:11:36
3部作、終了。
あんな実写ドラゴンボールみたいな戦闘シーンのために長々と続けてたの?
アニメファンならそれなりに見れるのだろうが、私には苦痛でしかない。
ストーリー的にはリローテッドより見れたが、やっぱ面白くはない。
トレインマンが懐かしくてうれしかったくらかな。
一番の見所は「LOTR 王の帰還」の予告でした。
投稿者:ネムネム投稿日:2003-11-09 13:44:11
まぁまぁかな。へんな終わり方じゃなかったし、これでよし。

それからちょっとだけ質問なんですけど、確か人類なしでもいいって
ア−キテクトが言ってませんでしたっけ?「リロ−デッド」で。
ネオが、人類が必要なくせになんでザイオンを攻撃するんだ!みたいな事を
言ったら、「それは我々が受け入れるレベルによる」とかって。
て事は人類なしでもやっていけるレベルがあるって事かなと思ったんですが?? 違うのかな???

ゲ−ムと考えてる方もいらっしゃるみたいですが、ゲ−ムかどうかは
分かりませんが、たしかにある種、戦争と娯楽というものを同時に楽しん
じゃってる感じはするかもです。機械ですから、一方で殺しながら一方で
娯楽をするなんて気持ちもないかもですね。両方同次元の出来事かなと。
たしかに今の人類と同じですね。おそろしや〜〜〜。

それとどこかで見たようないわゆ既視感を感じてる方が多いようなのですが、
それって当然かなと思ったんですが。たしかマトリックスって人間が退屈
しないように適度にいろんな事がおこったりして、眠らされてるって事に
気付かれないようにしてある世界だったんじゃあ??
だから20世紀の既視感でいっぱいで、いたって当り前かなと??
最初一作目見たときに、すんげぇ都合のいい世界(設定)を手に入れたな
この監督、とかって思ったんですよ。
これも違ってたりして、違ってたらすいません(はずかし〜〜)
投稿者:仁民投稿日:2003-11-08 23:33:53
マトリックスは日本のアニメの影響を受けて作られたと聞きましが、この〜レボリューションズでも、なんかドラゴンボールっぽいなぁと思ってしましました(^^;)それにアニメだけに限らず、鈴木光司の「ループ」にかなり似すぎだと思います。パクッたんじゃねーか?ぐらいに。話が反れますが、あの「T2」も日本の「寄生獣」という漫画がヒントになったそうですね。日本人ってすごいですね〜。
投稿者:はっさん投稿日:2003-11-08 17:32:39
もの凄い映像に、ただただ圧倒されました。哲学的なストーリーにも、う〜んとうならされました。映画ファンなら、やっぱり観ておくべきでしょう。とはいえ、自分自身完全に納得できた作品ではありません。矛盾してるじゃんって、思える部分も複数残ってます。とはいえ、続編作って、論理的に解決つけてくれとも思わないけど。
予告編でも有名になったエージェント・スミスとの対決シーン。
2人を取り囲むスミスたちの数が、とにかく半端じゃなく多かったのが笑えました。エージェント・スミスがユビキタス状態です。思わずウォーリーを探してしまいましたよ。(笑)
投稿者:ポッパー見習投稿日:2003-11-08 17:26:42
【ネタバレ注意】

ネオは現実で手をかざしただけでセンティネルズなどのマシンを破壊した、
何故そういう事ができるようになったのか。
あくまで色んなサイト、雑誌を見た仮説ですが、
TVゲーム『エンター・ザ・マトリックス』でのオラクルの発言
「ネオはソースに触れてしまって、心と体が分離してしまった。
今は現実世界とマトリックスの間に捕らわれている」
とあります。
現実世界とマトリックスの間、それは『レボリューションズ』冒頭で
ネオが眠っていた、そこにサティーと名乗る少女がネオ話しかけていた、
あの場所。正確にはマトリックスと同じような、プログラムが作った空間。
その時点で現実世界のネオは昏睡状態でプラグに繋がれていません。
従ってネオは、『プラグに繋がれてなくてもマトリックスに進入できるようになった』
と考えられます。
そこでセンティネルを破壊した理由、それはネオが手をかざした瞬間、
ネオはマトリックスのメイン・コンピュータに心の一部だけをアクセスさせ、
メインコンピュータに対し、「センティネルを破壊せよ」という命令を
した。その命令を承諾したコンピュータは、その『ソフト』である
センティネルのシステムを消去した。結果、センティネルは『自爆』
したのだと思います。

なお、あくまで『仮説』ですので、鵜呑みにしないように;

投稿者:キャメロンディアス投稿日:2003-11-08 15:03:21
とても良かった。1とは比べ物にならない程発達してしまったVFXは必見。
でもある意味1から離れたらシリーズとして成り立ってないということに
なってしまうのか。それは置いといて。1は単品だけどリローデッドは本作に
続く終わり方だった。だから多分リローデッドの意見は賛否両論だったと思う。
タイトル的にも『リローデッド』『レボリューションズ』と分けてあるのに
話が前半・後半みたいな感じだったから内容的にはタイトル分けしても意味が
ないと思う。まあ本作は本当に『SFの革新』だったからタイトルと一致してた
けど。ストーリーも完全にマトリックスの世界のオリジナルで、とてもクール。
この映画を見てると自分も仮想空間に取り込まれている雰囲気にめり込む。
バトルも『ロストインスペース』や『ターミネーター3』を越す壮絶的なVFX
で良く表現されていた。SFファンの自分にとっては欠かせないものだった。
これを見ずして映画ファンは語れないというほど驚異的な映像と濃厚な謎めいた
ストーリーで魅せてきたマトリックスシリーズ。あっという間に時が過ぎて
いってしまうのを感じて悲しくなってくる。またできればこのようなSF大作・・
いや、映画界きっての超大作を世に送り出してほしいと思っている。続編は
もうなくたってまたこのような4年間に渡る超大作と同じようにハリウッドから
羽ばたいていく本物の映画をこれからも見ていきたい。最後に言わせて・・・
『マトリックス最高!マトリックスは永遠に不滅です!』
投稿者:AKIRA-G4投稿日:2003-11-08 13:37:52
既視感が多いせいかもしれないけれど,上映中に心の中の私語が多く,
先読みも少しだけ容易で,どっぷりと映画の世界に浸れず・・

ただ本作は映像よりも聖書のような物語・メッセージが心に響いた。

含みのあるラストが,束の間の平和にならない事を願う。

泥沼となった争いを収めるには,救世主が必要。
それは選ばれた人だけじゃなく,全ての人が救世主になれる可能性を秘めている。

善も悪も共存しているのが人間
その両方を見つめて,自己を認識し,過ちを認めさえすれば。


監督が構築した世界観を見事に映像化,心に残るキャラクターを多数産み出し,
不満点はあった,過剰なVFXに食傷気味にもなったけれど,
思考させてくれる沢山のメッセージを届けてくれた「THE MATRIX」
ありがとう,そしてお疲れ様!
投稿者:タダ投稿日:2003-11-07 21:02:03
【ネタバレ注意】

今日みました。どうしてネオは現実の世界でも手をかざすだけでセンティネルズを破壊することができたのでしょうか?それに関しては雑誌などでもマトリックスは2重構造であの現実と思われている世界もマトリックスかもしれないなんて書かれていたので期待してたのですが、深読みしすぎでしたね。むしろ2重マトリックスの方が面白かったかもしれないですね。

投稿者:オーガスト投稿日:2003-11-07 20:53:37
【ネタバレ注意】

見終わった後はしばし放心状態でした。あのザイオンを守る戦いのシーンはすごかった。あの映像を超える映画は当分出てこないだろうと単純に感心しました。
で、マトリックスとは何だったのか?「平和」がキーワード、またはテーマだったのだと思います。人間は「平和」を導くことが出来るか?1人の人間の確信、勇気で「平和」を導くことができるか?
いろんな意見もあると思いますが、友人との話し合いで以下の結論に達しました。ネタバレなので注意してください。
マトリックス、そして、ザイオンのある現実空間、さらに最後の公園のシーン、すべてサーバの中の仮想現実。登場人物の中で人間なのは、アーキテクト、オラクル、セラフ、サティーの4人だけ。この4人が、【機械と人間の双璧の空間で「平和」が導かれるか】?というゲームをしていたのでは?という結論。6回目にしてやっと目的を達することができたことになります。
いろんな捉えかたができると思いますので、いろんな意見が聞きたいな〜。
ちなみに、カウントダウンイベントでキアヌが「この映画のテーマは平和です」と言ってました。長々と失礼しました。

投稿者:本因坊投稿日:2003-11-07 00:30:40
映画を見終わって「なんじゃこりゃ?」という感じでしたが
ポッパー見習いさんの感想を読んで「なるほど」と思いました。
もっと解釈してくれると助かりますvv
投稿者:プリズム5投稿日:2003-11-06 23:44:27
【ネタバレ注意】

「マトリックス」3部作共劇場で観ましたが、今回は些か期待外れでした。実の所個人的には前作「リローデッド」が一番好きなのですが、今回は機械対人間の肉弾戦が永遠繰り返され、一番観たかったマトリックス内での攻防は殆ど…。こんな戦いは他のB級SF映画にやらせとけば良いと思いました。まあ取り敢えず無事完結したと言うことでこの作品を甘受しておきます。

投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-11-06 21:22:25
【ネタバレ注意】

『人類を使ってゲームをしていた』
・・・う〜んよく考えてみるとやっぱりちょっと違うのでは?
機械は人類無しでは生きていけない訳ですから(機械は人体から出る
エネルギーを使用して活動している)、遊びに使っているようには
思えないです。
遊びの為に「プログラム」という、下手すりゃエグザイルのように
機械自身に危険因子となるような物作り出すでしょうか・・・
他サイトに書かれていた事ですが、
この作品のラストで言いたかった事は、共存。
人類が善で、機械が悪という構図ではなく、
人類、機械が一体となる事が重要である、その為には、
ザイオンを救う「選択」をする「救世主」が必要だったのです。
だからアーキテクトらのプログラムは「ネオ」のような、
「アノマリー」に対して「ザイオン(人類)を救う」という選択を求めました。
アーキテクト、オラクルらにとっては、人類、機械の両者が存続してほしかったのです。
その為には多くの犠牲も払わなければならなかった。
「マトリックス」とは、単なる支配などではなく、「共存する為の手段」だと思います。

結局、人類は機械を倒すには至りませんでした。
人類、機械の共通の敵であるスミスが倒れ、
機械軍が撤退して一応は戦争が終結したわけですが、
機械が人類を支配するという、
作品世界での機械と人類との関係はこのまま続いていくのですよね。
取り返しのつかない過ちを犯し、世界を間違った方向に向けたのは、
元はと言えば人類の方なのですから。

適度な種明かしがあって、なおかつ激しいアクション満載。
映像には真新しさはもうありませんが、
期待ハズレだった『リローデッド』
よりは全体的にだいぶ良いと思います。
ミフネ船長には漢を見ました。かっこいいw

投稿者:のうずい投稿日:2003-11-06 15:51:46
【ネタバレ注意】

前作を観てある程度予測していた通りで満足しました。
やっぱりこれって機械が人間を使ってゲ−ムをしてたんですよね。

現代って人間が機械を使ってゲ−ムをしてるけど、機械側にしてみれば、
自分の操作がヘタで勝手にキャラクタ−が死んだだけなのに、むかついて
コントロ−ラーを投げつけたりされたんじゃあ、たまったもんじゃないよね。
それと同じでこの映画では人間側にしてみれば、命のかかった重大事なの
に、機械たちは何一つ気にする事なくゲ−ムを楽しんでる。という逆転の
映画でしょこれって。
単にこの時代では‘それが当り前の世界’なだけで、いまこの現代だって
人間の立場が優位なだけで同じ事だもんね。機械をなんとも思わず好き放題
もて遊んで‘それが当り前の世界’なんだもんね。
この兄弟監督が機械側の視点から描いただけなんだよね。

最後にデウス・エキス・マキナが「終わった」というところなんか、
まるで私達人間が「ふぅ、、やっとこのクソゲ−クリアしたよ」とでも
言ってるみたいで。なんかかなりブラックに感じたんですが(笑)

とにかくかなり手堅く、満足のいく出来でした。
大風呂敷広げすぎてダメになっちゃう映画や、何か今までと違う誰も
見た事のない結末を、、、と考えてダメになる映画が多いなか、これは
かなり手堅く予定調和の結末であり完結ですね。

ひさびさに満足のいくSF映画です。

投稿者:YAH!投稿日:2003-11-06 14:28:34
【ネタバレ注意】

本当に続編は無いのだろうか…。
結局危ういバランスの上で共存していくって事ですよね…。
現実の人間だって生きてく為に食用の家畜を飼ったり魚類の養殖してるんだし
機械に対してアレコレ言えないとは思いますが。
勧善懲悪でないところが新鮮でもあり、分かりずらい所でもありました。
とりあえずザイオンでの銃撃戦は迫力あって
マトリックスだと思わなければ楽しめました。

しかしTOHOシネマズ(川崎)…23時に全世界同時公開で人を集めといて
15分も予告流すなよ…映画の内容云々よりそっちがムカつきました。
↑↑↑どこでもそうだったんですかね(?_?)

投稿者:モービルムービー投稿日:2003-11-06 03:00:16
【ネタバレ注意】

 結論から言うと、・・・?わかったような、理解不能のような。1作目=マトリックス内、2作目=マトリックス内・現実内半々、3作目=現実内という作りなので、1作目からの通しで見ると納得もするが、各作品毎に見てしまうと、今作は地味である。前作の方が見ごたえが数倍は有る。
 特に気に入らないのは、トリニティが不幸な結末に終わることだ。リローデッドのキャラも、ほとんど出番なしで、活躍著しいのはナイオビと、ミフネ船長(あと、キッドかな)。
 とは言うものの、また見に行くんだろうなあ(リローデッドの5回までは無いとしても)

投稿者:ごんじ投稿日:2003-11-06 02:03:04
【ネタバレ注意】

前作の「100人スミス」とか「ハイウェイ」とか「ツインズ」とか、
おおっ!と思わせる予告の映像はおろか、試写会もなかった今作。
理由は明快。

「そんなのないから」

オープニングのトレインマン、
「あ、マッドマックスのジャイロキャプテンだあ!」で嬉々としていた所が
私の顔の綻んでいたピークか。
以降、もうワケワカランで苦虫を潰した表情の連続が最後まで。

マトリックスの世界ではほとんど見せ場なくて、
現実世界でのセンチネルとの戦いがメインなため、
特撮にお金はかけてるんだろうけど、映像に新鮮味は全く無し。
モニカ・ベルッチもオープニングにチラッと「乳のデカさ」を見せにでてるだけだし。
なによりもイカンのがストーリーがもうデタラメ。
作者も収拾がつかなくなったんだろうけど、
あのエンディングはないでしょ?
何がどう解決したのかサッパリわかりませんってば。
都合の悪いツッコミは全て「姿の変わってしまったオラクル(笑)」の
超ワケワカんねーセリフで納得しろってか。

自分なりに解釈したんですが、

「マトリックスの力を遙かに超えてしまったスミスを倒してくれた御褒美に、
今のザイオンはとりあえず、襲わんとってやるわ」...こういうことでしょ?
相変わらず、人類はカプセルに繋がれて、機械の電池にされっぱなしなんスよね?

それと、最後の戦いのシーンに一作目のなんぼのお金を...って話なんですが、
なんのシーンのことなのかサッパリわかりませんでした。
もしや、スミスとの「ドラゴンボール」ばりのチンケなカンフーのことだとしたら...愕然です。

嬉しがって23時公開の御祭り騒ぎに乱入したのはいいのですが、
映画が終わった瞬間の観客の反応は、私も含めて唖然としてました。
帰り道、誰もいない夜道を雨に打たれて歩く自分がとてもわびしかったです..。

投稿者:PEKO投稿日:2003-11-04 23:17:35
【ネタバレ注意】

予言者が別な人になったのにつじつまをうまくあわせられる世界でよかったですね。「私にもなんでなったかわからない」のセリフに笑ってしまいました。
マトリックスの世界がほとんどでなくて、現実の戦闘がメインになってしまい、もはやなんの映画かわからないって感じがしました。でもセンチネルの大群との戦いスピード感と絶望感があって結構好きでしたけど。ミフネ船長がよかったです。バカっぽかったけど・・・
それにしてもあのEMPとかいう装置あんなに効くならどっかに隠すとかしてたくさん用意しとけばいいのに。
最後のスミスとの戦いは全然すごくなかったです。まだリローデッドのわらわらたくさんでかかってきた方が笑えて面白みがあったのですが。映像をくししてもやはりアクションする二人がしょぼければまったく盛り上がらないです。たしかにお金がかかってそうでしたけど、あまり斬新な感じはなかったですし。
無駄なアクションシーンを省けば2本にわけなくても1本で3時間以内の作品に出来たのでは?
あの人が最期無理矢理泣かそうとしてるのか、しゃべり過ぎなのが嫌でした。
そしてモニカ・ベルッチさん、一体なんだったのでしょうか?一言二言しゃべっただけで胸を谷間を出すだけの出演でした。ツインズも出てこなかったし。
2作目3作目ははっきり言っていらなかったです。
2003.11.04観賞 3点

投稿者:ASH投稿日:2003-11-04 21:37:10
【ネタバレ注意】

さあ、全世界同時公開だ!

投稿者:唯我独尊投稿日:2003-11-04 18:27:57
わざわざ足を運ぶまでもないと思っている、今回の『Revolutions』。1作目はお話の「導入」という点を考慮して、甘めの合格点。けれども、2作目の『Reloaded』は完全に興醒めで期待はずれ。もはや3作目で前作を上回る失望を体験させられるのは遠慮したい。観るのはレンタルビデオ店の棚にビデオが並んでからで充分でしょ。
投稿者:wheel_jm投稿日:2003-10-09 07:59:10
Everything that has a Beginning has an End
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】マトリックス ワーナー・スペシャル・パック <初回限定生産>2016/12/07\3,600amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス ワーナー・スペシャル・パック <初回限定生産>2015/12/02\3,600amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス レボリューションズ <初回生産限定スペシャル・パッケージ>2015/03/18\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス スペシャル・バリューパック <初回限定生産>2013/08/07\3,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス レボリューションズ2010/04/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス レボリューションズ2009/11/03\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス アルティメット・コレクション <ネブカデネザル号付/完全数量限定生産>2008/12/17\37,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マトリックス コンプリート・トリロジー <初回限定生産>2008/12/17\14,095amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス ワーナー・スペシャル・パック <初回限定生産>2015/12/02\2,400amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ <初回生産限定スペシャル・パッケージ>2015/03/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ2010/04/21\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ2008/06/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックスシリーズ お買い得パック <初回限定生産>2007/12/07\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ <期間限定生産>2007/09/07\933amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ <期間限定生産>2006/12/08\933amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ <期間限定生産>2006/04/14\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ <期間限定生産>2005/11/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ <期間限定生産>2005/07/29\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス アルティメット・コレクション <初回限定生産>2004/12/17\15,000amazon.co.jpへ
 【DVD】マトリックス レボリューションズ 特別版2004/04/02\2,980amazon.co.jpへ
 【UMD】マトリックス レボリューションズ2006/07/21\933amazon.co.jpへ
 【UMD】マトリックス レボリューションズ2005/11/25\2,838amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】マトリックス レボリューションズレンタル有り
 【DVD】マトリックス レボリューションズレンタル有り
 【VIDEO】マトリックス レボリューションズレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 マトリックス レボリューションズ
新品:¥ 1,080
5新品:¥ 937より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION