allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダウン(2001)

DOWN

メディア映画
上映時間111分
製作国オランダ/アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2002/09/28
ジャンルホラー/サスペンス
それでもあなたは乗りますか?

エレベーターが人を襲う――

垂直落下型ショッキング・ホラー!
ダウン DOWN~スペシャル・エディション~ [DVD]
参考価格:¥ 2,880
価格:¥ 8,979
USED価格:¥ 2,899
amazon.co.jpへ

 Photos
ダウンダウン

【解説】
 監督は「小さな目撃者」のディック・マース。自身の監督デビュー長編で、フランスのアヴォリアッツ映画祭グランプリを受賞した「悪魔の密室」をコンセプトに再構成したショッキング・ホラー。原因不明の異常を来たした最新ビルのエレベーターが、次々と人に襲いかかる。ディック・マース監督は製作と脚本も兼任している。
 ニューヨーク・マンハッタンにそびえるハイテク装備の最新鋭超高層“ミレニアム・ビル”。ある日突然、このビルのエレベーターが誤作動を起こす。エレベーター技師マークは整備で訪れた際、エレベーターに何か異常なものを感じ取る。案の定、エレベーターによる不可解で残酷な事件が続出し、警察が調査しても一向に原因を解明できない。マークは、取材に来た女性記者ジェニファーを連れて独自調査を始めた。なおも犠牲者が増える一方で、予想し得ない衝撃的な事実が彼らを待ち受けているのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1165 5.91
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2015-12-13 09:40:03
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:さとせ投稿日:2008-03-30 09:17:11
展望台が有名な巨大ビル。エレベーターの故障でパニックに陥る。警備員が調査するが異常は見つからず自分が犠牲になってしまう。会社は利益追求のため営業を続け益々、犠牲者を増やすことになってしまう。新聞記者のジェニファーは真相究明のためエレベーター技師に接触、調査を開始するが・・・。
自作「悪魔の密室」のリメイク。前作はアヴォリアッツ国際映画祭グランプリ受賞を謳い文句にしていたが個人的には今一だった。今作はスケールがアップ、殺しが残虐になって派手になっている。DVDで鑑賞したが5.1chの効果は弾むシーンのみ弾み大作感溢れるシネスコがスケール感を増している。只、時間が111分あるため冗長に感じた感が有り。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-01-02 18:55:49
エレベーターってのに無理がある。でも映画の出来はそこそこ。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2006-12-25 17:55:04
警備員を挟んだり男の子を引っ張り込んで放り出したり
乗客全員を奈落の底へ・・・斬新で前半はテンポ良かった。
後半は何だかなぁ。。。残念ですわ。
投稿者:terramycin投稿日:2005-07-03 16:37:38
【ネタバレ注意】

限られた空間・場所でのサスペンスという発想は嫌いではなく、それなりに引き込まれた。しかし、あのエレベータが知能を持っているという事実から、後半は何でもありの展開なってしまい残念。この作品の質を下げてしまったように思う。

投稿者:william投稿日:2005-06-20 11:58:19
「悪魔の密室」の賛否両論に納得がいかなかったことでのリメイクなのであろうが、わざわざ再構成した割にはパッとしない出来。オリジナルのB級映画っぽさは拭いきれておらず、ラストもありきたり。
投稿者:79to96投稿日:2005-06-17 00:32:41
B級の匂いをただよせながらも、まあ振り返ってみれば
ハリウッド臭プンプンの映画。

個人的には印象に残る名脇役で、前々から好きだった俳優、
マイケル・アイアンサイドとロン・パールマンが2人一緒に出ていたことに見た甲斐があった。

エレベーターくんの殺人、直接描写は2,3回程あったが、
スケーター野郎を一気に82階だかまで上昇させて、
ふっとばし、ビルから落とすシーンにププッっとなり、
満員になった乗客を、床外してみんな下へ葬り去るシーンに
おぉ、なんか斬新!ってなった

小粒ながらもなかなか見所のある(いい意味と悪い意味
両方で)映画だった。
投稿者:民生1973投稿日:2004-08-20 08:59:20
ナオミ・ワッツ見たさでレンタル。ゆえに作品自体に期待はしていなかったが(パッケージからして、いかにも「駄作サスペンスホラー」の匂いプンプンだし)、意外なことにそれなりに楽しめた。(エレベーターを制御するコンピュータシステムが「人格」を持って人類を攻撃する、という)いかにも荒唐無稽なストーリーで、「そんなバカな!」と切り捨てる向きもあろうが(そしてそれがノーマルなリアクションなのだと思うが)、個人的には許容範囲内。
投稿者:サノバビッチ公爵夫人投稿日:2004-02-26 15:35:58
最近「小さな目撃者」のスマッシュヒットで注目されたディック・マースが初期に監督した「悪魔の密室」の、噂に聞いていたセルフリメイクである。
といっても共通しているのは基本のアイデアだけで、ほぼ違うテイストに仕上げた。
人を食っているというか、ディック・マースはサスペンスのさなかにふざけたくすぐりを挟んだりする人で、ちょっと好きかも。というかそっちが本領のような気がする。
幼稚園のババア最高。
投稿者:hirohiro投稿日:2004-01-24 16:35:54
映画内でツインタワーの件って言ってたのは、9.11ではなくて、その数年前に起きた爆破テロのことです。
投稿者:haru投稿日:2003-08-20 20:53:22
【ネタバレ注意】

高所恐怖症なので恐い物見たさで見たが、高層から落ちる恐怖がいまいち伝わってこなかった。エレベーターの底が抜けて、大勢の人が落ちるというのも今までになくていいけど、やっぱり狭いところに閉じこめられたまま、いつ地面に到達するかわからない墜落の恐怖を味わう方がはるかに恐い。
エレベーターが題材であるなら、「閉所」と「高所」の恐怖をうまくかみ合わせて欲しかった。
ナオミ・ワッツもただの好奇心旺盛で脳天気なキャスターって感じで正義感がまったく伝わらなかった。
私も最後にツインタワーが出てきたのは不思議だった。

投稿者:篭瀬山投稿日:2003-03-17 06:52:18
スティーブン・キング的ホラー世界をホラーの王道と呼ぶことにずっと違和感を覚えてきた私としては、堂々と挑戦状を叩きつけたホラー・ジャンルの正統派登場!という感じで嬉しい。だいたい「エレベーターが人を襲う」という設定に合理的な説明なんか要るもんかっ!という態度。非合理だから怖いんだっ。かといって、『スクリーム』みたいな意欲的なホラー作にさえある虚仮おどし(突然出てきて“ワッ”とやる)にも陥らない。“ワッ”はピタッピタッと血がしたたったあとに出てくるんでないとねっ。

WTCネタが盛り込まれていた割には、ツインタワーがきちんと映っていて、どうしても気を取られてしまったが。7
投稿者:Kshozy投稿日:2003-03-16 23:31:57
埼玉のドンキホーテで、DVDをやたらモニターでプッシュしていて、店員もやたら推す。ジャケットも、日本人好みの顔で私もご多分に漏れずファンのナオミが銃を構えているし、ホラーファンの私をくすぐる赤い異様な扉とパニくる乗客の画。70年代の派手なホラーとパニックもののポスターに通じる怪しさを感じた。思わず1割引だし買ってしまった。内容はともかく観終わった後も、あの70年代に戻れた。小学生だったあの時代のようにみんなにものまね混じりで話したくなった。
投稿者:filmer2003投稿日:2003-03-10 02:46:47
【ネタバレ注意】

ナオミ・ワッツはこのところスリラー、サスペンスでそれなりの活躍をしているのに、この作品は残念。エレベーターという密室の恐怖、生命を得て増殖し始めたコンピューター、それを創造したマッドサイテンティストなど、B級ホラーの要素てんこ盛りだが、精彩を欠く。趣味の悪さをおどろおどろしく極めて、いっそ笑える作品にしてほしかった。新聞記者のワッツには、ペンとカメラで戦ってほしかった。映像としてはそれなりに面白く、特に満員のエレベーターから人が振り落とされていく映像は圧巻だった。

投稿者:プリズム5投稿日:2003-03-08 01:21:13
【ネタバレ注意】

確かに「悪魔の密室」よりスケールアップはしていますが、元々恐怖のエレベーターという単純な内容の話を大きくしてしまって、却って恐怖度も薄れ全然面白くなくなってしまいました。そのくせ盲人のシャフトへの転落など数カ所のシーンは忠実にリメイクしています。本当に何でリメイクしたか判りません。またラブシーンで締めくくる今回のラストは大嫌いです。

投稿者:桃太郎投稿日:2002-10-04 13:32:26
 予告編が面白そうだったので観にいったがかなりつまらなかった。緊迫感も恐怖感もあまりなく盛り上がることなく終わっちゃった〜という感じでかなり期待はずれだった。ナオミワッツもなんかどうでもいい役で「もったいないな〜。」というのが正直な感想。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ダウン スペシャル・エディションレンタル有り
 【VIDEO】ダウンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION