allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スズメバチ(2002)

NID DE GUEPES
THE NEST

メディア映画
上映時間108分
製作国フランス
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月2002/10/26
ジャンルアクション/サスペンス/犯罪
12000発喰らえ。
スズメバチ [DVD]
参考価格:¥ 1,890
価格:¥ 2,637
USED価格:¥ 419
amazon.co.jpへ

 Photos
スズメバチスズメバチ

【解説】
 特殊警察の女性中尉、5人の窃盗グループ、初老の倉庫警備員。一見何の接点もなく決して手を組むはずのない3者が巨大倉庫を砦に、マフィアの戦闘部隊から集中砲火を浴びながらも壮絶な戦いを繰り広げる。わずか4分間に数千発の弾丸が乱れ飛び、ド派手なフレンチ・アクションが展開される。
 7月14日、パリ祭。特殊警察部隊の女性中尉ラボリはこの日、アルバニア・マフィアの最高幹部アベディンを護送する任務についていた。同じ頃、ストラスブール郊外では、ナセールをリーダーとする5人の若い男女が車で工業倉庫へ向かっていた。パリ祭を祝う花火が打ち上げられた時、ラボリの護送車が奇襲に見舞われる。相手はアベディンの救出部隊だった。ラボリらは工業倉庫へ逃げ込んだ。そこで新品のパソコンを窃盗中のナセールたちと出くわす。ラボリは彼らと共にアベディン一味に囲まれて逃げ場もなくなり一斉放火を浴びてしまう…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aフロム・ダスク・ティル・ドーン (1996)
[002]Aレザボア・ドッグス (1991)
[003]A暗殺者 (1995)
[004]Aスコア (2001)
[005]Aスモーク (1995)
[006]Aマイライフ・アズ・ア・ドッグ (1985)
[007]A25時 (2002)
[008]A交渉人 (1998)
[009]Aアルマゲドン (1998)
[010]Aターミネーター2 (1991)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
25188 7.52
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2014-01-04 20:17:34
【ネタバレ注意】

前半はもたつくけど、中盤以降の怒涛の銃撃戦は飽きさせない。
それにしても、大物マフィアを護送するには警護が薄いし雑じゃね?

投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-08-20 21:00:28
【ネタバレ注意】

銃撃戦はすごい。個人的にはオッサン(パスカル・グレゴリー)がやられてしまったようなのが後味悪し。生き残って欲しかった。https://sites.google.com/site/darklymama/home

投稿者:TNO投稿日:2011-04-23 21:21:16
荒野の7人を意識させたのは、大失敗。いやでも比べられてしまう。監督は、荒野の7人のリメイクのつもりだったのだろうが、破綻している。登場人物個々の性格付けが淡泊で、感情移入しにくい。盗窮団のNO2ブノワ・マジメルが、武器の使用を拒んでいたのが、急に率先して銃を使いだしたり、最初はリーダーを見離して逃げることを主張していたメンバー(サミ・ブアジラ)が、急に危険な仕事を受けて立ったり、ちぐはぐさもある。主人公(ナディア・ファレス)の存在感が薄いのが致命的。パスカル・グレゴリーは、儲け役だった。
投稿者:scissors投稿日:2010-12-21 05:40:09
対ハリウッドを意識しすぎたあざとさが見えて醒めちゃう。
中高生ウケ狙ったのかな?
投稿者:リーチク投稿日:2010-01-15 11:18:46
冒頭で泥棒たちが車の中で『荒野の七人』をアカペラでセッションするシーンが最高! そこだけじゃなくてもこの映画はかなりの傑作!
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2009-02-05 00:58:31
ってところが新味だね。シャッターが「蜂の巣」になるところがきれいです。登場人物の背景をくどくど描かないところがハリウッドのあほ映画とは違うところですね。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-12-19 12:19:13
 
おフランス製アクションが苦手なんで敬遠してたけど、いざ観たら全編に漂う緊張感といいガンアクションの強烈さといい、予想外に面白かった。
やっぱ食わず嫌いはダメだね。

しかし(クレジットされているかは確認しなかったけど)、これって明らかにカーペンターの「要塞警察」だよな。襲撃にボスの身柄の奪還という目的があるのが大きく違うけど。
個人的には正式リメイクの「アサルト13」よりもこっちのが面白かった。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-08-04 12:18:34
初めの15分は何が何か解りにくいが、妙にスピーディーで疾走する凝った映像。
つまりが、パソコンを盗みに入って守衛を拘束した窃盗団〜そこにレイプ魔で少女を商品化するマフィアのボスを護送中に襲撃された女警察官が護送車ごと辿り着いた…って事だね。
ボス奪還に取り囲む完全武装のマフィア…外部との連絡を断たれた彼らの、それぞれの思惑〜行動…結局はひたすら迫り来る「敵」を殺戮するしかない訳なのだけど…

いや「アサルト〜」も嫌いじゃないね…僕は(じっくり解りやすく進行するドラマ)。
ただ熱い疾走感とスピーディーな映像は本作の方が上かも?〜次々に倒れてゆく仲間(?)…荒野の七人(ブレイクビーツっぽいリズムを口真似する男…)もだが、犬に聴かせるヴァイオリンといいBGも力が入ってます。

銃撃が無数の光の穴を穿つ…
結局、体長12cm(!)のスズメバチ(幼虫を寄生させる)って何なんだ?
投稿者:kopi投稿日:2007-04-10 00:40:06
ハリウッド映画にありがちな脚本をヨーロッパテイストに描いている。
その違いを考えながら観るとまた違った趣が…面白い。
投稿者:シオカラ投稿日:2007-01-24 15:53:46
【ネタバレ注意】

本当にありそうな銃撃戦がいい、私の好きな映画の一つ。
バリバリ撃つ映画が好きな人で楽しめない人はまずいないかと。
「要塞警察」と比べると無難なラストなのであまり意識しないようにすると良いと思います。ちなみに「アサルト13」を意識しながら見るとこっちの方が断然面白い。

ただ私としては警備員のルイが最後どうなったのか気になります、あの爆発で死んでしまったんでしょうか?
警官の一人が「生存者は5人」と言っていましたが…

投稿者:黒美君彦投稿日:2005-10-30 00:22:29
アルバニア・マフィアの軍備というのはスゴいですね(苦笑)。しかし、護送車をGPSで追跡することもできないとは・・・。
結局立て篭もることしかしないわけですが、あのマフィアのボスを盾にするという発想はなかったのだろうか、などなどいくつかの疑問はあるものの、楽しく(?)拝見しました。アクションと12,000発の銃弾が見せ場ですから、それ以上でもそれ以下でもないのですが、特殊警察の女性中尉エレーヌ・ラボリ(ナディア・ファレス)はなかなか男気?があって好感が持てました。
しかし、この手の作品はハリウッドに任せておいてもいいのでは?というのも正直な感想です。
投稿者:徘徊爺投稿日:2005-05-28 14:05:37
銃撃戦を魅せるために無理やり組み立てたようなストーリーだ。フランス映画もここまでハリウッド化(悪い意味で)してしまったか、って感じ。

マフィアの戦闘部隊は全員暗視ゴーグルを着用してるが、あれだけ明るかったら要らないだろ。倉庫に突っ込んでくるブルドーザがヘッドライトを照らしてるなんて、まるでバカ。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-05 22:41:47
【ネタバレ注意】

あの身軽な黒人はもっと活躍するのかと思ってた…。

投稿者:エアマリン投稿日:2004-12-23 10:21:06
まさに追いつめられていく緊迫感が綿密に描かれています。倉庫に立てこも
ってからのアルバニアマフィアとの攻防戦は、まるでモンスター映画を思わ
せる感じがしました。
ガンファンである自分としては、敵側がほとんど暗闇から銃を撃っていたの
で、敵が何の銃器を所持していたのかさっぱり分かりませんでした。公式サ
イトのプロダクション・ノートを見てみると、「敵側はレーザーサイト等を
取り付けたUZIを使用〜」と書いてありましたが、劇中では他にもM−1
6やSIG−551、AKなども出てきたと思います。
とにかく全体的に息詰まる緊迫感が伝わるので、是非見てみると良いでしょ
う。ガンファンの方も是非! [8点]
投稿者:くろひょう投稿日:2004-07-13 03:12:06
ときたま、こういった拾いもんの傑作にぶち当たるから、ビデオ漁りはやめられんよね。

 はじめに言っとくけど、この監督は非常に才能がある。確かに観ようによっちゃ、ただのアクション映画。なんだけど、冗長なエピソードや無駄なカットの排除という意図が、ハリウッド製にありがちなスピード感の演出を目的としたものではない(実際、冒頭部は眠気も感じるくらい。)ことに注目。この監督はひとつひとつのシーンを非常に丁寧に撮っているのだ。別に謎解きがあるわけでもなく、格別売り物になるようなド派手なシーンもない?(この程度のアクション自体は他にもたくさんある)にもかかわらず、もう一度はじめからじっくり観たくなる活劇映画は、少なくとも自分にとっては本当に久しぶり。

 最大のポイントは登場人物の扱いにある。この映画は実は主人公がいない。みんなが主人公とは非常に陳腐な言い方だが、主要人物それぞれに見せ場を用意し思い入れがあるように見せながら、展開が進むにつれて、扱いが突き放すように次第に過酷になっていく。各々のだぶついた精神状態を追い詰められるにつれて極限まで削ぎ落としていく描写の過程が実にハードボイルドで俺好み。

 話の構造自体は、はやりのアクションゲームそのもの。襲撃者であるマフィアにノクトビジョンをかぶせ顔を見せないというのは、次々と湧いて出てくるザコキャラそのものだし、ボスキャラであるマフィアの首領の悪辣ぶりは魔王じみている。コンテナを組んで防御の基点するなど、随所にみられるゲーム感覚も見所ではある(臆病者の警備員が暇つぶしにしていたシューティングゲームがまさにその象徴)。

 話の展開はゲーム。だけど駒にされたもんにとっちゃ、たまったもんじゃない。

 観終わって感じるのはゲームをコンプリートした爽快感などでは決してない。
投稿者:Johnny投稿日:2004-01-25 13:37:01
こんなノリの映画は、大好き!映像も何か古い感じがして好き!
ストーリーもごく普通だけど、ドタバタやってるのが好き!
ヒロイン(N・ファレス)は『クリムゾン・リバー』に出てた
みたいけど、こっちの方が断然良くてインパクトがあって好き!
脇をかためる俳優達もなかなか個性的で好き!
壁の銃痕から光の差し込むシーンが好き!
蜂は嫌いでも『ススメバチ』は好き!
投稿者:沢村駿投稿日:2003-08-01 05:48:47
個人的には展開がワケ分かんなかった1本。
上のストーリー解説見て「あっそういうストーリーだったんだ!」という始末。
ストーリーの文法がはしょりすぎで雑になりすぎているという気がする。オレみたいな理解力に乏しい人間にゃ、分かんないよ!
それでもやはりスタイリッシュな映像はグーだった。それだけに、惜しい、と思わせられた1本でもある。
投稿者:the hysteric green投稿日:2003-05-24 11:21:01
最初、派手なアクション映画だと期待して見たら全然迫力が無くてつまらなかった。
やっぱフランス映画はハズレばっかだな、迫力もないし、って。

でも全体の雰囲気が気に入ったからあとでまた見てみたら面白かった。
倉庫にたてこもるまでの徐々に盛りあがっていく展開、どんどん追い詰められていく息苦しさ、敵の人数も顔もわからないシチュエーションと音楽に「怖さ」さえ感じる。
確かに迫力はないけどキャラはそれぞれ個性的だし、話しにダルさがまったくない、全体にただよう重い雰囲気など、独特の魅力があって不思議と何度も見てしまう。
フランス映画もやるな、と思ってしまった傑作。
DVDの特典映像の数々を見たら更に好きになった。
投稿者:12angrymen投稿日:2003-05-05 18:59:46
【ネタバレ注意】

許せる二番煎じ。

要塞警察のパクリという意見はもっともだし、閉塞感やナポレオンの存在感は本家のほうが上。

しかし、スタイリッシュになった服装やアクション、音声を絶つことで緊張感を生み出す演出などは評価すべき点。

パクリだけど楽しめる作品。(たてこもるまでの導入部分が長いか?)

投稿者:lastv8投稿日:2003-01-31 05:14:38
スローモーションで銃を撃ちまくり、クライマックスに大爆発があって、悪のボスが射殺なり爆殺なり轢殺なりされないと気がすまないっていう観客のウケは絶対に良くない。
それがこの作品の勲章だと思いますよ。
混乱を招く導入部、こじつけ的なタイトル、あの状況を作るまでの強引さ、女性アクションのつもりが結局は男の映画になってしまう部分、などなど、トータルバランスはすごく悪い。
でも、人物描写は希薄に見えて理にかなっているし、オーソドックスで常識的な演出がところどころで光る。銃の使い方もダサくない。銃をナナメに構えて格好つける馬鹿も当然出てこない。西部劇オマージュやりすぎだけど、監督の演出家としての感性は素晴らしくまともだし、今後に期待の人じゃないでしょうかね。
私的には無茶苦茶肩入れできる映画でした。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2002-12-31 07:01:33
そう思わせるほど、設定や描写が「要塞警察に」似ていた。
しかし下手糞なパクリではなく、内容的にはかなり面白かったので良し。

これを見て面白いと思った人には、ぜひ元ネタのの「要塞警察」を
見て欲しい。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-11-18 19:47:08
・・・はずなのだが、主人公たちにはなかなか当たりません。暗視スコープ完備のアルバニアマフィアの皆さん、もっとがんばりましょう。
おフランス製アクションにしては、テンポよく物語が進む。まさに単純明快、撃って撃って撃ちまくれという感じで、小気味がよい。目を見張るようなド迫力の映像が無いのがちょっと惜しいが、十分に楽しむことができる。中身のカスカスなドラマも、この際よしとしておこう。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-11-08 21:27:23
【ネタバレ注意】

 窃盗団、マフィアと警察、警備員、全く接点のなかったこれらの人がやがて同じ場所で生死をかけて戦う事になる展開はなかなか面白かった。下でも書いている方が居ましたがカーペンターの要塞警察をなんとなく思い起こさせた。
 ただ、倉庫という広い場所で最初はあまり緊迫感がなかったのだが、警備員詰め所をコンテナで囲いやがては地下室のようなところに立てこもりとだんだんとその場面場面のスペースが狭くなっていく事によってかなり息苦しく切迫した感じが出てきて良かった。そしてラストの結末もなんとなく暗さを残した結末でなかなか渋めの映画だった。

投稿者:うろ投稿日:2002-11-06 20:15:26
下のお二人のコメントに影響されて見ました。(ポイントがたまって無料だったので)
フランス映画でしょ〜。眉唾もんだなぁ、なんて思っていたら大間違い。包囲されてからの緊迫感はすごいです。「映画館で見ておいて良かった」というのが素直な感想です。僕的には、同じ日にハシゴで見た「リング」よりこっちがおすすめ。
投稿者:紅竜投稿日:2002-10-27 17:14:12
予告編を観た限り「TAXI」みたいなお気楽フレンチ活劇かなと思っていたら
ジョン・カーペンター監督の「要塞警察」を思わせる
本格的な「包囲ものアクション」でした.
とにかく冒頭からラストまで一切無駄を排し、敵に包囲された主人公達がいかに
戦うかのみに描写を絞ったあたりが良いです.
包囲ものネタは西部劇に良く見られますが、
映画の冒頭で主人公達に「荒野の七人」のテーマを口笛で吹かせたり、
特殊部隊隊員同士のさりげないやりとりにプロ意識をのぞかせたりと
アクション映画ファンが「この映画なかなか頑張ってるな.」と思わせる
場面もいくつか登場します.
「トリプルX」と劇場をハシゴして観たのですが、他人に薦めるとしたら
「トリプルX」の方を挙げますが、個人的には本作が面白かったです.
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】スズメバチ2009/11/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】スズメバチ コレクターズ・エディション2003/05/23\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】スズメバチレンタル有り
 【VIDEO】スズメバチ <日本語吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】スズメバチ <字幕スーパー版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION