allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ドリームキャッチャー(2003)

DREAMCATCHER

メディア映画
上映時間135分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2003/04/19
ジャンルホラー/SF
夢の番人、ドリームキャッチャー
いま、ひとつの悪夢が、その網をくぐり抜けてしまった。
ドリームキャッチャー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,071
USED価格:¥ 878
amazon.co.jpへ

 Photos
ドリームキャッチャードリームキャッチャー

【解説】
 スティーヴン・キングの同名ベストセラー小説を映画化したサスペンス・ホラー。少年の頃に同じ秘密を共有した4人の男たちが、次々と起こる不吉な出来事に見舞われながら、やがて人類の運命をかけて謎の存在に立ち向かっていく。監督・製作・脚本は「再会の時」「偶然の旅行者」のローレンス・カスダン。
 メイン州の小さな町に住む4人の少年、ジョンジー、ヘンリー、ピート、ビーバーはある日、風変わりな少年ダディッツを助ける。4人はその時、ダディッツから彼の持っている不思議な力を分け与えられ、以後その秘密を共有することで強い絆が結ばれる。20年後、大人になった4人にとってそのパワーは今では重荷として彼らにのしかかっていた。そんなある時、ジョンジーが交通事故で重症を負うが、奇跡的に一命を取り留める。やがて4人は北方の森にある狩猟小屋で再会を果たす。それは彼らにとって毎年恒例の楽しいイベントのはずだったが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aマトリックス リローデッド (2003)
[002]A“アイデンティティー” (2003)
[003]Aロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 (2002)
[004]A閉ざされた森 (2003)
[005]AX-MEN2 (2003)
[006]Aレッド・ドラゴン (2002)
[007]Aゴーストシップ (2002)
[008]AS.W.A.T. (2003)
[009]Aチャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003)
[010]Aマイ・ボディガード (2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
48312 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-10-11 16:43:09
少年の時に友人だった4人が毎年恒例のハンティングで雪の降る山中の別荘へ集まる。
ところが友の1人が胸から腹へかけて膨らみを見せ、しかもゲップが止まらない。
別室へ寝かしつけ外を飛び回るヘリに救出要請するが、周りは隔離されていると言い飛び立ってしまう。
文句を言いながら部屋へ戻るがそこで見たものは・・・?

妻と劇場で鑑賞。
キング原作の為、ミステリーホラーかサスペンスホラーかと思って見ていたら何と・・・妻の大嫌いなSFに突如変貌するのにはビックリ。
少年時代の話は「スタンド・バイ・ミー」や「IT」を思わせ正直、又かよとの思いだったが、動物が逃げていくシーンの雰囲気が素晴らしく、仲間を救おう
とする男たちの友情が格好良い。
13年振りにDVDで鑑賞したが、広大なシネスコと5.1chがSFホラーらしさを出しきっている。

原作は「ドリームキャッチャー」(スティーヴン・キング・新潮文庫・評価3」は4冊からなる長編で、これをよく映画化したと思う。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 02:17:39
後半からつまらなくなる。
投稿者:umota投稿日:2013-04-25 14:07:15
パッケージの裏に、”キング自ら「ここ15年で最も成功した映画化作品」と認めた”と書いてあったから購入したんだけどな。好みの映画に出会うのは難しい
投稿者:MAKO投稿日:2012-12-02 10:53:52
【ネタバレ注意】

普通の映画ファンなら結構しらける思われる本作。
友情モノと超能力から一転、エイリアンが出てくる急展開。なんとなく安い
宇宙人とケツからウナギが出てくる。そしてエイリアン封じ込めの組織も
現れるという安い展開が繰り広げられる。

しかし、この安っぽさこそがキングのだいご味なのだ。
個人的には記憶の倉庫の映像が好き。本作を見てしらけた方も、おもしろいと
思った方も、ぜひ大長編の原作小説を読んでもらいたい。

投稿者:kuro投稿日:2010-11-15 18:24:44
7年前の映画なのに、確認するまでは80年代の映画かと思いました。
ドロドロヌルヌル、ただそれだけ。
たいくつな映画です。
少年時代の友人との思い出、正体不明の八目うなぎを連想させる怪物、古典的な図書館、冗談を言い合える気の置けない仲間、空軍の爆撃、先住民族の不思議な力。
このようなヒットの要素や、広報に使える目を引くシーンを切り貼りみたいに集めただけの映画が一番嫌いです。

投稿者:uptail投稿日:2010-05-10 01:20:51
モーガン・フリーマン
投稿者:BMG投稿日:2009-08-13 15:06:51
ぜんぜん、予想していなかった展開を見せていったので、新鮮でした。
エイリアンが出てきたときは、びびった・・・嫌悪感むき出しのあのデザインは、インパクト十分だったと思います。ただただその一言に尽きると思います。主役の四人には、素直に感情移入できましたし、ハラハラする場面が多くて個人的には、満足できました。エイリアン物だと知った最初のショックから立ち直れれば、問題なく楽しめるんじゃあないかと思います。
投稿者:なちら投稿日:2009-06-02 13:56:36
【ネタバレ注意】

S・キングの作品だったのね…。知っていれば心構えができたかもしれん…。
しかもさ、レンタルだとサスペンスで陳列してあるんだもん。置き場所が違うよね。
ガッカリ感は単に内容のせいだけじゃない。レンタル屋のせいでもある。

お尻エイリアンは相当気持ち悪い!
便器に座ったオッサンの尻からチョロチョロ…、ってするあの音のシーン!汚っ!怖っ!
赤錆みたいな血?も相当気色悪い。

良い感じだったが、エイリアンの姿が見えちゃうと一気に冷めるね…。

投稿者:サカスキ投稿日:2008-11-24 17:16:06
コメントしにくい映画…。
怖いのか面白いのか良く分からず、消化不良のまま終わってしまった感じです。
もう少し展開を早くすれば、ストーリーに引き込まれるかもしれないかと…。
投稿者:koitaro投稿日:2008-05-31 20:03:00
【ネタバレ注意】

エイリアンの二番煎じなら最初からそういってくれー。サイコホラーやオカルトチックなモノを期待していたのに。

使えそうな面白い伏線が沢山あって、全部消化不良で終わっちゃう。

主人公4人だと思ったのに、途中で一人死に(命を賭して楊枝に執着する理由が意味不明)、二人目もあっさり。雪の中で座っていた女もただのキャリアーなだけだったし。4人に分けられた能力も活かされず(だいたい4人の能力の違いも不明確)。「ドリームキャッチャー」と4人がキーになってダディッツが活きてくるようにもできたのに、それも関係なし。

「記憶の倉庫」のシーンが思わせぶりで(なかなか良い)最後に使われるのかと思っていたがそれも無く。

あれだけ繁殖したのが最後の一匹以外はいなかったの?動物みんな感染していたんだから森ぐらい焼き払って欲しい。

最後の二人の果たし合いだって、宇宙人がそばにいるのに何やってんだよ!という別なハラハラさを感じた。

一番良かったのは子供のダディッツの笑顔ですね。素晴らしい演技でした。
あと鰻のぬるりんこ具合はうまいと思った。

本当の意味で期待を裏切る展開でしたねぇ。

投稿者:ララルー投稿日:2008-01-03 09:09:22
これ、映画化には無理があったんじゃないかなあ・・・
せっかくM・フリーマンとか、ダミアンとかウォルバーグ出てんのに。
あ、でも雪の森の中を、動物たちが逃げていくシーンは幻想的でした。
あと、ダミアンってすごい赤毛だね。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-06-26 15:55:14
まぁ普通な映画でした。
前半の方は、何が原因なのかな?という謎があり、とても良かったんですが、やはりそう持ってくるか〜という原因が分ってしまうと、いつものような展開に思えてしまい、一気にテンションが下がりました。。
でも殺され方や、映像などは結構リアルで面白いし、最初の方のトイレも怖かったし、楊枝ばかり銜えてたジェイソン・リーの殺され方などもハラハラしました!
でもその後の展開は普通で、まぁこんなもんでしょ!って感じでした。。
まぁ何だかんだ言ってもホラーやSFの要素はあって、それなりに楽しめる作品ではあると思います。
投稿者:terramycin投稿日:2007-03-22 13:29:20
【ネタバレ注意】

何がなんだか分からず、とらえどころのない序盤。
エイリアン映画に変貌した中盤。
話がとても大きく大げさな方向に向かってしまう終盤。

主役級4人組が(一部)意外にもあっけなく死んでしまったりするのは、予想外でよかった。

題名のイメージとは程遠い作品と思った。

投稿者:mori投稿日:2007-03-02 15:17:12
【ネタバレ注意】

キングの作品では登場人物たちの少年時代の記憶や出来事とかがよく絡んでくると思うが,今回もそれだったのでキングらしいなぁーと思ってたら・・・

後半の急展開には驚かされた〜!
いきなりモーガンフリーマン出てくるし!

しかも最後のダディッツの変化(ヘンゲ)にはビビッター!
でもさすが救世主。
やつらの仲間としては若干まともないでたちをしておる。
ふと「デビルマン」を思い出してしまった。

投稿者:bond投稿日:2007-01-17 09:21:10
原作は知らないが、さすがキングらしい展開、オカルト系?SF系?と思いつつ話に引き込まれていく。最後の対決シーンは原作ではどうなんだろう。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-12-31 10:26:19
観ました。
原作を読む前に映画を観ちゃったんですが、これは実にキング映画。
「スタンド・バイ・ミー」や「IT」に近いお話かな?いや、じわじわ
来るサスペンススリラーかな?と思わせといて、凡人の予想なんぞ
軽々と裏切って、ドB級SF侵略怪獣映画へ見事な着地。実にすばらしい。

といってデタラメな映画では全然なく、エイリアンに心を読まれる主人公の
思考を映像化したシーンとか、一方の主人公たる怪物の特殊効果とか、
映画を支えるディティールは本当によくできてます。
ディティールをきっちり作りこんだ、上質のホラ話です。
おかしな思い込みなしで観ましょう。
投稿者:まくらK投稿日:2006-08-12 12:15:46
まただまされた。
キングの映画の典型。表面のばかげたストーリーを
なぞるだけ。
主役の人、バンド・オブ・ブラザースの人やんね
キャリア終わったかな。

エイリアンが助けを求めてるのを
銃殺するモーガンフリーマンとサイズモア軍曹。
この映画を語ると出る話題はあのシーンのみ。
苦笑まじりに。
投稿者:あっきー投稿日:2006-08-08 23:15:05
公開時の宣伝をみて、かなり期待していたが・・・
撃沈作品でした。
この手の駄作映画のほとんどすべてに言えることですが
「姿」を表すまではいいのですが
その後でこけるというパターンが多いんですよね・・・。

↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:vale投稿日:2005-12-31 17:15:26
前知識なしに鑑賞したが、荒唐無稽さにビックリ。前半は「シックス・センス」や「ミスティック・リバー」のような物語を想像してました。ああそれがまさか・・。しばらくウナギとイチジクは食べられませんね。
投稿者:ブルマ大帝投稿日:2005-12-12 12:22:02
【ネタバレ注意】

原作も読んでないし、事前情報もほぼ皆無だったので、“森の中、見えない恐怖(敵)と戦うモーガン大活躍のサスペンス”だと思ってたら、“超能力少年探偵団<ドリームキャッチャー>の『最後の事件』”、といった感じでむしろグッド。
それでも途中まではSFサスペンスだと思ってたが、小屋でヤツが思いっきり堂々と出てきたので、瞬時に脳を切り替えた。そして拍手。「やっぱりキング、裏切らない(笑)」と喜びを噛みしめつつ、最後まで存分に楽しんだ。
“脳内の書庫”の描写がそそった。精神世界でも、銃を突然手にするとかでなく、それほど自由が利かないというあたりが、むしろイイ。主役の能力者達のフツーっぽいイイカゲンさも良い加減だ。モーガンも脇役ながら、イイ仕事してる。最後も、予想(期待)どーりのSFバトルが観れて、まさに至福。ツチノコ型エイリアンも愛嬌あって好きだが、自分が丸腰の時に、あんなリアルにデカイとさすがに怖い。オチも、プチッとサラッとスガスガしくて良し。
テンポもイイ、キャラもイイ、多少強引なトコもあるが随所にアソビのある脚本もイイ。過去を挟む構成も、微塵もウザサを感じさせず上手くてイイ。SFファンなら最後まで全然飽きずにムチャクチャ楽しめる、近年の中では、素晴らしいB級の大傑作。森の俯瞰もキレイ。DVD500円なら即買いだが…。

投稿者:spink投稿日:2005-09-26 02:00:02
【ネタバレ注意】

同じキング原作に「IT」があるけど、これも幼馴染のグループが大人になってモンスターに挑む物語だったな。これもモンスターが堂々と登場して、見た人は例外なくその時点で引いちゃったと……
日本人はエイリアンとかモンスターとかが日常にズバッと出てくる映画は苦手みたいですね。宇宙とか架空世界が舞台だと受け入れられるんだけど。
ま、最初に想像したストーリーのギミックに凝ったサスペンスものという期待は裏切られたけど見て損はないと感じた。

投稿者:はな*投稿日:2005-09-04 15:19:50
「アンブレイカブル」を思い出しました。大好きな映画です(^^)

こんな地味な正義のヒーローがいてもいいんじゃないでしょうか。
わたしはとても感動しましたよ。
投稿者:天網恢恢投稿日:2005-08-27 20:24:21
今となっては古典の「エイリアン」の続編の将来像を連想させる。
しかし、モーガンフリーマンにはもっと期待していたが、つまらない役柄が残念でした。
投稿者:通りすがリーマン投稿日:2005-07-06 00:56:19
全てに中途半端な感じ。巨大宇宙船が出てくる以上、一応SF映画なんだろうが、SFとしては半端。ダディッツと元少年仲良しグループとの友情の描き方も半端。Mフリーマンの役どころも半端。エイリアン(宇宙うなぎ?)が地球に蔓延する危機が広がるのかと思いきやこれも簡単に解決(さいご、人間が足で踏みつぶしただけ)。例の4人組(こっちが主役のはずだが)の俳優にビッグネームがいない・・etc.
蛇足ながら、「未知との遭遇」以来、「インデペンデンス・デー」もそうだが、宇宙から飛来する宇宙船のサイズがイマイチ具体的につかめないというか、曖昧な図になっているのは米映画の伝統みたいだな。
投稿者:chacha投稿日:2005-06-25 19:11:47
【ネタバレ注意】

なんかオバケとか超自然現象系のホラーだと思ってたら、エイリアンが出てきてびっくりした。でもダディッツと4人の友情&ラストに感動!
いい映画だった。

投稿者:はやと投稿日:2005-06-10 23:16:18
劇場を後にした僕の心境です。これはキングのホラー原作を扱ったものでは1、2を争う巧い出来では???原作のつまらないラストをあんなふうに脚色するとは素晴らしいよ!僕はキング小説は全部読んでいますけど、映画化されたホラー作品でここまで喜んだ作品はないです。偉い、ゴールドマン!
映画をつまらないと思った人は是非とも原作を読んで欲しい。もっとつまらないですから。最近のキングの才能は枯渇していると思う。新刊の短編集も全部つまらなかったし・・。頑張ってくれ!!
投稿者:maldoror投稿日:2005-05-22 06:41:07
【ネタバレ注意】

この作品を観た時はその年最低の映画だと思いました。
今となっては最高に心に残る作品のひとつです。ビバB級!
ローレンス・カスダンもそっち系好きだったということですね。最近は「大金注ぎ込んだB級作品」というジャンルも活況を呈してきているというところでしょうか。

作品の中心テーマであるはずの「ドリームキャッチャー」がエイリアンのホコリをかぶってただけのシーンで終わってしまったのが非常に良かったです。

ラストは「ウルトラマン」でしたが、あの赤い侵略物は「宇宙戦争」からの引用でしょうか?

投稿者:投稿日:2005-02-24 23:20:29
キング映画に「超常現象」と「モンスター」は付き物ですよ。
とくに、S・キングやM・ナイト・シャマラン監督は、
子供の頃、パルプ雑誌の好きな少年だったのでしょう。
その手の嗜好が作品に色濃く出ています。
それと、日本人は「正体のわからない恐怖」を好みますが、
外国人は「凶悪なエイリアンと闘う恐怖」を描きます。
トイレにエイリアンと閉じ込められるなんて……ムチャクチャ怖い!
トロくさい友人は持ちたくないと思いましたが、その反面、
キングの描く「男の友情」にホロリとさせられました。
投稿者:hanako投稿日:2005-02-02 04:21:59
ゼンゼン内容も何も知らなくて見てしまったので…(^_^;)
前半は結構盛り上げて頂いて楽しめました。
後半…、まぁ他の方も書いてるしいいか。

いやー。
ひとえにこの映画の見所は“ダディッツ”が、あの!
元ニューキッズのドニー君がやってることを見終わってわかったコト。
メイクってスゴイ!!!
見た甲斐ありました♪
投稿者:追筆者投稿日:2004-11-03 20:41:29
【ネタバレ注意】

まったくなんの情報も入れないで見たんですが、気持ち良い裏切りの連続に
大満足でした!冒頭サスペンス映画だったものが、途中から180度変わる
驚きはほんと最高です!脚本がいいんでしょうね。宇宙人はどこかユーモラスで
笑えるし、主人公の記憶を整理倉庫のビジュアルで表現したりかなり映像表現も
キャッチーでいい感じです。ジャンルにとらわれない新感覚の映画です。
頭の硬くない方に超おすすめです!これぞサスペンスの化けの皮を着た娯楽大作
です!やばい!A級エンターティメント映画!マチガイナイッ!!

投稿者:S&H投稿日:2004-07-10 01:49:40
【ネタバレ注意】

この映画ではキングの大好きな悪趣味ネタが炸裂しまくっています。もう突っ込みどころ満載で、ある意味楽しめる。
尻から飛び出すエイリアンが、股間に噛みつくわ。エイリアンをリプリーと呼ばせるわ。モーガン・フリーマンは、いかれてるわ。
B級好きにはたまらんです。

投稿者:hanae723投稿日:2004-05-27 00:04:52
【ネタバレ注意】

みなさんも書いていますが、サインと同じ、ゲテモノ登場の時点で興ざめした。好みの問題でもある。でもサインとの違いは、ゲテモノ登場からもストーリーは長く、複雑に展開していく点。
よくできているとは思うが、半額レンタル期間中に借りて正解だった作品。

投稿者:Innocence投稿日:2004-05-14 13:42:34
トム・サイズモアがカッコよかった。
モーガン・フリーマンも。
あの二人の演技、戦いが良くてDVDを買った。
あの二人が良くて、エイリアンも飾りにしか見えなかったね・・・
投稿者:FAT★MAN投稿日:2004-05-09 01:01:27
このページのレビュー全部読んで、これは私向きかなと思い、観ました。
ビンゴでした。
3割くらい(適当)酷評がありますが、好みの問題でしょう。私はこれらの酷評をみて、ピンときました。これはイケるぞと。
確かにこの手のものは人を選びますので、駄目な人には全く駄目でしょうが、クリーチャー系好きな人は観てもよいでしょう。
何しろこのジャンルは とんだいっぱい食わせ物 が多いですからね。何度も予告編やパッケージに騙された方、これは結構いけますよ。多分。
投稿者:midoro投稿日:2004-04-26 01:49:21
【ネタバレ注意】

「サ○ン」もそうだったけど、何で日本の配給会社は、エイリアン物であることを隠すんでしょうねー。
客が来なくなっちゃうから?
ほんと、この映画は前半と後半で別物。
前半は、意味深な場面がたっぷりで、これは伏線かな?とか、
不思議な力がどう絡むのかな?とドキドキさせられた。
キングの好きな死体探しのエピソードも、スタンドバイミーを思い出して
いい感じだったし、少年の頃の5人が可愛い!!
が、中盤のエイリアン出て来た辺りで、今までの流れが全部吹っ飛んでしまった。
これはこれで、メチャクチャ怖くて良かったんだけど、
一気にツッコミどころ満載のB級ホラーの世界に突入!
一番悲しかったのはピートは足が速いってことだったから、
絶対それを生かして逃げてくれると思ってたのに、
一回タメを作った後の、あっさり「バクッ」には参った!もー!
前半のスピード感が嘘のように、後半はもたついて、
M・フリーマンの狂気も中途半端だし、
なんでT・サイズモアと殺し合ってんのかよくわかんないし、
最後、ジョンジー、マンホールの蓋開けるのに手間取り過ぎ!とか、
ダディッツがマジでエイリアンにへんしーん!したときは
超笑った。ウルトラマンか?
まあ、登場人物が皆カッコよくて頑張ってたし、
ダミアンは上手にエイリアンを演じ分けてたし(笑った顔、マジ怖!)
記憶倉庫?も気が利いてたし、面白かった方だと思う。
キングの映画なんて、いつもこんなもんだという気もするので、
B級ホラーとしてなら、全然アリだと思います!

****その後原作を読みましたが、面白かった!
映画を見て納得できなかった心理が説明されていました。
この映画、原作とは全然別物として作ってあるんですね。
そもそも結末が違う。原作はあんなトンデモじゃなかった(笑)。
でも、あの4巻もある原作を上手くまとめ、時系列を組み直し
エピソードを合体させ、映像的に見せた、そして怖かったという点で
更に私の中でこの映画の評価は高まりました!

投稿者:徘徊爺投稿日:2004-02-16 21:18:39
始めのほうは「スタンドバイミー」の大人版かと思うくらい良い感じで進んでたのに、後は他の皆さんが書かれてるようなことで、なんじゃこりゃって感じ。
真面目に観ると裏切られるが、娯楽として観ると、けっこう面白い。
結局一番カッコよかったのは、ダディッツ。「やらなきゃいけない仕事がある」。がんばれダディッツ!
昔、テレビで観た「ウルトラQ」を思い出した。
投稿者:SSDD投稿日:2004-02-06 12:09:38
この映画に文句つけてる人は、もう一度ちゃんと観てほしい。
とても素晴らしい映画ですよ。
文句言ってる人はただ理解力がないだけだと思うよ。
ラストシーンには感動した。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-25 22:14:24
【ネタバレ注意】

本年度ラジー賞最有力候補作品らしいですが…好き!

投稿者:ちゃき投稿日:2004-01-07 10:42:48
絶対に観ないと思っていたスティーブン・キング原作の映画。地球外生物とか未確認物体とか、異常現象といった手の映画はあんまり好きではないのですが、アムトラックでの隣のおじさんが熱心に見せてくれました。結論。怖いって言うよりも、多少スティーブン・キングの発想についていけないかもしれない。音量が小さかったのでほとんど英語字幕を読んでいた状態だったので、音響を含め100%作品を楽しめたわけではありませんが、ストーリーは好みの問題で別に。でも主人公の演技とか、その他演出といった映画という要素を取り出して考えるとよかったです。小説をベースにしているんだな、というのが分かるような普通の映画ならば通り過ぎる描写をスローモーションを使ってうまく描いていたのとか、主人公の百面相と音響の効果とかがよかったです。(12/22/03)http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
投稿者:ぴんぴ投稿日:2003-12-29 13:46:37
【ネタバレ注意】

本当に予告通り見たことを公開したものを見ました(笑)
CMだけ見て借りてきたんで出演者とかあらずじ全然知らなかったんです。
まさかモーガンフリーマンがでてくるとは・・・
そしてまさかまさかの"IT"がでてくるとは・・・
途中までは面白かったんですが、あと半分は「サイン」状態でした。
やっぱこれ系の映画は実態を映像化して見せちゃ駄目ですね。

投稿者:sflover投稿日:2003-12-28 04:16:08
【ネタバレ注意】

今時エイリアンもくそもない。テンポも悪く長いだけで全然面白くなかった。

投稿者:もーがん自由人投稿日:2003-07-31 12:56:44
予備知識0で見たので理解するのに非常に労力がいった。時間や場所が急に飛んだり、死んだと思ったら生きて?たり、なかなか観てる側を安らかにしてくれない。一場面ごとに「オレの解釈で良かったのかな?」と?マークが頭をよぎった。たぶんかなりちょん切ったんだろうと思う。わたしの大好きなモーガンさんの狂気もちょっと歯切れが悪かったような・・・。まあ、けっこうおもしろかったけどなー。
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-06-16 00:43:27
【ネタバレ注意】

計算し尽くされたよく出来たお話だとは思ったが、引っ掛けが多いというか迷彩の施し過ぎでクドく感じた。その意味で確かにキングの小説世界と似ているのだが、その割りに鰻の化け物が『エイリアン』のギーガー的クリーチャーの枠組から一歩も踏み出すところなく、借り物イメージが漂いマイナス。あえて持ち込んだ(と思われる)軍事力の処理もお粗末で、フリーマンとサイズモアの果し合いなんぞ「それはいいからはよ先進め!」とイライラした。

答え書いちゃうけどsame shit,different dayでこれ何の意味もないです。5

投稿者:りんごの種投稿日:2003-05-06 23:57:00
【ネタバレ注意】

エイリアンの映画とは知らなかったが、すごく良く考えられたシナリオで、この映画が理解できないからと言って、駄作呼ばわりするのは自分の理解力のなさを示しているようなものだ。少なくともおれはこの映画の最後の場面で涙が出てとまらなった。この世界を守る為に20数年も前からいじめられながら、じっと耐えてこの機会を待っていたもう一つのエイリアンがいたことに・・・・。

投稿者:Yun投稿日:2003-04-30 18:41:58
【ネタバレ注意】

間(ま)のとり方はすごくいいけど、映画館じゃなくて、ビデオで十分って感じでした。
ちょっと無理やり2時間に押し込んだ感じで微妙だったかも。

ジョンジーの書庫のシーンは結構好きでした

あ、SSDDが何かわかってない人いるみたいですけど、ほんとにちゃんと映画観てるんですか?
どんな意味かちゃんとでてきてますよ?

投稿者:かめ投稿日:2003-04-30 04:44:30
もうごった煮のような映画で、監督が原作をうまく料理できなかったか、原作が駄作か、天才しか理解出来ない映画か。
ひとつ今でも分からないのはSSDDってなんだったの?http://www.geocities.com/miusanaumi/
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-04-29 18:36:16
映画館に足を運んで失敗したと思ってます。なんだか良く分からん???
投稿者:紅竜投稿日:2003-04-27 19:35:17
【ネタバレ注意】

スティーブン・キングの小説(特に長編もの)は、独特のストーリーの流れに
読者を引き込む語り口のうまさみたいなのがあって、色んな要素をバランス良く
詰め込みながら最後まで読ませ、しかも読後にはある種の達成感みたいなカタルシスを与えてくれる.キングの小説の映画化が難しいのはこの「流れ」みたいな
ものが限られた上映時間の中で描けられない為だと常々思う.
映画「ドリームキャッチャー」もこの例にもれず、様々な要素が2時間の上映
時間の中にバランス悪く詰め込まれた失敗作と言えよう.
しかし、割り切って「見せ場てんこ盛りの怪作ホラー」として観ればかなり
楽しめる作品になっている.
特に、エイリアンが最初に登場する場面は、
サム・ライミの「死霊のはらわた」シリーズとかを彷彿とさせるノリで
メジャー系映画でここまでやるかと思わせる悪趣味ぶりである.
その他、モーガン・フリーマン演じる軍人がその狂気を全開する
エイリアン大虐殺場面とか、やたらテンションの上がる見せ場の連続で
飽きさせない.
ただ、ドラマ的には後半の逃走したエイリアンを主人公達が追跡するあたり
をもっと丁寧に描くべきだと思ったが、かなりダイジェスト風にまとめてしまった
のが惜しい.


投稿者:honeybee投稿日:2003-04-26 15:39:04
【ネタバレ注意】

アメリカで公開前の予告では怪獣映画とは一切言われてなかった。かなり期待して見にいったが最後ら辺はゴジラ対なんとかを見てるようで苦笑。途中変な生き物が出てきたあたりから映画館内では結構笑っている人が多かった。

投稿者:KOU投稿日:2003-04-25 00:16:01
つくった人は、天才だね。この映画のキャッチコピー。
<br>
<br>「見せてあげよう、見たことを後悔するものを」
<br>
<br>本当に、天才だと思う。
<br>映画の宣伝になってるうえに、ウソもついてない。
<br>
<br>み〜んな、後悔してるじゃん。
http://face.ruru.ne.jp/harekura/
投稿者:PEKO投稿日:2003-04-22 01:12:27
【ネタバレ注意】

私も予告で出してた雰囲気とのギャップにあせりの色をかくせませんでした。気色悪すぎるエイリアン達に翻弄されっぱなし。あそこまでグロくしなくても。そして何故彼等の大半は自爆したのでしょう?
ジョーンジーの記憶の倉庫はよかったですけど、ピートのあの能力はなんだったのでしょう?本筋ではほとんど役に立たずにお払い箱にされてはがゆい。
個人的にはラストシーンがかっこよくて好きです。
「ジョーンジー」 ブチッ! 「ヘンリー!」 ジャジャーン!
200.4.21観賞 6点

投稿者:桃太郎投稿日:2003-04-21 19:31:17
【ネタバレ注意】

予告編からは想像もつかない展開。ストーリー的には少年時代からの不思議な出来事から話がどんどん膨らんでいく。かなり興味津々の展開だったがエイリアンが出てくるあたりから「あれ?」っと思い始め思い切り予想と違った展開になって行ってちょっとびっくり。ただあのエイリアンはちょっといただけない。思い切り怪獣と言う感じでちょっと笑ってしまったくらい。ちょっとがっかりした作品。

投稿者:kuss投稿日:2003-04-19 20:35:31
【ネタバレ注意】

エイリアン映画とは思いませんで。なんだか納得、つじつまが合わない部分が多いのは、原作読むと解決するのかな?もうちょっと脚本なんとかしようよ。とりあえず適当におもしろかったけどね。

投稿者:armani投稿日:2003-04-16 10:43:50
予告編から考えていた展開と、大きく違い、それなりに面白かったですね。ハラハラドキドキする場面もあり、引き込まれます。意外な結末は想像つきませんが、とって付けたような感じがしますね。ところで、オマケでやった『アニマトリックス』の1エピソードは、ちょっとパスです。
投稿者:おうま投稿日:2003-04-04 09:29:20
【ネタバレ注意】

どうやら日本では伏せているようなのでネタバレ欄にチェック
しましたが、これはエイリアン映画です。
アメリカでは紹介文に書かれているのですがうっかり何も
読まずに初日に行って、びっくりしました。
4人の少年時代の秘密というのもありますが、基本的には
どうエイリアンと戦うか、というストーリーです。
わたしは知っていたらこれはパスでした。
映画としてもご都合主義的な展開でつじつまが合わず、
あまりいいとは思えません。http://hoppingmax.com

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION