allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダーク・ブルー(2001)

DARK BLUE WORLD

メディア映画
上映時間112分
製作国チェコ/イギリス
公開情報劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月2002/10/26
ジャンルドラマ/ロマンス/戦争
この空に君を想う。

故国チェコを捨て、英国空軍として戦ったふたりの男――
そして同じ女を愛してしまった。
ダーク・ブルー [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 13,550
USED価格:¥ 1,454
amazon.co.jpへ

 Photos
ダーク・ブルーダーク・ブルーダーク・ブルーダーク・ブルー

【解説】
 第2次大戦下、チェコ空軍の教官と、その教え子で親友のパイロット、そして2人が愛した女性との三角関係を軸に描いた戦争ロマン。監督は「コーリャ愛のプラハ」のヤン・スヴェラーク。脚本には彼の父親でこれまでもコンビを組んできたズディニェク・スヴェラーク。あのスタジオジブリによる初めての洋画提供作品ということでも話題に。
 1939年、第2次大戦下のチェコ。チェコ空軍教官のフランタは、部下で親友の若きパイロット、カレルとともにドイツに侵攻された母国を離れ英国空軍へ入隊する。ある時、カレルは戦地で窮地のところを英国人女性スーザンに助けられる。二人はその夜愛し合った。無事基地に戻ったカレルはフランタに彼女への愛を語る。しかし、後日カレルがフランタを伴ってスーザンを訪ねたとき、彼女はフランタの方に惹かれていくのだった。やがて、スーザンはフランタに自分の想いをぶつけるが、親友を裏切ることのできないフランタにはどうすることもできなかった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17122 7.18
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-09-04 06:53:26
【ネタバレ注意】

終盤の展開が一番良かった。命懸けで救命ボートを渡そうとして本当に死んでしまうパイロット、新しい小さな飼い主に愛犬をくれてやる主人公が切なかった。奴が全てを失ったのは自業自得だが。労働キャンプのパートはあまり機能して無いと思ったし、元SSの医師に自分の過去を話すシーンは全て見せて欲しかった。あれでは医師が青年が撃墜しようとしたと誤解したままに見える。

投稿者:さち投稿日:2004-07-08 04:19:16
好きな映画
投稿者:おおたけ投稿日:2003-06-08 19:13:21
こういう戦争映画があってもいいと思いました。

飼い犬とのふれあい、ベースキャンプでの日常風景(自転車での戦闘訓練が最高に良かった)、そして愛情と友情の問題。

戦闘シーンもあるし、人も死ぬし、決して戦争を肯定している映画ではありませんが、観ていていい意味で軽い、明るい映画でした(かといって『ジャスティス』みたいにうそ臭くないし)。

いい映画です。


http://www2.odn.ne.jp/~chs45160
投稿者:cornhead投稿日:2003-03-21 20:14:08
投獄された理由は映画の最初の方だったと思いますが、
ちゃんと説明されていましたよ。
映像も音楽もストーリーも犬も・・・・とても良い映画でした。
運命に翻弄される人たち、大国の力の前で小国がどう生き抜いて行けばよいのか・・・
チェコの歴史には、その術を感じます。
投稿者:エムケイ投稿日:2003-03-04 15:54:47
スピトファイアの機銃から滝のよう空中にまきちらされる薬莢が印象的でした。薬莢同士が触れあってでるか金属音が印象的でした。本当に金属音がするのかどうか大いに疑問ですが、妙に迫力がありました。
空中戦シーンは大満足でした。ストーリーはスカタンでした。
もったいない映画ですね。
投稿者:ゆこぽん投稿日:2003-02-28 18:16:30
ハリウッド映画と比べて見るのはどーなんでしょ?フツーにわたしは飽きてしまった!確かに戦闘シーンはすごいよ。でも愛だの恋だのがつまんなすぎぃ。
祖国のために戦ったのに投獄されてしまうっちゅー矛盾の方があたしは気になって見てたのに、そのへん流されて終わった。。
歴史的なことがいっぱい詰め込まれているから、チェコ人の人が見たら、「そーそーそぉなんだよぉ!」って感じですげーいい映画なんだろうけど、映画としてはまとまりなく終わってしまったって感じ。もったいない!チェコ人のための映画やね。
投稿者:Longisland投稿日:2003-02-26 01:11:56
チェコスロヴァキアの空軍(弱そう〜)パイロットを主題とした本作は、ジブリというか宮崎さんが好きそうなWW2欧州小国軍事秘話。戦闘機空中戦主題の作品と思っていたが、中年男女の恋愛物なのね。若干中弛みな感はするも良質な小作。
英国戦時下の非英国軍の描き方、スピットファイアー戦闘機は丁寧に描かれているものの独逸空軍戦闘機は…なんだありや メッサー?というよりフォッケもどき戦闘機は興ざめ(失笑
護衛戦闘機もなく単機爆撃機、パイロットを探す御間抜けな独逸陸軍etcは残念。
投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2003-01-10 23:09:14
この話をハリウッドで本格的に映画化すると3時間ぐらいのものになるだろうけど、この作品は無理な編集をしたという感じでもなく、2時間の映画にうまくまとめたと思う。ハリウッドはこの映画から学ぶべきものが多いのでは?
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-01-06 22:07:30
戦場の極限状態を綿密に描いて、それを売りにする(近年の)ハリウッド製戦争映画に比べると、映像の迫力においても話のシチュエーションにおいても、“牧歌的”な感じがするのは否めない。だがそれでも十分迫力はあるし戦争の生む悲劇をも描いているので、狙ってそうしているという気がしないでもない。あんまり運命に抗わない主人公が、ヒーローとしてはいまいち物足りないのかな。6
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ダーク・ブルー2003/04/04\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ダーク・ブルーレンタル有り
 【VIDEO】ダーク・ブルーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION