allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブラッド・ワーク(2002)

BLOOD WORK

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2002/12/07
ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ
犯罪が移植される
ブラッド・ワーク [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 982
USED価格:¥ 632
amazon.co.jpへ

 Photos
ブラッド・ワークブラッド・ワーク

【解説】
 クリント・イーストウッドが製作・監督・主演の3役を務めたサスペンス・ドラマ。心臓移植をした元FBI心理分析官の男が、移植に絡む因縁のために猟奇殺人犯を追う姿を重厚なタッチで描く。原作は犯罪記者出身の作家マイクル コナリーの傑作サスペンス『わが心臓の痛み』。「L.A.コンフィデンシャル」のブライアン・ヘルゲランドが脚本を担当。
 元FBI心理分析官テリー・マッケイレブは2年前、連続殺人犯“コード・キラー”を追跡中、突然心臓発作で倒れてしまい、犯人を捕り逃す。心臓を移植して何とか一命を取り留めたテリーは早期退職し、現在はクルーザーでの隠居生活を送っている。そんな彼の前にある日、グラシエラと名乗る見知らぬ女性が現れた。そして、自分の姉を殺害した犯人を探してほしいと依頼する。心臓移植したことを理由に断るテリーにグラシエラは、その心臓が殺された姉のものであることを伝える。その事実がテリーを再び捜査の現場へと引き戻すことになったのだったが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aボウリング・フォー・コロンバイン (2002)
[002]Aアバウト・シュミット (2002)
[003]Aアイ,ロボット (2004)
[004]Aボーン・スプレマシー (2004)
[005]AジョンQ-最後の決断- (2002)
[006]Aエニグマ (2001)
[007]Aマシニスト (2004)
[008]AWATARIDORI (2001)
[009]Aミリオンダラー・ベイビー (2004)
[010]Aクライム&ダイヤモンド (2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
37264 7.14
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2017-03-29 14:58:10
前半モタつく。次第にイーストウッドらしい硬派のメリハリが加わる。謎解きが二枚重ねで巧妙。しかしねぇ、硬派の爺に恋は御法度ですぞ。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-01-16 12:21:58
アンジェリカ・ヒューストンとの、長年連れ添って言いたい放題言える老夫婦・・みたいなところはよかった。だから娘みたいな年齢の女性と仲良くなるのは???原作では主人公はもっと若いのね。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:has42120投稿日:2010-10-13 16:26:46
クリント・イーストウッド
投稿者:ジーナ投稿日:2010-05-29 03:23:15
心臓移植を題材に取り上げたクライムサスペンスです。
リアリティが無いからか、大真面目な作風のわりにB級感が漂ってます(爆)
・・・音楽のせい?(笑)

問題を抱えた元刑事といい、ヴァイオレンスな雰囲気といい、ちょこっとラブといい、、イーストウッドらしさはあるので無難に鑑賞できると思います。
この役を演じるには歳をとりすぎている・・・なんて批判的意見のあったクリント・イーストウッドさんですが、ゆったりと落ち着いた風格は素敵でしたよ。
ラブシーンはさすがに要らないけど(爆)
他にはジェフ・ダニエルズとアンジェリカ・ヒューストンぐらいしか目立った役者さんは居なかったなぁ・・・。

明らかに怪しいだろ!とか、明らかに分かるだろ!と犯人に関してはもう少し熟考していただきたかったですが、伏線は結構張ってあるのでサスペンスっぽくはなっています。
だから、普段あまりサスペンスを観ない方のほうがサクッと観れて楽しめると思いますよ。
派手さの無い作品ですし全体的に暗い印象を受けましたが、あぶなげなくスリリング感を演出する手腕やキャラクターの確立など安心して鑑賞できる作品に仕上がっていると言えるでしょう。

ただ、終盤になってダラダラしてしまったのが惜しかったですね。
中盤までのサイコな雰囲気を最後まで維持できれば良かったでしょう。
どうしてもダーティ・ハリー色を出したかったのかな?(爆)
最後にきて、古臭くありふれたつまらない締め方になってしまったのが残念でした。
いつもの余韻はどこへやら・・・って感じです。
投稿者:まりっくりん投稿日:2010-05-22 13:18:02
こんな年でモテ役やって恥というものを知らんのかと思う。
60点レベルで典型的なイーストウッドのアクション映画になっている。
あんまり褒めちゃあいかんぜよ。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-04-30 19:58:36
面白かった。これだけ深みのある作品をさらっと作ってしまうところは、さすがです。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2010-03-28 21:42:07
【ネタバレ注意】

なんだかなぁ〜。

いくら物語だからって、ここまで執拗なストーカーっているのかね。
別に深くは考えちゃいけないんだろうけど、、、ちょっと興ざめだな。
スリリングさも無いし。

もともと渋い爺さんなんだから、手術で疲れてんだか
自分の立場が移植で気まずくなってんのか、なんだか苦渋の顔が
いろいろ勘ぐれちゃうし、どういう意図の演技なんだかわからないんだよねぇ。

弱々しさも冴えないし。

もう主演は終わりにして欲しいな。8年前の作品だけど。

それにしても、ジェフ・ダニエルズってのが懐かしい。
こんなにオジサンになっちゃったんだなぁ。http://www.geocities.jp/griffin0623/

投稿者:namurisu投稿日:2010-01-23 13:18:16
主演は他にしてくれ。ジジィのHシーンは要らない。「ミスティック・リバー」的なものを。
投稿者:はまま投稿日:2009-06-06 11:48:08
新宿南口でいつも行列ができているクリスピークリームドーナッツが出てきます。イーストウッド扮する引退したFBI捜査官が、元同僚たちに差し入れ。彼は以外に甘党かも。おいしそうに食べているのがほほ笑ましい。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-21 18:34:57
演出:10
演技:9
脚本:8
音響:8
投稿者:なちら投稿日:2009-04-20 18:47:32
【ネタバレ注意】

犯人探しよりも、心臓移植を経験している爺さんが、心の隙間を埋めるべく昔の様に張り切っちゃう姿にハラハラ。
ウザいP・ロドリゲスを前に新たな分析を披露する所はスッキリするが。
もう、いいって。やめなって、心臓に負担掛かるから。

犯人は、不自然な存在感を端から醸し出しているので、大体、想像出来ちゃうしね。
しかし、彼の名前はケッサクだ。自己申告かよ。バディというよりは、ストーカーだったけどね。

今風なサスペンスで、結構面白かったよ。

投稿者:幸村和投稿日:2008-07-20 14:46:51
サスペンス、ロマンス、ちょっとだけアクション、ラストはヨットでクルージング、ムーディーな音楽で〆、それは若いもんだけの特権やない!と、イーストウッドが発奮して作ったのかな。この映画。
見ていると、いつ「う…!」って言ってイーストウッドが倒れるか、本編よりそっちがちょっとハラハラしたけど、なんとか全ての課題(?)をクリアしてよかった。
仕事もリタイヤ、心臓もガタがきた、一日飲む薬は数え切れないほど、わしゃもうダメじゃ、というおじいちゃんはこの映画を見て、きっと「まだまだ仕事も恋もイケる!」と励まされるでしょうね。
投稿者:NYY投稿日:2007-10-25 23:18:11
【ネタバレ注意】

2年くらい前に早稲田松竹でやってて面白かったんだけど、さっき12番でやってんの見たら、これはやっぱり面白い!
「硫黄島からの手紙」とか「許されざる者」とか「ミリオンダラーベイビー」みたいに重いテーマが無いところが素晴らしい。
なかなか良くできた娯楽サスペンスだと思う。
 
後ろから撃っちゃうシーンは良いね〜、TVの前で「撃て!」とか言ってたら本当に撃っちゃった。
ハリーがそのまま歳食ったような元警官が死にかけなのに無理して動き回るとこは最高。

投稿者:くろくろ75投稿日:2006-02-10 07:20:11
【ネタバレ注意】

元FBIだけど。イーストウッドの年齢からして、この手の『刑事役』はきっと最後になるんじゃないでしょうか。だからなのか、イーストウッド自身が1番楽しみながらショットガンをぶっぱなしたり、背後から犯人にいきなり発砲したり、女達にモテまくったり、刑事達に悪態をついたり・・もうやりたい放題。2000年以降ぐらいのクライムサスペンス映画は、どうも「どんでん返しありき」みたいな風になってるし、最後に観客にあっと言わせる様な脚本がないと、どうもね・・ってなってるけど、この作品に関しては真犯人も糞もない。ただイーストウッドがいるだけ。犯人なんて、「こいつ怪しいな・・」と思った奴がやっぱり犯人。サスペンス物としては、正直たいした事ないんじゃないかと思うし、主人公とグラシエラが結ばれる、お互いが惹かれあう経緯なんて説得力ゼロ。けど、イーストウッド・ファンなら100%楽しめる内容になってる。イーストウッドファンで、この作品を見てない人は絶対に見るべき。イーストウッドに興味がないけど、初めて見てみようかなぁ〜・・って人に、この作品は絶対に薦めない。

最後、イーストウッドは死ぬんだと思ってた。けど心臓に問題を抱えたままセックスするわ、女&子供と航海に出るわ・・最後の最後まで、イーストウッド刑事はやりたい放題でした。もう何十人も悪人をバッタバッタと倒してきたもんな。心から「お疲れ様・・」と思ったラストシーン。

投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2006-02-06 20:15:09
【ネタバレ注意】

最近流行の「臓器移植もの」ですね。えー、けっこう深刻な問題なのに、ハリウッドは簡単にサスペンスネタにしちゃうところがすごいですねえ、「21gm」とかね。

連続殺人犯が心臓病で引退した刑事ともう一回戦いたいために、刑事と同じ血液型をもつ人間を殺し、遠まわしに臓器移植させるという…いくらなんでもありえねーだろ! イーストウッドさんよお(苦笑)。

そうなるといろいろと難癖をつけたくなるのであり、
1.殺人犯がどーしても「ただのあんちゃん」て連続殺人犯に見えない
2.イーストウッドのために姉を殺された妹が簡単に納得してしまうのがわからん。
3.心臓が弱っててへーこらしてるのに簡単にセックスさせるな。
などなど他にも「そりゃあ、ちょっといい加減にすぎるだろう」というほつれが満載。イーストウッドの演出が上手なんでしっかり最後まで見てしまうけどね。

それにしても最近のイーストウッドの警察ものは「いわゆる警察もの」、つまり昔イーストウッド自身がやってきた映画のパロディみたいになってて、そのディティールがおかしいですね。
刑事たちがいつまでもモグモグとドーナツを食べている場面には爆笑しました。

イーストウッド・ファンはとりあえず見ておきましょう、くらいです。

投稿者:きも投稿日:2005-10-08 18:36:10
地味なサスペンスだけど、それぞれのセリフが楽しい。
イーストウッドらしい皮肉っぽいやり取りが良いですね。
アランゴ刑事さんに惚れた。
映画の中と言えども、あんなに下品だとかえって好きになってしまう。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-08-19 23:13:18
【ネタバレ注意】

連続殺人の理由は単に愉快犯なのかもだが、コンビニ殺人の理由は、成すべくして成したれっきとした理由(動機は異常)が存在する…これは良く出来ている〜納得するね。
しかし“登録”したが故になんて…皮肉なものだ。
推理ものとして実に良く出来ており、脚本は素晴らしい。
異常な殺人犯を追うサスペンス・ムービー。傑作であろう。

気持ち悪い?…他人が言う事じゃないね。モテたのだから良いのでは?
世の中には、もっと気持ち悪いと思う事がある…(教祖だとか…まぁ他人が言うことでもないが…)

投稿者:かえるさん投稿日:2005-07-18 11:37:51
【ネタバレ注意】

ネタバレという訳ではないけど、心臓悪いし年も年なのに、ねぇ?姉とあんな関係になるのは、正直「はぁ?」って感じ。気持悪い。
それはさておき、ストーリーとしては前述部を除けば非常に楽しめた。皆さんの批評通り、現役さながらの観察眼とそれに見合ったイーストウッドの演技力。最高でした。

投稿者:SoH投稿日:2005-05-27 06:37:27
【ネタバレ注意】

劇場公開時に観たっきりで、お話そのものの印象はぼやけてます。そういう映画についてコメントするのは俺の信条に反しますが、少しだけ俺が思ったことを。本作ってイーストウッドの脱・アクション宣言映画じゃないですかね。ほら、イーストウッドっていえば「ダーティハリー」シリーズ。本人は何回か「もうハリーは演じない」っていってた(らしい)のに、シリーズは「5」まで作られちゃいました。なぜか?それは「ファン」がイーストウッドのハリーを望んでたからだと思うんです。実際シリーズの出来はどんどん悪くなってってますし、「5」なんか明らかに「わざと詰まんなくして続編作らせない」みたいな感じだったように記憶してます。それを念頭に置いて観ると、この映画の犯人って、イーストウッドにアクション映画の出演を強く望む熱狂的なファンの声と妙に被るんですよ。で、最後にイーストウッドがその犯人にどう対応したのか。この辺のことを考えると、これってイーストウッドの「刑事映画との決別」と取れるんじゃないでしょうか。「君たちがどういおうと、俺はもう刑事はやんないぜ!」ってな具合に。72歳のくせに刑事演じてるのも、そういった理由でしょう。確か「ダーティハリー」の引用もありましたし、同じ様なことは「許されざる者」でもやってるし(「許されざる者」は「西部劇」との決別)。ま、「熱狂的なファン」を殺しちゃっても、俺はイーストウッドについてきますけどね。後日、改めて本作を観たら、またコメントつけます。たぶん。

投稿者:vale投稿日:2005-03-21 22:28:27
丁寧に作られたとても楽しめる映画。「ミスティック・リバー」を代表にこれまでイーストウッド監督作品には疑問を感じていたが、この映画を機会に他の作品も観てみたい。「ダーティ・ハリー」の名シーンや「キャスパー」などさらっとしたセルフ・パロディーも嬉しい洒落た作品。掘り出し物。
投稿者:堕落者投稿日:2004-11-19 15:14:59
冒頭,イーストウッドが犯人を追跡中に心臓発作を起こして打っ倒れる場面がよかった。やっと自分の限界を知った様だ。あとは時々挟まれるギャグがまあまあ良い。それだけ。
投稿者:jedi knight投稿日:2004-10-14 17:53:35
【ネタバレ注意】

 マッケイレブの非常に鋭い観察力が印象に残る作品でした。
 ウォーラー刑事は、アランゴ刑事と比べて可哀想なくらいに存在感がないですね。ボロトフの言葉を借りると、「刑事は二人組」だから登場したようにしか思えません。

 奥さんのディナ・イーストウッドは、TV局のレポーター役で出演していますね。最初に出てくる時は大勢の中の一人ですが、二度目に出てくる時は台詞がありました。

投稿者:kg381i投稿日:2004-09-28 02:23:26
最近のサスペンスは「閉ざされた森」のような反則の結末が多かったようです。でも、今回は正統的な終わり方で大満足です。
ありがとう。イーストウッド!!
投稿者:bond投稿日:2004-08-24 11:32:03
【ネタバレ注意】

うーん、やっぱ渋いけど、佳作かなー。でも、リボルバー撃つ姿はかっこいいし、決め台詞の10リングもそれなりにOK.ところで、イーストウッド夫人って何の役で出ていたの?たれか教えて。

投稿者:オメガ投稿日:2004-08-15 17:29:23
ダーティーハリーの時のような威圧感こそ無いが、捜査での聞き込みや
銃を撃つシーンなどはまだまだ健在。ストーリーも凝っており、最後まで
飽きさせない。おまけに登場人物にも味がある。おふざけの無い、正統派
サスペンス。
投稿者:tax投稿日:2004-01-28 23:26:12
イーストウッドは72歳でした。役どころとしては50代後半のつもりか
良くできた謎解きもので、さすがイーストウッド、話の展開がうまい
ただし、心臓の提供を受けた人間の呵責という点では、演技に説得力が無い
映画のそこそこにダーティーハリー風が出るのは、御愛嬌なのか営業戦略なのか
中年おばさん連には、味わいがありました
特にT・リフォードのおばさん保安官が良し
投稿者:ふじこ投稿日:2004-01-17 13:12:12
犯人すぐわかっちゃったけど、ほんとにがんばってますよね、イーストウッド。船上のアクションはダーティハリーを思わせるし(お年がね)、お決まりの裸も出るし、奥さんも出してるし、まあファンとしてはうれしかったですぅー。
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-08-25 08:03:10
久々のイーストウッドの刑事ドラマで、記憶をたどれば「目撃者」以来の映画かもしれません。 セブンに匹敵する迫力でグングン引きこまれて、最後は「インソムニア」みたいなドタバタで大団円。これがちと残念か。でも久々の本格探偵ドラマで絶対にお勧め。
投稿者:dadada投稿日:2003-08-15 12:04:21
病み上がりで、発熱しながら事件を追う男の話。全編のかったるいムード、お疲れ気味っぽいイーストウッドの演技が、ベストマッチ。ドーナッツを囲んで会話する三人のオッサン達...ここでの、妙な間も最高。途中までは、そんなムードを楽しむも、物語が佳境に入ると何だかドタバタ。サービスのつもりの銃撃戦も、キレが無くて...。
しかしながら、イーストウッドらしいワンマン映画。昔に戻ったような懐かしい感覚。サプライズは無いけど、ファンにとっては安心感のある、あの昔の感覚。もう、30年近く彼の映画を観続けているが、いまだに現役で昔と変わらん事やってくれてるってのが嬉しい。上映期間が短く劇場で観れなかったのが悔やまれる...そんな映画ではありました。
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-04-21 01:00:10
ジェフ・ダニエルズの吹くハーモニカの使い方が効果的だったのは演出の特筆すべき点だが、近頃はテンポがのろいだけでマイナスの作用の方が大きいのに、肝心のイーストウッドが老け過ぎで、特に声に張りがないのが最悪。他の役者陣も地味で、あまり言いたかないが(イーストウッド作品には珍しく)ヒロインに華がない。3
投稿者:たくみ投稿日:2002-12-15 22:54:39
ラストで犯人を撃つときに「テンリング」ってイーストウッドが言っていたんだけど、どういう意味なのか、どなたか教えていただけませんか?
投稿者:桃子投稿日:2002-12-14 12:57:06
主演のイーストウッド以外はあまり知らない俳優さんばかりで、とっても地味な映画です。
地味だけど、ストーリーは面白くて引き込まれました。
イーストウッドのファンなので、ほんとに見てよかった!
感動しました(^^)http://rosepink.milkcafe.to/ymr/movie/cinematop.html
投稿者:桃太郎投稿日:2002-12-14 00:13:44
 年取ったイーストウッドにぴったりの役。自分の見せ方をこの人よくわかっている。心臓移植がポイントになるこの作品、心臓を悪くしたイーストウッドは見ていて本当に苦しくなる感じ、すっかり白くなった頭と皺の増えた身体、なんか痛々しい感じがしたけどすごくリアルだった。
 話の展開は簡潔でわかりやすいが謎解きの部分が簡単すぎてちょっと拍子抜け、犯人もインパクトがなくて今ひとつ。でもイーストウッドの存在感はやっぱりすごい。いい年のとり方をしていると感じた。
投稿者:PEKO投稿日:2002-12-07 00:55:30
最近にはめずらしくまっとうなサスペンスでした。もっとサイコサスペンス調なのかと期待したんですが・・・。謎の暗号もあっさり解かれるし、解かれたら字幕が親切なおかげで犯人がすぐわかるし、本当にそんなに小説人気あったのかしらん?
クリント・イーストウッドの老体でのアクションはゆっくりとした感じでスカっとしないけど、でも銃を撃たせるとやはり様になるから偉い。
そしてラブ・シーンなんかもあったりして、あの歳で。がんばってます。
2002.12.6観賞 6点
【レンタル】
 【Blu-ray】ブラッド・ワークレンタル有り
 【DVD】ブラッド・ワーク 特別版レンタル有り
 【VIDEO】ブラッド・ワーク <吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】ブラッド・ワークレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION