allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

水の女(2002)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(アーテイスト・フィルム=日活)
初公開年月2002/11/09
ジャンルドラマ
いつまでもおったらええやん。ずっと…

水の女と火の男、宿命の恋
水の女 [DVD]
価格:¥ 1,935
USED価格:¥ 650
amazon.co.jpへ

 Photos
水の女水の女

【クレジット】
監督:杉森秀則
製作:河村光庸
猿川直人
製作総指揮:中村雅哉
プロデューサー:甲斐真樹
根岸洋之
ラインプロデュー
サー:
大里俊博
脚本:杉森秀則
撮影:町田博
美術:林田裕至
衣裳:北村道子
編集:杉森秀則
音楽:菅野よう子
照明:木村太朗
整音:杉山篤
録音:林大輔
助監督:猪腰弘之
出演:UA清水涼
浅野忠信宮澤優作
HIKARUユキノ
江夏豊清水忠雄
大浦龍宇一ヨシオ
塩見三省仲代
大久保鷹太宰
流山児祥製材所の男
川又邦広若き日の忠雄
町田忍銭湯の客
樋口圭太少年時代の優作
谷崎亜門聡子の子供
杉山りん少女
都家歌六安二郎
松島一夫浪曲爺
頭師佳孝煙突掃除人
石井光三警官
ぼんちおさむ犬を散歩させている男
YUKI聡子
小川眞由美
【解説】
 宇宙の万物の源“水・火・風・地”を題材に、“水”の女と“火”に取り憑かれた男の宿命の恋を描く。監督は本作で劇場映画デビューとなるCMディレクターの杉森秀則。兼任した脚本はサンダンス/NHK国際映像作家賞を受賞した。銀幕初登場にして主演のUAは、エンディングテーマも手掛けている。
 父と共に関西の小さな町で銭湯を営んでいる涼。彼女の身の回りで何かある時は必ず雨が降るため、涼には“雨女”とあだ名がついていた。結婚直前、婚約者と父が同時にこの世を去った時も雨が降っていた。唯一の家族を失った涼は、しばらく銭湯を閉めて旅に出る。旅から戻ると見知らぬ男・優作が勝手に上がり込んで食事をしていた。涼は驚きながらも不思議な魅力の優作に惹かれていく。火を見ると落ち着くと言う優作に釜場を任せ、銭湯の営業を再開した。互いに何も問いかけることなく、奇妙だが幸せな毎日が続くと思われたが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
947 5.22
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-06-16 22:09:57
映像美は魅せるが、感覚的過ぎる
投稿者:4531731投稿日:2004-06-27 16:12:38
 期待してなかったけど思わず良かった。監督のモノの見方がいいです。それが演出やキャスティング、キャラ造型にも見て取れる。ぼんちおさむが新鮮だった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-05-01 10:04:47
こんな作品が好きだ。いくつもの原初的な体験がオーバーラップした。「映像詩」と呼んだ方がいいかもしれない。
ハエの羽音。雨に打たれ、動物のように上下に振れる森の葉叢。「水」というとタルコフスキーのイメージがよく知られているが、あれが「無機的な」東欧の水であるとするなら、この作品の水はどこまでも「有機的」、匂いのする雨であり、温帯の日本の水である。
銭湯の富士山の壁画のエピソードなどディテールがいいし、音楽がまたなかなかだ。
とにかく音声、映像がいずれもいい。脚本は下手すると押しつけがましくなるのだが、そこをUAと浅野忠信が救ってくれている。ただラストの展開はうーん、どうなの?という感じだが。
期待以上の作品に惹き込まれたが、それが映画の快楽というものか。感性のかけらもない大多数には受け入れられないだろうから、なかなかこの監督の新作も期待できないが。それが残念。
投稿者:エモフル投稿日:2003-04-24 16:46:53
この映画最高ですよ。ほんっといいです。すごくきれいで、切ないラブストーリーです。銭湯と雨が好きになります。人間くさいけど、それこそがストーリーを神話に近づけているのではないでしょうか。
【サウンド】
『閃光』(エンディングテーマ)
歌 :UA
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】水の女2007/12/21\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】水の女2003/05/23\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】水の女レンタル有り
 【VIDEO】水の女レンタル有り
 【VIDEO】水の女 <セル>レンタル有り
【ミュージック】
【LP Record】 水の女 [12 inch Analog]
新品:¥ 3,024
1新品:¥ 4,580より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION