allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラスト・キャッスル(2001)

THE LAST CASTLE

メディア映画
上映時間132分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2002/11/16
ジャンルドラマ/アクション/サスペンス
犯した過ちを償い
愛する家族のもとへ帰る筈だった…
ラスト・キャッスル [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 839
USED価格:¥ 475
amazon.co.jpへ

 Photos
ラスト・キャッスルラスト・キャッスル

【解説】
 戦争の英雄でありながら軍刑務所に送られた主人公が、囚人達を理不尽に扱う刑務所長に対して敢然と立ち向かう姿をロバート・レッドフォード主演で描いたサスペンス・アクション。監督は「ザ・コンテンダー」のロッド・ルーリー。共演に「ザ・ソプラノズ」「ザ・メキシカン」のジェームズ・ガンドルフィーニ。
 アーウィンは輝かしい戦歴を誇る三つ星の中将だったが、ある出来事のため軍法会議にかけられ軍刑務所に収監されてしまう。そこでは刑務所長ウインター大佐が囚人達を虫けらのように扱う非人道的な管理が行われていた。戦場の英雄アーウィンとて例外ではなく、それまでの地位も名誉も剥奪され、一兵卒と同様の扱いを受ける。当初はアーウィンに対して距離を置いていた囚人達だったが、次第に打ち解け合うようになる。そして、ある悲劇が起きたとき、彼らはウィンターを追い落とすために、アーウィンを中心に一致団結して立ち上がる決意を固める。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]AジョンQ-最後の決断- (2002)
[002]Aレッド・ドラゴン (2002)
[003]Aオールド・ルーキー (2002)
[004]A戦場のピアニスト (2002)
[005]Aベッカムに恋して (2002)
[006]Aトランスポーター (2002)
[007]Aマイノリティ・リポート (2002)
[008]Aロード・トゥ・パーディション (2002)
[009]Aギャング・オブ・ニューヨーク (2001)
[010]Aロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
21156 7.43
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2018-03-20 01:01:44
面白い。
面白いんだけども、キャストで損してるかな...。
この手の映画の刑務所長役であれば『ロック・アップ』のドナルド・サザーランドくらい憎々しけなければいけない。ジェームズ・ガンドルフィーニでは、ぬぐいきれない人柄の良さがちょいちょい出ちゃってるから、見ていて「そうだ所長をやっつけろー」とはならない。
レッドフォードは『ブルベイカー』で見せた杉下右京のようなギラギラした正義感とまではいかないにしても、あのラストシーンは惜しい。
少しだけコメディ要素が入ると、もう少し作品の格が上がるけど、監督経験の乏しいロバード・ルーリーでは無理だったろう...。
投稿者:bond投稿日:2017-09-27 23:03:33
この年齢になっても、レッドフォードの徹底したヒーローイズムがやや鼻につくけど、嫌いじゃない。
投稿者:uptail投稿日:2013-10-28 10:02:41
演出:7
演技:8
脚本:6
音響:7
投稿者:scissors投稿日:2013-09-01 07:51:05
脚本ダメすぎ。
全体的に古臭いし。

製作費7000万ドルで興行収入が世界でも3000万に満たないって壮絶なコケっぷりだな。
投稿者:gapper投稿日:2012-07-08 21:08:23
 ロバート・レッドフォードが、軍刑務所で尊厳のある囚人として刑務所長と戦う物語。

 なかなか面白いしアクションシーンもあり楽しめるのだが、レッドフォードの尊厳のある態度と囚人を率いての対抗するアクションがかみ合っていない感じが残念。
 アーウィン陸軍中将(ロバート・レッドフォード)は大統領命令を無視して8名の死者をだし刑に服すのだが、小隊規模の兵を率いての作戦を行ったかのような説明だが陸軍中将がそんな指揮を執ると言うのは違和感を感じる。
 マクガフィンとして必要がないと判断したのだろうが、軍の頂点に近いものが刑に服することとなった重要な事柄であり物語の起点でもありフラッシュバックなどで短くとも映像にすべきだった。

 陸、海、空混成で収容されるようだが、60分程の所で囚人が全員で”海兵隊讃歌”を歌うところがある。
 海兵隊賛歌は正式な軍歌だそうで、陸、海、空の各軍には確執があることを考えるとおかしいとしか思えない。
 ”ジョニーが凱旋するとき”の様な正式な軍歌でない方が、良かった。
 ただ”ジョニーが凱旋するとき”は、場面に少し合わないことと「第十七捕虜収容所(1953)」や「ダイ・ハード3(1995)」などで使用されているので避けたのかもしれない。
 ちなみに海兵隊賛歌は、「硫黄島の砂(1949)」、「地獄の戦場(1950)」、「太平洋航空作戦(1951)」で使用されている。

 レッドフォードは、愛国主義だが右翼やタカ派とは感じさせない稀有な存在でその精神を貫いていることは評価したい。
 そういった映画の枠を超えて主義を貫く俳優は、もういない気がする。
 推定制作費6,000万ドル、収益約1,800万ドル(米2001)。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-03-02 02:03:11
レッドフォードも年とったな、しかしダンディ健在だった。ストーリーも普通の刑務所ではなく軍人の刑務所っていうとこもレッドフォードが中将だったっていうこともいいね、やっぱ刑務所が舞台だけにおもしろい。
所長が良い雰囲気だしてる。
投稿者:kinenchyu投稿日:2009-01-18 23:09:27
いろいろと考えさせられる作品。じっくりと見るといいでしょう。
投稿者:オメガ投稿日:2004-05-23 16:27:52
レッドフォードというと、どうしても「ブルベイカー」の印象があるので比
較してしまったが、比較対照にならず。どちらかというとアクション重視
な内容。「ブルベイカー」のような重さや感動は無かった。ただ、囚人が
軍人という所に魅力があり、だんだんと統率されていく過程が面白い。
まだ観ていない方は、ぜひ「ブルベイカー」を観てください。
投稿者:パープル投稿日:2003-11-18 14:53:17
誇りとか人間の尊厳とかがズシンと胸に来る作品でした。
象徴とされる旗の扱いがいかにもアメリカ的。
守るべき誇り、真のリーダーとは?等の大テーマがあるので、
多少ご都合主義な部分は目をつぶっとこう、という感じでしょう。
それにしても、レッドフォードは見事な体!(着痩するタイプかな?)
誇りを背負ったような背中、厚い胸板、たくましい腕。
若い時より立派なほどで、この人どうなってんの?
やはりトレーニングは大切ですね。
全体に重い作品なので、疲れている時、癒されたい気分の時には
見ない方がいい…かも。
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-11-02 22:27:05
うーむ見事な映画でした。刑務所もの(こういうジャンルがあるかどうかは別にして)の中では「ショーシャンク」と双璧で、最後のオチ(と言えるかどうか)もよかったですね。しかしレッドフォード、若い俳優が老け役やっている様な風体で、少々違和感を感じましたけど”地”と認識して納得。
投稿者:dadada投稿日:2003-05-05 17:05:22
こういう人間関係って組織に属する人ならば、よく見かけるんじゃぁない?自身の器の大きさなんて、自分が一番良く知っているはずだけど、プライドってもんがあるから同格程度の人間同士の付き合いは難しい。現実的には、この映画のような真っ向勝負は珍しくて、長い冷戦状態が続く。そんな人達を上席者に持ったりすると大変なんだよね。かく言う自分も年齢的にも立場的にも微妙なところにいて...日々、縦横の人間関係に悩み、自身の中でも葛藤し...なんてね...。敵対するお二人のどっちにも入れ込めるとこがあるから、観ていて辛くなっちまった。
投稿者:しまじろう投稿日:2002-12-11 19:17:51
すごーく地味な公開のされかただったので期待せずに見に行きました。
でもすごく面白かったです。刑務所を城にみたてたところや、戦闘シーンもチェスの手のように練られていて、なかなかよくできてるなーと感心しちゃいました。
軍隊万歳!アメリカ万歳!ってなところはぐっと目をつぶれば、楽しめます。

あと(これを言わねば・・・)レッドフォード! 出てきただけで「おー!!出たーっ!!」って貫禄でした。あと声がいいですね。みんなの前で演説みたいにしゃ
べるところは本当にしびれました。声に色気とオーラがありました。
投稿者:fanfanpapa投稿日:2002-12-03 23:35:21
平日のレイトショーで見ました。観客は私一人貸切です。一抹の不安がありましたが、まさに的中!出演している俳優は良いのですが、脚本があまりにもお粗末でした。私の中では今年見た映画の中でワースト1でした。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-11-22 00:06:04
【ネタバレ注意】

 刑務所で囚人と所長が対立するよくありそうな話しなのだがなんといっても所長役のジェームズガンドルフィーニーが憎たらしくてよかった。
 普通の刑務所物と違うのは囚人がみな元軍人でありかっては規律の厳しい中で誇り高く任務に当たっていたという点。それが今ではだらだらと日々を過ごし誇りも人間としての尊厳も失ってしまっている。
 そんなところに現れた元中将のレッドフォード。冷静で誇り高く、正義感が強くて人をひきつけるカリスマ性がある。いかにもレッドフォードのイメージにぴったり。
 非人間的な所長に対して静かではあるが抵抗する姿勢を崩さず最後には囚人達にかっての誇りと人間性を取り戻させていく過程はなかなか見応えがあった。特にラストに全員で反撃に出て行くシーンは拳を握って思わず熱くなってしまった。
 ラストはハッピーエンドではないがかなりずっしりと心に残るエンディングだった。
 人間ドラマとしてかなり重みがあり見応えのある作品だと思う。

投稿者:iDANBO投稿日:2002-11-21 01:56:17
刑務所もの作品は色々あるけど、所長の更送を目的とするというのは初めてかも?
だからといって、クライマックスはちとやり過ぎなんじゃないかと思う。

だいたい、あの投てき機はどっから持ってきたんだ?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラスト・キャッスル2009/04/10\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ラスト・キャッスル2008/10/17\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ラスト・キャッスル2005/04/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ラスト・キャッスルレンタル有り
 【DVD】ラスト・キャッスルレンタル有り
 【VIDEO】ラスト・キャッスルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION