allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)

THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1981/11/
ジャンルサスペンス/ドラマ
郵便配達は二度ベルを鳴らす [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,071
USED価格:¥ 538
amazon.co.jpへ

【解説】
 過去の作品より露骨な性描写を許されているためか、この映画はその部分ばかりに気をとられるお粗末な出来となった。しかし、製作者側の意図はまさにそこに、台所で立ったまま犬のようにするセックスで客を呼ぶことにあったのだろう。ニコルソンはいつもながら説得力ある演技。ラングは彼女のベストともいえる健闘で、原作でも想像の産物的な“ファム・ファタール”にすぎなかったヒロインに命を吹き込んでいる。その夫でギリシャ系移民の、陽気で、ゆえに末路の悲哀が際立つガススタンド兼ドライブインの主人をJ・コリコスが好演。でありながら、どこか散漫な印象を与えるのは、ラフェルソンの演出にそれに拮抗する熱のないせいか。脚本は劇作家のマメット、撮影はニクヴィストとスタッフも一流なのに……。なお、アメリカ版は大分カットされ、日本公開版より30分近く短かった。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

ゴールデン洋画劇場(翻訳:入江敦子 演出:蕨南勝之 効果:河合直 調整:兼子芳博 配給:ヘラルド・エンタープライズ 制作:ザック・プロモーション)
※このデータは放送当時の情報です。
中尾彬ジャック・ニコルソンフランク・チェンバース
大谷直子ジェシカ・ラングコーラ・パパダキス
小松方正ジョン・コリコスニック・パパダキス
寺島幹夫ウィリアム・トレイラーサケット
池田勝マイケル・ラーナーカッツ
糸博
安田隆
藤城裕士
沢田敏子
秋元羊介
村松康雄
藤本譲
北村弘一
鳳芳野
片岡富枝
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
963 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-02-26 00:02:14
どうしてもジャック・ニコルソンを贔屓目に観てしまう・・・。
話の展開はツッコミどころ満載だが、ただただジャックの演技に見とれてしまった。
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-16 16:20:09
主演の2人が得意の役どころで好演しています。
特にジェシカ・ラングは最初の登場場面から
蓮っ葉な感じを上手く出していて魅力的です。
原作は読んでいないのでどれくらい脚色しているのか
わかりませんが舞台となった時代の雰囲気は感じました。
投稿者:namurisu投稿日:2013-07-14 10:02:23
不倫妻&風来坊。殺人未遂&SEX、殺人&SEX、過失致死罪&SEX、結婚&妻、車から転落死。なんのこっちゃ。
投稿者:scissors投稿日:2013-07-09 03:13:47
とりあえず俳優とエロシーンで客を呼ぼうと作られてる感じ。と言ってもたいしてエロじゃない。
後半かなり手抜きで間のび。
自己中でわがままだったコーラが突如改心も説得力がない。

原作も以前の映画化3作も知らんが、ジャック・ニコルソンがミスキャストのような。
ニコルソンはニック・パパダキスのほうが似合いそう。ギリシャ系には見えないけど。

日本語吹き替えがなんか違和感あるなと思ったら、中尾彬と大谷直子って
投稿者:こじか投稿日:2012-08-04 16:32:44
そう、儚いなぁ。ジェシカ・ラングが醸すものから色気を感じるかどうかで少し違った印象かも。わたしは満足。
投稿者:bond投稿日:2010-11-13 11:52:38
ジェシカラングの妖艶を楽しむための映画、いつ郵便配達が二度ベルを鳴らしたのか?後半のダラダラ感とあっけないあのエンディングはなんじゃい。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-09-25 02:16:06
一筋縄ではいかない男と女の濃厚な成り行きと欲望をサスペンスタッチで描いた作品です。
不道徳であり不健全な映画なので、ふさぎこむような気分が沈む内容になってます。

この作品は、とにかくジャック・ニコルソンな作品。
どの場面どの場面でも彼の存在感が他をシャットアウトしています。
あまりのギラギラ感に胸焼け寸前ですよ(笑)
彼のどぎつさとしつこさの前では、お美しいジェシカ・ラングも曇り気味(泣)
・・・とは言え、個性的で刺激的な二人の共演は観る価値ありだと思います。
裸で勝負する事無く、燃え立つような熱気が立ち込める濡れ場を表現できた二人の熱演は要チェックでしょう。
チラッと見えるジェシカ・ラングの白い太ももは肉感的でそそられますよ。

セックスシーンばかりが印象に残ってしまうのは、心情描写が薄いからかもしれませんね。
特にジェシカ・ラング演じる人妻の心情の移り変わりをもっと丁寧に描きこんでくれると感情移入する余裕が生まれたでしょう。
旦那と妻の関係にもドラマが足りなかったカナ・・・。
最初の印象がいかにも普通の夫婦なので、その後の展開に共感を抱くのが難しかったです。
現在の映画と比べるとストーリー展開もチョット雑ですね。
この程度のドラマ性であれば、もう少し無駄を削ってコンパクトにしたほうが良かったと思います。

良くない事が起こりそうな嫌な予感を上手く引き出す演出によって終始不安感をあおっているのはGOOD
ギリシャ音楽やジャズなど音楽も素晴らしかったですし、30年代の雰囲気作りも見事でした。

80年代の作品ですが今観ても新鮮味のある作品なので、未見の方はチェックしてみると良いかもしれません。
投稿者:nehane215投稿日:2004-12-15 11:04:31
【ネタバレ注意】

(イエスの顔は二度まで)っちゅうことかいな…。
 許される過ちは一度だけなんよね。

 ジェシカ・ラングは良かった。
 でも映画としてはどうかな?、イマイチかな?
 TVで観たのでカットされていたのか、
 性描写がキツイとはあまり感じなかったけど。

投稿者:山桜投稿日:2002-12-03 16:13:46
こんなに面白い作品が、公開当時本当にセックス描写だけが話題になったのですか。よっぽど晩稲の人たちか、見る眼のない人たちだったようです。二時間たっぷり楽しめます。補償します。ニコルソンとラングの演技、もう、最高です。
【レンタル】
 【Blu-ray】郵便配達は二度ベルを鳴らすレンタル有り
 【DVD】郵便配達は二度ベルを鳴らすレンタル有り
 【VIDEO】郵便配達は二度ベルを鳴らすレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION