allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

呪怨(2002)

メディア映画
上映時間92分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル=ザナドゥ)
初公開年月2003/01/25
ジャンルホラー
総毛立つ快感。
呪怨 劇場版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,209
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:清水崇
監修:高橋洋
黒沢清
プロデューサー:一瀬隆重
脚本:清水崇
撮影:喜久村徳章
美術:常盤俊春
編集:高橋信之
音楽:佐藤史朗
音楽プロデューサ
ー:
慶田次徳
照明:豊見山明長
録音:小松将人
助監督:安達正軌
出演:奥菜恵仁科理佳
伊東美咲徳永仁美
上原美佐遠山いづみ
市川由衣千春
津田寛治徳永勝也
柴田かよこ真理子
菊利友佳子美雪
松田珠里徳永和美
田中要次遠山雄治
森下能幸警備員
榊英雄福祉センター事務員
松山鷹志佐伯剛雄
尾関優哉俊雄
藤貴子伽椰子
石倉力広橋
(ジョビジョバ)
磯村千花子幸枝
大國千緒奈エレベーターの女
藤真美穂女子アナ
本田大輔五十嵐刑事
井上博一中川刑事
小林朝美小学生のいづみ
藤井亜紀遠山容子
小田切理紗沙織
中條佳生里千晶
小林加奈綾乃
斎藤あきら関根先生
横尾博之ニュースの声
谷津勲斎藤
【解説】
 ホラー界の新星・清水崇監督が手掛けた2本のオリジナルビデオ「呪怨」「呪怨2」はその巧みな恐怖演出が評判となりカルト的人気を呼んだ。本作はその劇場版。死者の強い恨みや怒りの情が呪いとなって宿るとある一軒家を舞台に、そこに関わった人々に次々と襲い掛かる究極の恐怖を様々なテクニックを駆使して描き出す。「回路」の黒沢清と「リング」の脚本家・高橋洋が監修として強力サポート。
 ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来、一家は不吉なことに見舞われ続けていた。やがて勝也の妹・仁美が不審に思いこの家にやって来るが、どこか様子のおかしい勝也に門前払いされてしまう。これを機に、仁美にも不吉なことが憑きまとうようになり…。
<allcinema>
【関連作品】
学校の怪談G(1998)
呪怨(1999)
呪怨2(2000)
呪怨(2002)劇場版第1作
呪怨2(2003)劇場版第2作
THE JUON/呪怨(2004)英語リメイク第1作
呪怨 パンデミック(2006)英語リメイク第2作
呪怨 ザ・グラッジ3(2009)英語リメイク第3作
呪怨 白い老女(2009)劇場版3
呪怨 黒い少女(2009)劇場版4
呪怨 -終わりの始まり-(2014)劇場版5
呪怨 -ザ・ファイナル-(2015)劇場版6
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29119 4.10
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-06-17 21:20:53
基本的にオリジナルビデオの続きとなる話なのだが、伽椰子や俊雄の殺し方や登場シーンなどが焼き回しなのでマンネリに陥ってしまってる。

オムニバスのように場面が変わる構成はパルプ・フィクションを意識したのか?
個人的にこういうのは好きなんだけど、この構成もまたマンネリ化してしまっていてあまり楽しめなかった。

奥菜恵は綺麗なんだけど演技力が低く、怖がってるシーンはともかく日常のシーンがイマイチ。伊東美咲の方があの不機嫌な顔が良かったので好印象。

市川由衣はちょい役だけど可愛かったなぁ。
投稿者:こじか投稿日:2010-12-26 22:10:16
本編もジャパニーズホラーとしてはいいんじゃないでしょうか。原作も読んでみましたが初めて本読みながら怖くなりました。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-09-02 22:00:35
最初に見た時は話の流れがよく判らなかった。でもショックングなシーンがたくさんあってやっぱり怖い。「リング」と並ぶジャパニーズ・ホラーと言われるだけのことはある。
電話がおかしくなって聞こえる歯軋りのような音が生理的に気持ち悪い。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-03-30 16:29:38
貞子よりは怖くなかったです
投稿者:喜屋武☆・3・w投稿日:2007-01-02 02:37:39
☆・3・w<((ぃや〜w楽しかった。最後まで釘付けで見れたょ☆
リングなんてこれ見た後絶対糞すぎてみれないねwww

呪怨万歳。
投稿者:シネマA投稿日:2006-08-11 09:20:17
 ホラー映画ファンの評価が低いのは、たいして怖くないからだとおもいます。私は予告篇を観てバカバカしい印象を受けたので、劇場公開時にはパスした作品。しかし、ずいぶんあとにDVDで視聴して自己の不明を恥じました。予告篇で中途半端に見せすぎ。

 清水崇は弱冠29歳で監督したとか。短篇ホラーの豊富なアイディアをズラリと羅列して強引に〈呪われた家〉に結びつけたシナリオは、たしかに統一感に欠けていて物足りない。けれども、派手な特撮を極力使わずに、気配をディテールにただよわせた映像の面白さで惹きつける演出術は新鮮で卓越したもの。

 人物の背後を白い男の子の影が不意に通り過ぎる。あるいは、ただ見つめているだけの霊。そこには欧米の即物的ホラーよりも日本の伝統的な怪談の雰囲気にちかい妙味がある。サム・ライミらに注目されてハリウッドでの監督デビューへとつながったのは、この異様な雰囲気をかもし出す演出術ではないかしら。カット割りの上手さも特筆すべき安定感がある。映画をよく研究していますね。

 物語の背景に現代日本の高齢化社会や福祉問題が横たわっていることにも要注目。認知症の老人たちの描写には鋭い視線を感じた。

 恐怖と笑いは紙一重。いったいどこまでが計算なのかわかりませんが、観るひとの感性によっては強烈な笑いを誘発する場面がいくつかありました。例の階段からゆっくり降りてくるところとか。でも、行方不明になった女子高校生三人組のエピソードは余分でしたね。悪乗り。

 奥菜恵が予想をうわまわる達者な演技。アップになったとき顔にチックが走るのには感心しました。緊張と弛緩がみごとな役づくり。伊東美咲は上原美佐ほど下手ではないですが、まだ素人っぽいお芝居。今後に期待。

 男優では出番は短いですが、津田寛治。その場で顔つきがみるみる別人のような凶相に変わってしまう。名バイプレイヤーの予感。

 それにしても、最後まで謎は残る。白塗りの伽耶子(藤貴子)と俊雄(尾関優哉)のイメージは何に由来するんでしょうか。ゾンビ伝説? 寺山修司の前衛演劇? 『エクソシスト』のリーガン? 山海塾の暗黒舞踏? 『霊幻道士』のキョンシー? 諸星大二郎の『妖怪ハンター』? 志村けんのバカ殿? 『リング』の貞子?……

 娯楽映画がお好きな向きは、他人の評価を鵜呑みにするまえに現物をご覧になるとよろしいのでは? 百聞は一見に如かず。エンターテインメントとしては合格点だとおもいますよ。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2006-02-01 22:08:26
恐いねぇ、冬の寒い部屋で見てるので、倍増する感じだ。
でも、時系列というか時間軸の整理と、登場人物の多さに頭の中身を奪われて、イマイチ入り込めなかった。もう少し単純でよいと思う。
精神的な間接的恐怖ってのが良く出ていて面白かっただけに残念。
久しぶりに台詞と音楽以外の音が恐怖につながる作品を見た。
階段のきしむ音や引き戸のすれる音など、舞台となる家を含め、
日常生活の中に、強引な非現実な恐怖が入り込んでいて、そのバランスが面白い。http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:SoH投稿日:2005-09-09 01:20:40
 怖がりなんですが、ビデオ版の「呪怨」シリーズは「低予算だからかなあ。これだったら『女優霊』の方が怖かったような」と、けっこう平気でした。

 が、これは劇場で予告編観て、「誰が観るか、こんなもの!」と思い、今まで避けてました(予告編だけで映画館にいた女性が何人も「キャー!」。その気持ちは怖いほどわかった)。まあ、DVDで観る機会が出来たので、DTSサラウンドで拝見。

 …う〜ん、まあ、元ネタの「呪怨」は観てるし、何度も予告編で観たこともあるからか、これもけっこう平気だった。予備知識ゼロだったら怖かったんだろうけどね(特に最後の恐怖の畳み掛けは今回観ててもちょっとドキドキしちゃったもんなあ)。ストーリーはとにかくスカスカで、ただただ引き伸ばしてるだけだから、思った以上にダレちゃったよ。ビデオ版「呪怨」観てれば、別に改めて観る必要なかったかしら。あっちの方が安っぽくても怖かったような…。一回だけビクッとしたのが、上原美佐が部屋の外から「見られた」カット。あれは音の大きさも手伝って驚きました。

 役者はなかなか豪華(?)ですが、奥菜恵は日常会話時の舌足らずさが腹立たしく、伊藤美咲は実に張りのない叫び声を上げていてげんなり。上原美佐は意外といい声出してたので、もうちょっと演技の勉強をしてくれればマル。市川由衣は…別にどうでもいいや。あと、津田寛治、田中要次(BOBA)の出演は嬉しかったものの、「捻りのない男前演技」を披露しててちょっぴり残念。あの人たちは何かしら「捻りのある脇役」を演じてくれた方が好き。あんな役どころなら、他に打って付けの役者がいたような気がするよ。演技は下手くそでも独特な雰囲気を持つ柳ユーレイを出した方が良かった気はするなあ。あの人の無機質な演技は好きだった。
投稿者:古木はスター投稿日:2005-07-09 23:58:15
OV版と比較するとパワーダウンは否めないかな。
インタビューで清水監督が言ってたけど、
直接描写が多すぎて「恐怖」が「笑い」に昇華してしまう。

行方不明になった3人の女子高生が失踪する瞬間を遠山が目撃する
そのときの阿鼻叫喚なんかは怖かった。
OV版でも、顎のない柑菜を見たときの吉行由美の叫びなんか
ああいうのを見せられるといい演出だなと思うんだけど。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 22:03:44
監督は一生これをやり続けるのか…。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-03-01 23:14:19
怖いんか? 笑ったよ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-02-27 10:49:14
【ネタバレ注意】

怖いと言う人が多い様ですね。しかも本作はビデオ版の続きものである、とか(とりあえず見る気はないが…)
元々僕は気持ちの悪いのや、怖いのは嫌い。加えて元々映画ファンでもなかったので、インディージョーンズ(全体としては好きだった)の蜘蛛すら見たくなかった…映画好きの話に興味を持って“羊達の沈黙”をDVDで観るまでは。(関係ないか…)

TVで放映されたので観ました。怖かったかって?オープニングがね…
ビデオに撮ってたのを夜中に観たのだが…あの、おばあさんの後始末は大変だな。
真っ正直に生きている普通の人が意味もなく殺される…恨んで死んだか何だか知らんが極悪非道な霊魂だ。福祉センターの男は別に可哀想とは思わなかったが。
笑えるホラーね…確かに「悪魔のいけにえ」は気持ち悪くもあり笑えもする。本作はどうか?仏壇は笑えますかね…まぁ実際にシャンプーしていて何かに押さえつけられたら嫌だけど。勿論枕元に男の子がいたりするのも。そうね、憑り依かれたら逃れられない…ターミネーター的恐怖はあるかも。窓を塞ぎ、狂ったように叫ぶいづみ…やるねぇ。本来の主役?奥菜恵はボランティアという設定が良し。友達を助けに行くのも責任感があって良し。伊東美咲は普通っぽい所が可愛くて良し。…逆に腹立たしいね、あの兄貴とか。時制のシャッフルも別に混乱を呼ぶ程ではない。

投稿者:william投稿日:2005-02-23 19:01:43
で、どの辺が怖かったの?度々話が切り替わるのは鬱陶しい。
投稿者:エアマリン投稿日:2005-02-18 16:03:18
テレビでやっていたのでどんな感じか観てみましたが、怖いというより、不
気味な印象が残りました。でもなにか物足りないんですよねえ。舞台設定も
地味だし、ストーリーもありきたり。まあホラー初心者の方が観れば相当怖
いと思いますが、ホラージャンルを見慣れている方に限っては、出現パター
ンが読めてしまうし、一回見るともう見慣れちゃうので怖いという感じはしなくなると思います。
しかし民間人はともかく、刑事さんまで巻き込まれてしまうのには驚きまし
た。あんまり怖くなかったです。 [2点]
投稿者:ふじこ投稿日:2005-02-18 07:45:24
もっともっと怖いものかと想像してたが、普通だった。
白塗りメイクなどが犇屬舛磴鵑硫樵大賞爐澆燭い世辰慎いする。
投稿者:さち投稿日:2005-02-18 04:31:37
まあまあ
投稿者:電気クラゲ投稿日:2005-02-04 09:40:21
ニャァオンって鳴き声と一緒に出てくる俊夫くんに笑った。一体何が怖かったのか
今考えるとよく分からないが、程々に笑えたので一応、私は満足した。
不気味といえば不気味なのだが、心霊写真的なハッタリが殆どだった様な気もする。
清水崇監督はこの後ハリウッドでリメイクを作ったらしいが、こっちも期待ですね。
投稿者:マイケル投稿日:2005-01-02 15:42:09
怖くなかった!むしろ楽しかった!
ただ押し入れの奥から伽耶子が向かってくる所だけは見れんかった。。
階段下りてくるシーンは全然恐怖感じんかった。
見終わって、理解できなくてスッキリできないままで何か微妙やった;
投稿者:さとせ投稿日:2004-11-30 15:45:55
一応、ビデオ版からの流れできてはいるのだが金はかかっているのに怖さが半減した感じ。としおくんは変わったし、大家さんは出てないし・・・。
ちょっと期待はずれかな?DVDは2枚組で特典多し。
ノヴェライズ「呪怨」(大石圭・角川ホラー文庫・評価3・5)は、OVAから続いて書いているので必読!
投稿者:四畳半投稿日:2004-10-26 21:29:06
皆さんのコメントを見ているとどうも「リング」が怖かった人は
呪怨が怖くないようですね。かくいう私は「リング」ぜんぜん怖
くなかった。だって、冒頭で「見ると死ぬビデオがある、一週間
以内に他人に見せないと死ぬ」と女子高生の間で噂になっている。
これがネタバレでなくて何がネタバレ?脚本が根本的におかしい
んだ。ちゃんと教わったんだから、最初からそのとおりにしろよ、
ナナコ!
あの恐ろしい原作は映画化により女子高生の噂に堕していたのだ!

と、リングの話はいいとして、呪怨の方は(私はビデオを見ていな
かったのでなおさら)何の意味も無く関連も無く、ただその家に関
わっただけの人々が有無をも言わせずに消されていくその理不尽さ
が恐ろしかったです。カヤコさんのうめき声、独特の動きも目に焼
きついて堪らん。
ビデオ版を見、小説版を読むとカヤコさんにも情状酌量の余地あり、
と余計なことを考えてしまい、逆効果。
投稿者:馬券師投稿日:2004-08-31 02:48:55
私は数々のホラー映画を見てきましたが、今まで画面で心底怖いと感じた作品は『悪魔のいけにえ』意外ほとんどありません。
でも、私だけかどうか分かりませんが「笑える」(失笑ではなく)ホラー映画は傑作であると思っています。
『死霊のはらわた』なんぞは最高に笑えます。
そもそもホラー映画はB級であるべきで、A級映画を意識した時点で駄作に成り下がる(もしハリウッドのスペシャルスタッフ&キャストで素晴らしいホラー映画があったら教えて下さい)。
で、この作品は笑えてB級という時点で傑作。
更に「幽霊が丸見え」というのが素晴らしい(それを初めにやったのが『シックスセンス』じゃないかと思うのですが、あの映画はその業績は認めつつも、綺麗な映画で終わっちゃってて作品としてはたいした事ない)。
私は霊感はないのですが、幽霊が日常的に見えてしまう人はこんな風に見えるのかしら?と思わせてくれる。
もったいぶってドッカーンてのが海外ホラーの常套手段ですが、この作品を筆頭に幽霊丸見え路線(リアル路線?)で怖い見せ方(ふとんの隙間に幽霊が見えたら怖いと思うよ。あれは良かった)を追求して行くジャパホラの手法に期待します。幽霊を科学的見地から見ている私としては。
投稿者:日本社会事業組合投稿日:2004-08-19 22:39:17
【ネタバレ注意】

全く怖くないんだから駄作に決まってるでしょ。
あの少年や這い蹲る女が印象強いだけで
映画全体的には何のひねりもない。
ネタ的に貧困な映画。監督は才能がない。
「駄作」と言うより「ダサい」。
他にもっと怖い映画はいくらでもある。

あの這い蹲る女も全く怖くない。
「サイレントヒル4」に出てくる這い蹲る女のほうがよっぽど怖い。
もちろん全体的にも「サイレントヒル4」のほうが100倍怖い。
ゲームに負けてやんの・・・
まあ、作る人間の才能が違うから当然だが・・・
ハリウッドで「サイレントヒル」を映画化して欲しいな・・・
製作者はコナミの優秀スタッフたちで・・・

投稿者:2000年が絶頂の男投稿日:2004-08-07 19:03:57
8点。駄作、駄作と人はいうが、これよりいいやつそんなにあるか?ってかんじ。これが駄作なら世界中のホラーの99%は駄作。
投稿者:skull & rose投稿日:2004-06-11 05:34:10
 女子高生3人のゾンビのような出し方、そして墓場ではなく仏壇に引きずり込まれてゆくその面白さ!黒沢や高橋がバックにいるからして当然、映画史への強い意識があるのだろうが、観客が仏壇は大丈夫だろうと思っているその約束事まで破棄するやり方。仏壇など実際のところ、幽霊からすれば効き目があるかどうか判ったものではないのだ。そして、人が恐いと感じるあらゆるホラーはとられてしまったのだ、だからそういった約束事は破棄しなければならない、という強い決意があるように私は感じた。
 ひとたび見てしまった以上、その記憶から自由になることはできないという恐さ。ラストで奥菜恵が昇ってゆく階段の壁には彼女の影がはっきりと映し出されている。それは彼女自身もまた暗がりを作り出してしまっているのだ。すでに見てしまっている以上、彼女はその記憶から逃れられない。その隠された記憶が作り出す暗がり。鏡は記憶を反芻させる装置であり、彼女の記憶はすでに伽椰子の記憶に駆逐されているのだろうか。恐さは決して作品内での一過性のものではなく、むしろ見たことにより、知ったことにより、それ以前には戻れなくなることに、その本質がある。解釈の自由と、物語として破綻しているかどうかというバランスは難しいものがあるとしても、とにかく、私はこの作品を素晴らしいと思う。
投稿者:右心室投稿日:2004-04-12 10:50:33
今まで俺が見たホラーの中では一番怖い。ってか、怖すぎっ!
観た帰り道は暗い夕暮れの道歩くのに相当勇気要りました。2,3日は押し入れ見るも怖かった。
でも、懲りずに2も観ましたヨ。10点満点で8点。
投稿者:sflover投稿日:2004-04-12 10:44:41
どっかのレビューで「お化け屋敷のような感覚で」と褒めて(?)いたが
確かにその通り。でもそれって褒めてるとは思えないんだけど。
ホラー映画って言われてもあの地を這う妖怪のメークが安っぽくて
それこそ安っぽいお化け屋敷に入った感じ。
サム・ライミがもしコレを絶賛してたんなら終わってる。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2004-01-15 02:13:39
これ劇場版2があるんですか・・・。
ビデオ版の1は最高だったのに。お子様向けになっちゃいましたね。
サムライミ云々はこちらじゃなく、ビデオの出来の方でしょう。
まあ、マニアなんで劇場版2も観ますが、もう期待は一切しません。
投稿者:molbollo投稿日:2004-01-13 03:42:09
笑いが止まりませんでした。全っ然怖くねーじゃん!
とりあえずお化け露出度高すぎっしょ。あれじゃ観てる人も途中で怖さ麻痺するっての。
まだ「リング」の方が一発(テレビから出てくるとこ)にかけた分、怖かったわ。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-12 22:45:17
 さて、僕はビデオ版は観たこともないし、今後も観るつもりもない。他に観たい映画はいっぱいあるし、そんなことに時間を費やすのはもったいないからね。だから、ビデオ版との関連は正直どーでもいいや。あれを観ていないと映画版が分からないんであれば、コレを観るということに時間を費やした自分が悲しくなるよ。

 で、結論。這いつくばる幽霊はもう飽きたわ!
投稿者:フリクリ投稿日:2004-01-02 20:44:12
怖いのではなく、気持ち悪いだけ・・・
はっきり言って趣味と気色の悪いホラー。
ハリウッドうけを狙って、リングのようにリメイクしてもらいたさそう・・・
ハリウッドで監督サム・ライミがリメイクを予定してるらしいが、期待してよいのか?
サム・ライミ自身は、「こんなに怖い映画を見たのは初めてだ!」といってたらしいが、あんたの作品の「ギフト」のほうがまだ怖かったですよ。
それとも初監督作品の「死霊のはらわた」に感じるものでもあったのですか?
投稿者:hide0921投稿日:2003-12-17 16:00:31
恐怖映画は結構苦手な自分が見ても怖くなかった。
撮影が怖くないし、フィルムの選択も悪いのでは?
こんなのだったら漫画の「まことちゃん」の方がある意味ずっと怖い。

それでも観る人が多いのはそれだけ日本のホラーに期待しているのでは??
日本の製作者も頑張ってくださいね!
投稿者:karas投稿日:2003-09-29 03:44:16
【ネタバレ注意】

まっっったくの期待はずれ。
チラリズム無し、全部モロ見えでいっこも怖くなかった。

出てくる人物は片っ端から死んでいくわけだけど、
それにしたって ただ消えたりとか、ただショック状態になっただけとかだし。
「はぁ、そうですか。・・・で?」としか言えなかった。
全編にメリハリが無く、同じことの繰り返し。
正直ガッカリした。劇場版は作らない方が良かったのじゃないかと思った。

投稿者:H投稿日:2003-09-20 01:52:51
ビデオを観て無い人は劇場版を観てはいけません
続き物ですから・・・
投稿者:ゆーき投稿日:2003-09-18 15:37:23
あんまし恐くなかったからガッカリだった。かならず「出る方向を見てから出る」というパターンだったので、幽霊自体がチープなこの作品だと恐さが半減だった。
出るタイミングとか、音とかはそこそこ恐かったけど、なにしろ全体的なストーリーと幽霊自体のメイク等がチープ過ぎる。
現実味を味合わせるほどの脚本でもないし。
ちょっと「悪魔の棲む家」っぽいストーリーだった。残念。
ちなみにリングは恐かったです。★★☆
投稿者:J.I.M.P投稿日:2003-09-17 03:36:45
ドコが恐いんでしょうか?
あ、ちなみにオレはリングはメチャ恐かった方です。

演出も脚本も理解不能。話題性のある役者を無理にブッキングしたら
オムニバスみたいになったって感じにしか見えません。
確かに『ハッキリと見えてしまう幽霊』というアプローチは
企画力、商品力があって魅力的ですが、
映画として破綻していて、不成立。とにかく恐くない。
『回路』が好きな人にはお勧めかなぁ。
投稿者:tomason投稿日:2003-08-23 13:28:23
ビデオ版の2は褒めておいたけど.....今のところ、どれを見ても同じじゃん。馬鹿にするでない、渇っ!!
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-08-22 02:18:55
オムニバス映画?TVの解説で最後に全部つながるって言ってたけど、訳わからんかった。理解できた人いるの?
投稿者:the hysteric green投稿日:2003-08-17 11:45:54
怖いシーンはとにかく怖い。メチャメチャ怖い。でもそんだけ。

各エピソードが一体いつの話なのかの説明が全くないから見て自分で考えるしかないのは不親切。
特に最後のエピソードはいつの話なのか全然わからなかった(一緒に見た友達もわからかったな)。
それに昼夜、場所を問わず現れる幽霊は一体何がしたいのか意味不明。
ただ呪い殺すだけ?
最後は成仏するのかと思ったけど結局主要キャラみんな殺しておしまい。

これだけ怖いんだから、それだけで終わるのはもったいない。
印象に残るドラマとか欲しかったな。

怖いシーン以外は面白くなく、何も見るとこないから次見たら寝るなきっと。
投稿者:ロイ投稿日:2003-08-02 13:18:30
「見せすぎる恐怖」を追求しただけあって、いっぱいでてくる幽霊たち。
なので、お得な気分になります(?) 評価……10点中7.5点
投稿者:そうちゃん投稿日:2003-06-04 18:17:03
久しぶりに和製ホラーでびびりました
特に、伊東美咲と上原美佐の部分が
でもこうゆうストーリ構成にすると
観るがわとしては混乱します
自分的評価77/100点
投稿者:モモりん投稿日:2003-05-01 17:44:33
【ネタバレ注意】

こわいけど、恐くないってのが感想です。
各キャラ毎にストーリーを進めるのは
観ている方は混乱します。
おばあちゃんは何に怯えていたのか。
”としお”はどういう死に方(?)をしたのか。
肝心なところが伏せられたままです。
それにしても警察は何をやってるのやら!

投稿者:ゆうじ投稿日:2003-04-06 18:08:57
確かに見た瞬間は怖い。グロさではなく、単純に怖い物が出てきて怖がらせるという、ホラー映画の原点みたいな作品だ。しかし、ストーリーという物が存在するの?と思ってしまう程、ストーリーにまとまりがない。ビデオから続けて見ればわかるのかもしれないが、それってビデオとのパック商法だよな。何か納得いかんな〜。
まあ、その一瞬だけ恐怖感を味わいたいならばお勧めかも。怖さがあまり後に残らないことだし・・・。

投稿者:ディープ・ブルー投稿日:2003-03-25 03:29:04
予告編のあまりの恐さに観に行った。 近年の恐怖・ホラーものの中では、ダントツにやな演出だ! 特に、フトンの中にいたのはやだなぁ〜。 あと、テレビ画面の歪んだ顔が抜群に気持ち悪い!! あまりに気持ち悪いので3回も観に行った。
ただ、予告でオイシイところ見せ過ぎだったかも? 気持ちの準備が出来てしまってたのが残念・・・・。 あとトイレで、電話が鳴るシーンでは上から顔出して欲しかった。 他にももっともっと、恐く出来るハズなのに遠慮してるんだろうか?
2にはとても期待してます。 ビデオ版も観たけど、映画版の後見ると全然恐くない。 結局、映画版にしろビデオ版にしろ先に見たほうで免疫が出来ちゃうみたい。 話は「学校の怪談G」とやらからビデオ版・映画版と繋がってるらしいから全部観たいなぁ。  
投稿者:KOU投稿日:2003-01-27 23:56:23
予告編で描かれていた以上の恐怖は、なかった。

ただ、よく出来た力作なのは間違いないので、和製ホラー好きにはオススメ。http://face.ruru.ne.jp/harekura/
投稿者:プリズム5投稿日:2003-01-26 00:33:45
先程テアトル新宿で観てきました。話がビデオ版から繋がっているので「呪怨3」と言った感じです。で、出来と言えば正直期待よりも面白くありませんでした。ビデオ版の1作目から2作目、劇場版となるごとにパワーダウンしているように思えます。劇場版2作目を今から準備している場合じゃないと思いました。
投稿者:Trumpet投稿日:2002-12-20 22:03:09
怖い怖い怖い…もう5回ほど予告編を見てますが、何度見ても慣れません。
THE ●ING 本編より、こっちの予告編のほうがずっとずっと怖いです。
公開、待ちきれません。
【サウンド】
『鍵が開かない』(主題歌)
歌 :推定少女
【レンタル】
 【DVD】呪怨 劇場版 デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】呪怨 劇場版レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION