allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刑務所の中(2002)

メディア映画
上映時間93分
製作国日本
公開情報劇場公開(ザナドゥー)
初公開年月2002/12/07
ジャンルコメディ
覗いてみる?

一週間くらいなら入ってみたい
刑務所の中 特別版 [DVD]
参考価格:¥ 5,076
USED価格:¥ 4,829
amazon.co.jpへ

 Photos
刑務所の中刑務所の中刑務所の中刑務所の中

【クレジット】
監督:崔洋一
製作:若杉正明
企画:若杉正明
エグゼクティブプ
ロデューサー:
石川富康
岩城正剛
プロデューサー:榎望
原作:花輪和一
『刑務所の中』青林工藝舎刊
脚本:崔洋一
鄭義信
中村義洋
撮影:浜田毅
美術:磯見俊裕
衣裳:鳥野圭子
編集:川瀬功
音楽プロデューサ
ー:
佐々木次彦
スクリプター:小泉篤美
照明:松岡泰彦
録音:鈴木肇
助監督:中村隆彦
出演:山崎努受刑者No.222 花輪
香川照之受刑者No.134 伊笠
田口トモロヲ受刑者No.124 田辺
松重豊受刑者No.128 小屋
村松利史受刑者No.62 竹伏
大杉漣ティッシュマン高橋
伊藤洋三郎掃夫友田
遠藤憲一ミリタリー中田
浅見小四郎ミリタリー佐藤
粟田茂ミリタリー田村
恩田括ミリタリー木下
小木茂光ミリタリー佐伯
椎名桔平医官
窪塚洋介浜村
木下ほうか大内
長江英和岸田
榎戸耕史野口
戸田昌宏中井
山中聡加藤
斎藤征義戸川
森下能幸原山
黒沼弘巳それじゃさま青島
草薙良一藤島
斎藤歩工場担当横山
大橋一三計算工山本
田村上連班長内
中村義洋配食係
林海象クロスワードの受刑者
本田徳樹佐々木さん
宮川宏司本島
本間盛行モミアゲの受刑者
三原康可看守稲川
飯島大介看守杉野
田邊年秋看守水上
小形雄二工場区長
【解説】
 自ら体験した刑務所生活を綴った花輪和一原作の大ヒット同名漫画を映画化。意外に快適な(?)刑務所の日常で繰り広げられるエピソードの数々をディテールにこだわりコミカルに描く。監督は「月はどっちに出ている」「豚の報い」の崔洋一。名優・山崎努をはじめ、香川照之、田口トモロヲ、松重豊、村松利史ら個性派役者がアクの強い演技で笑わせる。
 ある日、ハナワカズイチは銃砲刀剣類等不法所持、火薬類取締法違反で懲役3年の刑を受ける。晩秋の日高刑務所で受刑者番号222番を与えられ、刑務所生活が始まった。ハナワはそれぞれひとクセもふたクセもある4人の受刑者たちと同房。ハナワを含めた彼ら5人は次第に奇妙な連帯感で結ばれていく。ハナワにとって刑務所内での暮らしは予想に反して平穏で居心地の良いものだった。厳しく、一見風変わりな規律はたくさんあるが、暴力などは一切なく、テレビも見れて雑誌も読める。刑務所の中では、そんな穏やかな毎日が日々繰り返されていた。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A誰も知らない (2004)
[002]Aフロム・ダスク・ティル・ドーン (1996)
[003]Aノー・マンズ・ランド (2001)
[004]Aアバウト・シュミット (2002)
[005]Aトーク・トゥ・ハー (2002)
[006]Aスクール・オブ・ロック (2003)
[007]Aボウリング・フォー・コロンバイン (2002)
[008]A至福のとき (2002)
[009]A壬生義士伝 (2002)
[010]Aシティ・オブ・ゴッド (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29208 7.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2015-09-26 21:47:38
病院に入院しているときに見た(DVDで..)
刑務所での食事がいろいろ出てくるが、刑務所のほうが美味そうに思えてしかたなかった。
特にパンにマーガリン、小倉小豆のくだりは絶対病院より美味いだろうな..。
さっそく試してみたくなったし..!!
投稿者:ピースケ投稿日:2013-05-02 00:14:15
『願いまーす!』 日常的に使いたくなった。
投稿者:william投稿日:2011-09-13 02:47:12
原作を見事な完成度で再現してくれました。
食べ物の、あの独特な品のない高級感とか。
鑑賞後、小倉あんとマーガリンのパンが無性に食べたくなりました。
投稿者:Virginia投稿日:2008-10-27 02:23:02
何度見ても面白い…原作もビューです(ハナワさん、天才!)けど、映画もまた充実してます。
味のあるベテラン俳優さんがぞくぞくと、それだけでも嬉しくなっちゃうのに、その頭領が山崎さん。
シュールな笑いのポイントをついてくれます。

アメリカ映画の刑務所モノだと、もう、暴力とか抗争とか強姦とか…とにかくダーティな世界ですが、本当に全く別世界ですね。
日本の塀の中は呑気だなぁと、平和だなぁと感じてしまうのです。
それもおかしな話ですが…。

ただ、1時間半ほどしかないのが残念です…もうちょっと見たかった!
喫茶店で「願いま〜す」して欲しかった^v^;)
思い切って、評価10!!
投稿者:きゃる投稿日:2007-11-26 23:31:24
選ばれた人間しか入ることのできない聖域、刑務所の中を体験するドキュメンタリーです。
脚色は無に等しいのですが、「日常」そのものがドラマになる。
特に問題提起をするわけでもなく、淡々と、「日常」を描いています。
投稿者:ララルー投稿日:2007-10-14 15:19:22
何度も見てるのに、たまに見たくなってレンタルしてしまう味わい深い逸品。
下の方が書いているように、規律ある刑務所の中の方が、暮らしやすいんじゃないか?と思えてしまう。
これを見た後は、「ビューだね、ビューだね」と「願いまーす!」が
頭に残ります。役者陣もよかった。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-19 00:08:55
普通に生きてたらまず見ることは出来ない刑務所の中。
その謎の生活をテンポ良く詳細に知る事が出来る映画。

‘臭い飯’と言われている食事は実に健康的で全然粗末じゃないんだね。

原作読んでみたくなりました。


投稿者:ara_masa投稿日:2006-05-12 18:21:29
主役・山崎努が実に良いです。随所に入る「〜なのだった」というモノローグもいい雰囲気出してます。
この映画で描かれている刑務所は、独特の規律を、形だけでもきちっと守っていれば平穏無事に過ごせる、周囲から完全に閉鎖された世界。刑務官の仕事は、規律の意味や効果を考えることではなく、ただ「守っているかどうか」を監視するだけ。服役囚は、服役期間が過ぎるまで、ただただ真面目で大人しい模範囚を演じるだけ。言い古されたことだけど、つくづく学校に似てるなあ、と思った。体操のシーンとか、所内を移動(っていうか、行進)するシーンを見る度にデジャヴな感じ。
劇中の登場人物がどいつもこいつも、全く反省してないところも含めて、刑務所出てからの再犯率が高いことを考えるとこの映画、期せずして結構な風刺になってるような気もします。
レンタルする時は、是非とも「アルフォート」片手にどうぞ。http://ara-masa.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:かっこう投稿日:2006-01-11 01:50:55
ストーリーはあってないようなもので、ただ刑務所生活を坦々と描いているだけなのだが、これがなかなかに面白かった。
下の方が書いているように、山崎努の飄々とした心の声が面白い。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 23:26:20
原作を先に読んだが、山崎努はミスキャストだと思った。
投稿者:well投稿日:2004-03-13 13:34:47
山崎努の胸中独白が、飄々としていてすごくおかしかった。

内容的には、テレビでやる“密着!刑務所の中24時間”というようなものとはまったく違って、みんな明るすぎるし、楽しすぎて困ったもんだ。罪の意識とか、羞恥心とかないのか!!と思ってしまう。
けれども、よく考えると、現在の日本人がとかく方向を見失いがちで、もしかすると適度に規律や制約のある刑務所内のほうが暮らしやすいのかもしれん、、と思えてきて、それがやけに哀しい。
投稿者:ゆうじ投稿日:2003-01-27 20:36:04
刑務所の日常を淡々と描いた奇抜な発想がすばらしい・・・と言いたいところだが、要は原作の漫画がそれだけ優れていたということ。原作のファンとしては、俳優のイメージが原作とちょっと異なっているのが気になった。
まあ、それを差し引いても、ほのぼのとした味のある面白い作品。爆笑という感じのコメディーではないので、TVの画面で見るよりはスクリーンで見た方が集中出来るかも。
投稿者:Longisland投稿日:2002-12-13 13:43:02
刑務所を舞台とした映画は洋の東西を問わず数あれど、本作品を観てわが国の刑務所の特異性を感じた。欧米や東南アジアのそれと違い安全という点では抜きん出ている環境、個人の自由の感じ方、刑務官の性格等々考えるに本作品は中々興味深い。日本人って規則に縛られることに寛容というか、規則の中に自由を見つけ出しちゃう特性があるのかね、与えられる菓子一つに満足と充実感を覚えてしまうところが悲しくもあり笑ってしまう。
脱走するわけでなく、囚人・看守のふれあいを描くわけでなく、淡々と塀の中の生活を綴っていく。だから何が描きたいんだ!と感じなくはないが楽しめた作品。

しかし、ああいった状況では『喰う』ということが純粋に素晴らしく感じるんだね。
投稿者:PEKO投稿日:2002-12-12 01:07:12
大爆笑ではないけれど、暖かく笑えます。規則に縛られた受刑者達の姿を面白おかしく描いていて、悪事を働いた人達なのになぜか好きになってしまいました。
本当に一週間ぐらいだったら入ってもいいかな?と思ってしまう。観賞後には是非アルフォートを買って帰りましょう。
犯罪者が増えないだろうか?この映画が公開されて。
2002.12.11観賞 8点
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 監督賞崔洋一 
■ ベスト10第7位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】刑務所の中 特別版2003/08/22\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】刑務所の中 デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】刑務所の中レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION