allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

U・ボート(1981)

DAS BOOT

メディア映画
上映時間135分
製作国西ドイツ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1982/01/
リバイバル→-99.4
ジャンルドラマ/戦争
U・ボート ディレクターズ・カット [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 1,760
USED価格:¥ 1,520
amazon.co.jpへ

【解説】
 第二次大戦下、基地を出航したドイツの潜水艦U-96の過酷な戦いを描いた骨太な戦争ドラマ(信じがたいが元々はTVミニシリーズ!)。狭い艦内を自在に動くカメラワークの迫力と続発するトラブルの息詰まる緊張感は見応えがあるが、その果てに迎えるラスト・シーンの虚しさは、史実をなぞらえなくても戦争の悲惨な一面を充分に訴えかけるという証明でもある。勇壮にして物悲しいテーマ曲も良い。99年にはLDのみ鑑賞可能だった209分の「ディレクターズ・カット」版が公開。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A海の上のピアニスト (1999)
[002]A戦場にかける橋 (1957)
[003]A未知との遭遇 (1977)
[004]Aダンス・ウィズ・ウルブズ (1990)
[005]Aオーロラの彼方へ (2000)
[006]A大脱走 (1963)
[007]Aシックス・センス (1999)
[008]Aローマの休日 (1953)
[009]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[010]Aランボー (1982)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24197 8.21
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2016-08-04 14:35:50
これは英国で第一次大戦時に流行った歌で今でも大人気の曲だ。これをドイツ人も熱唱するシーンがいい。
出向前の乱痴気騒ぎといい、部下と艦長の関係といい、どこかドイツ人と日本人は相通じるものがあるように感じてしまう。全くアングロサクソン系と気質が違う、、、、
ドイツが作った戦争映画では文句なく史上ナンバーワンだろう。

追記。やたらと狭い潜水艦の中で人が走るなーと思っていたら、潜行するときはなるべく多くの乗組員を船首に移動させて重くする、ということだったのか! この辺の撮影が素晴らしかった、
投稿者:こじか投稿日:2014-10-29 22:42:01
【ネタバレ注意】

思ったより泥臭い作品、良い。密室感のある潜水艦内部、カメラは動くし照明も見事。レンズははたして何个覆鵑世蹐Α◆△笋燭薺い砲覆訌破僂糞震筺なんと言ってもこの音楽、素晴らしい。

投稿者:scissors投稿日:2014-02-08 05:45:47
「ディレクターズ・カット版」を半分も見ないうちに停止。
なんかぐだぐだしてるなあとは思ったけど、TVシリーズの編集だったとは。
完全版とやらを見ればまた違うのかもしれんが、それを見る気にはならない。
投稿者:sachi823投稿日:2013-09-23 17:03:45
ただでさえむさ苦しい潜水艦の乗組員たちが、
疲労と恐怖でまるで人間でないように変貌していく
過程が非常にリアルです。
狭い潜水艦の内部の描写も優れています。
敗戦国ドイツの作品であることは、戦後多くつくられた
アメリカの戦争映画とは趣が違い、違う民族の話ですが
親近感を感じたりします。
非情なラストも作品に深い余韻を残し、素晴らしいと
思います。
投稿者:o.o投稿日:2013-03-04 01:27:53
巨大な水圧で鋼鉄のかたまりと共にぐしゃりと潰されてしまうのかもしれない、しかも、それが 1 時間後なのか、それとも今すぐなのか分からないというのはどんな気分でしょうか。そんな重苦しい切迫感がひしひしと感じられる映画でした。明確な殺意を持って艦内をなめ回してゆく駆逐艦のソナー音、水圧に耐えかねて吹き飛ぶボルト、吹き出す海水、亡霊の群れのような兵士たちの顔、顔、顔。「冷酷で巨大な現実の支配する所」(劇中のセリフ) で苦闘する兵士たちの姿は、あるいは人間一般の生きる姿でもあるのかもしれません。

戦争の大状況を描くのではなしに、狭苦しい潜水艦の中での延々と続く作業、とくに修理、修理、ひたすら修理を描く映画でしたが、たしかに一般の兵士にとって、いざ戦争になってしまえば、あれこれご立派なことを考える暇もなく、次々と発生する目の前の問題にひたすらに対処するしかないだろうなあと思います。冷たく死んでいたエンジンがついに動き出し、ずらりと並ぶピストンたちがいっせいに動き始めた時の、マシンに心から感謝したくなる気持ち、よく分かる気がします。

潜水艦 U96 の艦長は本当にかっこよかったと思います。艦内がほとんどパニック状態でも、あくまで冷静に報告を求め、指示を出し、絶望的な状況でも万が一のチャンスをしぶとく求める。錯乱状態になった兵士をすぐさま射殺しようとする冷徹さを持ちながらも、部下を厚く信頼し、「いい部下を持った」と感謝する。と言っても、現実離れしたべらぼうな英雄というのではなく、危機を脱出した後、興奮して一人艦上でわめき散らす姿が人間的で好ましいです。

ドイツ映画で、しかも第二次世界大戦が舞台となれば、どうしてもナチの扱いが気になってしまうのですが、この映画の主要な関心の置き所はそういった政治的なところにはなさそうです。ただ、そう来たかというラストは、テーマ的なこともあるのでしょうが、それよりも、元ナチスの国の映画としては、めでたしめでたしという形にはできないという、政治的な正しさ (Political Correctness) への配慮なのかなという気もしないではありません。

不思議なことです。ぜんぜんポジティブな内容の映画ではないにもかかわらず、見た後、なんだかやる気 (何の?) が湧いてきてしまいました。世の中、励ませば人間やる気が出ると思っている薄っぺらな輩が多すぎると思う次第です。
投稿者:dadada投稿日:2012-11-18 08:32:44
オリジナル版の初見は、とっくに無くなった地元のショボい2番館。
湿気くさい小屋で観た本作の息苦しさは印象的。
ブルーレイを購入し、倍近い長さのディレクターズカットで30年ぶりに再見。
潜水艦モノ特有のエピソードが網羅され時間の長さは感じないが、昔の臨場感はテレビモニター前での快適な環境では感じない。
梅雨時の夜に照明を暗くして再々見?
投稿者:gapper投稿日:2012-04-09 18:40:51
 潜水艦物の金字塔。

 後の潜水艦物は、これの亜流のよう思えてしまうオーソドックスでいて面白く作られている。
 この話は、1941年でクリスマスの話が出るので12月の上旬であろう。
 調べるとそれまで絶対的な優位を誇り恐れられていたUボードが、ソナーや護衛艦の強化などでその優位性が危うくなってきた時期だ。
 本作でもソナーに恐怖し予定外の増援された護衛艦に苦しむ。
 また、単独行動での任務をこなしているが、複数で連携し攻撃することも多かったはず。
 ターゲットが輸送艦と攻撃力を持つ艦船の違いかもしれないが、その辺も盛り込んで欲しかった。

 攻撃の成功、駆逐艦からの反撃、故郷への思い、敵の救助問題、深度への挑戦、艦の修理など必要なものは全て盛り込まれている。
 艦長が大尉と言うのは、気になる。
 艦長=Captain=大佐で潜水艦は比較的小型なので中佐位が一般的なはず。
 せいぜい少佐であるはずなのだが、既に人材不足であったと言うことだろうか?
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:TNO投稿日:2012-01-22 06:08:48
潜水艦は、基本的に海上を航行する船舶よりもスピードが遥かに遅い。また、魚雷は上方に向かっては撃てない。従って、海上の敵艦に一度見つかって潜水艦の上に居座られてしまうと圧倒的に不利な立場となる。新鮮な空気の補充のために、何時間かに1回は、海上に浮上しなければならないのだが、それもままならなくなる。このあたりを知っておくと本作の面白さは倍増することだろう。英国駆逐艦との消耗戦では、敵艦のピッピッというソナーの音が不気味。敵の駆逐艦が、魚雷の命中した敵方タンカーの乗組員を救助せず去って行ったことに、艦長(ユルゲン・プロフノウ)は敵のことながら怒りを発する描写も良い。艦長がスペインで給油と言っているので、果たしてスペインは二次大戦でドイツと手を組んでいたのかと考えてしまったが、実はスペインに寄港している独商船から購入するのだった。商船の船長達が"ハイル・ヒトラー"と右手を挙げて挨拶するのに対し、艦長達は、無視するので、おそらく艦長以下士官は、反ナチだろう。勘違いする人が多いのだがドイツ軍=ナチスドイツではないのだ。ジブラルタル海峡の海底から再浮上の場面は生還できるかどうかの正に極限状態を描ききっていて秀逸。無事浮上できた時の新鮮な空気を兵士達がうまそうに吸い込む様は感動的。最終盤にもドラマが待っている。ドラマとしては、非常によくできていると思うのだが、私が観たのは、ディレクターズカットなので、なんと3時間48分の長さのもの。劇場公開時には、2時間15分だったようなので、かなり引き延ばされている。最初のパーティーの場面から、無駄なカットが多く、先が思いやられたが、徐々に緊張感やら絶望感が描き出されてきて、どうにか最後まで観ることができた。実際に潜水艦に乗り込んだ従軍記者が原作者なので、自己をモデルとしたと思われるヴェルナー少尉(ヘルバート・グリューネマイヤー)は生還できることは想像できた。"機関室の幽霊"役のアーウィン・レダーの熱演は目立った。
投稿者:Normandie投稿日:2010-12-10 01:37:33
今も昔もあれだけユダヤ人で占拠されてるアカデミー会員たちがよくも
オスカー6部門ノミニーに選んだものです。それって凄いことではないか。
今までも第二次世界大戦関連といえばナチス=悪、いつも被害者の図式の
ユダヤ人ばかりで作られた映画やイメージが強かったから疑問もあったが
こんなドイツ人たちもいたんだと、この描き方もいいんだと何だかほっとした。
時に静かで激しい海を思わせる力強い音楽や束の間の休息のシーンも感傷を抑えていていい。
あのラストはやり切れないが、これで映画の伝えたい事が完璧になったと思います。
演者では少尉役の人がよかった。

最近これまで避けてきた色々な戦争映画をキチンと見て行きたいと思ってる。
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-27 15:27:01
敗戦国が描くと戦争映画はどうしても悲惨なものになる典型の一品。体中にカビが生えてきそうな狭くて息苦しい艦内の描写は凄みがあります。さすがはその後売れっ子監督になるウォルフガング・ペーターゼン。駆逐艦との戦闘は本当に怖いですhttp://mototencho.web.fc2.com/2009/valklry.html#dasboot
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-02-21 19:42:24
【ネタバレ注意】

ラスト5分前までは、戦争映画ってよりは「パニックムービー」ですね。
アルマゲドンのブシェミみたいにキレる奴もいるし。
ただコイツも最終的には結構な働きをみせます。

オープニングのバカ騒ぎから、火花の飛び散るドッグ…嵐の海…いや映像も悪くない。

そこから緊張感満点なエピソード、そして攻撃を受けるってのは「戦争」ちゃー戦争なんだが、絶体絶命〜回避〜また絶体絶命って展開はパニックムービーって言って良いと思いますね。

「Help me」か〜夜空に燃え上がり沈没してゆくタンカー。

そして戦果を上げた深海の狼達は、(軍部の?)非情な命令によって敵がウジャウジャいる狭い海峡(ジブラルタル)の強行突破を試みるも…今度こそ正真正銘の絶体絶命。

ラスト5分。なんだアルマゲドンの地球帰還でもするのか〜と思って見てたら……絶句。
僕等も弱さを見せたり、強い意志を発揮したり、恋人を想ったり、敵国の唄を楽しんだり…って彼等とピンチを共有しながら鑑賞してきた訳だが、晴れがましい式典…正に国家の英雄たる彼ら。

…はっきりこれは戦争映画です。しかも藝術作品かもです。ラスト5分があるが故に。


「ディレクターズカット」に「TVシリーズ完全版」か〜BOXでゲットしたんで、何時かは観ますが…時間と精神力に余裕が要りそうな…

投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-08-04 08:49:34
なかなか見応えがあった。いい映画だと思う。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2007-07-08 18:15:28
【ネタバレ注意】

面白い、でも長い。 緊張感があるだけに、見ていて少々疲れた。
深海=潜水艦、上空=飛行機 には共通点が多い。
それは、密室劇と地に足つかない恐怖。
でも深海作品は、空に比べて少ない気がするのは、気のせいか。
海もまた怖い。。。

本作の良いところは、ヒトラー/ナチス 色を出さずに、男のドラマとしつつも、最後は空爆であぁ無常と無情感を醸しだしたトコロ。
戦争にハッピーエンドなんてない。http://www.geocities.jp/griffin0623/

投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-07-06 05:21:29
題材がすばらしいので期待したが、わりと普通だった。もちろん特撮技術がまずいからではない。アメリカと比較したって仕方ないもの。
ドイツ映画にはもっと良作が多いはずだ。フランスやイタリアには、決して芸術的には劣っていないし、文学ではむしろ凌駕している。
この監督に期待した私が馬鹿だったのか。
日本にだってよい第二次世界大戦映画があるのに。「戦場のメリークリスマス」
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-06-15 23:10:27
こりゃあ完全版もみんといかんね。
投稿者:ASH投稿日:2005-02-09 23:13:05
DC版は長いんで三夜に分けて鑑賞。いや、あの閉塞感と緊迫感がコタえる。TV版はもっと長いんでキツそう…。
投稿者:nehane215投稿日:2004-07-07 10:13:07
やっぱ「U・ボート」は完全版(全六話のやつ)に限ります。
オリジナルじゃ物足りないし、一連のお話として成立しないと思う。
※でも完全版を観るまでは、オリジナルが最高〜!と思ってましたけどね…。

ウォルフガング・ペーターゼンは好きな監督のひとりです。
U・ボート、大統領専用機、漁船で乗り物三部作?は完結なのか。
「パーフェクト〜」はイマイチだったので、
まだまだ乗り物映画をつくってほしいですね。

ファルコンは乗り物としてカウントされるのか否か…?
投稿者:なんぶ投稿日:2004-07-02 02:55:56
先月、アメリカで『オリジナル アンカット バージョン』が発売されました。
もち、282分のやつ。
リージョン1が再生できて、日本語もいらないのであれば、Amazon.com等から取り寄せ可能です、というより、ぜひ見て欲しい。
投稿者:zerojack投稿日:2004-07-02 01:35:45
昨日テレビでやってましたけど、カットしすぎです。あれじゃ、この映画の素晴らしさが伝わりませんよ〜。
この映画は潜水艦映画の中では一番好きな作品です。
20年以上も前の映画ですが、今見てもホントにおもしろいです!!
この作品の上を行くものはありませんね〜。
Videoは録画したものを持ってるんですけど、ぜひDVDが欲しいです!!
1999年に出たものは今はほとんど売っていませんし・・・。
ヘラルドさんぜひぜひDVD化をお願いします。
投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-18 01:06:09
潜水艦映画の頂点。これを超える潜水艦映画はもう出ないでしょう。潜水艦の中の息苦しさがとてもリアルでたまらないです。中の緊張感も素晴らしいです。ラストのシーンは今まで見た映画のラストシーンBEST5に入るぐらい好きです。反戦映画としてもすごくいい映画です。
投稿者:イドの怪物投稿日:2002-09-14 01:23:45
最近レーザプレーヤが修理され、完全版を改めてみて、
  ・スペクタクルとしての出来が良い。CGではなく実写の迫力は模型と   いえどもCGを凌いであまりある。
  ・潜水艦が主人公で、助演に俳優陣が絡むといった構図で、戦争映画の   白眉。反戦思想を強要するのでもなく、お涙を強要するのでもなく。
  ・何より汗臭く、スエタ体臭がむんむんするリアルさはこれ出来の良    さ。
私はこの映画には賛辞を送ることを惜しまない。
投稿者:bathory投稿日:2002-06-11 19:35:07
しそうな位に息がつまる様な作品ですなあ・・。潜水艦映画では最高でしょう。衝撃的な皮肉なラストもルアルでいい。音楽もね。ああ・・ビール飲みたい・・・
投稿者:fulcrum投稿日:2001-04-15 19:35:34
真面目すぎる! 辛いぞ! かんべんしてくれ! って感じかな。

こいつに匹敵するWWII映画を撮れないうちは、やっぱ日本人て田舎者かも。と思ってしまう私は非国民ですかね。
投稿者:Longisland投稿日:2001-03-24 20:33:47
なんぞ最近米国産の『U-157』が話題になっておりますが、なんと言っても潜水艦映画といえばこの作品ではないでしょうか。絶望的な状況での人間の底力、任務を遂行する艦長のリーダーシップ(ユルゲン・プロフノウがかっこいい)機関長から一兵卒までが一丸となって危機を乗り越え、経験が薄い中尉?が一人前になってゆく・・・「ゴットファーザー」と並んで男子必見の映画!!
ところで、この映画を撮っているときにちょうどスピルバーグ監督が「インディー〜」を撮っていてドイツ軍車両等小物を貸し借りしてたという噂(未確認)
個人的には、長い方(デレクターズカット)は、ちと(お尻)辛かった・・・それを耐えるのが男の子か。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 監督賞ウォルフガング・ペーターゼン 
 □ 脚色賞ウォルフガング・ペーターゼン 
 □ 撮影賞ヨスト・ヴァカーノ 
 □ 音響賞Milan Bor 
  Trevor Pyke 
  Mike Le-Mare 
 □ 音響効果編集賞Mike Le-Mare 
 □ 編集賞Hannes Nikel 
□ 外国語映画賞 
【レンタル】
 【DVD】U・ボート ディレクターズ・カットレンタル有り
 【VIDEO】U・ボート ディレクターズ・カットレンタル有り
 【VIDEO】U・ボートレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION