allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ユーモレスク(1946)

HUMORESQUE

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1949/10/18
ジャンルドラマ/ロマンス
ユーモレスク [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 5,040
USED価格:¥ 5,039
amazon.co.jpへ

 Photos
ユーモレスク

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2013-08-14 10:26:07
ニューヨークで食品店を営むルディ(J・キャロル・ネイシュ)の息子ポール(ジョン・ガーフィールド)は母エスター(ルース・ネルソン)に買って貰ったバイオリンに夢中になり、音楽学校を卒業する。オーケストラの一員となるものの、持ち前の熱心さが災いして、すぐ首になってしまい、リサイタルをやりたいと思っていたが、金がなくては売り出す事も出来なかった。
そこでピアニストのシド(オスカー・レヴァント)が金持ちの夫人ヘレン(ジョーン・クロフォード)の開催するパーティに出席させて、「チゴイネル・ワイゼン」を演奏すると、それが夫人の気に入り、有名な指揮者に紹介し、天才バイオリニストとして評判になった。その後、ポールと夫人との仲が深まっていくものの・・・。

この映画は戦後まもなく公開されて、かなり評判は高かったのですが、私は最近やっと見ました。有閑マダムのヘレンが夫を捨ててもバイオリニストのシドと結婚しようとするが、芸術家肌のシドが人よりも音楽を愛しているので、うまく行かないと言うのが骨子で、かなり面白いけれども期待したほどではなかったというのが実感です。
ただ題名の「ユーモレスク」など多くのバイオリン演奏が聞けるのクラシック・ファンには向いているかも知れませんし、レバントが親友だったカーシュインの曲を多く弾いているも良い所です。
なお、ガーフィールドのバイオリン演奏が、たびたびクローズ・アップされますが、これは本人ではなく、後ろから2人のプロが弓を弾く手と爪弾く手を出しているそうで、随分凝った事をしているのだなと思いました。実際の演奏はアイザック・スターンですが、この人は日本に馴染みの深い人なので、ご存じの方も多いと思います。
投稿者:uptail投稿日:2012-06-03 09:23:05
演出:8
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:Tom投稿日:2009-10-31 03:44:48
伝説の演劇集団グループシアターの盟友オデッツとジョン・ガーフィルード
が魅力的なソープ・オペラを魅せてくれる。ジョーン・クロフォードの演技も
素晴らしい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 劇・喜劇映画音楽賞フランツ・ワックスマン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ユーモレスク2012/04/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ユーモレスクレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION