allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

幽霊と未亡人(1947)

THE GHOST AND MRS. MUIR

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1949/04/26
ジャンルコメディ/ファンタジー
幽霊と未亡人 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 2,840
amazon.co.jpへ

【解説】
 初期の軽快なコメディやスリラーの小品などの方が、ストーリー・テリングの達人マンキウィッツの個性を際立たせているが、本作などまさにそうで、ヒロインのティアニーの美しさ、威厳たっぷりの幽霊のR・ハリソンの名演も相まって、実に味わい深い佳篇となっている。今世紀初め、若く美しい未亡人ルーシーは姑や小姑との同居を嫌って、幼い娘(N・ウッド)と永年のつき合いの家政婦を伴い、幽霊の出るという海岸沿いの邸を格安で借りる。するとやはり出てしまうのはお約束。だが、そこの以前の持ち主ダニエル船長の幽霊に、気丈なルーシーは驚かず居住権を確保。しかし、亡き夫の資産運営に姑らが失敗し仕送りが断たれ、生活は苦しい。そこで船長は自分の武勇伝を小説に書かせ、彼女名義で発表するよう助言。初めは有閑夫人の書くものなど、と相手にしなかった出版社も、一度読み始めたら止められぬ冒険譚に、即出版を承諾。彼女は一躍、売れっ子作家となりもそこで知り合った作家フェイヤリーと親交を持つが、これが大変嫌味な俗物で、実は女房がいるのに、彼女と結婚をエサにいい仲になろうという魂胆。小説執筆以降、彼女に好意を寄せられた船長は、実体なき自分など愛さず生身のいい男を探せ、と強がりを言って突き放したが、相手がその軽薄男となれば事情は別。猛然と反対し仲違い。彼女が自らの誤りに気付いても姿を見せることはなかったが……。作家役のサンダースの好演はあっても、この中盤はいささかダレるが、素晴らしいエピローグによって帳消しにもなろう。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
650 8.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2012-09-18 11:50:12
には不思議と名作が多い。映画向きのテーマだからだろうか。
これもいかにもマンキウィッツらしい、ほのぼの映画だ。ジーンティアニーはいつも素晴らしい。
ホワイトクリフという架空?の地名は、いかにもWhite cliff of Dover という名曲を思い起こさせる。そのロケーション撮影が見事だ。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-07-05 10:28:54
この当時、怖い幽霊をお洒落に扱った映画が多かった。これもその1本。肉体がない幽霊なのに、やたらプライド高いクレッグ船長に気高い貴婦人ルチアが堂々と渡り合う。この序盤が特に見所。流石のレックス・ハリソン。スタージェスのイカレタ指揮者も良かったが朗々たる台詞廻しが絶妙。そしてこんなキュートな人がこの当時居たんだ。ルビッチの遺作でも輝いていたジーン・ティアニー。ジョージ・サンダースとの不倫劇あたりがちょっといただけないが、軽く楽しめる映画だ。やはりマンキーウィッツ。この後、三人の・・・とイヴ・・・と名作が続く。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-03 23:54:58
ジョセフ・L・マンキウィッツ
投稿者:gapper投稿日:2010-06-16 23:20:35
 「イヴの総て(1950)」のジョセフ・L・マンキウィッツ監督のおしゃれなドラマ。

 イギリス南部の海岸風景が美しく、レックス・ハリソンはダンディでジーン・ティアニーも美しい。
 はっきりとした幽霊が出てくるが「アザーズ(2001)」などと異なり怖さなどは欠片もない。

 アカデミーの撮影賞(白黒)にノミネートされている。
 大抵の場合何処が良いのかよく分からないのだが、この作品は分かりやすく風景と室内がとても美しい。
 とくに、カモメ荘というだけあり窓の外を飛んでいるカモメが印象深い。(合成かスクリーンプロセスかは分からなかった)
 ただし、室内にいるとカモメがよく窓の外を飛んでいるのだが、時折ある外のシーンではカモメが飛んでいないのはご愛嬌。

 美男美女の洒落た会話が見所の作品だった。

【映画からの薀蓄】
 イギリスのお茶の習慣は有名だが、由来はあまり知られていない。
 イギリスでは、昼食は軽めであり夕食はかなり遅い。
 その為、夕食まで持たないところからお茶の習慣が始まったそうだ。
 ただ、この作品ではお茶の時間は夕方の5時であった。
 日本でのイメージとはかなり異なる。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 19:56:54
演出:10
演技:10
脚本:10
音響:10
投稿者:風巻毅投稿日:2008-06-09 18:20:16
全編なにもかも、すばらしすぎる! どうしてこんな素敵な映画が、傑作としてさほど認知されていないのだろう。映画ファンなら100人が100人とも感動するはず。ジーン・ティアニーを、レックス・ハリスンを、はじめて愛すべき役者だと感じた映画。感動は深く長く続きます。とくにラストは涙を禁じ得ない。
投稿者:Ikeda投稿日:2006-02-20 16:52:17
戦後このようなテーマの映画が多かったのでパスした作品です。当時、マンキヴィツが脚色や製作した名画は沢山見ましたが、監督作品は「三人の妻への手紙」ぐらいしか見ていませんでした。
最近この映画を見てこれほど深みがある作品であることを知って驚きました。最初からテンポ良く話が展開し、この世を去った幽霊の人生観を訴えながら、ラストシーンへ持って行く演出は素晴らしいです。
ジーン・ティアニーはあまり目立たない女優ですが、私が好きだった女優の一人で、この映画で改めて見直しました。幽霊のレックス・ハリソンもエロキューションだけでも良い位の名演です。それに後半、出てくるジョージ・サンダースはあまり良い役ではないけれども、同じイギリス系の役者として確かな演技です。ただ、娘役のナタリー・ウッドが可愛いだけの出演は残念でした。
なお、幽霊が植えたという「チリマツ」という木は初耳だったので調べてみましたが、南米のチリにある木だそうで、建材として輸入もされているようです。私は見ていませんが、「猿の惑星」にも「Monkey Puzzle Tree」という名前で登場しているそうです。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2005-08-21 20:38:55
【ネタバレ注意】

 これは傑作。物語の大部分は海辺の斜面に立つ屋敷が舞台で、まずこの屋敷のロケーションが実に映画的なのだ。特に室内シーンの窓を背にしたカットで悉く窓の向こうの打ち寄せる白波が示される画作りなんて惚れ惚れする。また、この映画は「肖像画の映画」として銘記すべきだ。うす暗い部屋の中に初めて肖像画が映し出されるファンタジックなカットには誰もが瞠目するだろう。なんという空気感。

 そして主要登場人物の魅力溢れる人物造型も唸るばかりだ。ヒロインのジーン・ティアニーはこゝでも眩いほどの美しさだし、レックス・ハリスンの押し出しも見事。傲岸不遜に見える一面哀愁を漂わせる絶妙な性格付けでラストへの展開を納得性のあるものにしている。ジョセフ・L・マンキウィッツ畢竟の傑作。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

投稿者:Longisland投稿日:2002-04-04 12:58:04
気丈な未亡人、幽霊船長、小姑、家政婦、不動産屋
登場人物が全て魅力的に描かれているのは 流石脚本家出身監督
(本作品の脚本は違うけど)

ジーン・ティアニーの未亡人、レックス・ハリソンの幽霊船長の会話の面白さ!絶品
お互いに惹かれながらも未亡人が軽薄野郎によろめくところに
生きている人間のサガが感じられた。
ラストは御伽噺のお約束とわかっていても、ジーン。

幽霊の姿が他人に見えない設定って、本作品ぐらいから始まったのかな〜?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞(白黒)チャールズ・ラング・Jr 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】幽霊と未亡人2014/05/02\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】幽霊と未亡人2006/10/13\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】幽霊と未亡人2006/03/10\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】世界名作映画全集 64 幽霊と未亡人2005/09/25\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】幽霊と未亡人2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】幽霊と未亡人2004/10/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】幽霊と未亡人レンタル有り
 【DVD】世界名作映画全集 64 幽霊と未亡人レンタル有り
 【VIDEO】幽霊と未亡人レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION