allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

誘惑されて棄てられて(1963)

SEDOTTA E ABBANDONATA
SEDUCED AND ABANDONED[米]

メディア映画
上映時間118分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1965/03/18
ジャンルドラマ
誘惑されて棄てられて/わらの男 [DVD]
amazon.co.jpへ

【解説】
 シシリーに住むある男が、婚約者の妹に手をつけて妊娠させてしまった。家族は体面を考えて、二人を結婚させようとするが……。シシリーの風俗習慣を題材にした艶笑喜劇。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2012-07-30 10:56:23
ペピーノ(アルド・プリージ)が婚約者の妹アネーゼ(ステファニア・サンドレッリ)と関係してしまい、アネーゼは姉に申し訳ないと思いつつもペピーノを好きになってしまう。それを知った父ドン(サロ・ウルツィ)は二人を結婚させようとするが、ペピーノは自分が犯したにも関わらず、処女でない女と結婚するのは嫌だと言い出し、彼の父も牧師もそれに賛同するというのが面白いです。
そして父ドンは何とか名誉ある結婚をさせようとして奔走するが、ペピーノは未成年誘拐にすれば名誉ある結婚ができると考え出してドタバタ的になり、何が尊厳を保つことになるのか解らない進行になっていますが、それが逆に面白い映画でもあります。
投稿者:さち投稿日:2011-02-08 09:45:14
よかrwq
投稿者:asama投稿日:2007-02-21 11:40:04
艶笑劇かと思わせつつ、その内容はかなりシリアスなものだ。シシリーという保守的な土地柄で起こったある強姦(和姦?)事件を軸に描きながら、家族、倫理、恋愛、といった極めて基本的でそれゆえ重いことがらを、ややドタバタ的ではあるが、鋭く抉り出している。古い道徳に縛られることの悲劇が、この作品を喜劇ではなくより社会性の強いドラマに仕上げている。それにしても、二十歳前のステファニア・サンドレッリの美しいこと。それを見るだけでも価値のある作品だ。
投稿者:ファルド投稿日:2004-03-08 20:08:28
「未成年誘惑罪」を巡ってドタバタする艶笑喜劇だけど、この手のイタリアものらしいギャグが多く鏤められていて結構笑えましたね。一家の名誉の為奮闘する父親をS・ウルツィが面白おかしく演じていたと思います。この映画の会話によると、男の発射回数は一生に約三千発らしい。が、以前観た「WR:オルガニズムの神秘」によると約四千発だった。どうでもいいけど、千発も違う(笑)。
投稿者:Katz投稿日:2002-12-09 23:06:12
一番最初に 主人公が
シシリーの町の坂を上って教会へ向かいます。
カンツォーネ風の主題曲がバックに流れますが
それがとても素敵です。
主演のステファニア・サンドレッリの目元を
強調したメイクがとても魅力的です。彼女は当時の映画に
何本か出演していますが、これが一番好きです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 男優賞サロ・ウルツイ 
【ソフト】
【レンタル】
 【VIDEO】誘惑されて棄てられてレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION