allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

過去のない男(2002)

MIES VAILLA MENNEISYYTTA
L' HOMME SANS PASSE
THE MAN WITHOUT A PAST

メディア映画
上映時間97分
製作国フィンランド/ドイツ/フランス
公開情報劇場公開(ユーロスペース)
初公開年月2003/03/15
ジャンルドラマ/ロマンス/コメディ
人生は前にしか進まない

過去のない男


 Photos
過去のない男過去のない男過去のない男

【解説】
 「マッチ工場の少女」「浮き雲」のアキ・カウリスマキ監督が、過去のない男を主人公に描く再生と希望のドラマ。記憶を失った男が、周囲のユニークな人々との関わりを通して前向きに人生を歩んでいく姿を、現代社会への皮肉を効かせながらユーモアと哀愁を込めてオフビートに綴る。主演はマルック・ペルトラ。共演にカウリスマキ作品の常連カティ・オウティネン。2002年のカンヌ国際映画祭でグランプリと主演女優賞をダブル受賞。
 ある日列車に揺られ、夜のヘルシンキに流れ着いた一人の男。公園のベンチで夜明けを待っていた彼は突然暴漢に襲われ、瀕死の重傷を負う。男は病院で奇跡的に意識を取り戻すが、過去の記憶を全て失っていた。身分証もなく、自分の名前すらも分からない有様。しかし、幸運にもそんな彼にコンテナで暮らす一家が手を差し伸べ、男は彼らと共に穏やかな生活を送り始める。そして救世軍からスープが振る舞われる金曜日。男はコンテナの主人に連れられ支給場所へとやって来る。そこで男は救世軍の女性イルマと運命的な出会いを果たすのだった…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aボウリング・フォー・コロンバイン (2002)
[002]Aトーク・トゥ・ハー (2002)
[003]Aレニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ (1989)
[004]A少女の髪どめ (2001)
[005]Aブロークン・フラワーズ (2005)
[006]Aライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003)
[007]Aロスト・イン・トランスレーション (2003)
[008]Aスクール・オブ・ロック (2003)
[009]Aシービスケット (2003)
[010]Aパッチギ! (2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28230 8.21
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:FFF投稿日:2011-09-27 23:05:59
ロックと犬にこだわるおっさん、カウリスマキ。しっくりくる。
人生はどう考えても絶望的だが希望を失ってはいけないのであった。
投稿者:TNO投稿日:2011-03-30 18:52:11
主人公は、自らの境遇を一切嘆くでもなく、他人に過度に頼るでもなく、淡々と新しい生活を切り開いてゆく。無力である一方で、精神的逞しさも感じさせる。純粋な人間賛歌であるところがいい。食堂車の寿司にクレイジーケンバンドの音楽。アキ・カウリスマキ監督は、かなり日本びいき。カクカクとしたカット割りは、"Ozu"を彷彿とさせ、この映画独特のテンポを作り出している。北欧は、福祉が充実していて、"揺りかごから墓場まで"と言われるが、こういう住所不定の人達がいるということは、少し驚きだ。映画なので、誇張はあるかもしれないが。貧乏人から更に金を絞り取る悪徳警官や、冷徹な役人が登場して、体制風刺もある。「目に何か付いてる」のくだりが気に入った。カティ・オウティネンは、無垢な感じを受ける女優さん。救世軍は、キリスト教プロテスタント系の一派で、軍隊と同じような組織肩書で運営されていて、福祉活動が活発なことで有名とのこと。"野郎どもと女たち"を思い出した。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-03 22:47:17
マルック・ペルトラ
投稿者:デジゴン投稿日:2009-12-01 15:56:42
タクシードライバーと同じ空気感。
第二、第三の人生は、浅深あれ全ての人にあてはまる。
社会の掃き溜めのような所の方が、
かえって傷ついた人を癒すのかもしれない。
味わいのある映画。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 19:20:33
アキ・カウリスマキ
投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-10 00:11:37
入り込めなかったなぁ、残念。笑っていいのかどうなのかよくわからん場面があったせいか、いや、いつもそんなんだよなぁ、まぁとにかくこの作品は無理でした。雰囲気は相変わらずとぼけていて面白いんですが、ストーリーに魅力がないというか、どうでもよくなっちゃった。でも不思議とカウリスマキ作品って、イマイチな時でもあまり嫌な気持ちにはならないんですよね。うーん、やっぱり不思議な人だ。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-22 01:59:58
ジメジメした雰囲気、ヌメ〜とした人物たちとどうにも掴みどころのない作品なのですがその独特なテイストに惹きつけられたら、もうこの世界にハマっちゃいますね。

普通、感情表現が乏しすぎる人物ばかりだと退屈するハズなのに、彼らはボソッと笑いを誘うセリフを発するから飽きない。
お世話になった人に芋の一つもあげないとか、ロックをやろう!と言った割りに、あえてその曲なのか?!ってチョイスだったり、今どきそんなセリフを言うか〜?など目の付け所が良いです。
主人公の枯れっぷりもまたGOOD

淡々とした作りで意外とシビアなのですが、飽きさせないユーモアが散りばめられているのが秀逸です。

ただ・・・演出は素晴らしいのですが、シーンとシーンの繋ぎ目に流麗さがないのが観ていて気になりました。

全体的にはちょっぴり感動できて、ちょっぴり可笑しく、どこかミステリアスな温かい作品ですが気軽にオススメできる作風ではないです(汗)
でも、行間を読むのが得意な方には是非観ていただきたい♪
投稿者:J.J.投稿日:2007-06-28 12:38:18
アキ・カウリスマキの作品をちゃんと見たのはこの作品が初めてでした。なんか独特の世界と空気を持った作品でいいです。ずば抜けて最高にいいとまでは思えませんが、間違いなく記憶に残る映画でした。記憶喪失というベタな設定ですが、カウリスマキによって新鮮な印象を残してくれています。
投稿者:ノリス投稿日:2007-05-17 16:01:44
アキ・カウリスマキ名前は、確かミニシアター系の監督で知っていたが、この監督の作品を見たのは、昨日初めてだった。ヨーロッパ映画らしく、地味な印象で、芸術的な映画だなとつくづく思った。話も実に新鮮味がありハリウッドの映画にありがちなものはここにはない。何の束縛もなく作った今の映画が失ったものが(個性)がここにはあるような気がする。結構、眠くなってしまったが・・
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-02-18 01:15:44
小津譲りといわれる交わらない視線とその延長線上の会話。殆ど人間悲喜劇とでもいうべき逸品だ。いわゆる大作とか傑作とかいわれるものの対極に位置するとでも考えればいいのか。
『過去のない男』では冒頭とラストに列車が登場する。あたかも人生が止まることのない列車であるかのように。そういえばこの作品の前に手がけた『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』(02年)の“Dogs Have No Hell”もまた出所した男が列車でシベリアに向かう話だった。
その場所を去り、偶発的にしろその場所の記憶を捨てる。主人公の男(マルック・ペルトラ)はしかしその状況を寧ろ楽しむかのように生きる。名前も記憶も金もない・・・しかし誰かが助けてくれ、恋までしてしまう。
どこか楽天的な人間賛歌に仕上がっているところが面白い。
イルマ役でカンヌ映画祭で主演女優賞を獲得したカティ・オウティネンも印象的だが、彼女はこの作品のときはまだ40歳過ぎだったのね。もっと老けていると思った(苦笑)。

カウリスマキ監督は大の寿司好き、特にワサビがとても好きだそうで、クレイジーケンバンドの小野瀬雅生にわざわざ「『モットワサビ』という曲を作ってくれ」と依頼したとか。「ハワイの夜」も唐突で可笑しかったが、何とも変わった監督だ(苦笑)。
投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-11-23 07:44:18
すごく好き。笑える。最高。ブラボー。十点だ。
投稿者:投稿日:2005-06-12 18:09:38
 地味な中年男女の恋愛を、せりふを抑えた独特のタッチでユーモラスに描き、ほのぼのした味わいを残す。なかなかいいと思う。
 しかし、それ以上の胸に迫るものがない。見終わって1時間経った今、どんどん印象が薄れてきている。結局、その程度の作品なんだな。ある程度の水準の恋愛映画の1つ、という位置を越えることがない。

 マルック・ペルトラは、記憶が無くなっても悩まず、淡々としていて前向きに生きる男を好演している。

 カティ・オウティネンも、好演だとは思う。しかし、ものすごく地味だ!華があるとは言えない。まあ、監督は地味好みということなんだろうが。あの70歳を超えるフィンランドの国民的歌手だとかいう女性を登場させてもいるし。美的嗜好はどうなんだろう。私が見たのは「浮き雲」に次ぎ2作目だが、16年にわたって監督作品のほとんどに出ているとのことで、見ている人は飽きてこないか?新鮮さは薄れるのではないか?と、どうしても思ってしまう。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-12-08 21:45:53
何か日本人の心に深く染み入ってしまうものがこの監督作品にはあるようですね。小津作品の影響が大きいのもあるんでしょう。合わない方もいると思うけれど、私は好きですね。
日本酒と演歌が出てきた時は、高倉健さん映画っぽく感じられました。ちょっと箸の持ち方ぎこちなかったけどね。
これから生きる力強さが感じられて良いなと思いました。
ただちょっと以前に比べアクが抜けた感じがしました。これはこれでいいんですけどね。
投稿者:yuiko投稿日:2004-11-10 21:19:15
「生きる」ってことは、こういうことなんだなあ。
そういう大切なものが伝わってきます。
笑いや涙もあり、良い映画と思います。
投稿者:さち投稿日:2004-07-02 07:19:14
いい 小津さんの影響がはっきりわかる
投稿者:握名投稿日:2003-11-29 21:12:44
渋いぜマルック・ベルトラ!フィンランドのジャン・ギャバンか!
WASABIが目にしみる・・・
投稿者:parole投稿日:2003-10-24 13:29:42
小津安二郎の絶対的な影響を受け、またフォードからも多くのものを得て、
それでいながら全く独自なスタイルを確立した素晴らしい作家だと感じました。
小津譲りの「交わらない視線」を一部で使っていましたが、
ヴェンダースですら「マネ」しなかったこの手法を堂々とやってのけ、
それが嫌みとなっておらず逆に作品の質を高める要素となっているところなど、
ただ者ではないなと感じました。
また、小津やフォードが優秀な喜劇作家であったように、
カウリスマキもまた一流の喜劇作家のようで、
この作品は小津の作品が「人間喜劇」と呼びうるのと同じ意味合いで、
「人間喜劇」なのだと強く確信しました。

映画として極めて、特筆すべきと言って良いほど美しい作品だと思います。
投稿者:SWEET BABY投稿日:2003-10-14 23:15:11
と言いますよね。
前に読んだときすごく感動したのに今読むとサッパリ伝わらない、というような。
この映画は、わたしの心情がもう少し斜めに傾いて人恋しい時に出会たらよかったのに、と思うような映画である。残念ながら今は気分が上々で(?)、この映画の悲哀やその中にあるユーモアや優しさにひたることができず、いまいちこの映画のリズムに乗れなかった。
わたしが登場人物たちの年齢に近ければ入りやすかったかも。
カウリスマキ監督は前から注目していたし、一度見なくてはと思っていたのに、こういう出会いをしてしまってもう彼の作品を見ないかもしれないな〜。あ〜、あと、ロックとブルース以外は監督との音楽の趣味は合わなさそう(笑)

これは余談ですが、カウリスマキ監督がこの映画のプロモーションで日本にやってきたとき、筑紫さんとお酒を飲みながらデロデロに泥酔した対談は笑えました。
投稿者:ゆーき投稿日:2003-09-30 12:14:46
カラーコントラストの強い映像で、空と土と肌が不思議な綺麗さを出していた。
が、映画としてはどーなのか?って感じだった。
薄いストーリーを情緒ある音楽と映像で誤魔化した感がある映画だった。PVとしてはそこそこいいのかな?って思った。とにかく映像は綺麗。「これってお洒落じゃね?」って感じ。
まあ、この監督の作品はコアなファンが多いのも解るような解らないような。
ちょっと期待して見過ぎたのが間違いだったか。★★
投稿者:飄々ノ介投稿日:2003-06-10 06:30:00
ゆったりとお酒を飲みながら観たい・・いい映画でした。
元気が出ました。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-30 22:02:57
独特な芝居の間がいい。台詞のやりとりのタメが、画面に注意をひきつける。
投稿者:敦煌投稿日:2003-04-30 00:41:20
【ネタバレ注意】

 昨年カンヌでグランプリを獲ったときの、カウリスマキ監督の不機嫌さといっ
たらなかった。何とも解釈のしにくい感情表現ではあったが、常識的に考えれば、
最高賞のパルムドールを逃したのがご不満だったと受け取るべきだろう。まあ、
確かに、そのくらいの自負を抱いても許されるかなと思わせる快(怪)作ではあ
った。
 本作の主人公、記憶がなかろうが、自分が誰だかわからなかろうが全〜然、困
惑しないところがまずおかしい。「悩んだってしょうがねえや」とばかりに、ひ
ょうひょうと生活基盤を固めていく。
 困惑しないないだけではない。この男、やることなすこと、うまく行くのであ
る。親切な家族に助けられる、“猛犬”は手なずける、救世軍のバンドをプロデ
ュースすれば大当たり、女はなびく、本当は妻がいると判明しても円満離婚が成
立する…。
 思うにこの男、記憶を失う前はやることなすこと、うまく行っていなかったは
ずだ。妻とは険悪、仕事も失い、新規まき直しのつもりでヘルシンキに出てきた
ら、暴漢に死ぬほど殴られる(というか、実際、死亡宣告されたんだよね。それ
が何の説明もなく生き返っちゃうんだから、映画製作の定石からすればものすご
いウルトラCだ)。人間、何が幸いするかわからないよねという、根拠はないけ
ど前向きな希望がそこにある。
 ただしその前向きさを前面に押し出していないところが、この作品の隠れた魅
力だ。熱意や向上心なんてものを感じさせるキャラはただの1人も出てこない。
画面に漂う妙に低血圧っぽい空気感。緻密なのか安直に書かれたのかわからない
セリフ。学芸会すれすれの無表情な演技。主人公とヒロインが初めてキスをした
後の「だましたのね」「すまない」「・・・・」「紳士的じゃなかった」という
やり取りなど、見ているこちらが照れ笑いしてしまうほどのたどたどしさだ。狙
いでそうしているのか、あれがフィンランド語として普通のトーンなのかは知る
由もないが、石田泰子さんの字幕は、その「たどたど感」を見事に写し取ってい
た。
 脇役キャラも個性たっぷり。私のお気に入りは元工場主のオジサンだ。銀行か
ら貸しはがしに合い、工場は倒産。凍結された自分の預金を引き出すために銀行
に乗り込んでいく。通帳と印鑑ではなく、通帳とショットガンを持って。
 復讐や、私利私欲のためではなく、従業員に未払いの賃金を払うためだったと
いうのが泣かせるじゃありませんか。今の日本の経済状況を考えると、オジサン
に追随する中小企業経営者が続出するのではないかと心配になるが、不況を乗り
切ろうと懸命の社長さんたちが、この単館映画をたまたま目にする可能性は、そ
う高くはないか。
http://homepage3.nifty.com/atsuo-m

投稿者:もーがん自由人投稿日:2003-04-11 01:47:47
だれもが過去の自分とのつながりの中で現在を生きてる。それが幸せであろうと不幸であろうと・・・。今までの自分を捨てることなんて普通できやしない。だから追い込まれれば劇中の社長のように犯罪や自殺に走るものも少なくない。過去のない男は偶然にも過去が消えてしまったお蔭で、絶望的な人生をやり直すことができたと言えるのだろう。列車の中の寿司と演歌(ムード歌謡?)にはちょっと萎え〜だったけど、最後まで飽きさせない、いい映画でした。
投稿者:いもこ投稿日:2003-03-23 22:45:22
【ネタバレ注意】

前々作「浮き雲」から連なる希望に満ちた人生を生き直す一人の男の物語。

カンヌでグランプリ。オスカーノミネート。

長年アキ・カウリスマキの作品を観てきたけれど、うむうむどうだろう?
世間の監督が撮ればもちろん代表作間違いなしだろうがアキ・カウリスマキ作品では「真夜中の虹」「ラ・ヴィ・ド・ボヘーム」辺りで賞を獲得して欲しかった。この作品も悪くないのだけど。

作品の途中で突然今は亡きマティ・ペロンパーの写真が登場する。やはり彼の損失はアキ監督にとっていまだに癒えない痛手なのだろう。彼がもしこの作品に出演していたのならばもっと、もっと素晴らしい作品になっていた事は想像に固くない。彼あってのアキ・カウリスマキ作品だった。

心停止した男がゾンビのごとくすくっとベットから起きて曲がった鼻を治すなんてサイレント映画のようだ。訳有りの過去のある男が良い人生を取り戻す昔のキャプラやチャップリンの作品を彷彿とさせる。

過去は消せないけれど、人生はそんなに悪くはない。監督自身が励まされたくてこの映画製作に取り組んだのではないのだろうか?

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 外国語映画賞 (フィンランド)
□ パルム・ドールアキ・カウリスマキ 
 ■ グランプリアキ・カウリスマキ 
 ■ 女優賞カティ・オウティネン 
■ 外国語映画賞アキ・カウリスマキ 
□ 作品賞 監督:アキ・カウリスマキ
【サウンド】
『ハワイの夜』(挿入歌)
歌 :クレイジーケンバンド
【レンタル】
 【DVD】過去のない男レンタル有り
 【DVD】過去のない男/街のあかり HDニューマスター版レンタル有り
 【VIDEO】過去のない男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION