allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シベリア超特急3(2002)

SIBERIAN EXPRESS 3

シベリア超特急3 〜60年目の悪夢〜(DVD・新)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(M&T Pictures)
初公開年月2003/01/02
ジャンルミステリー/サスペンス
誰が解く――?
60年の謎の糸!
シベリア超特急3 ~60年目の悪夢~ [DVD]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,300
USED価格:¥ 540
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:MIKE MIZNO
エグゼクティブプ
ロデューサー:
水野晴郎
プロデューサー:伊藤直克
原作:水野晴郎
脚本:上代務
北里宇一郎
水野晴郎
撮影:鈴木耕一
美術:安宅紀史
美術監督:木村威夫
スクリプター:杉山昌子
照明:才木勝
製作担当:小松功
録音:湯脇房雄
助監督:荒川栄二
監督補:吉原勲
出演:三田佳子森裕美
宇津井健宮城伝蔵(現代)
内藤武敏沢島軍平(現代)
真柄佳奈子宮城和世
江成大輝城之内正人
久永さとみ
田中丈資宮城伝蔵(40s)
安藤一平沢島軍平(40s)
大浦みずき金芳蘭
大塚ちひろオリビア
アガタ・モレシャンヴィヴィカ・リンデンバウム
グレゴリー・ペッカーダニエル
リチャード・グロスヤーニス
マシュー・カールセンマヌーク
サム・アルノード車掌
インゲ・ムラタウクライナ線の老婦人
サリー・越中謎のルームキーパーの女
安藤鳩子志津
山口雪太郎伝蔵(30s)
水野晴郎山下奉文陸軍大将
【解説】
 映画評論家の水野晴郎が手掛けるカルト・ムービーのシリーズ第3弾。前作同様MIKE MIZUNO名義で監督を務めるほか、原作、脚本、エグゼクティブプロデューサー、出演を兼ねている。本作では現代の客船内で起きた事件と61年前にシベリア超特急内で起きた事件との接点を探っていく。三田佳子、宇津井健といった豪華なキャストが顔を揃える。
 1941年、ドイツで映画の勉強をしていた16歳の宮城伝蔵は金に困った末、このモスクワを発つシベリア超特急の一等車輌に潜り込む。同じ車輌には何者かに狙われている山下将軍が乗車していた。列車が発車して間もなく殺人事件が起きる。何も解決しないまま翌朝には第2の事件が。謎は深まるだけだった…。2002年、瀬戸内海を航行するクルーズ船の中では、テレビ局会長にまで上り詰めた宮城伝蔵の誕生パーティが開かれていた。だが、豪華絢爛な催しも束の間、殺人事件が発生する。それは61年前のシベリア超特急の事件とあまりにもよく似ていた…。
<allcinema>
【関連作品】
シベリア超特急(1996)シリーズ第1作
シベリア超特急2(2000)シリーズ第2作
シベリア超特急3(2002)シリーズ第3作
シベリア超特急5(2004)シリーズ第5作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
316 5.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nicky投稿日:2006-08-01 23:10:58
何がつまんないって、閣下の出番が少なくなってます・・・
誰も本格ミステリーなんか望んじゃあいない、コメディでぜーんぜんかまわないのに〜
シベ超ファンは、歩くぬいぐるみ・山下閣下の棒読みを、
「閣下はなんでも知っている」ベタな解説を楽しみに観てるんだぞ。
なのに、なぜか映画は間違った方向に、豪華に高度になってゆく――http://ameblo.jp/nicky/entry-10015336028.html
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-05-09 02:02:36
 マイク水野がこの映画で見せる歴史観、好きです。戦争反対という大原則を貫きつつ、単純な善悪二元論にも陥らない。軍人・山下奉文を主人公にしたのは、風貌が似てるとか状況設定を借りるとかいうだけでなく、意味があったのですね。水野晴郎って頭のいい人だと思いました。

 作品としての評価で言うと、映像や音楽などの技術面は申し分なし。ただ話としては、謎解きの”謎”の部分に重みがない。というのは、いかにも謎解きのためだけに用意された謎に感じたということです。枝葉末節をくっつけて、謎が謎として存続する時間を長くしないと、サスペンスが成立しないのではないかと。逆に言うとサスペンスがあれば多少不合理な説明でも、観客はカタルシスの誘惑に負け、飛び付いてしまう。この作品は「なんでもお見通し」山下将軍の謎解きが、牽強付会に見えてしまいました。5
投稿者:terramycin投稿日:2005-02-20 01:04:00
水野作品をはじめてみた。こんなにひどいとは思わなかった。
水野の素人な演技、こちらが赤面してしまう。
他の俳優も総じて演技が下手である。
大学生の作った創作映画レベルだと思った。
ストーリーの骨格はそんなに悪くはないと思うのだが、肉付けができてない、変だ。
1っ作目も相当ひどいらしいが、3から見てもびっくり。
唯一の救いがオリビア役の娘だった。誰だろうとネットで探したら「大塚ちひろ」という人だった。現在は結構、TVや映画に出ているようだ。ポニーテールが素敵だった。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-10-19 01:48:53
内容はまずまずなんだが、水野晴郎の演技がボロボロ!教科書の棒読みか思た。笑うしかあらへんわ。自らを和製ヒッチコックと思ってらしゃるようで何か意識したそれらしきシーンもあるけど、ほんなら出演したらあかんで。別の役者が演じとったら、このシリーズもっとおもしろいでっせ。こんなん思うん私だけ?
投稿者:GRIFFIN投稿日:2003-07-21 18:38:15
【ネタバレ注意】

 スケール大きくなって、物語も複雑に、そんでもって立派になって3作目。でもやっぱり普通・・・オリジナリティは何処へいったのか。。。
 3作連続でみると、なんか山下閣下の出番の少なさに物足りなさすら感じてる自分がいて不思議だ。まぁ見所ないのがご愛嬌ってことで、、でもすっかり映画です。
 列車、ホテル、客船(+列車)に続く密室劇は何処?空か!?

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】シベリア超特急3 〜60年目の悪夢〜2006/09/20\2,000amazon.co.jpへ
 【DVD】シベリア超特急32003/07/25\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】シベリア超特急3 〜60年目の悪夢〜レンタル有り
 【DVD】シベリア超特急3レンタル有り
 【VIDEO】シベリア超特急3レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION