allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地獄甲子園(2002)

BATTLEFIELD STADIUM

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2003/07/19
ジャンルアクション/スポーツ/コメディ
星道高校vs外道高校
地獄の喧嘩野球開幕!
地獄甲子園 熱闘 ! スーパートルネードBOX [DVD]
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 5,949
USED価格:¥ 695
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:山口雄大
アクション監督:下村勇二
製作:千葉善紀
藤本款
プロデューサー:北村龍平
企画プロデュース:佐谷秀美
原作:漫☆画太郎
『地獄甲子園』(集英社/ジャンプコミックス刊)
脚本:山口雄大
桐山勲
脚本協力:漫☆画太郎
石井輝男
北村龍平
高津隆一
撮影:古谷巧
特殊メイク:仲谷進
編集:掛須秀一
音楽:矢野大介
ギャグ監修:増本庄一郎
ナレーション:下條アトム
出演:坂口拓野球十兵衛
伊藤淳史メガネ
谷門進士外道監督
榊英雄ほういち
飯塚俊太郎教頭
西尾季隆番長2
(X-GUN)
土平ドンペイ松井ゴリラ
三城晃子メガネの母親
増本庄一郎主審
蛭子能収十兵衛の親父
(特別出演)
小西博之番長1
永田耕一校長
【解説】
 月刊少年ジャンプで96年から97年にかけて連載された漫☆画太郎原作のバイオレンス・ギャグ野球漫画を実写映画化したスポ根アクション・コメディ。甲子園出場を目指す高校球児たちが、ルール無用のケンカ野球を仕掛ける相手チームと壮絶な死闘を繰り広げる。監督は北村龍平作品「VERSUS」「ALIVE」などで脚本を手掛けた山口雄大。本作が劇場用映画デビューとなる。
  甲子園出場を目指す星道高校だったが、予選1回戦の相手が外道高校と決まった。しかし外道高校は、試合中の出来事は事故とみなされる高校野球を合法的に殺人のできる遊び場と考える、ルール無用の殺人集団だった。星道高校も3年前の予選でやりたい放題やられて試合放棄を余儀なくされた忌まわしい過去を持っていた。そんなある日、野球部補欠要員のメガネが運悪く番長グループに絡まれる。そこを転校生の野球十兵衛が助けたことから、十兵衛は番長と喧嘩野球対決をするハメに。そんな2人の激しい闘いを、野球部の監督兼校長の朝倉が興奮の面もちで見ていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
314 4.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:フェニックス投稿日:2007-08-20 22:21:22
なんでもありの話であれだけ派手な殺しをしておきながら「試合中の事故」で済ませる外道高校の連中がいいですね。ていうか、高校生どころかほとんど怪物ですが。
ただ、野球でむごい目にあったんだから、リベンジもあくまで野球でということにすればよかったと思いましたが。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-03-30 16:18:58
もはや野球ではなく、殺し合い。
投稿者:さとせ投稿日:2005-12-08 22:43:38
原作は漫画太郎の「地獄甲子園」であるが、そのまま映画化出来ないため途中からはオリジナルになっている。作りは監督のコメンタリーにもあるように低予算のためチープだがそれなりの味わいがある。2枚組のDVDの特典が良く、そっちを購入お勧め。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-05-27 23:41:12
あわてて感想を書き込んだら、「極道甲子園」だった!
力さん、すみません…。
投稿者:bond投稿日:2005-04-08 12:28:13
原作を知らないが、そこそこだった、あそこまで荒唐無稽だとつっこみする気もなくなる。でも魔球いらないんじゃないの。
投稿者:joe投稿日:2004-11-25 01:19:00
原作にかなり興奮した人間にとってはかなり物足りない。
魔球の後半部における意味が全くないし、最後の決闘もしょぼい。
まぁ外道のメイクや衣装はなかなかだったかも。ずっと叫んでた女子高生も可愛かった。
ただ、致命的なのがテンポが悪すぎる。あえて悪くしているのかもしれないが全然活きてない感じがした。
投稿者:トレマー図投稿日:2004-10-30 17:22:40
原作よりも遥かに劣っている感じがした。
投稿者:右心室投稿日:2004-10-25 07:54:38
友達とゲラゲラ笑いながら見た。

所々、「少林サッカー」に勝るとも劣らない程おかしい、爆笑しちゃうシーンがあるけど、そうでない部分は徹底的に寒いので、プラスマイナスゼロというかマイナス。
投稿者:ゆうじ投稿日:2004-05-26 20:56:44
まじめに取り組めば、とても映画化なんて出来っこない画風と無茶苦茶なストーリーの原作を、
ある意味開き直ってそのまま映画にした作品。面白くしてやろうという力みが無いぶん、
よく似た雰囲気の韓国映画「火山高」(下の人も書いていらっしゃいますね)より笑える
作品になった。ベタさとチープさが作品の魅力になった好例でしょう。
同時上映だった小品「ラーメン馬鹿一代」も、なかなか面白い。
投稿者:紅竜投稿日:2004-04-12 18:58:19
全体的なノリとか雰囲気は「火山高」に近いかも。
でもくだらなさとか突っこみやすさではこっちが上。
途中までは「大傑作かも,,,」と期待したけど、
最後の外道高校との対決がただの殴り合いって、なんだかなあ。
最低限、野球の試合の枠の中で大暴れして欲しかったな。
主人公の魔球も前半しか登場しないし。
投稿者:exparty投稿日:2003-12-28 22:14:46
制作発表以来から見てみたい、とは思ってたが、はっきり言って全く期待していなかった。
けどフタを開けたら、あらま。
なかなか原作の雰囲気と、本作のオリジナリティの素敵なハーモニー。
十兵衛の衝撃の過去とメガネの母親は笑えた。
唯一文句があるとすれば×-GUNの番長かな?

この映画にグランプリを与えたゆうばりファンタは偉い。かも。
【サウンド】
『KICK IT!!』(エンディング・テーマ)
作詞 :小宮山雄飛
作曲 :小宮山雄飛
歌 :小宮山雄飛
【レンタル】
 【DVD】地獄甲子園レンタル有り
 【VIDEO】地獄甲子園レンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION