allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

Mr.ディーズ(2002)

MR. DEEDS

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
初公開年月2003/02/15
ジャンルコメディ/ロマンス
彼女の目当ては、400億ドル。
Mr.ディーズ コレクターズ・エディション [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 971
USED価格:¥ 970
amazon.co.jpへ

【解説】
 名匠フランク・キャプラ監督、ゲイリー・クーパー主演による往年の名作人情喜劇「オペラハット」をアダム・サンドラー主演でリメイク。監督は「リトル★ニッキー」のスティーヴン・ブリル。共演にウィノナ・ライダー。突如巨額の遺産が舞い込んだ田舎の純朴青年が、大金目当てで近づいた女性と恋に落ちるハートウォーミング・コメディ。
 ニューハンプシャーの小さな街でピザ屋を営むロングフェロー・ディーズは街の人々から愛されるまじめで心優しい青年。ある日、メディア王の叔父が亡くなったことからディーズは400億ドルという遺産を一人で相続することになる。さっそく、街の人々の盛大な見送りを受けてニューヨークへと向かうディーズだったが、初めての大都会に戸惑うばかりだった。やがて、彼の回りには人のいい彼を騙してウマいこと大金をせしめようとする人間が次々と現われる。さらに、スクープ記事を狙う女性レポーター、ベイブ・ベネットもまた真意を偽り彼に近づくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
オペラハット(1936)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1366 5.08
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:マーサ19投稿日:2013-11-23 19:31:37
【ネタバレ注意】

見逃してたので、夜中の録画。
録画したら吹替えだった・・・
で、その主人公が関西弁。
これって芸人?

最近よく芸人が吹替えあるけど、ちょっとね、よくない。
好きじゃない。

面白さ増す?
私は思わない。
まわりの声優がいいから見れるけど、面白さが半減してます。

まあまあいい作品なんだろうけどね〜。

投稿者:jb投稿日:2012-10-19 11:54:35
楽しめたほう。
投稿者:uptail投稿日:2009-06-04 14:35:11
スティーヴ・ブシェミ
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-02-10 20:29:39
【ネタバレ注意】

前に買ってた(アダムのコメディ+500円だった)のだが、放置しており…あのオペラハットのリメイクってコメントを読んで観る気が増殖したが…つまり「オペラハットを観てる様な奴が知らずに買ってた」のだよ。

けど、設定は兎も角、オペラハットはコミカルだが格調高いムービーで本作は現代的なブチ切れコメディです。つまりが、オペラハットのファンが観るようなムービーじゃない。が、僕はそんなヤツも好物にしてるので結構楽しみましたね。オリジナルにもバカ騒ぎやエコー遊び、消防車も登場するんだが、エコーは兎も角、他はテイストが全然違う。猫はトランポリンで跳ねる訳ではなくマッケンローと車に卵をぶつける訳じゃない。勿論、突然現れる性格なスペイン系の執事なんていません。勿論、大富豪が凍りつくのも、ラストの大騒ぎも完璧にオリジナルですよ。

でもそれはそれでアリ。つまりが存在価値のあるムービーを作ってきた訳で僕的には絶賛です。
ヘリで歌を歌うのも楽しいし、ウィノナがピザ屋の強者と対決するのも楽しい。つまりが全てにおいてブチ切れているわけ。確かに彼の金の使い方(2万ドルで普通のチャリンコ(しかもUsed)を購入とか…)や、ラストの「相続者を間違ってた」なんてオチはヒドイと思うが。
オペラハットのファンに本作は「絶対勧めない」が、本作のファンにはオペラハットやら或る夜の出来事、素晴らしき哉、人生!など(ってかまだそんだけしか観てない)のキャプラ作品はお勧めです。

投稿者:きゃる投稿日:2007-12-23 22:01:10
クレイジー・アイズのキャラは強烈ですね。燃えた猫、よく生きていましたね。
マッケンローは本物ですか?あのバカ騒ぎの夜のシーンは必要だったのかな?
手に入る財産の使い道、二人の恋の行方、ハラハラドキドキしました。
投稿者:Sleeper投稿日:2006-06-04 02:27:16
TVで吹き替え版が放送されています。
ただでさえあまり面白くない本作が、さらにお寒いものになっている。
関西弁も、中川家・礼二の声自体もA・サンドラーにあってない。不自然。
中川家・剛のタトゥーロもひどい。タトゥーロに謝って欲しいくらい。
妻夫木のレオ(タイタニック)や石田純一のギア(プリティ・ウーマン)と
同じくらいひどい。

投稿者:BLADE投稿日:2006-05-17 15:37:14
足の凍傷ネタは笑えないけど、他はそこそこ面白かった。ウィノダ・
ライダーが氷の湖に落ちるシーンも面白かった。問題は吹き替えだな。
中川家が担当したから、どうも不自然に聞こえる。執事役の人まで
も関西弁だからな。
投稿者:YY投稿日:2004-08-06 16:02:26
相変わらずのアダム・サンドラーが私は好き。
ストーリーは普通だけど笑えた。
ブシェミも相変わらず怪しい脇役でいいねえ
投稿者:keith11投稿日:2004-05-06 19:52:23
全然期待してなかった分だけちょっとは面白かったけど・・・未公開で面白そうな映画ってたくさんあるのに、何でこれが???(DVDまで出てるんだけど・・・)
投稿者:フジタケ投稿日:2003-11-29 01:36:11
イマイチでしょ。っていうか、凡作といっていいと思う。ノリが古臭い。今どきこんなユルいお笑いではダメでしょう。
投稿者:ゆーき投稿日:2003-09-18 15:55:11
アダムサンドラー映画に外れなしっ!この映画も楽しかった。痛快に笑えた。

って感想はそれだけだけど・・・★★★☆
投稿者:フゥ投稿日:2003-09-09 23:06:47
う〜ん、平凡。アダムさん、もっと暴れてくださ〜い。
投稿者:genocide投稿日:2003-07-17 21:40:51
笑えない、
泣けない、
ストーリーは超平凡。
なぜ、映画にできたか不思議!
投稿者:ノリオ投稿日:2003-07-08 11:58:00
許せるよ。ウィノナForever!(って入れ墨いれたやつもいたね)の可愛さ。
ジョークは悪趣味だが、素直に人生に肯定的になれて嫌いにはなれん映画。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2003-03-30 17:44:31
サンドラーの映画は、ほのぼの度と下品度のバランスがうまくとれていると「ウェディング・シンガー」みたいに見終わっていい気分になれるのだけれど、今回は下品度が強すぎて主人公にあんまり好感を持てなかった。ジョン・タトゥーロの演技がすばらしく、サンドラーは彼に完全に食われていた。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:ゆうじ投稿日:2003-02-24 08:14:49
アダム・サンドラー主演作にしては(?)かなりおとなしくまとめたコメディー。笑えないことはないが、繰り出されるギャグがどうも上滑り気味。ストーリーの進むテンポの悪さが気になる。まあ、本年度ラージ賞候補になるのも仕方がないかなと思った。
ウィノナ・ライダーは、本作の役作りの為に万引きをしたと証言したがらしいが、それってどのシーンの為だったのかな?
投稿者:vari投稿日:2003-02-18 07:16:50
欲のない男が突然大金を手に入れて、でもお金には興味なくて...
という設定かと思ったら、ただ単に「お金の使い方を知らない village idiot」のお話だった。笑える場面もないではないが、次第に主人公に嫌気がさしてくる。
ウィノナ・ライダーを綺麗に撮ってないのも頂けない。
投稿者:ASH投稿日:2003-02-11 00:41:14
【ネタバレ注意】

 実はさぁ、フランク・キャプラ監督の「オペラ・ハット」って観たことないんだよね。だから、オリジナル版と比較してどーのこーのということは言えないのよ。ということで、オリジナル版のことは知らないという前提で書いてみようかなと。まあ、この映画を観るような連中が「オペラ・ハット」を観ているとは到底思えないんだけどね。

 僕が期待したのは、400億ドルという莫大な遺産を受け継いだ純朴な青年、ディーズ(A・サンドラー)とその彼の周りに集まる遺産目当ての人々との欲の剥き出しあいのような展開だ。お金を湯水の如く使うどうしようもない青年が、お金よりも大切なものがあることに気付くというプロットだったが、少々違った。どうやら彼はお金の価値というものをあまりよく分っていないようなフシがあり、莫大な遺産も彼にはあまり興味がないらしいのだ。

 で、遺産を受け継いだディーズの特ダネを狙うTVレポーターのベイブ(W・ライダー)が身分を偽って近づくが、彼の実直でイノセントなところにベイブは次第に惹かれてしまい自分の行いに罪悪感を感じてしまうのだった…。ベイブもディーズの遺産を狙う金目当てのような人物ではないのだ。このベイブの役を、例えばドリュー・バリモアのような女優にしなかったのは、30年代のクラシカルな雰囲気を持った女優にしたかったという製作者のこだわりらしい。なるほど、ノニーには確かにそんな雰囲気がある。まあ、僕には珍しいノニーのコメディエンヌぶりが見られて、それだけで結構満足しちゃいました。

 僕が笑ったのは、人を助けることが大好きなディーズが火事場を救うシーンだ。7匹のネコを窓から投げ、トランポリンでポンポン跳ねるシーンは大ウケでしたよ。動物虐待ギリギリの描写なんだけどね(充分虐待しているって?)。

 ただね、クライマックスの株主総会のシーンはあまりにもお話をチャッチャと都合よくまとめすぎたきらいがあるよね。執事のエミリオ(J・タトゥーロ)の出生の秘密が明かされるんだけど、なんだか思いもよらない展開でちょっと驚いた。

 しかし、ホールマークのグリーティング・カードってそんなに有名なんか?

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演女優賞ウィノナ・ライダー 
 □ ワースト・リメイク・続編賞 
□ コメディ演技賞アダム・サンドラー 
【レンタル】
 【DVD】Mr.ディーズ コレクターズ・エディションレンタル有り
 【VIDEO】Mr.ディーズ <吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】Mr.ディーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION