allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

blue(2001)

BLUE

メディア映画
上映時間116分
製作国日本
公開情報劇場公開(オメガ・ミコット=スローラーナー)
初公開年月2003/03/29
ジャンルドラマ/青春
恋人ができるまで。

blue


 Photos
blueblue

【クレジット】
監督:安藤尋
製作:三宅澄二
岡田真澄
石川富康
エグゼクティブプ
ロデューサー:
横濱豊行
プロデューサー:宮崎大
共同プロデューサ
ー:
麓一志
秋元一孝
原作:魚喃キリコ
脚本:本調有香
撮影:鈴木一博
編集:冨田伸子
音楽:大友良英
照明:鈴木一博
録音:鈴木昭彦
助監督:久万真路
出演:市川実日子桐島カヤ子
小西真奈美遠藤雅美
今宿麻美中野美恵子
仲村綾乃渡辺千加
高岡蒼佑水内学
村上淳年上の男
吉田朝美術の先生
河原崎建三世界史の先生
【解説】
 海辺の街にある女子高を舞台に、思春期の女子高生の淡く切ない体験を繊細に描いた青春ドラマ。漫画家・魚喃キリコの同名コミックを「dead BEAT」の安藤尋監督が、「とらばいゆ」の市川実日子主演で映画化。共演は「阿弥陀堂だより」の小西真奈美。これが映画初主演の市川は本作の演技で、第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。
 高校の3年に進級し、周囲がそれぞれの進路について考え始めた頃、桐島カヤ子はひとつ年上のクラスメイト、遠藤雅美のことが気になっていた。去年、何かの理由で停学し、カヤ子と同級生になった雅美は大人っぽく、物静かな女の子。カヤ子はそんな彼女に惹かれていく。そして、思い切って雅美を昼食に誘う。これをきっかけに2人は親しくなっていった。ある時、カヤ子は合コンで知り合った少年とそのままホテルで関係を持つ。ところが、その少年が親友の憧れの人だったことから、親友に激しくなじられ落ち込むカヤ子。そんなカヤ子を雅美は海に誘ってくれた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1165 5.91
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-10-23 20:24:56
後半になるとカット割りが更に雑になっているシーンもあった。市川と小西がOLに見えてしまうのは仕方ないとして、小西は演技的にミスキャストだったと思う。あと「休暇」に出ていた今宿は本作でもチョイ役でしかもアップすら無いので、彼女が気になる人は観る必要無いです。登場人物が吹いてるとばかり思ってた笛のBGMも紛らわしかった。
投稿者:かっこう投稿日:2009-08-09 23:46:23
ジャズやシンクロに熱中するような青春映画は大好きだが、この作品のように思い悩む青春映画もいいもんだ。大人っぽい同級生にあこがれるヒロイン。でも、最後には・・。作品全体の色合いがいい。
投稿者:北極星投稿日:2006-07-03 09:54:28
(1)原作者(魚なんキリコ:新潟清心女子高出身)の自伝的色彩の濃い作品ですね。女子高生の日常が淡々と描かれ、その空気感と間が絶妙。
女子高生たちのバス通学。仲良しグループでの校舎屋上での昼食。他愛の無い会話(「お嫁さんに行きたい」)。小さな弁当箱と副食(当番で菓子パンを購入し、割り勘!)。お互いを苗字で呼び合う習慣(「桐島!」「中野」・・・等々)。
(2)カヤ子(市川実日子)の初体験の相手(水内君)を演じているのが高岡蒼佑とは、気付きませんでした。「パッチギ!」でブレイクする前(「青い春」→本作→「紀雄の部屋」→)、こんな処で逢えるとは!

(3)退屈な学生生活で、周囲の同級生に飽き足らず、カヤ子が雅美(小西真奈美)の「毒」に惹かれてゆく気持ちは、よく分かります。喫煙・不倫交際・中絶・停学・留年・音楽や絵画趣向・・・等々、カヤ子の人生観に大きな影響を与えた雅美の存在。
「友達が、一番大事なことを話してくれなかったんだ」「やりたいと思ったことはやっちゃうんだな。桐島は」
カヤ子と雅美が夜通し徘徊し、二人で夜明けを迎える画面が、美しいです。
そして、雅美に教えられ、二人で見つめるようになった海(日本海)の青!
太平洋の海(例えば、湘南→夏→青春、という図式)を見て育った人には分からないでしょうね。


http://popup16.tok2.com/home2/souki0307dousoukai
投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-05-21 03:08:46
誰もが見るべき名作。
同じ年代の者として、市川女史ほどの逸材が日本にいたことは大変喜ばしい。ただ、できれば今後、日本アカデミー賞くらいは何回か取るくらいまでは、成長していただきたい。せっかくの逸材なのだから。
日本映画界は市川さんを大事にしてあげろよ。頼むからよ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-05-13 19:23:33
傷つきやすい少女の心の交感・・・。少女コミック原作のこうした作品は何故か苦手。
ナチュラルに撮っているようにみえて、それは演出力の欠如に過ぎないのでは、と思ってしまう。
が、市川実日子は好演。眼に宿る強い意志の力が感じられる。小西真奈美はどちらかといえば評価している女優だが、この作品では市川の存在感に押され気味のようにみえる。
男と逢っていた遠藤雅美(小西真奈美)から土産として貰った葡萄がきっかけになって絵を描き始めた桐島カヤ子(市川)(貰った葡萄そのものは捨てられてしまうが)。嫉妬と愛情の間に放り出された葡萄を描くことで、桐島は自らのやりたいことを見出す。憧れていた遠藤が「私、何もないもん」「桐島は強いよ」と、桐島を羨む逆転の構図。そんなことも少女時代の夏の日に埋もれていく。
とはいえ、やはりこうした作品はちょっと苦手。何でだろ。
投稿者:堕落者投稿日:2004-12-02 16:08:22
思春期の少女達の心の揺れ動きを繊細に描いた作品。主人公が同級生で同じクラスの少女の事を好きになるのだが,それは別に事更同性愛を強調する訳でもなく,淡々と二人の日々を描いていて好感が持てた。作品全体のゆったりとした雰囲気と長回しが心地良く,ああ,これが青春なんだなと納得させられるのだ。この先,様々な困難や断念があるかもしれないが,関係ない。それで良いのだ,と。あの海と青空が全てを呑み込み肯定していく・・・。
主演の二人がとてもいいですね。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】blue2003/09/26\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】blueレンタル有り
 【VIDEO】blueレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION