allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラガーン<未>(2001)

LAGAAN: ONCE UPON A TIME IN INDIA

メディア映画
上映時間224分
製作国インド
公開情報劇場未公開
ジャンルアクション/スポーツ/ミュージカル
ラガーン [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 10,899
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:タツゾウ投稿日:2003-05-03 08:41:45
インド映画の魅力はやはり音楽と踊りだと思う。以前岩波書店のエキプドシネマでインド映画に接した事はあったがテーマが重く夢中になることは出来なっかた。音楽や踊りを取り入れたこの“ラガーン”という作品はインド映画の魅力を素直に表現していると思う。 脚本は一歩間違えるとしらけるぎりぎりの表現だがそれをアーミル・カーン等の出演者の好演が見応えのある作品にしていると思う。 
 音楽のA・R・ラフマーンは「踊るマハラジャ」・「パダヤッパ」などの音楽を担当していてその実力は確認済みだがこの作品においてもその腕前には本当に感服させられる。ちなみにアーミル・カーンは近代的二枚目とでもいうのか、典型的な映画の主人公。やはりわざわざ映画を観るのだから出演者は見苦しいのはこまりものです。恋人役のグレーシー・シンはかわいいけどもう少し恥じらいのある娘を表現してほしかった。英国人の女性レイチェル・シェリーはきれいだけどすこし背が高すぎる気もする。悪役の大尉を演じた男は英国の立場を代表するには線が細すぎると思う。気になる点もあるにはあるが実によく出来ている作品ではある。繰り返し観たくなるシーンがいくつもあるというのは嬉しい。
投稿者:BINBO投稿日:2003-03-27 18:40:45
アカデミー会員の人達は初めて接したインド映画だったのでしょうか?
通常のインド映画と違い踊りのシーンがハリウッドミュージカル風だったのがグッときたとか?
敵役は典型的な酷い奴ですし、試合にはご都合主義に勝利するし。
普通の娯楽作に徹したインド映画の方がよほど面白いと思うのですが…。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 外国語映画賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラガーン2003/03/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ラガーンレンタル有り
 【VIDEO】ラガーンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION