allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

the EYE 【アイ】(2002)

THE EYE
見鬼

メディア映画
上映時間99分
製作国香港/タイ/イギリス/シンガポール
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2003/03/29
ジャンルホラー/ドラマ
見えたのは、せつない恐怖。
the EYE【アイ】廉価版 [DVD]
USED価格:¥ 879
amazon.co.jpへ

 Photos
the EYE 【アイ】the EYE 【アイ】the EYE 【アイ】the EYE 【アイ】

【解説】
 角膜移植手術を受けた16歳の少女が、その1週間後に自殺した、というかつてタイで実際に起きた事件をヒントに製作されたホラー・サスペンス。手術で視力を回復した女性が、自分にしか見えない死者の姿に悩みうなされる姿を映像と音を駆使して巧みに描いた恐怖演出が評判となりアジア各国で大ヒットを記録した。監督・脚本・編集は「レイン」で世界の注目を集めたオキサイド&ダニー・パン兄弟。本作を観たトム・クルーズがリメイク権を獲得したことでも話題に。ヒロインには2001年のベルリン映画祭で最優秀新人賞を獲得したアジアの新星アンジェリカ・リー。
 幼い頃に失明したマンは、20歳になってようやく角膜手術を受け視力を回復させた。だが、マンは手術直後から不可解な出来事に遭遇するようになっていた。ある夜、病室で目を覚ましたマンは、隣で寝ていたおばあさんを黒い人影が連れ出すのを見る。翌日、マンは看護婦からそのおばあさんが死んだことを知らされる。やがて退院した彼女は、心理療法士ワ・ローのもとに通い、徐々に視界の開けた生活に慣れていく。しかしそれでも、不可解な現象や人物を目にする機会が減ることはなかった…。
<allcinema>
【関連作品】
the EYE 【アイ】(2002)シリーズ第1作
the EYE 2(2004)シリーズ第2作
the EYE 3(2005)シリーズ第3作
アイズ(2008)リメイク
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A28日後... (2002)
[002]Aめぐりあう時間たち (2002)
[003]A28週後... (2007)
[004]ANARC ナーク (2002)
[005]Aバンテージ・ポイント (2008)
[006]Aゾディアック (2006)
[007]Aクローサー (2002)
[008]A真実の行方 (1996)
[009]Aライトスタッフ (1983)
[010]Aオールド・ルーキー (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24159 6.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2011-07-06 09:50:17
アンジェリカ・リー
投稿者:俵場投稿日:2009-09-25 00:33:30
もっとホラーチックにさんざん怖がらせてくれるかと思ったら意外に生真面目
な映画だったので個人的には期待ハズレだった。
投稿者:irony投稿日:2008-01-27 23:46:19
 むか〜しレンタルして観たけど、オンエアーしてたので再見 映像の暗さとあいまってまぁ少し怖かった 結構日本的な怖さだな・・・通信簿探す所とか、其処はワタシの席だから、どきなさいよとかね 小さい時は案外見えてる場合があるらしいけど大抵の人は忘れてしまうらしい(子供が突然泣き出す時とか)
投稿者:さとせ投稿日:2007-03-09 21:50:34
盲目のマンは角膜手術を受け視力を取り戻すが見えないものまで見えるようになってしまった。マンは死者の姿にうなされ、やがて真相を知る・・・。
上映当時怖い!と話題になっていたが本当に怖かった。DVDはdts−ESで鑑賞したが音でもびびらせてくれる。幽霊の描き方が日本的で不気味なことこの上ない。この角膜手術で霊が見えるようになったとかいう話は良く聞かれるので、ありえない話ではないのかと感じる。
ところでT・クルーズがリメイク権を獲得したといっていたがこの怖さを米国で出せるのか?
投稿者:bond投稿日:2005-12-16 13:03:39
構成がしっかりしており、恐怖感も結構味わえた、香港版6センスってとこか、肉を舐めてた親子霊はなに?
投稿者:ふじこ投稿日:2005-11-04 15:44:00
前半は何かしら不気味で、とっても怖かった。通信簿探してる小僧だとか、エレベーターのおじさんとか・・。
途中からせつない話にもなってきて全体としては、まずまず楽しめたかな。
主役のおねえさんが綺麗ですよね。だからどうしてもどうにかしてあげたいと思ってしまう気持ちが強くなるのかな。
リメイクするそうだけど、こういう怖い雰囲気だせるかな。半分期待しましょ。
投稿者:flapper投稿日:2004-09-13 10:37:56
【ネタバレ注意】

ホラー映画で久しぶりにのめり込みました。そんなに怖い!と思うシーンはないけど、目の見えない自分から目の見える自分への変化が、とてもうまく表現できていたと思います。病気で死んじゃったリンリンからもらった手紙を、カウンセリングの先生と電車の中で読み、ある事実を知るシーンは意表をついてて良かったなぁ〜。(窓ガラスに霊らしきものが映ってるよね〜)後半の爆発シーンも迫力があって、これをトム・クルーズがまたハリウッドらしく凄いものにしてくれるのかと期待もしてしまいます!

投稿者:トレマー図投稿日:2004-09-11 00:32:32
エレベーターのところが一番恐かった。
投稿者:kenny投稿日:2004-03-31 20:56:12
米映画慣れしてるせいかな。なんだか新鮮味があって良かったな。
リメイク版はいつ製作してくれんのかな?「アザーズ」を見る限り、T・クルーズの手腕は期待できるものと思ってるよ。
↓のコメントにもあったけど、まなみちゃんソックリのA・リーが魅力的。リメイク版は誰が彼女の役をやるんだろ?
トムさん、リメイクした結果、ありきたりのアメリカホラー映画になっちゃった・・・なんて、ヤダかんね。
それと、出演はするの?ワ・ロー(若き精神科医・・?)の役は完全に主役を引き立てる役だしな・・・トムさんが出演するなら、主人公を男に変えて“主演:T・クルーズ”!・・・そんな予感がする。
投稿者:サノバビッチ公爵夫人投稿日:2004-02-26 15:37:22
ネズミが吹っ飛ばされるシーンにウケました。
こういうギャグなのか本気なのかわからんが芸の細かさは好きです。
本編もなかなかいいんではないでしょうか。
幽霊ものだとどこか過去の作品とかぶるので、実際これも二番煎じ気味ではあるが転調のタイミングとか落とし方とか、よく考えられていて楽しめました。
投稿者:SYCO投稿日:2003-12-11 01:40:39
シックスセンスを観た時と同じ、自分は変なものが見えないフツーの目を持ってて本当によかったと実感させてくれた。
一つとっても気になるのけれど、マンと精神科医がバスに乗って、ガンで死んだ子供からもらったカードを読むシーンで、右上の窓ガラスに女の人の顔が写るでしょう? あれは幽霊なのかしら、それともただバスに乗っている人なのかしら。
それとも、そんなものが見えるのは私だけ? http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2568/index.html
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-11-17 10:57:43
救いがないよ。何でタイまで行ったんだか。
成仏してくれなかったの?
タンクローリーが横転したら、通行止めに
するべきと思うのが、日本人の感性かな。
音響も、今どき珍しい“恐怖映画の音響”。
音で恐がらせてはいるけど、映像は全然
恐くないもん。ドリフのコントかい!って感じ。
切ない話で、ストーリー自体は合格だわ。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-11-02 02:40:10
ラストはハッピーかアンハッピーなんかどちらにもとれるが、面白い映画やった。アジア映画を最近よう観とるけどタイ映画も捨てたもんやないね。(日本映画が一番つまらんと言わざるえんな。)それにしても主演のおねえちゃんが本上まなみによう似てて美人やった。ええわ〜!
投稿者:SWEET BABY投稿日:2003-10-30 00:20:26
【ネタバレ注意】

角膜手術後に元の持ち主の写した風景が蘇るというフラッシュバック現象があるのは本当の話ですね。(マデリーン・ストウ主演の「ブリンク」という映画があったね)
臓器でもその現象はあるらしく、前の持ち主の記憶が残り、譲り受けた人に不思議な体験を起こすらしい。それをTVで見たとき、不思議な感覚におそわれた。おもしろいな〜って。そんなボンヤリと記憶に残っているところへこの映画が滑り込みしてきた。まさに鑑賞準備は万端(笑)

近年、アジアンホラーブームですが、この映画は少々使い古された演出もあったけどその中でも満足度は高かった。パン兄弟はもともとCGと編集でかなり活躍していたそうだけど才能を感じる。
暗くて不気味な病室の雰囲気は味わえるし、ぎゃ!っと驚かすところの演出もバッチリ。ボンヤリとした黒い陰の死神も気味悪くていいぞ。エレベーターで後ろ向きの老人もしかり。
話しは二部構成になっているのも憎い演出。盲目のときは見えなかった霊が見えるようになり苦しむが、霊と向き合い生きること決める・・・・。それでもうこの映画は一件落着か?と思ったら、実は自分の顔は別人であったという、もう1つのテーマが待っていた。おかげで最後まで飽きさせなかった。

そしてこの映画は主演の俳優さんがしっかり演技している。マン役アンジェリカ・リーとワ・ロー役のローレンス・チョウはこの映画で初見だけど、見えないCG相手に迫真の演技。この映画のタイトルが「the EYE」というだけあって、目をはじめて開ける時のマンの目がすごい!目力なんてモンじゃない。気味わる〜〜〜。CG加工してるのかしら。ともかくインパクトある。
傑作にまだまだ届かないが、この映画はパン兄弟とアンジュリカ・リーとの出会いの映画だった。今後の活躍を期待する。

投稿者:nightwing投稿日:2003-10-26 21:30:31
【ネタバレ注意】

思ったより良く出来たましたね。
恐怖シーンも多く前半は緊張しっぱなしでした。
特にエレベーターと習字をしていたシーンは良かったです。

鏡に見える自分の顔が違う顔に見える設定は素晴らしい。
また盲目に戻ってしまうのは少々無理矢理っぽいですが
あのまま生きていくよりはいいのかも・・・・
何か悲しい余韻の残る作品でした・・・・。

投稿者:桃太郎投稿日:2003-04-11 21:59:22
【ネタバレ注意】

 オープニングで一瞬フィルムが切れたのではないかと思わせるような演出から入りどきどきさせられる。前半は怖いシーンが続く、同じアジアの映画なのでその怖さは西洋的なものではなくおどろおどろしく、じわじわくるような怖さで結構ぞくぞくした。エレベーターのシーンは特に怖かった。
 今回主人公のアンジェリカ・リーが良かった。可憐で美しくこういった人が怖がるとこの手の映画は盛り上がる。
 途中から映画の調子は変わり謎解きとそれに伴う悲しい物語になっていくのだがこのあたりの展開もうまく、観ていて無理がなかった。最後見終わったときは「こういう映画だったんだ。」と感心。ただラストの終わり方は個人的にはちょっと不満。でも全体的には良くできてると思う。

投稿者:iDANBO投稿日:2003-04-02 04:50:39
この映画の面白さは「目に見える」だけという設定にあり、それ自身に触れることは出来ず、また、目に見えるものを消すことも出来ない。そのちょっとしたはがゆさがずっと続き、恐いながらも、彼女にお対する様々な謎解きを試みることになる。監督は、そうした観客の心理を巧に操り、もっともらしい説明を提示したかと思ったら、さらにもっともらしい説明で追いかけ続けるというニクイ演出を続ける。監督の前作2作品でも思った観客の一歩先を進む脚本はさすがだな〜と感心してしまった。トム・クルーズがリメイク権を獲得したのも納得の内容でした。
【ニュース】
全米興行成績、人気アイドルのコンサート映画がサプライズ・大ヒット2008/02/04
全米興行成績、「300 <スリーハンドレッド>」パロディ映画が首位2008/01/28
ジェシカ・アルバ主演「The Eye」、最新予告編2007/11/27
ジェシカ・アルバ主演ホラー「The Eye」、予告編2007/10/15
「the EYE 【アイ】」リメイク、スタジオ側が撮り直しを決断?2007/10/02
「the EYE 【アイ】」リメイク、ジェシカ・アルバの撮影風景が公開に2007/04/03
全米興行成績、「the EYE 【アイ】」監督全米デビュー作が首位2007/02/05
全米興行成績、パロディ映画が初登場1位2007/01/29
パン兄弟 ハリウッドデビュー作、予告編2006/10/13
W・クレイヴン「鮮血の美学」リメイク、ローグ・ピクチャーズで製作へ2006/08/18
「the EYE 【アイ】」リメイク、J・アルバ主演で再スタート2006/07/13
パン兄弟最新ホラー「Re-Cycle」、予告編2006/04/24
「the EYE」リメイク、R・ゼルウィガーは降板2006/04/18
「the EYE 【アイ】」の続編もハリウッドリメイクが決定?2005/10/19
中田監督の「the EYE」リメイクにR・ゼルウィガーが主演か?2005/09/30
「the EYE」のパン兄弟、ハリウッド進出作撮影開始2005/07/01
中田秀夫監督、次もハリウッド大作を監督へ!2005/03/15
トム・クルーズ、香港映画をリメイク?2004/08/24
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】the EYE 【アイ】2006/03/31\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】the EYE 【アイ】2003/10/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】the EYE 【アイ】レンタル有り
 【VIDEO】the EYE 【アイ】レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION