allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブルークラッシュ(2002)

BLUE CRUSH

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2003/06/21
ジャンルドラマ/青春/スポーツ
この夏、史上最強のサーファーガールになる ! !

GET RIDE !!
ブルークラッシュ ベストバリューBlu-rayセット
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 4,777
USED価格:¥ 1,834
amazon.co.jpへ

 Photos
ブルークラッシュブルークラッシュ

【解説】
 サーフィンのメッカ、ハワイのオアフ島を舞台に、サーフィン大会での優勝を目指す女の子の姿を爽やかに描いた青春スポーツ・ムービー。実際に様々な大会で活躍する一流プロサーファーがスタントや本人役で出演し本物のビッグウェーブでの迫力のチューブ・ライディングが全編を通して展開する。主演は注目の若手女優ケイト・ボスワース。共演に「ガールファイト」「バイオハザード」のミシェル・ロドリゲスとハワイ出身の女性サーファーで本作が女優デビューとなるサノー・レイク。
 ハワイのオワフ島ノースショア。そこはサーファー達の聖地。ここにある巨大なチューブが形成されるパイプラインは、サーファーにとって憧れであると同時に一歩間違えれば死にも繋がりかねない恐怖のポイント。子どもの頃から天才サーファーと呼ばれてきたアンは数週間後にここで開かれる世界最高峰の大会“パイプライン・マスターズ”での優勝を目指し練習に励んでいた。しかし、以前サーフィン中に味わった大事故が原因で未だその恐怖心を克服できずにいる。そんな時、彼女はバイト先でフットボールのスター選手マットと知り合い恋に落ち、今までにない経験に夢中になる。一方でサーフィンへの情熱が薄れていくアン。そんなアンを親友のエデンとレナは歯がゆい思いで見ていた…。
<allcinema>
【関連作品】
ブルークラッシュ(2002)第1作
ブルークラッシュ2(2011)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18125 6.94
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-23 20:47:14
波乗りシーンの迫力は凄かった。 まるで自分が板に乗っているかのよう。
サーフィンしたことないけど、波に乗れたら楽しいんだろうなー。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-11-20 16:21:30
サーフィンの経験はないけどなかなか面白かった。少しやってみたいとか思っちゃったしね(*^_^*)

サーフィンシーンは良かったけど恋愛模様は余計な感じだった。
あと個人的にジェット乗るんで、あのすげー波でジェットに挑戦してみたい。

ケイト・ボスワースは魅力的だった。
ミシェル・ロドリゲスはいつもと一緒。
サノー・レイクは初めて見たけどオセロの中島にしか見えなかった(笑)

しかし一番良かったのは妹役のミカ・ブーレム。
反抗期の女の子を熱演してて好印象♪
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-26 20:39:46
圧巻はなんと言ってもサーフィンのシーンで、ヘッポコのVFXをどれだけ駆使したって、この迫力は出せまいとばかりに波乗りをしているサーファーをダイナミックに捉えていますhttp://mototencho.web.fc2.com/2008/lasbega.html#bluecra
投稿者:花男投稿日:2008-06-09 16:16:11
この映画の目玉はなんといってもサーフィンシーン。波の圧倒的な迫力、巻き込まれたときの恐怖感、そしてそれを上回る爽快感。波乗りの醍醐味が画面を通して味わえます。特に水中からの撮影は見事、ベストショットの連続です。
ストーリーはありがちなものですが、逆に展開を気にせずサーフィンシーンに没頭できるという面でよいのかも。

スポーツ、音楽を題材にした映画で見ていて興ざめするのは“オマエ素人?”的なフォームや動作だったり、細切れカット、遠景で吹き替えをごまかしたりする部分なんですが、この映画はその辺の違和感が少ないです。CGや合成がふんだんに使われているようなんですがそれが目立たず、役者がリアルにサーフィンしているように思えます。
投稿者:MyLoad投稿日:2006-03-25 09:12:49
サーフィンしないし興味ないけど、結構良い!なんか、ハワイだから米本土よりなじみやすいし、海好きは見るべし。 なにより、カメラワーク的なものは凄い。とても臨場感があった。
投稿者:uru投稿日:2005-11-11 14:15:18
サーファーとして楽しく見れた。ハワイはまだ行った事がないんで行ってみたくなった。
エンディングが単純すぎるが、こんな気持ちのいい映画はどんどん作ってほしい。http://plaza.rakuten.co.jp/changoo/diary/200511110000/
投稿者:チューイ投稿日:2004-03-20 17:31:19
ミシェル目当てで観たけど「ありゃ」おもろい!
サーフィンした事ないけど「ありゃ」おもろい!
それとハワイに行きたくなりました。。。
http://blog.livedoor.jp/chewie23/
投稿者:ゆーき投稿日:2003-11-18 14:27:37
ちょっと意外だった。もっと軽い感じでチャラチャラ楽しい映画を想像していたんだけど、サーフィンの恐怖心を的確にとらえた映画で、観ていてドキドキする一方恐かった。恋愛の部分とか、他のサーファーとの絡みの部分とかはちょっと軽い感じだったけど、今までのサーフィン映画では描かれた事がなかった「サーフィンの恐さ」がかなり鮮明に描かれている映画だと思う。今回はDVDで観たが、劇場に行ってたら「うぉっ!」「ぎゃっ!」「痛てぇ!」とか、騒がしく観ていたと思うから、DVDで良かったと思った。
夏に観てれば「よし、明日サーフィンに行こう」と思える映画だと思うけど、恐怖心が増大させられるシーンが結構あるから、ちょっとテンションが下がるかも。
BGMに入る擬音がちょっとウザかったのと、シーンの切り替えを斬新にしようとしすぎてるのか、シーンの切り替えがちゃかちゃかと疲れるのが残念だった。
でもいままでのサーフィン映画には無い視点から海を見れるし、サーフィンについても本格的に描写してるので、楽しめる映画だと思う。ってか、楽しかった(痛かったけど)
DVDの特典には「この映画を観てサーフィンを初める人が増えるだろう」とか言ってたけど、ちょっと恐すぎてそんな気にはなれないのでは?と思った。
サーフィンをやってる人が見ると、相当腕に自信がある人だったら笑ってみれるけど、俺みたいに下手なサーファーから見ると、恐怖心が増大するくらいリアルな映像だった。★★★☆
投稿者:ikumi投稿日:2003-09-04 03:37:58
サーフィン経験のある方には、とてもリアルな映像に感動できるし、アドレナリンでちゃいます!経験のない方にも、迫力と爽快感を十分に楽しんでもらえるとおもいます。
今までのサーフィン映画は、男中心のちょっとノスタルジックな雰囲気だったように思いますが、波の音、テイクオフするときの感覚、カットバックの水しぶきの音、波に巻かれる時の感覚など、映像からリアルに伝わってくるような撮り方で、見ていて本当に気持ちがよかったです。五感で楽しめました。是非もう1度見たい映画です。DVD出たら即買いです!
投稿者:BunnyMax投稿日:2003-08-20 00:24:18
されました。ひと夏の軽い恋にサーフィンを適当に絡めた話かと
思っていたら、サーフィンが主体で恋が味付けという感じで意外でした。
わたしはサーフィンの映像を見慣れていないからかもしれませんが、
ビッグウエィブの競技シーンには圧倒されました。かなり長く
本格的に見せていきます。やはり映画館のスクリーンで観たかったですね。
大画面とはいえTVで見てしまったのが残念^^;http://hoppingmax.com/m-frame.html
投稿者:K+投稿日:2003-07-03 00:21:16
スクリーンに大写しになる迫力の大波!
そしてそれを駆る姿!
でっかいスクリーンでこそ、
この映画の全てを堪能できると思います。

でも、サーフィンのことを殆ど知らないので、
クライマックスの勝負内容が全然判りませんでした……
何で勝ち負けが決まるのか、よく判らなかったため、
感情移入ができなかったのです。

サーフィンについて少しでも知っていたなら
もっともっと楽しめたと思います。
もったいないことしたなぁ……
投稿者:ちゃき投稿日:2003-06-19 08:28:52
太陽と、海と、小麦色の肌にサーフボードというまさに夏真っ盛りな気分になれる映画。女性サーファーたちのヒューマンドラマです。これを見ていると、夏はいい!と思う。そしてサーフィンをやってみたくなります。かっけー!!って感じ。やっぱりどんなことにしても真剣に取り組んでいるのってかっこいいし、輝いていますよね。一人の女性として、純粋にこの映画の葛藤とか入り組む思いが分かって、そういう現実臭さというのを感じます。アメリカのビーチガールってほんと、こんな感じだよね。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ブレイクスルー演技賞(女優)ケイト・ボスワース 
 □ チーム賞ケイト・ボスワース 
  ミシェル・ロドリゲス 
  サノー・レイク 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION