allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

わたしのグランパ(2003)

MY GRANDPA TAUGHT ME A LOT ABOUT LIFE

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2003/04/05
ジャンルドラマ/コメディ
やさしい人ほど、ほんとは怖い?
グランパがいるだけで何かが起る。
わたしのグランパ [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,228
USED価格:¥ 1,209
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:東陽一
製作:木村純一
堀義貴
山上徹二郎
黒澤満
企画:木村純一
堀義貴
山上徹二郎
黒澤満
製作総指揮:小田信吾
早河洋
プロデューサー:石井徹
菅井敦
梶淳
アソシエイトプロ
デューサー:
岩本太郎
大健裕介
原作:筒井康隆
『わたしのグランパ』文藝春秋刊
脚本:東陽一
撮影:小林達比古
美術:菊地章雄
編集:青山昌文
照明:中須岳士
録音:久保田幸雄
助監督:藤江義正
出演:菅原文太五代謙三
石原さとみ五代珠子
浅野忠信中藤慎一
平田満五代恵一
宮崎美子五代千恵子
波乃久里子五代操
伊武雅刀疋田隆三
【解説】
 久々の映画出演となる菅原文太を主演に迎え、刑務所から帰ってきた仁義を重んじる昔カタギな祖父と中学生の孫娘の交流をほのぼのとしたタッチで描いたドラマ。原作は筒井康隆の同名小説。監督は「橋のない川」「絵の中のぼくの村」の東陽一。共演はホリプロスカウトキャラバンから誕生した新人、石原さとみ。
 中学一年の珠子は五代家の一人娘。今日は彼女にとって特別の日だった。祖父・謙三が刑務所を出所し13年ぶりに帰ってくる。やがて街に姿を現わした謙三をまるで長い旅から戻ってきたかのように、地元の商店街の人たちが暖かく迎える。謙三の存在は様々に影響を与えた。珠子へのいじめはなくなり、不良グループによる校内暴力も収まる。また、珠子の両親のギクシャクした関係も改善されていく。そんな中、謙三の社会復帰と時を同じくして珠子の家の前をヤクザがうろつくようになる。それは13年前の事件と関係していた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-09-15 22:09:22
シーンによっては児童映画やVシネマになり、タルコフスキーのような空中浮遊も見られるトンデモ映画。ただしパワーとか勢いは皆無。
題材自体がいい話にも面白い話にもなっていない代物で、腕の衰えたベテラン監督にまかせると制作費の無駄遣いにしかならない典型的なダメ邦画にマイナス一星。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-01-05 16:06:25
少女から女へと成長する微妙な年頃を石原さとみがみごとに演じています。物語は独特の世界観の中でそれぞれの登場人物の人生をうまくちりばめながら菅原文太演じるグランパの正義感あふれるいきざまに集約されていきます。個性あふれる登場人物のキャスティングもとてもいいです。でもなんと言っても印象に残るのはやはり石原さとみです。どきっとするシーンやキューンとするシーン。いい雰囲気を持ったこれからが期待される女優さんですね。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-11 01:20:28
菅原文太はまっていたように思う。
原作は読んでいないが
筒井康隆の小説でこんなに一般受けしそうなものがあったんだという感じ。
それくらい見易かった。
投稿者:samurai83投稿日:2004-11-18 11:39:27
 この間、ATGについて書いたものだから、寺山修司の脚本でありながら、少年のセンチメンタルを救い無くドロドロに描いた、嫌悪下品映画「サード」を撮った監督「東陽一」の新作「わたしのグランパ」を、よせばいいのに観てしまった。原作は「筒井康隆」であるらしく、これはおそらくおもしろいのものと推測するが、「東陽一」はまったく懲りておらず見事に駄作に仕上げている。まったく不思議なくらい東陽一の手に渡れば、どんな素晴らしい素材でも、纏まりの無い憤慨映画に変換される。 
「わたしのグランパ」各エピソードは、とても興味深いものばかりなのだが、どれもこれも中途半端に無理やり詰め込んだ感があり、本筋を脱線させてまでも挿入する必要性がどう考えてもわからない。わからないから、陳腐以外の何ものでもない。先ほど「本筋」と云ったが、本筋もなにを柱にしてあるのか、これも相当怪しい。延々と生ぬるい人間活写を見せられ、エンディング近くに少女がSF浮遊するシーンがあるが、あまりの荒唐無稽さに殺意すらおぼえた。誰か周りに止める人がいなかったのだろうか。
 劇場で公開されたというのだから信じられない。
投稿者:hanya投稿日:2003-11-11 02:54:14
【ネタバレ注意】

ジュヴナイルだ。が、わけわからんこと多し。
あの力とかなんなの。あそこで不思議を出す必要はあんのか。
じいちゃんの確執も、元は結構な事件だと思うのに、あの組長との関係もギャグにされちゃってて納得いかん。
ただ、石原さとみやら浅野くんやらの演技は超自然な感じで好感。

投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-07 21:17:16
まあ・・特になし
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 新人俳優賞石原さとみ 
■ 新人賞石原さとみ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】わたしのグランパ2015/03/13\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】わたしのグランパ2003/09/21\5,200amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】わたしのグランパレンタル有り
 【VIDEO】わたしのグランパレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION