allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

メイド・イン・マンハッタン(2002)

MAID IN MANHATTAN

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2003/05/10
ジャンルロマンス/コメディ
貴女にもきっと、恋がチェック・イン…

それはひとつの嘘から始まった――。
メイド・イン・マンハッタン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 800
USED価格:¥ 500
amazon.co.jpへ

 Photos
メイド・イン・マンハッタンメイド・イン・マンハッタンメイド・イン・マンハッタン

【解説】
 ニューヨークを舞台に、「ザ・セル」のジェニファー・ロペス主演で贈る現代のシンデレラ・ストーリー。一流ホテルの客室係として働くシングル・マザーのヒロインが、ひょんなことから未来の大統領候補と運命的な出会いを果たし、図らずも恋に落ちていく姿をロマンティックに描く。共演は「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズ。監督は「スモーク」のウェイン・ワン。
 シングル・マザーのマリサは、五つ星ホテル、ベレスフォードの優秀な客室係。ひとり息子タイを育てながら毎日せわしない生活を送っている。ある日、彼女は職場に同伴したタイを洗濯室に預け、同僚とスイートルームの清掃に取り掛かっていた。この時、宿泊者で社交界一のプレイガール、キャロラインからブランドものの服を店に返却するよう頼まれていたマリサは、その服をこっそり遊び心で試着する。そこへ突然、タイと共に何故か上院議員候補のクリスが現われる。行きがかり上キャロラインに成りすましたマリサは、タイとクリスと3人で散歩に出掛けることになってしまい…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1383 6.38
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-23 23:27:46
THE 退屈。
投稿者:Normandie投稿日:2011-08-19 11:28:51
見る前はウェイン・ワンだし、レイフも「レッド・ドラゴン」「スパイダー」と続いたからきっと軽いキャッチボールでもやりたかったのだと思った。
気持ちは分かる・・男優の共演者も悪くない・・でも苦痛の105分・・ああ疲れた・・
私には免疫のないタイプの映画なのに血迷ったか・・時間の無駄だった・・二度と見ない。
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-27 08:31:56
現代のシンデレラ・ストーリーだけに主人公はバツ1子持ち。演じるのはヒスパニック系のジェニファー・ロペス。ところが彼女と上院議員を演じるレイフ・ファインズはナイス・キャスティングで、現実的でありながら夢見させてくれる作品に仕上がっています
http://mototencho.web.fc2.com/2008/bordert.html#madeinmann
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-07-13 10:41:52
ロマンティック・コメディの大ファンである私には堪らん映画でした!もう何度見ても楽しめるし、ちょっぴり感動もします。
ジェニファー・ロペスとレイフ・ファインズの共演という時点で完璧だし、ジェニファーにとっても『ウェディング・プランナー』と並ぶ素敵なロマコメの傑作になっています。そしてレイフはありえないくらい素敵過ぎて、一気にファンに!彼のこんなスイートな雰囲気は本作以外にないのでは?
脇を固める俳優群も素敵で、スタンリー・トゥッチはいつも以上にハゲ頭が輝いていたし、ナターシャ・リチャードソンも嫌な役を思いっきり演じてます。そしてボブ・ホスキンスは本当に素晴らしく、彼のキャラクターは本作に欠かせないものでした!
物語自体に無理はあるものの、ロマンティック・コメディとしては完璧な話!シングルマザーのメイドに起こる恋は夢いっぱいで、時に楽しく、時に切なく、本当に上手く仕上がっています!
そして理想の男性を見事に好演したレイフはロマコメに欠かせない女性のハートをちゃんと掴み、楽しそうに上院議員候補のクリスを演じていて、彼の存在が本作を何倍も素晴らしいものにしています。
ジェニファーは確かに焼けているようにも見えたけれど、私は綺麗に思えたし、後半の美しいピンクドレス姿は特に最高でしたね!
子役の子も可愛らしいし、恋のキューピットとしても頑張ってくれます。ラストの展開も素敵だし、ノラ・ジョーンズの歌が物語をさらに盛り上げてくれます。
見ていてとにかく楽しかったし、ロマコメ好きには何とも嬉しい作品でした。DVDも買いましたが、何度見ても胸キュンを味わえ、本当に素敵で楽しいロマコメの傑作だと確信しています!
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-04-02 12:02:10
上院議員候補とホテルのメイドが、ちょっとした嘘がきっかけで恋に落ちる・・・。
なんていう一行でラストシーンまで予測がついてしまう現代のシンデレラ・ストーリー。
共和党の議員候補(すでに下院議員ではあるが)を演じるレイフ・ファインズが、さほど厭味がないせいで、最後まで一応観られる。ホテルの従業員達の連帯意識も気持ちいい(さりげない執事役のボブ・ホスキンスがいい)。ジェニファー・ロペスも悪くない・・・といいたいところだが、指摘にあるように目の周りだけ白っぽい?スキー焼け痕は減点。メイクで隠せなかったのか?そのせいかクライマックスのパーティーシーンでの彼女は、さほど美しいと思わなかった(苦笑)。
この頃の映画の設定では、民主党ではなく共和党議員でないとダメだったわけね。ウェイン・ワンといえども時代に迎合するのか。
ついでに子供は責めたくないが、子供がニクソンファンだというのも何だかなあ。ニクソンのついた嘘と、メイドたる母親の嘘を同列にされても困ります。周りも拍手してる場合じゃないだろ(苦笑)。
全米大ヒットは何となくわかる気がする(これまた苦笑)。
投稿者:chacha投稿日:2005-11-28 14:56:25
【ネタバレ注意】

可もなく不可もなく……
でも実際客の服勝手に着て歩いてしかも客に成りすましてたら、ものすごい大事になるよねーー
なんか最後記者会見の場で「もう1度チャンスを〜」とか言うところはノッティングヒルの恋人とかぶりまくりだと思いますた。

投稿者:民生1973投稿日:2004-08-20 10:48:59
ジェイローが魅力的に撮れている。ストーリーは「よくあるシンデレラ・ストーリー」だが、チープではない。ちゃんと楽しめる。
投稿者:Flamingo投稿日:2004-03-31 03:44:30
JLoは大嫌いなんだけど、JLoの作品にしてはいい出来だと聞いたので、JLoが好きになれるきっかけになったらと思って見ました。シンデレラ・ストーリーのシンデレラになるきっかけであるあの試着の設定、キャロラインからブランドものの服を店に返却するよう頼まれていたマリサだけど、その服をこっそり遊び心で試着する、その遊び心で試着しちゃう所が不自然で、ストーリーに欠かせないところであるので余計に不自然で残念だと感じた。その設定以外は 温かいラブストーリーだと感じた。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-02-08 22:23:37
ジェニファー・ロペスの映画はハズレが多いが、これは当たり。それなりに楽しめた。ボブ・ホスキンスがいい味だしとるな。
投稿者:KENCHI投稿日:2004-01-24 18:51:29
絵に描いたようなシンデレラストーリーです。
こういう話が好きな人はそれなりに楽しめるように作ってある
と思いますが、そうでない人には退屈以外の何物でもない映画です。



http://www.asahi-net.or.jp/~wt7k-ymgc/otw/ent.html
投稿者:もーがん自由人投稿日:2003-06-19 13:09:14
とても楽しいラブコメディーでした。ジェニファーも良かったけど息子のタイが可愛い!顧客係のおっちゃんもいい感じだし、彼女を取り巻く人々の優しさが胸に残るいい映画でした。フェリス好きの私としてはジョン・ヒューズ原案というのを後で知ったことは、期待し過ぎなくてある意味良かったかな。
投稿者:PEKO投稿日:2003-05-19 00:46:24
ストーリーは無難に楽しめます。ラブコメ好きにはたまらんでしょう。
それにしてもジェニファー・ロペスの顔!スキー焼けでしょうか?目の回りがくっきり白いのがすごく気になって気になって・・・。ちゃんとメイクなさい!
2003.5.17観賞 6点
投稿者:ミチッペ投稿日:2003-05-15 10:17:15
たまらん展開ですね!先は読めるし安心して観れる。ジェニファー・ロペスでいえばウェディングプランナーよりはずっと面白かった。でもあのジョン・ヒューズが関わってたとはねぇ。彼の匂いは全然感じられなかったけど・・。
投稿者:きのこきのこ投稿日:2003-05-12 07:16:57
名前はエドモンド・ダンテスになってるけど、これ実は、80年代の青春映画の帝王ジョン・ヒューズ監督なんだって。

・・・っていうと、あの作風が受け継がれてる映画なの?これって・・・。
投稿者:幻巌堂投稿日:2003-04-24 23:10:15
ニール・サイモン的なひねりやエスプリはないものの、無難にまとめられたラヴ・コメディなのだが、問題なのはかなりカッコいいレイフ・ファインズ演じる主人公の役どころ。上院議員選挙に立候補する共和党の3世議員とくれば、まるで侵略者ブッシュそのものじゃないか。こんなところにも情報操作が行われているのか、それとも時流に迎合して一儲けしようというプロデューサーの卑しさなのか。
ジェニファー・ロペスの魅力を十二分に見せてくれればくれるほどに、その卑しい翼賛思想が鼻につく。ジェニ・ロペの子供が70年代前半のアメリカンポップスに夢中でニクスンが好きという設定は結構面白いし、ポール・サイモンの「僕とフリオと校庭で」やブレッドの「ギターマン」の使い方も文句ないんだけどなあ。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION