allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー(2002)

ANTWONE FISHER

A.Q. アントワン・Q・フィッシャー・ストーリー(ビデオ題)

メディア映画
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2003/04/26
ジャンルドラマ
探していたのは自分のために笑って、
そして泣いてくれる家族――

きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー


 Photos
きみの帰る場所/アントワン・フィッシャーきみの帰る場所/アントワン・フィッシャー

【解説】
 不幸な生い立ちを背負った一人の黒人青年が、精神科医の真摯なサポートを受けて過去のトラウマと対峙し、克服していく姿を実話を基に映画化した感動のヒューマン・ドラマ。精神科医を演じたデンゼル・ワシントンは本作で待望の監督デビューも果たした。なお、本作で脚本も手掛けている映画のモデル、アントワン・フィッシャーはソニー・ピクチャーズ・スタジオの警備員をしていたときに、彼の半生を聞いたプロデューサーの勧めで自伝の執筆を始めたという。
 アメリカ海軍の新人兵士アントワン・フィッシャーは、仲間からのちょっとした中傷にもすぐカッとなり喧嘩をしてしまう問題児。その結果、上官から精神科医のカウンセリングを受けるよう命じられてしまう。アントワンは渋々、精神科医ジェローム・ダヴェンポートのもとを訪れるが、決して心を開こうとはしなかった。しかし、ダヴェンポート医師のねばり強い対応に根負けしたアントワンは、少しずつ、自らの生い立ちを語り始める。そして、アントワンが少年期までに味わった、壮絶な体験が徐々に明らかとなっていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
855 6.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:サメ投稿日:2006-09-18 00:50:05
「君が帰る場所」という映画は、まず最初にストーリーに興味を持った。
白人水兵に暴力を振るい、降格となったアメリカ海軍に従事するアントワン。
デンゼル・ワシントン扮する精神科医の診察を命じられ、診療を受けること
になる。
最初は、堅く口を閉ざしていたが、我慢強く接する精神科医に彼は話し始
めた。
その彼の物語は、恐ろしい少年時代の虐待体験だった・・・。

このての、「幼き頃の体験が今の問題的な行動を形作る。」というストー
リーにオレは弱い。心と行動の絡み合いの心の鍵を解くような、秘密を
知るような面白さがある。

その事はともかく、主人公の世の中に対して、逃げの姿勢をとらないとこ
ろがいい。
映画に寄せる実在の人物、アントワン・フィッシャーの言葉からもそれは
伺える。

○ ”お前は価値のない人間で、一生かかっても何もやり遂げることなど
できない”と言われていたことを思い出させた。  (中略)
  その言葉が、私に自分の物語を書く決心をさせた。

そして、最後に結んでいるこの言葉が、この映画の主題につながる事だ。
○ その子のことを気にかけている証が、たった一言の励ましの言葉だけ
だったとしても、その贈り物だけで子供の人生は救われ、未来に希望
の灯がともることにきづいてもらえるように

最後に、映画でアントワン・フィッシャーの恋人役をやったジョイ・ブラ
イアント。
とてもキュートでセクシーな黒人女優。
もう一度、別の面白い映画で出会いたいなぁ。今後の活躍が楽しみだ。
http://same.finito-web.com/
投稿者:bond投稿日:2005-02-01 10:43:03
大きい衝撃もなく、淡々と進んでいくドラマ。最後に大家族に歓迎されるシーンな泣けた。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-10-10 14:10:54
映画の宣伝文句によく「感動」という言葉が使われていますが、本当に感動して涙が出るという作品は、洋画に関して言えば、ほんのごくわずかしかありません。
この作品はその1つです。本当に心に響き、目頭が熱くなりました。
デンゼル・ワシントン初監督作品でもあるこの秀作をおすすめします。

ただ、彼のヒット作である『ジョンQ』(2002)を最大限に意識したレンタルビデオ題『A.Q.』はいただけません。
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-01-17 09:43:22
久々に感動しました。黒人に生まれた故の物語、まるで「ルーツ」を彷彿させるものがありました。花はないけれど、紛れも無い秀作。
投稿者:iDANBO投稿日:2003-05-03 00:25:28
ワシントン流とも呼ぶべき暖かい慈愛に満ちた語り口。
青年の告白が続けば続くほど過酷さが増してゆく。

誰も泣いてくれない自分の人生を癒す心を持つこそが、
差別と貧困から脱却する道だと映画は訴えている。

見終った後はジーンとしつつズシンと心に響く傑作作品です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演男優賞デレク・ルーク 
 □ 助演女優賞ヴィオラ・デイヴィス 
□ ブレイクスルー演技賞(男優)デレク・ルーク 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION