allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ファインディング・ニモ(2003)

FINDING NEMO

メディア映画 Anime
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月2003/12/06
ジャンルファミリー/アドベンチャー/ファンタジー
ニモがさらわれた――。
海中に生きる3兆7千億の魚の中からたった一匹のかけがえのない息子を探すために、父マリーンの冒険が始まる。
ファインディング・ニモ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,320
価格:¥ 2,777
USED価格:¥ 1,730
amazon.co.jpへ

 Photos
ファインディング・ニモファインディング・ニモファインディング・ニモファインディング・ニモ

【クレジット】
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:リー・アンクリッチ
製作:グレアム・ウォルターズ
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン
ボブ・ピーターソン
デヴィッド・レイノルズ
音楽:トーマス・ニューマン
声の出演:アルバート・ブルックスマーリン
エレン・デジェネレスドリー
アレクサンダー・グールドニモ
ウィレム・デフォーギル
ブラッド・ギャレットブロート
アリソン・ジャネイピーチ
オースティン・ペンドルトンガーグル
スティーヴン・ルートバブルス
ヴィッキー・ルイスデブ/フロー
ジョー・ランフトジャック
ジェフリー・ラッシュナイジェル
アンドリュー・スタントンクラッシュ
ニコラス・バードスクワート
バリー・ハンフリーズブルース
エリック・バナアンカー
ブルース・スペンスチャム
ボブ・ピーターソンエイ先生
エリザベス・パーキンスコーラル(ニモの母)
エリカ・ベックパール
エリック・パー・サリヴァン
声の出演(日本語
吹替版):
木梨憲武マーリン
室井滋ドリー
宮谷恵多ニモ
山路和弘ギル
乃村健次ブロート
定岡小百合ピーチ
津田寛治ガーグル
清水明彦バブルス
森崎めぐみデブ
斎藤志郎ジャック
後藤哲夫ナイジェル
小山力也クラッシュ
菅光輝スクワート
進藤晶子コーラル(ニモの母)
郷里大輔ブルース
石住昭彦アンカー
二又一成チャム
赤坂泰彦エイ先生
【解説】
 サンゴ礁の海を舞台に、“人間の世界”へさらわれた我が子を懸命に探す父親の大冒険を描いたファンタジー・アニメ。「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」を手掛けたピクサー社が、“リアルな水の表現”にこだわり、最新のCG技術を駆使して作り出したかつてない映像世界が展開する。全米ではアニメ史上最高となる驚異的な興収を記録する大ヒットとなった。
 オーストラリア、グレートバリアリーフ。広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。しかし、無事に生まれたのは母親の命と引き換えに助かったたった1つだけ。父マーリンは、この子を“ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやって来る。しかし、突然の悲劇がニモを襲う。彼は、人間のダイバーにさらわれてしまったのだ。打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった。
<allcinema>
【関連作品】
Knick Knack ニック・ナック(1989)(同時上映)
ファインディング・ニモ 3D(2003)3Dバージョン
ファインディング・ドリー(2016)続編
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aアバウト・シュミット (2002)
[002]Aラスト サムライ (2003)
[003]Aロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 (2002)
[004]Aスパイダーマン2 (2004)
[005]Aロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003)
[006]A“アイデンティティー” (2003)
[007]Aシービスケット (2003)
[008]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[009]ARay/レイ (2004)
[010]Aデイ・アフター・トゥモロー (2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
48390 8.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ringoringo投稿日:2016-07-16 16:51:58
【ネタバレ注意】

海の中で魚が泳いでるシーンの質感は凄い。

感動的なストーリーのなかに、笑いを鏤めているし、手に汗握るエピソードも交えている。

素晴らしかったです!!

投稿者:umota投稿日:2013-01-10 12:37:41
飽きずにしっかり楽しむことができた。ホロリとまではいかなかったが、よい時間を過ごせた。安心で安定した人生より、傷つくこともあるけどスリルある人生のほうがいいよなぁとも思えた。ネットやテレビを通してバーチャルな体験に偏りがちな現代人には学ぶものがあるのではないか。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-07-29 17:02:27
吹替版の方が楽しめる気がする。
投稿者:こじか投稿日:2010-12-30 01:35:03
好きだし単純に楽しめることは大前提とします。が、映画内で描かれる架空の「魚世界」は完成された独自の社会性を持っているのに、「人間世界」も至って現実的なリアルな世界観そのままに描かれていて、どうも吊り合いが取れていない…。この吊り合い=定義が曖昧なまま物語が進行するので、映像はピクサーなのに物語はとてもディズニー寄りという妙な作品になってしまった(と個人的に思います)。この魚世界・魚社会の設定を活かしたいのなら、ニモが人間に捕まるではなく別の生物に捕らえられるなど違う設定でもよかったんじゃないかな。そうじゃないなら架空とリアルの溝を埋めてくれなきゃ、定義がないので物語に着いて行きづらい…。バグズライフやトイ2などもそうですが、ピクサーがこの辺りを曖昧にしているのを見ると悲しくなります…。単なるお魚アニメとして観れば目を瞑りますけどね…。あと…本作の吹替えキャストは役者たちの顔が浮かびすぎてとても残念な仕上がりでした。ネガティブ意見ばかり連なって失礼。好きなピクサーだからこその苦言でした…。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-01-18 05:00:52
今更鑑賞。

話のテンポの良さ、泣かせる展開、ハラハラするシーンなどピクサーはさすがにツボを外さないなぁ。

ニモの声優の声が可愛い。このアニメの公開時から7年…演じていたアレクサンダー・グールドは演技もうまく期待の若手に成長している。

話の舞台がシドニーという事で、オーストラリア出身の役者が沢山出演しているのが面白いと思った。ちょっと野暮ったい喋り方がサイコー♪

実際のところストーリーで言えば自分は『MR,インクレディブル』や『モンスターズインク』などの他のピクサー作品の方が好きだが、海亀やクジラ、カラフルな深海魚など海の生き物満載のこのアニメは子供には喜ばれそうだな。
投稿者:ノブ投稿日:2009-12-28 20:24:16
【ネタバレ注意】

ファインディングニモ」(ピクサーCGアニメ 2004年7月16日 101分 監督:アンドリュー・スタントン)
話の内容は、ダイバーに連れて行かれたニモを取り戻すため、親魚のマリーンと途中で仲良くなったもの忘れの激しいドリーが海の中を冒険する話。
最初にマリーンがギャグを途中で忘れる所は「ストレンジャーザンパラダイス」のパロディかと思った(最後では、ギャグを最後まで言う事ができるようになるが、そのギャグ自体は面白くない。)
過保護すぎる親魚のマリーンが、ニモを探す旅を通して「子供を信頼して自立させるようになる」過程を上手く描いていた。
どんな状況でも楽天的でいるドリー(物忘れが激しい為過去の失敗にとらわれない感じも良く出ていた)の明るさと何をするにも心配するマリーンの神経質さの対比が上手く描かれていた。その二人が最初は反発しながらも仲良く協力していくという基本的な演出も良くできていた。
サメ(海の悪役というイメージを払拭するため魚を食べないでガマンしているが、血の臭いをかぐと抑えが効かなくなる)・チョウチンアンコウ(鋭い歯で襲ってくるので二匹は逃げなくてはならない一方で、チョウチンの光で水中眼鏡に書かれた文字も読まなくてはならないという演出がハラハラ感を高めていた)・魚の群れ(シルエットクイズを出す)・クラゲ・亀の親子・クジラ・水鳥と色々なキャラクターのエピソードをテンポ良く進めていた(合間合間に捕らわれた水槽の中のニモの様子が挿入される)。
魚の群れや亀の親子が最後に「気楽にやりな」と言う所が印象に残った。
全般的に、最初の方は色鮮やかなさんごや魚達などカラフルなシーンでひきこみ、途中ではマリーンとドリーが様々なキャラクターと絡む面白演出をテンポ良く進め、最後には親子の間の信頼と愛を余すところ無く描くなど最後まで一気に楽しく見れる。笑いあり親子愛あり友情ありと本当に「お子さんと一緒に安心して見れる」中々良くできた佳作だった。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:SUNSET投稿日:2008-04-18 23:22:03
つい悲観的に考えてしまう父親マーリンとおおらかで楽天的なドリー、
ふたりの絶妙なバランスで綴る珍道中は見ていて飽きない。
この作品は「魚」と言う形で表現しつつも、人間そのものを描いてる。
ドリーは随所随所でマーリンに子育てや生きる事のヒントを与え、
マーリンも気づかされる。
魚どうしの連携はそのまま、人間界にも当てはまるだろう。
「ひとりで生きてるわけじゃない」そんな簡単な事が、
今を生きる人間に説得力を帯び届いてくる。
紡ぐ事の難しさ、それ以上に喜びも有り得るものも多い。

核化し殻に閉じこもり、孤独になりがちな現代人の心を、
ニモもマーリンもドリーも、それに何より多くの仲間達が、
暖かな涙で流してくれる。
ニモの片方の小さなヒレは、この作品の根底を支えている。

脚本はシンプルだがその分、表現したい事が鮮明に描かれ、
映像も美しい。笑って、泣けて…久々に感動したアニメだ。
投稿者:花男投稿日:2008-04-07 18:12:44
冒頭のゆれるイソギンチャクの触手をはじめ、見どころは海の中の描写と魚たちの動きですね。遠近感の表現と魚の水中の動きは見事です。

「モンスターズインク」や「バグズライフ」と比べると、手足のない魚という主人公にイマイチ移入しにくいのと、ストーリーの起伏が若干小さい感じがしますが、ツボをついたムダのない展開はさすがですね。
投稿者:さち投稿日:2007-10-11 03:16:07
よかった
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-03-18 23:45:48
今更ながら楽しく観賞できた。最後まで飽きさせず笑わせて、ウッと来させる構成は見事。もちろん映像も凄く、CGも此処まで来れば映像美。水槽の機械を買い換えるのと、矯正ガキの顔は何度見ても笑える。
投稿者:karr投稿日:2006-12-15 06:41:01
この映画を大ヒットさせたのは、ひとえにドリーの声を演じたエレンデジュネレスの功績が大きい、とあえて言い切ってしまおう。
女優としても個性的かつ超魅力的な彼女だからこそ演じることのできるおもしろいキャラクターのドリー。
単純に笑ってしまっては、同じような病気の人には申し訳ないが、しかし、この笑いを誰が止めることができようか。
ドリーの登場してから最後まで、笑いを抑えることが出来なかった。馬鹿にした笑いではない。心から愛さずにはいられない微笑ましくてたまらない笑いである。
試しに吹き替えを聞いてみたが、残念ながら御大室井滋嬢でさえも、この至上のキャラクターの本質を浮かび上がらせることはできなかった。
エレンデジュネレスだからこそ出来たのである、と私は信じて疑わない。
正直、他のキャラクターについても同様だと言わざるを得ない。
自分の母国語である日本語だから、あらが目立つのかもしれないが、それにしても吹き替えを聞いていると別の作品だとさえ思えてきてしまう。
とにかく、コメディー映画でさえ、最近これほど笑えた作品は少ない。このキャラクターを生み出した才能に、私は深々と脱帽しよう。
ところで、ウォレムデフォーにしろ、ジェフリーラッシュにしろ、役者として優れている人は声優としても優れていると感じるのは、「母国語ではないからあらがみえない」だけでは説明がつかない気がする。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-10-08 09:57:02
歯医者の子供に引いた。
投稿者:vv投稿日:2006-02-25 10:56:01
いきなりアニメにしては衝撃なエピソードから入りますが…
後は楽しい愉快なストーリー。
魚の目を真横から前方に持ってきたキャラクターは、
特に言われなければ気付かないほど自然で、動きや親しみなどにも大きく貢献していると思います。
特筆すべきは、何よりも映像が綺麗で
一日で藻があれほど増えるかいな?!
とか、
水道水に入ったのに生きてるかいな?!
とか
網があの程度で…とか、
この映画の中に多々ある、色々な矛盾なんか気にしちゃいけません。
予告を見ただけで、これは内容はつまらなくても映像だけでも絶対に見よう!と思ってました。
こういうアニメは楽しくて綺麗なら良いんです。
投稿者:SUI投稿日:2005-09-01 14:38:48
3Dアニメーションの映画は今まで避けていたのですが、
映像もお話も、とってもステキな映画でした!
海の綺麗さ、多様さが、海好きにはたまらないです。

あと、最初にドリーをうっとうしく思った己を、あとから恥かしく思いました。
日常では、ふつうと違うとか合わないと感じる時、すぐに関係を断ちがちですが、
それで大切なことを見逃しているかもしれない。

楽しいのは勿論、大人こそ温かい気持ちにさせてもらえる、そんな映画です。
投稿者:ASH投稿日:2005-08-22 00:02:10
【ネタバレ注意】

 本家は正攻法で家族(親子)の絆の素晴らしさを投げかける。
対して『シャーク・テイル』はパロディ精神満載で、これはディズニーには出せないテイスト。

オーストラリア海域が舞台ということで、3人組のサメの声を豪州出身の俳優で固めているところがこだわりらしい。英語圏の人には、かなり訛った喋り方らしいのだが、ヒアリングが強い方、いかがですか?

投稿者:PECO投稿日:2005-04-27 22:00:19
子供はもちろん大好き。私も素直にみれる気持ちを持ち続けたい。大切にしたい。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 21:13:50
子供向けな気が…。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-02-04 07:42:41
よく出来た子供向けの作品は大抵大人にとっても面白い。意外に子供は手抜きに対して厳しいのだ。その点、この作品は「さすがピクサー」と思わせる。マリーンとニモの前に立ちはだかる危機の数々。ユニークな登場魚(?)のキャラクター。そして
何といっても色彩とCGアニメの完成度の高さは特筆に値する。
もうひとつ、ドーリーをはじめ、泡にこだわったり、ガラスに映る自分を双子の姉妹だと思ったりする「妙な」面々がそのまま登場し、「そのまま」頑張る―というのが実にいい。そんな「妙な」面々であっても(つまり若干病的であっても)直ちに排除するのではなく、受容しようとすることの意味を、それとなくメッセージに込めていると考えたがどうか(その場合、メッセージが決して直接的に子供に対してではなく、同伴の親に向けられている、とも思うのだが)。その意味で、ニモのヒレが片方小さかったり、このアンドリュー・スタントンという監督、なかなか侮れない。
個人的には話し相手にならないカモメ達と仲間入りの儀式までさせるかなりヘンな水槽の魚団、歯医者に恐怖の女の子が登場する際の『サイコ』の効果音といったところがツボだった。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-02-01 08:53:54
ニモはかわいい。ストーリーは泣かせる。
けど、なんか楽しい。笑い泣きのようなものか…
ご家庭でお魚を飼っている人も、最後には奇跡の脱出を願うだろう。
いきなりの悲劇。海は怖い。が、時に弱い者も英雄と化す。
片方のヒレが小さい反抗期のカクレクマノミ。
「…パパが外の海に出るわけ無いよ。」
これは秀作だ。
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-29 20:55:38
【ネタバレ注意】

好きです。ニモがとてもかわいらしい。

投稿者:スカンク投稿日:2004-12-26 21:56:11
フルCGに抵抗があり、気になりながらも今まで観るのをためらっていましたが、我ながらくだらない偏見だと思い、観てみました。
いやぁ オモシロイじゃないですか。
思い返してみると単純なストーリーだったような気もしますが、観ている間は間違いなく楽しんでいました。

CGのことはあまり評価したくありませんが、水面のCGは本気で実写と見間違えるほどリアルでした。
キャラクターの表情は今ひとつ感情が伝わってきませんでしたが…
投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2004-10-08 01:39:40
まじめキャラとボケるキャラのコンビで最後は子供がらみのネタで
観客を泣かすという展開はモンスターズ・インクと変わってない。
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-09-29 19:52:15
ストーリーは大しておもしろくなくても、
映像美や、会話のテンポなどで、かなりカバーできていました。
きっと他の会社が同じストーリーで作っても
おもしろくならなかったと思います。

日本語吹き替え版で観ましたが、木梨さんよりも室井滋さん、
さすがでした。とてもおもしろかったです。
投稿者:iyan投稿日:2004-09-28 08:33:14
一回目見たときには筋が単純すぎると感じました。
でも、二回目見て、ドリーもそんなに気にならなかったし、丁寧に作られていると思いました。
私の甥っ子たちも夢中になってみています。
特に子供たちにはとても楽しい映画なのでしょう。
ただ、吹き替えが気になる人もいるようです。
投稿者:nehane215投稿日:2004-08-28 20:40:03
毎度のことながらピクサーアニメの
よく練られたストーリーテリングには感服させられます。
どんなに優れたCG技術があったとしても
やはり話が面白くなければ、いい映画とは言えないですよね。

確かに「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」などと比べれば
より子供向きで
大人が受ける感動度は少ないのかもしれませんが、
でも脚本(ストーリー)がしっかりしてるから
これはこれで充分に大人の私でも楽しめましたよ〜。

私って子供子供してるのかなぁ〜?(笑)
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-04 00:55:20
木梨憲武、サイコー。劇場で観なかった自分、サイテー^^;。
…完璧な娯楽作品。非の打ち所が、ない(ピクサー作品では『トイ2』と双璧)。
投稿者:トレマー図投稿日:2004-01-17 12:25:59
日本語吹き替え版良かった。
投稿者:molbollo投稿日:2004-01-13 03:29:46
ストーリーよりも、その映像技術の素晴らしさに終始目が奪われてしまいました。いや〜、すごいねCG!海面への景色の映りこみなんか、もう。

内容も普通に楽しめたと思います♪
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-01-06 23:00:54
ピクサー作品は、毎回、驚かさせられるものがある。今回は海中及び魚たちの色彩が非常に素晴らしい作品となっている。ピクサー作品はスタジオ・ジブリと交流があるせいかよく比較される。ジブリ作品は子供向けというより大人中心の作品で難解な部分もあるがピクサー作品は子供向けでストーリーも単純で決して大人向けではないので、ジブリ作品のように恋人同士では物足りない作品かも知れない。しかし、親子で楽しむには持ってこいの作品である。子供にはストーリーを親はCGの素晴らしさが満喫出来る作品となっている。

20031221_Cinema鑑賞_90点
投稿者:KOU投稿日:2004-01-04 23:15:59
しかも、ブラックユーモアや残酷な笑いもあった。

ただ、予告編で見た、ピクサーの次回アニメ「ミスター・インクレディブル」
の方が、個人的には興味あり。http://face.ruru.ne.jp/harekura/
投稿者:nr-akiko投稿日:2004-01-04 00:06:15
【ネタバレ注意】

見ていた間はなかなかおもしろく楽しめました。特にサメのブルースを初めとした3匹が最高におもしろかった。あれはアルコール中毒患者が断酒をするセミナーというか会合のパロディーだと思います。
でも見終わってみると、ピクサー作品の中では、強烈な印象を残す一本っていう感じはしませんでした。とっても良くできた作品ですけど・・
いつもピクサーは素晴らしいので、期待も大きいんですよね。
予告編で見たピクサーの次回作「ミスター・インクレディブル」はたぶんめちゃくちゃおもしろそう!

投稿者:カフカ投稿日:2003-12-26 18:25:19
普通・・・なんでこれがこんなに売れたの・・・
投稿者:akidas投稿日:2003-12-25 19:08:06
【ネタバレ注意】

この映画の重要なテーマに、身体的に障害を持つものと精神的に障害を持つものへのあたたかいまなざしと励ましがあるように思うのですが…。その意味で画期的なアニメだと思うのですが…。考えすぎ?

投稿者:フリクリ投稿日:2003-12-19 13:20:11
個人的にはモンスターズ・インクのほうが良かったのですが、普通に楽しめたと思います。
とはいえ平凡で退屈だたことに変わりはありませんでした。
まあ子映画なんてめったに観ない子供たちのための映画ですからね。
それにしてもよく売れますね。
とてつもない収入でピクサーは大喜びでしょう。
日本のアニメもこれくらい売れませんかね・・・
ジブリは売れてますが、あれも結構子供向け。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-12-14 23:51:30
映像は綺麗、ストーリーは平凡、一緒に観に行った子供は楽しかったみたいやが、私はちょっと退屈して眠くなってしもた。「モンスターズ・インク」のほうが良かったと思うんやが・・・どうやろか?(子供には夢、壊さんように面白かったな!と言っておきました。)
投稿者:K+投稿日:2003-12-11 02:34:05
魚的ロードムービー、普通に面白かったです。
テーマも普通で、ストーリー展開、キャラクター、ギャグ、
それらが全部普通、つまり「よくある」ものではあると思いますが、
全体的に水準が高いので、しっかりと楽しめるものでした。
ただ、それ以上にはならないかと。
「凄く凄くすご〜〜〜く面白かった!!!!!」となる人は、
いないのではないでしょうか。

しかし、よく考えたら残酷ですよね。
過保護すぎる、って云ったって、
目の前で結婚したばかりの妻と子供を、
通り魔に惨殺されたら、そりゃあ人間だって……
しかも、唯一生き残ったひとり息子に生涯があったら……

でも、それを乗り越えるってのが、
こういう映画のいいところであり、
しかし「最高」にはならないところでもありますね。
投稿者:YY投稿日:2003-12-09 23:02:52
 映像は綺麗で、魚もかわいいけどやっぱり途中で飽きてきた
 みなさんの言うとおり子供向けと思えばそりゃそうだなで納得です。
 ダーラとサイコの音楽が面白かった!!
 それから、一番感動したのが予告で観たブラザーベア!泣いた
投稿者:PEKO投稿日:2003-11-27 01:03:00
泣けて笑えて楽しかったです。モンスターズインクのときよりもスピーディなアクションでドキドキしてしまいました。日本語吹き替え版で観たのですが、ドリー役の室井滋さんがとてもはまっててよかったです。字幕で観たらかなりイライラして腹のたつキャラだと思ってしまうかもしれなかったです。木梨さんは知らずに観たので、誰が声をやってるのか気付かなかったです。しゃがれ加減が加藤晴彦さんっぽくて声も若かったです。
2003.11.26観賞 7点
投稿者:ごんじ投稿日:2003-10-22 20:49:59
良くも悪くもいつものピクサーの映画。
期待どうりのデキ。
いつも幼稚なストーリーのピクサー映画だけど、
子供向けなんだから当然か。
そういう意味では、安心して子供に見せられます。(褒めてるのよ)

相変わらず「絵」はとても綺麗。
トイストーリーとかモンスターズインクとかの同社作品の好きな人であれば、
必ず、きっと気に入るでしょう。

個人的には子供連れで、「ポケモン」「クレヨンしんちゃん」みたいな
くだらない映画を、わさわざ金払って劇場に観に行くくらいなら、
こちらの映画のほうを強くオススメします。

ドリーと水槽団(?)の顔に傷のあるリーダー格がお気に入り。
投稿者:BunnyMax投稿日:2003-07-13 09:00:30
CGはたしかにすばらしく、水など本気で実写かと思うほど。
ウミガメ、くらげ、エイなど海の生物満載でとってもきれい。
ただストーリー的にはほとんどひねりがなく単純なので少々退屈。
子供を連れて行くにはほのぼのタッチでいいと思いますが、
大人が見るにはモンスターズインクに、オリジナリティ、
スピード感、アイディアなどでかなり負けてます。http://hoppingmax.com
投稿者:ちゃき投稿日:2003-06-19 13:03:02
【ネタバレ注意】

トイ・ストーリー、モンスターズ・インクで有名なCGアニメ会社PIXARが送る今度は海を舞台にしたお話。タイトルの通り、ニモという息子を探しに行く話です。そのいきさつは最初の15分で判明します。とにかく、海を舞台にしたところが素敵。この場面の全てが実写ではできないものです。CGの世界ができること、CGの世界でしかできないことに挑戦しているところがすごいと思います。子供のお話ということもあって、明暗、善悪がはっきり分かれていて、海の動物たちにはどんな種類がいるかがそれなりにストーリーに組み込まれている教育的要素もあり、道徳的な要素もあり、ソフトなお笑いがあり、喜怒哀楽があるという全てを含んだ映画。そういう意味では完成度がかなり高いと思います。トイ・ストーリーとはまた違ったやさしさと(あくまで子供向けですが)アドベンチャーがあります。面白かったのはアメリカを皮肉るところ。ダイバーに向かって、「絶対ああいうのはアメリカ人だぜ」っていうとかのユニークさは健在です。今までの作品に比べて対象年齢がぐぐっと下がった印象がありますが、にっこり笑ってあーよかった☆と言えるほのぼの映画です。完成度の高いCG映像はすばらしいです。海の様子や、提灯あんこうの光の効果。くらげのシーン、水槽の反射などなど難しい技術が満載かと思います。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/

投稿者:armani投稿日:2003-06-09 17:56:25
ストーリー的に単純なので、中だるみしてしまい、途中飽きてしまった子供も多かったようです。キャラクターの構成がもう一ひねりあれば、という感じです。「モンスターズ・・」よりは笑える部分もちょっと少ないかも。本編前のおまけの方が、面白かった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞アンドリュー・スタントン 
  ボブ・ピーターソン 
  デヴィッド・レイノルズ 
 □ 作曲賞トーマス・ニューマン 
 □ 音響賞(編集)Michael Silvers 
  Gary Rydstrom 
 ■ 長編アニメ賞 
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
□ オリジナル脚本賞デヴィッド・レイノルズ 
  アンドリュー・スタントン 
  ボブ・ピーターソン 
□ インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞リー・アンクリッチ 
  アンドリュー・スタントン 
□ 作品賞 
 ■ 長編アニメ賞 
□ 作品賞 
 □ コメディ演技賞エレン・デジェネレス 
【ニュース】
全米興行成績、ディズニー・ピクサー最新アニメ「ファインディング・ドリー」が記録更新デビュー2016/06/20
全米興行成績、ジェームズ・ワン監督ホラー「死霊館 エンフィールド事件」が大ヒット・スタート2016/06/13
ファインディング・ニモ続編「ファインディング・ドリー」、最新予告編2016/05/25
「ファインディング・ニモ」続編「ファインディング・ドリー」、予告編2016/03/03
ファインディング・ニモ続編「Finding Dory」、ティーザー・トレーラー2015/11/11
全米興行成績、快進撃続く「ジュラシック・ワールド」がV3達成2015/06/29
全米興行成績、アイス・キューブ&ケヴィン・ハート共演コメディがV32014/02/03
全米興行成績、3Dアニメ「Dr. Seuss' The Lorax」が2週連続の首位2012/03/12
ディズニー製作SF超大作「ジョン・カーター」、予告編2011/12/02
ディズニー製作SF超大作「John Carter」、予告編2011/07/15
TIME誌選定、アニメ映画オールタイム・ベスト252011/06/27
全米興行成績、3Dアニメ「怪盗グルーの月泥棒 3D」が大ヒット・スタート2010/07/12
全米興行成績、シリーズ第3弾「エクリプス/トワイライト・サーガ」が圧勝2010/07/05
全米興行成績、「トイ・ストーリー3」が好調キープでV2達成2010/06/28
全米興行成績、「トイ・ストーリー3」が期待通りのビッグ・オープニングで首位デビュー2010/06/21
全閉興行成績、ディズニー・ピクサー「カールじいさんの空飛ぶ家」が好スタート2009/06/01
全米興行成績、ピクサー&ディズニー「WALL・E/ウォーリー」が好スタート2008/06/30
「ファインディング・ニモ」の脚本家、ピクサーの“火星シリーズ”映画版を脚色中2008/06/09
ディズニー/ピクサー「WALL・E/ウォーリー」、フルトレーラー2008/03/12
ピクサー・アニメ「WALL・E/ウォーリー」、予告編第2弾2007/12/18
ピクサー・アニメ「WALL・E/ウォーリー」、予告編2007/10/02
ピクサー最新アニメ「Wall・E」、予告編2007/06/18
全米興行成績、映画版「マイアミ・バイス」が初登場1位に2006/07/31
全米興行成績、ピクサー・アニメ「カーズ」が圧勝2006/06/12
全米興行成績、「アイス・エイジ2」がビッグ・オープニング2006/04/03
ピクサー・アニメ「カーズ」、最新予告編2006/03/10
ピクサー・アニメ「Cars」、最新ティーザー・トレーラー2005/11/28
全米興行成績、「バットマン ビギンズ」が首位2005/06/20
全米興行成績、N・ケイジ主演作が首位2004/11/22
全米興行成績、「インクレディブル」が2週目も首位を独走2004/11/15
全米興行成績、ピクサー最新作が記録的デビュー2004/11/08
全米興行成績、「呪怨」リメイクが首位を死守2004/11/01
全米興行成績、「アズカバン」が首位を死守2004/06/14
MTVムービー・アワード、受賞結果!2004/06/07
全米興行成績、「ハリポタ3」が好スタート2004/06/07
全米興行成績、「シュレック2」が記録的デビュー2004/05/24
サターン賞結果発表2004/05/12
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表!2004/04/22
全米興行成績、「パッション」が復活祭に復活2004/04/12
アカデミー賞、「王の帰還」が圧勝!2004/03/01
英国アカデミー賞結果発表!2004/02/16
サターン賞ノミネーション発表2004/02/13
アニー賞は「ファインディング・ニモ」に2004/02/09
ディズニー、単独で「トイ・ストーリー3」を製作へ2004/02/02
全米興行成績、伏兵が初登場1位2004/02/02
ピクサー、ディズニーとの決別を宣言!2004/01/30
アカデミー賞ノミネーション発表2004/01/28
ゴールデン・グローブ賞発表!2004/01/26
シカゴ映画批評家協会賞発表2004/01/22
英国アカデミー賞ノミネーション発表2004/01/19
放送映画批評家協会賞発表2004/01/13
米オンライン映画批評家協会賞発表2004/01/06
全米興行成績、「王の帰還」が2週連続首位2003/12/26
全米興行成績、「王の帰還」が席巻2003/12/22
サウスイースタン映画批評家協会賞発表2003/12/22
ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!2003/12/19
シアトル映画批評家協会賞発表2003/12/19
BFCA賞、他ノミネーション発表2003/12/17
映画賞続々発表2003/12/16
AFI、2003年トップ10作品選定2003/12/15
ニューズウィーク誌選定2003年トップ10ムービー2003/12/09
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表!2003/12/04
アカデミー長編アニメ部門、11作品エントリーへ2003/11/20
全米興行成績、リメイク・ホラーが好スタート2003/10/20
ドリームワークス、ディズニー&ピクサーとの勝負避ける?2003/08/18
「ファインディング・ニモ」、ついに歴代記録を更新!2003/07/29
全米興行成績、「スパイキッズ」最新作が首位2003/07/28
全米興行成績、「バッドボーイズ」続編が首位2003/07/21
全米興行成績、「パイレーツ〜」が初登場1位2003/07/14
全米興行成績、シュワちゃんが貫禄の初登場1位2003/07/07
全米興行成績、「チャリエン」続編が首位2003/06/30
全米興行成績、「ハルク」が初登場1位2003/06/23
全米興行成績、「ファインディング・ニモ」返り咲き2003/06/16
全米興行成績、「ワイルド・スピード」続編が首位2003/06/09
ピクサー社、来年の新作予告編が早くも登場2003/06/05
全米興行成績、ピクサー製作アニメが新記録デビュー2003/06/02
全米興行成績、J・キャリー主演コメディが首位に2003/05/27
【レンタル】
 【Blu-ray】ファインディング・ニモレンタル有り
 【DVD】ファインディング・ニモレンタル有り
 【VIDEO】ファインディング・ニモレンタル有り
 【VIDEO】ファインディング・ニモ <期間限定生産>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION