allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

10日間で男を上手にフル方法(2003)

HOW TO LOSE A GUY IN 10 DAYS

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2003/08/09
ジャンルコメディ/ロマンス
全ての女性を魅了する逆恋愛マニュアル
10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
価格:¥ 1,429
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

 Photos
10日間で男を上手にフル方法10日間で男を上手にフル方法

【解説】
 上司との間で“10日間で恋人をつくれるか”の賭けをしている男性と、雑誌の企画で“どうしたら10日間で男にフラれるか”を体験取材することになった女性。そんな2人がひょんなことから出会い、互いの思惑を心に秘めたまま“偽りの恋愛”を繰り広げるさまをユーモラスに綴ったラブ・コメディ。主演は「あの頃ペニー・レインと」のケイト・ハドソンと「サラマンダー」のマシュー・マコノヒー。原作はOL2人が自らの体験を基に“男に嫌われる言動”を書き連ね全米でベストセラーとなったハウトゥ・パロディ本。
 新米の雑誌ライター、アンディは堅い政治ネタを熱望していたが、編集長が用意したのは軽い“HOW TO”もののコラム。なかなかテーマの決まらないアンディは、友だちが語る失敗談から、男と別れたい女性のための“10日間で男にフラれる方法”という企画を思いつく。一方、独身の広告マン、ベンは上司から“10日以内に恋人をつくれば、宝石店の大きな仕事を任せる”という約束を取り付けることに成功する。そんなアンディとベンは、とあるパーティ会場で偶然出会うと、互いの本心も知らずにデートの約束を交わす。そして交際が始まるや、アンディは早速“HOW TO”の実践に取り掛かるのだが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A白いカラス (2003)
[002]Aモンテ・クリスト伯 (2002)
[003]Aマイ・ビッグ・ファット・ウェディング (2002)
[004]Aトゥー・ウィークス・ノーティス (2002)
[005]A死ぬまでにしたい10のこと (2003)
[006]Aホワイト・オランダー (2002)
[007]Aファインディング・ニモ (2003)
[008]Aハリー・ポッターと秘密の部屋 (2002)
[009]Aめぐりあう時間たち (2002)
[010]Aシービスケット (2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
26200 7.69
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-06-12 18:08:00
ラストはありきたりだけど
それまでの二人の駆け引きが楽しかった
確かに核心ついてます
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-29 09:59:06
一見流行のTVドラマ的恋愛劇かと思いきや、実はしっかりした内容だったので驚きました。チョッともらい泣きしてしまうシーンがあったりして侮れない作品ですhttp://mototencho.web.fc2.com/2006/delivwp.html#tendaysmen
投稿者:uptail投稿日:2010-03-09 00:02:00
演出:7
演技:8
脚本:7
音響:6
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-10 02:06:29
これ系のラブコメに外れは滅多にない。
逆に歴史に残るヒットもないんだけど…

ま、これも十分に及第点だと思うよ。
ケイトは可愛いし、ラストは予想通り♪
投稿者:inamura投稿日:2007-10-30 19:43:56
エンディングはありきたりな感じだけどそこにいたるまでに笑えるシーンが一杯あって面白かった。この二人の組み合わせがすごく見ててよかった。
投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-14 19:30:51
なーんか非常にご都合主義な展開がどうにも。まあこういうラブコメにそんな突っ込みはナンセンスかも知れんけど、やっぱもうちょいかんがえて欲しいね。ハドソンは可愛くていいけど、マシュー・マコノヒーがいや。この人はこんなジャンルには向いてない
投稿者:シネマガール投稿日:2005-11-28 10:41:05
ニューヨークを背景にした「ユー・ガット・メール」なんかの延長上の定番コメディです。ケイト・ハドソンは着せ替えのお人形のように可愛らしい。ラブコメ好きなら暇つぶしにどうぞ。http://cinemagirleastcoast.blog37.fc2.com/
投稿者:anemoneruby投稿日:2005-08-14 18:13:39
【ネタバレ注意】

見終わった直後よりも、少し時間がたったほうが何となく良かったような気がする映画だった。それはもしかしたらケイト・ハドソンの魅力なのかもしれない。何となくぱっとしない感じがする彼女だけど、「200本のたばこ」での演技はすばらしいものがあった。今回の役は、本当は本当は社会問題を書きたい有能な女性だが、振られるために奮闘する方の彼女がとてもおかしくて、「200本のたばこ」の時の彼女を髣髴とさせる。

お互いの利益のためにお互いを利用しようとすることで始まった恋とも呼べない恋だが、ステキだったのはベンの両親にアンディが心を打たれるところだ。いちばん自然な自分でいられる相手と過ごせるのはとても幸福なことなんだと改めて思わせてくれる。http://www.geocities.jp/anemoneruby/

投稿者:maldoror投稿日:2005-06-07 08:34:19
ママの作品のリメイクではないかと思うくらいノリの楽しい作品でした。
パパ似で少しだけ面長ですが、ケイトのキュートさはママの若い頃に勝るとも劣りませんね。今後はあまりコミカルな役をやらなそうな感じでちょっと残念です。
マシューはやはり主役をはるよりもこれくらいの役の方がしっくりきますが、トライアンフのバイクに乗って通勤しているのだけはカッコ良かったです。
それにしてもケイトの胸のなさ、たまりません!!(失笑)
投稿者:bond投稿日:2005-03-28 00:39:55
脚本のせいか楽しめた、スタンダードな佳作。
投稿者:うさぎとかめ投稿日:2005-02-21 04:09:08
思ってたよりは楽しめました。
でも、ラストがイマイチかな・・・
もっと盛り上げてほしかった。
それと記事には他に何が書いてあったのか気になる!
投稿者:ソイミルク投稿日:2005-02-20 22:49:12
【ネタバレ注意】

ケイト・ハドソンが最高にキュートでチャーミングでした。最初はもちろん、たった10日が経てば嫌いになられて記事が書ける、単純にそれだけを考えていたのが、日数が経つにつれ、自分自身の心の本音では、仕事抜きなら相性がぴったりで惹かれ合っていると気づき、でも仕事の事を考えると彼に嫌われなければいけない…という複雑さが感じられました。わざと嫌われるような事を色々やっているのも、とても面白くて笑っていました。ラブコメとして、とても楽しかったです。楽しめるラブコメとして、高得点。

投稿者:jyunn投稿日:2005-01-02 00:41:00
ラストは誰でも想像がつくでしょう。それでもケイト・ハドソンは可愛らしく、マコノヒーも素敵です。そしてニューヨークの町並みもこれまた素敵。映画なんて案外そんなもんで観れちゃいます、私の場合は。
投稿者:エバ投稿日:2004-12-07 22:03:41
スポーツ観戦じゃましたり、留守電に何度もメッセージを残したり、
仕事中にどーでもいい電話をかけたり、彼の部屋を自分のもので埋め尽くしたり(!)
ウザい女好演、ケイト・ハドソン。見直した。
ママ譲りの大きい口がほんとにキュートでした。
これらのウザいことは、だいぶデフォルメされてるけど、
実際こーいう女ってけっこう多いと思うんだけど…
けっこうちゃんと「How to lose a guy in 10days」に
なってるよね、この映画。
こういうレベルのラブコメ、1ヶ月に1本くらいあるといいんだけど…

『プリンセス・ソフィア』には笑った!
でも自分にも思い当たるフシが…!!

投稿者:midoro投稿日:2004-10-31 04:51:58
【ネタバレ注意】

ケイト・ハドソンの顔って、これといった特徴がないので全然覚えられません。
それを整った顔と言うのでしょうが、可愛いけどなんか普通っぽい。
そこが受けてるのかな?
そして、マシュー・マコノヒー。この人はほんとにカッコイイのか?
微妙な顔だなーと思いながら見てたら、あっという間に2時間経ってしまいました。
肉体は見事でしたが。

ストーリー的には特筆すべき点は何もありません。
男女が試し合って、すれ違って、でも最後には分かり合って追い掛けてハッピーエンド。
超定番です。「俺達(私達)、イケてるニューヨーカー。仕事も恋も大忙し!」
っていうのもお約束。

ケイトの弾けっぷりを笑いながらも、なんか自分にも思い当たる節が・・、
と少々不安になりましたが、あの男ばっかの中にズカズカ割り込んで行って
ぶちかましたのは面白かった!
疑問なのは、なぜマシューの実家に行ったときはおとなしくしてたのか、ということ。
さすがにご両親の前ではあれは出来なかった?
惜しかったのは、二人の思惑がバレるパーティーの場面。
なんか痛くて見てるこっちが恥ずかしいだけで、
もうちょっとどうにか出来なかったのかと思ってしまいました。
その場で皆に余興としてタネ明かししちゃうとか。

そして、DVDではカットされた映像にケイトのアパートの場面がありましたが、
ケイトの住まいが全く出て来ないのは、少々不自然でした。
まあ、あんな豪華な家見せられても腹立つだけですけど。

この映画で良かったのは、それぞれの友人達と同僚、上司ですね。
皆キャラが立ってて、主人公2人よりも印象に残りました。
まあ、暇でちょっと楽しみたいときはいいんじゃないでしょうか。

投稿者:トモぇ投稿日:2004-08-04 22:08:30
最後はなんとなく…ゎかってぃたケドも、ょかったデス!!
ょくココまでできるな…なんて思いながら見てました★
笑えるトコも、ププっと笑えて(≧▽≦)о
ぉ互ぃのゃりとりを見ているのが楽しかったデス!!
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-06 00:14:15
ちゃんと楽しめました。ゲラゲラは笑えないがクスクスは笑わせていただきました。ラブコメディとしては充分に及第点をクリアした佳作。
あと10分、尺が短くて、ラストのハッピーエンドに「ひとひねり」があれば更に良かったが…。
個人的にはMSGやスタッテン島から見るマンハッタンやスタッテン島行きの無料フェリーが出てきて、懐かしかったです。(昨秋、NYを旅行したので)
ケイト・ハドソンが予想以上にキュートだったので1点おまけの8点。
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-06-01 05:57:44
あんまり期待しないで観たので、なかなかおもしろかったです。
ケイト・ハドソンはストレートヘアはあまり似合ってなかったですが、
やっぱり彼女の笑顔は最高ですね。お互いが騙し合って恋愛が成立する物語ってあんまりない気がします。最後までどうなるんだろーって全然飽きなかったです。
ケイト・ハドソンこれからも期待です☆
投稿者:ねおねお投稿日:2004-05-05 13:52:18
【ネタバレ注意】

ラブコメの中では、ランクが低いのではないでしょうか?
これといって、印象に残るシーンもセリフもありませんね。
ケイトの笑顔が可愛いので、それだけが救いでした。

二人がお互いのイイ所を見つけ、惹かれあうシーンに説得力がないので、ハッピーエンドが疑問符になってしまいます。これってラブコメには致命的ですよね。全体的に、登場人物の信念や感情が伝わってこないので、スカスカの内容になっているように感じます。
ケイトがんばれ!!って感じです。

投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-05-04 09:57:10
初めから趣旨を話していたら、お互い利益あったのに・・・とは言え、何も考えず楽しめる映画や。先は読めるがな。
投稿者:Roxie17投稿日:2004-03-07 15:39:47
一生懸命男にフラれようとがんばってる姿が笑えました。
楽しいラブコメです。
あんなダイヤつけてみたい!!!
歌うシーンはなんとも言えなかった。。。
私もこの映画のタイトルはフル方法じゃなくてフラれる方法にすべきだと思う。
投稿者:徘徊爺投稿日:2004-02-22 19:46:42
彼女のイタズラっぽいチャーミングな笑顔がじゅうぶん生かされていた作品でした。
僕は、それだけで満足です。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-01-17 00:47:23
タイトルからみれば、男性を馬鹿にしたような映画だが見終わって見ると「10日間で女を上手に好きにさせる方法」というのが隠しタイトルのようなオチがある作品である。お互い駆け引きがあるので場面場面のおもしろ味は結構あるがエンディングになってくると打算的な恋なので、他の恋愛映画のように心温まるほのぼのとした気持ちで映画館を後にすることは出来なかった。上映している間は結構楽しめたが終わってしまうと何も残らないし記憶も薄れてくる作品であった。

20030901_Cinema鑑賞_70点
投稿者:ちゃき投稿日:2003-11-04 15:51:42
これってね、日本では大幅に誤解されているのでは?と思うのです。これは私の英語力のせい?とも思いますが、男をフル方法ではなくて、男にフラれる方法をやっているのではないのですか?友達の失恋をヒントに女性が男性にやってしまいがちなことを上げて、”(女性が陥りがちな)10日で男を失ってしまうことリスト”っていうのを女性雑誌に書くっていう企画ではないのですか?それを実際の男で実践して、ほーらね、っていうのを実際に書くほうが臨場感が出るから、と始まったことだと思うんですがね。ま、それはそうと、ケイト・ハドソン可愛い☆ちゃきはケイトはペニーレインのころから大好きです。この黄色いドレスは超キュートでほんと見ていて飽きませんね。この方法というのはおもにアメリカ人が陥りがちな、という観点ですので、日本人にはあんまり当てはまらないかと思います。文化も違うしねー。でも日本でやっている子がいそうなシーンはありましたね。バスケで、これダイエットじゃない―とか。それでも恋愛ストーリーとしては発想が面白いと思います。マシュー・マコノヒーもはまっています。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
投稿者:ゆうじ投稿日:2003-08-27 20:43:32
アンディーがベンに10日間でふられようと悪戦苦闘する理由がやや弱い(だって、別に自分で実践しなくても記事は書けたはず)のが気になったが、全体に明るく楽しいラブコメディー。最近のアメリカンコメディーにしては下ネタに頼っていないところに好感が持てた。
ただ、よくあるタイプのストーリーに収まってしまっていて、これといったウリになる箇所が見当たらないのも事実。全体にもう一工夫欲しかったところだ。
投稿者:ギア投稿日:2003-08-23 00:08:31
他の方のコメントを見ていると、結構辛口で驚きました・・・自分では笑いありの王道ラブストーリーありで、かなり楽しめたんですが。見る人によってかなり意見が違うんだろうな〜感じさせられました。多分王道的なラブストーリーが好きな方にはかなり良い作品ではないかと思います!ぜひカップルで見に行ってくださ〜い☆
投稿者:Flamingo投稿日:2003-08-13 23:06:32
ケイト・ハドソンもかわいかったし、マシュー・マコノヒーもブルックスを着こなし
かっこよかった。コメディーとしても恋愛物としてもまあまあ楽しめたが、
ちょっと長く感じられたのは少し中だるみがあったせいか??
投稿者:deborah投稿日:2003-08-10 01:45:17
【ネタバレ注意】

ケイト・ハドソンは抜群にキュート。笑顔がいい。ゴールディにはまだまだ及ばないけどね。ゴールディは、出てくるだけでもう、おかしかったし、可愛かったもんね。マシュー・マコノヒーも、役があっていて良かったと思う。
でも、2時間たっぷり楽しめたかときかれれば、う〜ん・・・。
そもそも2人がこの設定にたどり着くまでが、不自然。この手のラブコメに堅い事は言わないって事で、その点を大目に見たとしても、彼女の「ふられよう」とする悪戦苦闘が必ずしも笑ってばかりはいられない。私が女だからかもしれないが、ハドソンがまだコメディエンヌとしては発展途上だからなのか、監督のせいなのか、そのすべてのせいなのか、理由はともあれ、中盤ちょっとうんざりする。
彼の家族にあって云々・・・のくだりはちょっとげんなり。パーティーの場面は、「おいおい、やめてくれよ」と言いたくなった。歌は○。
そして、エンディング、お決まりとは言えあまりにも月並み〜。お洒落なのは、NYの街とハドソンの服だけ。話は田舎臭い。
でも、周りはカップルだらけ。おばさんが一人で見るのは、ちと、浮いてた。
そのせいで、点が辛くなったのかもしれない。情けない。

投稿者:BunnyMax投稿日:2003-08-05 14:35:28
ケイトハドソンが抜群にかわいい。イエローのドレスを買おうかと思ったほど(笑)
よくある話を脚本、エピソードをひねってひとつ上のランクにもっていってます。
最近見たラブコメの中では一番好きです。でも女性向きでしょうね。http://hoppingmax.com/m-frame.html
投稿者:幻巌堂投稿日:2003-07-31 23:08:40
またも出ましたという感じのボーイ・ミーツ・ガール・コメディ。そつなくまとめてることは認めるけれど、いかにもという感じのニューヨーカー男女とNBAニックス以外は何の新鮮味もないという、私には少しばかり納得のいかない2時間だった。せめて、ラストくらいはアッと言わせるような仕掛けを見せてほしかったというのが正直なところ。まさに、平均点のB級作品だ。ケイト・ハドスンには悪いけど、残念ながらコロンビア大学卒の秀才編集者には見えなかった。オカズたっぷりの「うつろな愛」には笑わせてもらったけれど、まだまだゴールディー母の七光りという感じだね。そして最後に、戸田奈津子の翻訳、もうあきれてしまう。大声で突っ込みいれたいところが10箇所以上あったゾ!! 人間引き際が肝心です。ご勇退を!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 女優賞ケイト・ハドソン 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION