allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛してる、愛してない...(2002)

A LA FOLIE... PAS DU TOUT
HE LOVES ME... HE LOVES ME NOT

メディア映画
上映時間96分
製作国フランス
公開情報劇場公開(コムストック)
初公開年月2003/04/26
ジャンルサスペンス/ロマンス
あなたがバラをくれたから、私は心にケガをした。

私はあなたを絶対幸せにする !!
愛してる、愛してない... [DVD]
USED価格:¥ 1,400
amazon.co.jpへ

 Photos
愛してる、愛してない...愛してる、愛してない...

【解説】
 「アメリ」のオドレイ・トトゥ主演のロマンティック・スリラー。内気で空想癖のある女の子が一途な恋ゆえにとった行動がとんでもない事件へと発展していくさまをひねりのきいた脚本でサスペンスフルに描く。共演は「ジェヴォーダンの獣」のサミュエル・ル・ビアン。監督・脚本は本作で劇場長編デビューの新鋭レティシア・コロンバニ。
 フランス・ボルドー。美術学校に通うアンジェリクは心臓外科医のロイックと恋人関係にあった。彼には弁護士で現在妊娠中の妻ラシェルがいるが、離婚は時間の問題。アンジェリクは彼に、出会いの記念として1本のバラを贈る。絵を描いているときもアンジェリクの頭の中はロイックのことでいっぱい。ベビーシッターをしていたのが縁でいつのまにやらロイックの隣人宅に留守番として住み込むことにも成功する。ところが、裁判所の前で寄り添っているロイックとラシェルを目撃した頃からアンジェリクの様子がどこかおかしくなっていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
13108 8.31
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:FFF投稿日:2016-06-30 22:15:46
聞きしに勝る内容で確信犯のゴーンガールと対極にして双璧。
皆さん書いてるようにネタバレしてからが俄然おもしろい。
まんまアメリのイメージで宣伝してた日本版予告編もスゴい。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 02:36:57
ラストがちょっと怖い。
投稿者:funkay投稿日:2011-06-04 20:13:08
【ネタバレ注意】

ストーリー自体は凡庸だが、中盤以降の「ネタばれ」を見せながらの絶妙な脚本と、何よりもオドレイ自身の魅力全開の演技力により、サスペンス風だがしっかりとしたラブストーリーとして確立している点が素晴らしい。純愛ゆえの暴走。
「アメリ」は観ていないが、オドレイの可愛さには恐れ入る。彼女だけを観ていても飽きない感じ。オープニングの雑貨が立ち並ぶ映像美に引き込まれ一気に魅せる!また、ラストシーンの、あの○○を使って描いた「壁画」。狂気丸出しの執念・・・。怖い。
それにしても「たったあれだけの行為(好意)」を受けたことでストーカーと化す人格の怖さ・・・。贈り物には十分気を付けよう。

投稿者:幸村和投稿日:2008-12-14 16:44:16
BunnyMaxさんのコメントに同感です。
アメリが良かった、と思っていましたがこちらもなかなか良かったです。
両方観ると「人間、バランスが大事だ」ということに気が付いていいかもしれませんね。あ、でも盲目的にアメリが好きな人にはショックかも。
ところでコラージュ怖すぎ。あれが一番怖かった。
投稿者:nightwing投稿日:2005-04-09 20:28:24
【ネタバレ注意】

中盤までは何となくボ〜っと観てたけど
いきなり展開がリバースしてからの面白い事!
確かに「身勝手妄想女のストーキング殺人事件」なんだけど
カラっとした演出が返って不気味で良い。
ラストの笑顔はゾッとした。

投稿者:shallow投稿日:2005-01-01 18:10:14
【ネタバレ注意】

なぜか怪奇大作戦、幻の逸話「狂鬼人間」を思い出した・・・・。

はっきり言って完全に頭がいかれた妄想女のストーキング話なんだが
ラブコメ風の演出、主人公の明るい(?)表情などで一般の方々にも
お薦め出来るかな・・。

投稿者:purple-purple投稿日:2004-10-21 09:39:47
【ネタバレ注意】

最初はかわいらしいラブコメみたいな雰囲気だったのが、段々サスペンス風になっていき、そして最後にあんなに怖ろしい事になるとは。数年間1個も飲んでなかったんですね。

人の想像力というのも、豊かなのももちろんいい事なんだけど、現実をきちんとできていなければ、怖いものなんだなぁと思いました。「現実が厳しくてもそれは試練だから希望を捨てるな」という、普通なら精神的な強さとして大切な事が“間違っている事だという場合”の、色んな意味での怖ろしさ。その1つ目は、映画の中でも描かれている、現実を理解しないでいつまでも妄想して思い込んでいるという怖ろしさ。2つ目は、同じく映画内で描かれている、その対象になって被害を受けた時の、しかも理由も正体も分からないという恐ろしさ。そして3つ目は、この映画を見た視聴者が、多かれ少なかれ何か自分の中で想像していた事が、自分が信じていた事が全て想像の産物で実際はありもしない物だったという事に気づく時の絶望と怖ろしさ、だと思う。あくまでそういう“場合”の話ですが。普通の想像なんて、大きな想像だって誰でもするものだし、想像力は豊かなままでいいし抑制も捨てるのもしなくていい、と思いつつも、もうちょっとだけ現実をちゃんと見ていこうと思わされました。

投稿者:ムーネルドンハ投稿日:2004-04-26 23:43:10
ひどいよアメリ
ところで何の心臓
投稿者:beauvau投稿日:2003-12-16 15:03:05
妄想の話だと分かっていても後味が悪すぎ。
あまりのおぞましさにビデオを借りて見直しもせず
即返却した初めての作品。
投稿者:どんたく投稿日:2003-09-09 12:56:34
【ネタバレ注意】

大ヒットしたアメリは、その世界観からして到底男性には受け入れ難いものでしたが、本作はその不満を全て払拭してくれる快作です。実際にアメリのような妄想女が周囲にいたら大迷惑、とい部分を見事に表現しています。冒頭、前役とかぶるのでトトゥはよくその役を引き受けたなぁ、という感じですが、どうせなら役名をアメリにして欲しかった。「8人の女たち」同様、一見フェミニズム万歳映画に見えて、正反対のオチを持ってくる当たりがフランス映画界の寛容さ&ウイットを感じます。

投稿者:BunnyMax投稿日:2003-08-14 08:29:59
なかなか意表をついた展開でしたが、ネタ自体はTV映画などでも
よく見るタイプで特に目新しさはありません。それを1ランク上に
しているのは、脚本の上手さ、バラなど小道具の使い方、カラー
バランスの効いた映像の美しさ、Audrey Tautouの魅力でしょう。
ネタバレしてから後半も楽しめるかどうか意見が分かれそうですが、
わたしは以上の理由から最後まで堪能できました。http://hoppingmax.com/m-frame.html
投稿者:桃子投稿日:2003-06-13 09:15:52
久々にずしんと見応えのあるサスペンス映画でした。
オドレイ・トトゥの魅力が100%発揮されていて、ほんとにお洒落な雰囲気です。でも、思い切り怖かった〜(>_<)
ハリウッドからリメイク希望が殺到したというのもわかる気がします。
リメイクされたらどうなるのか興味津々ですが、見たいような見たくないような…(笑)
あっと驚く謎解きサスペンスの好きな方におすすめです。http://rosepink.milkcafe.to/ymr/movie/cinematop.html
投稿者:KOU投稿日:2003-05-05 22:16:01
映画の出来では「アメリ」の方が上かもしれないが、妄想娘を正当化していない分、本作の方が僕は好感が持てたし、楽しめました。
http://face.ruru.ne.jp/harekura/
投稿者:JJ投稿日:2003-04-04 09:35:41
ジャンルは、どちらかというとサスペンスで、フランス版「メメント」といった雰囲気。
「アザーズ」「シックス・センス」「ユージュアルサスペクツ」などとも同じテイストの
ちょっと謎めいた要素の強いドラマ。かなりテンポもよく、秀逸で、面白かった。
ネタバレになるから、多くを言えない映画だが、ラストに向かうにつれて、
物語の謎がとけたときに「あ〜、そうだったのか〜!」という深い納得が心地よい。
サスペンス系の映画が好きな人はオススメしたい映画。
チラシや予告では、「アメリ」みたいなカワイイ映画といった雰囲気全開で、
映画本来の内容をごまかしている(=伝えきれていない)ような感じがする。
チラシやポスターから予想していた内容とは全く違ったけれど、
これはこれで、秀作だったので許せたけれど、やっぱり、映画会社ってズルイね。
でも、「あなたがバラをくれたから、私は心にケガをした。」という宣伝コピーは、ものすごく素晴らしい。
映画の趣旨も、内容も謎も含めて、ここ近年まれに見るほど的確。




【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愛してる、愛してない...2003/09/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】愛してる、愛してない...レンタル有り
 【VIDEO】愛してる、愛してない...レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION