allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

帰ってきた!刑事(デカ)まつり(2003)

メディア映画
製作国日本
公開情報劇場公開(コムテッグ)
初公開年月2003/03/22
ジャンルコメディ/アクション
女刑事(あたいら)の裁きを受けてみな!!

帰ってきた!刑事(デカ)まつり


 Photos
帰ってきた!刑事(デカ)まつり帰ってきた!刑事(デカ)まつり

【クレジット】
監督:安里麻里
『子連れ刑事』
井口昇
『アトピー刑事』
是枝裕和
『はぐれちゃった刑事』
塩田明彦
『地を這う十字剣刑事(仮)』
新藤風
『ぱいぱん刑事』
鈴木浩介
『絶好調刑事』
瀬々敬久
『姦(かん)刑事』
本田隆一
『背徳美汁(びじゅう)刑事』
松梨智子
『キューティ刑事』
吉行由実
『発情女刑事』
企画:篠崎誠
出演:宮田亜紀
『子連れ刑事』
岡元夕紀子
『はぐれちゃった刑事』
加瀬亮
『はぐれちゃった刑事』
秋本奈緒美
『絶好調刑事』
諏訪太朗
『絶好調刑事』
遠藤憲一
『絶好調刑事』&『背徳美汁(びじゅう)刑事』
佐々木ユメカ
『姦(かん)刑事』
中原翔子
『背徳美汁(びじゅう)刑事』
森下能幸
『背徳美汁(びじゅう)刑事』
まんたのりよ
『キューティ刑事』
林由美香
『発情女刑事』
堀江慶
『発情女刑事』
【解説】
 “主人公は刑事”“完成尺は10分以内”“1分につき最低1回はギャグを入れる”という条件で製作され話題を呼んだオムニバス・コメディ「刑事(デカ)まつり」の第2弾。今回の条件は“主人公は女刑事”“完成尺は10分以内”“本編中に最低でも5回ギャグを入れる”となっている。参加監督も総入れ替えとなり、「黄泉がえり」の塩田明彦、「ディスタンス」の是枝裕和、「SFホイップクリーム」の瀬々敬久、「LOVE/JUICE」の新藤風、ピンク映画のベテラン吉行由実など前回以上にバラエティに富んだ顔ぶれが並んだ。
  張り込みを続けるベテラン刑事・清水と青木のもとに、女性警部補・白鳥がさっそうと現われるのだったが、彼女は清水のアタマがどうしても気になってしまい…「絶好調刑事」(鈴木浩介監督)。他、安里麻里監督「子連れ刑事」、井口昇監督「アトピー刑事」、是枝裕和監督「はぐれちゃった刑事」、塩田明彦監督「地を這う十字剣刑事」、新藤風監督「ぱいぱん刑事」、瀬々敬久監督「姦(かん)刑事」、本田隆一監督「背徳美汁(びじゅう)刑事」、松梨智子監督「キューティ刑事」、吉行由実監督「発情女刑事」の全10編を上映。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:堕落者投稿日:2004-07-07 09:34:48
10分と短いながら,完成度は高いし,そのギャグの乱れ撃ちに痺れた。井口監督は人を愛する事がどれだけ悲しく,辛い事なのかを良く理解していると言える。そもそもああいう人間を愛さなきゃそれに越した事はないんだけど,愛したんだから仕方ないし,実際ああいう人間に泣かされている人,少なくないと思う。笑
恋愛には楽しい事もあれば嫌な事もあるし,相手の全てを好きになれる訳じゃない。人間は誰しもが二面性を持っている。悪い部分も含めてそれを受け入れる事によって全ては始まっていくのだ,と。その深い哲学と人間観察力には感動ですね。
投稿者:southern投稿日:2003-10-25 10:22:49
『絶好調刑事』。ネタ、役者、演出ともに志が低く、甘ったれた作品。
『発情女刑事』。ネタはいいのだが、演出がはずしている。テロップを出さないほうがいい。
『はぐれちゃった刑事』。社会的な切り込みのギャグもいきていない。もっと、過激でないと。
『アトピー刑事』。一番、まとまりがあって、オチもついていた。トイレで入れ替わるところは爆笑。
『地を這う十字剣刑事』。まさに真の自主映画。30分ぐらいあれば、もっと良かった。駄作『黄泉がえり』後、いい仕事した。
『〈姦〉刑事』。いきなりTバックの女の尻が通り過ぎて、その後を期待させるが、コントのような演技でつまらなくなる。
『背徳美汁刑事』。中学生が思いつくようなネタを頑張っています。しかし、笑いのツボまで中学生並ではどうだろうか。
『キューティ刑事』。〈女性〉作家の自己顕示欲を剥きだしにした作品。本人は面白いと思っているか知らんが、よくあるパターン。毒が薄い。
『ぱいぱん刑事』。『地を這う〜』と同じで企画の趣旨が違うが、狂的な強い意志は感じる。
『子連れ刑事』。今回一番面白い作品だった。めまぐるしいほどのアクションの連続で、そのスピードに誰も追いつけず、実験映画のようになっているが、そこに強い意志を感じる。主役の声が若富の吹き替えなのが不満である。
《総評》
自主映画なのだから、作家のやりたいことをぶち込めがいいのに妙なバランスを意識しすぎて計算された(?)演出に終始し、バカバカしさが半減している。カメラ目線カットのある作品が多すぎるのも気になる。観客への媚び、甘えの徴だと感じた。
投稿者:ピープル江川投稿日:2003-05-29 04:56:23
が、いいな!せつなくて。
アトピーもナイス!
ちょっと気持ちがロウになるけど。http://mlcity.gaiax.com/home/egawa/main
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION