allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

灰の記憶(2001)

THE GREY ZONE

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アートポート)
初公開年月2003/05/24
ジャンルドラマ/戦争
映倫PG-12
1944年アウシュビッツ、ユダヤ人医師の体験にもつづく感動の人間ドラマ。

少女の鼓動は彼らに勇気と誇りをよみがえらせた。
灰の記憶 文部科学省選定作品 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 4,380
amazon.co.jpへ

 Photos
灰の記憶灰の記憶

【解説】
 第2次大戦末期にアウシュビッツ強制収容所で実際に起きた事件をもとにつくられた舞台劇を豪華俳優陣の共演で映画化したヒューマン・ドラマ。ナチスに特別待遇を受け生き長らえるユダヤ人が、自らの“任務”に葛藤する様と、奇跡的にガス室から生き残った少女の命を守るために奔走する姿をリアルに描く。監督・製作・脚本は「O〔オー〕」のティム・ブレイク・ネルソン。
 1944年、アウシュビッツ強制収容所。ユダヤ人のホフマンは、同じユダヤ人をガス室に送るなどの特別任務を担う“ゾンダーコマンド”としてナチスのために働いていた。その見返りは食事と4ヵ月の延命。一方で彼は、密かに同じユダヤ人である焼却場のアブラモウィックスや軍需工場で働く女囚ダイナらと死体を焼き続ける焼却炉の破壊を計画していた。それは、彼らにできる最後の抵抗だった。そんなある日、ホフマンはガス室で死体処理中、奇蹟的に生き残った少女を発見する。ニスリ医師の手当で一命を取り留めたその少女を、彼は危険を承知で匿うのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
536 7.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ghost-fox投稿日:2009-11-16 22:35:34
カイテル浮いてる
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-12 23:45:38
強制収容所のユダヤ人を描く映画たくさん作られているし、私も結構見てきました。そんな中、本作は今まで以上に絶望を強く感じる作品です。本作で初めて知ったのはガス室に人を送り、その殺された遺体を処理するユダヤ人の存在です。本作はそんな人達が主人公なのだけれど、どっちにしても4ヶ月後には自分達も殺されてしまうという、その間の絶望と希望はあまりにも辛すぎる。あんなにリアルな死体の山を見てしまうと怒りと悲しみで息がしにくくなるほどだった。キャストもかなり豪華だし『オー・ブラザー!』に出演しているティム・ブレイク・ネルソンの監督としての才能も改めてすごいと思えた作品です。辛い映画だけれど、二度とこういった悲劇が起こらないために人が見るべき映画だと思います。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2005-04-07 06:16:59
劇場公開作品ということで、見てみることにしました。
派手ではありませんが、戦争のむごさ、卑劣さを再度認識させてくれるという点では、見る価値のある作品だと思います。
ただ、それ以外では見所がなかったというのもあります。
投稿者:ilovesunshine投稿日:2004-06-13 03:38:45
It is a morality play giving you a horrifying look into the
human psychology through the story of the Sonderkommandos in Birkenau
death camp. I have never seen such a direct, pitiless, despairing and painful movie . It is a film about making choices where choices seem to make no difference - there is no remedy except that the war eventually ended. Although not suited for children, it is a powerful movie.
投稿者:クロード投稿日:2003-12-14 09:19:30
 この映画のDVDが発売されるとは驚きで購入する人がいるのでしょうか。私は浅草場外馬券売り場の前の映画館で見たのですが、あの連中も作品を選ぶのか、がらがらでした。要するに私も見たくて見たのではなく2本立てでしょうがなく。それはそうでしょう、今更鬱陶しいユダヤ虐殺収容所でもなかろうと。実際に画面は暗く、全編みすぼらしさそのものでした。
 だが、見終わった印象はまったく得がたい作品だというもの。ガス室から蘇生する少女の場面、無言なのが映画に迫力を与え、その少女のナレーションがラストで流れ感動を呼びます。
 ハーベイ・カイテルとユダヤ人医師役の絡みがこの作品に深みを与えました。『戦場のピアニスト』はこの作品を見せられると奇麗事に見えます。本当はそうではなく冷酷に当時を描いているのに、多分、この映画にある生き残った者に対する苦々しさ、その辺に両者に違いがあると思いました。
 役者カイテルのベスト、製作も兼ねているそうで、映画人としても感服します。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】灰の記憶2003/10/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】灰の記憶レンタル有り
 【VIDEO】灰の記憶レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION