allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

岸辺のふたり(2000)

FATHER AND DAUGHTER

メディア映画 Anime
上映時間8分
製作国イギリス/オランダ
公開情報劇場公開(クレストインターナショナル)
初公開年月2004/12/18
ジャンルドラマ
レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集 [Blu-ray]
参考価格:¥ 10,800
価格:¥ 7,854
USED価格:¥ 7,576
amazon.co.jpへ

 Photos
岸辺のふたり岸辺のふたり

【解説】
 2001年のアカデミー賞短編アニメーション賞受賞をはじめ数々の映画賞を獲得した傑作アニメ。幼い時に岸辺からボートで去って行った父を想いその岸辺に立ち続ける娘に訪れる奇跡を、繊細にして哀愁に満ちたタッチで綴る。2003年6月のDVD発売後、日本でも評判を呼び、2004年12月にロードショー公開が実現。
 自転車に乗った父親と幼い娘がとある川の岸辺へとやって来る。やがて父親は後ろ髪を引かれる思いでボートに乗り込むと、娘を岸に残したまま行ってしまった。そしてそのまま戻ってくることはなかった。その日以来、娘は雨の日も風の日も、父親の帰りを待って岸辺を訪れ続けた。やがて月日は経ち、娘も少女から大人へと成長していく。四季は繰り返し、娘は恋をし、自分の家族を持つ。それでも娘は岸辺にやって来ては、父の面影に思いを馳せる。娘もいつしかあのときの父の年齢を越え、老女となっていた。そしてある時、彼女に奇跡が起こる。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-10-23 18:21:01
【ネタバレ注意】

YouTubeで鑑賞。
再会した時に娘が幼女まで戻らなかった事で、父親がいつ死んだか分かる所が印象に残った。

投稿者:nedved投稿日:2010-03-06 02:44:42
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
投稿者:悲しみジョニィ投稿日:2007-05-03 11:42:39
映画や漫画に於いて、感情表現で一番簡単なのは
顔をUPにして表情を映すこと。
更にセリフも加えれば誰にでもわかりやすく伝えることが出来ます。
表情意外でも、手のひらだけでも感情表現は多彩に出来ます。
握っているのか、開いているのか。力が抜けているか、迷っているか。
立ち方だけでも、重心の入り方でも、感情表現は出来ます。
ただ、その違いを描き分けたり、演じ分けるのが難しいため
顔のUPやセリフの多い表現に陥りがちです。

この作家さんは
自転車を漕ぐ動作だけで、全ての感情を表現しています。
時に懸命に、期待し、悲しく、平坦に、必死に、
更に年齢のかき分けも、天候も、自転車だけで表現をしています。

ガブリエル・バンサンを思わせる
陰影の強いタッチで綴られる岸辺の風景は
表情もセリフも一切にナシに
登場人物の全てを余すことなく表現し、物語を綴っています。
投稿者:堕落者投稿日:2005-03-30 19:30:54
何らかの理由で別れた父を娘がひたすら岸辺で待ち続ける・・・。
たった8分余りの時間が四季とその娘の経過する長い年月=子供から大人,老女,そして迎える死を・・・,極めて簡潔かつ詩的に人生の悲しみを表現した作品。特に最後の老女になった娘と自転車のギャグ,明かされる父親の真実と老女が見る幻想とが哀切極まっていて最高です。正に至福の8分間。泣かせる。
投稿者:Boss投稿日:2004-09-15 09:50:57
“すばらしい”この一言がすべてです。作品同様に、余計なものはなにもいらない。“すばらしい”だけでいい。そんな作品です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 短編アニメ賞マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION