allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003)

TEARS OF THE SUN

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月2003/10/25
ジャンルドラマ/アクション/戦争
“命令違反”
それでも私は、あなたたちを守りたかった――。
ティアーズ・オブ・ザ・サン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 843
amazon.co.jpへ

 Photos
ティアーズ・オブ・ザ・サンティアーズ・オブ・ザ・サン

【解説】
 内戦下のナイジェリアを舞台に、ひとりのアメリカ人兵士の愛と勇気の行動を描いた戦争ドラマ。任務遂行率100%を誇る非情な歴戦の勇士のはずの兵士が、アメリカ人女医の救出作戦の中で見捨てられた多数の難民を、命令違反を犯してまで決死の救出に向かう。主演はブルース・ウィリス。共演に「マレーナ」「アレックス」のモニカ・ベルッチ。監督は「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア。
 ナイジェリアでクーデターが起き、反乱軍によって大統領一家が殺され同国は深刻な内戦状態に突入する。アメリカ政府は、まだナイジェリア国内に残るアメリカ人全員の速やかなる救出を決定。ジャングルの奥深くで難民の治療に当たっていた女医リーナ・ケンドリックスの救助には、米海軍特殊部隊シールのウォーターズ大尉が向かうことになった。任務遂行率100%を誇るウォーターズは7人の精鋭とともに苦もなくリーナのもとに到着する。ところが、リーナは難民を見捨てて自分だけ助かることはできないと、その場を離れることを頑なに拒否するのだった…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aめぐりあう時間たち (2002)
[002]AHERO (2002)
[003]Aラスト サムライ (2003)
[004]Aリクルート (2003)
[005]Aタイタンズを忘れない (2000)
[006]Aトレーニング デイ (2001)
[007]Aマスター・アンド・コマンダー (2003)
[008]Aトーク・トゥ・ハー (2002)
[009]Aターミネーター3 (2003)
[010]Aトロイ (2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
37237 6.41
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 02:23:25
モニカ・ベルッチの役が気に入らない。
投稿者:scissors投稿日:2011-08-01 01:15:29
アメリカやキリスト教に何の疑問も持たずバンザイできる人にとっては面白い映画なのかな。
と思っていたが、米国でも大コケかつ不評だったのね。ということは…。
投稿者:kuro投稿日:2011-02-19 18:23:56
子供のなかには、これがアメリカの戦争だと本気で思ってしまう者もいるのでは?
ブルース・ウィリスは、やはり街中で憎憎しい悪党をやっつける超人的活躍が似合います。
舞台を戦場にすると漫画です。
投稿者:西門投稿日:2010-08-25 15:25:12
風景がアフリカらしくないなあと思っていたら撮影地はハワイだそうです。

全てが生温い映画。
投稿者:gapper投稿日:2010-08-24 21:10:27
 ブルース・ウィリスが有能な兵士を演じる。

 アメリカ人を救出するための方便として現地人を救出する振りをしていたのだが、悲惨な現場を見て心変わりをする。
 ここが重要なキーポイントであると思うのだが、最近の作品らしく演出が弱い。
 古い作品ならば、ここだけの作りもありそうな感じで作風の違いを感じる。

 結局この作品の見所はそういったものでなく、脱出までのアクションにある。
 それゆえに上記の重要な部分の作りが甘く、底の浅い作品になってしまった。
投稿者:BMG投稿日:2007-07-09 00:00:20
ハリポタや、パイレーツといった、ファンタジーじゃなくてしっかりとした戦争ドラマなんだから、こういった突っ込みどころが満載の映画にはして欲しくなかったと思います。
投稿者:travis投稿日:2007-07-08 23:18:05
アフリカの民族紛争の残虐さがよく伝わってきたが、冷徹な職業軍人が心変わりするのがいまひとつ納得できなかった。
しかし、ブルース・ウィリスは役相応の、冷徹ではあるが心の奥底には人間らしさがある軍人をよく演じてたと思う。
モニカ・ベルッチも化粧とかまったくしてなくても泥だらけでも美しかった。まさに極限状態での美とでもいうのでしょうか。
投稿者:なちら投稿日:2007-07-03 00:28:04
兵士が難民達を人として扱い、敵から女性の頭をかばいながら倒れる所はとても感動的だった。
命を救う事よりも任務遂行が大切と言った大尉の、心が変わるきっかけが浅かった点が残念。
投稿者:rilusuky投稿日:2006-10-20 10:18:34
単純に、特殊部隊の登場する映画が好きで、古くは、チャーリーシーンの「ネイビーシールズ」や、すぐに全滅してしまうSEALS登場の「ザ・ロック」、最近ならDELTA登場の「ブラック・ホーク・ダウン」などあるが、特殊部隊そのものの活躍を描いたものはメジャー映画では当然ながら少ないと思う。
そんな中、この映画の登場にはかなりの期待を抱いたのだが・・・。
全体的に重く、暗いのは、扱った題材の重さとBGMの悲壮さ、撮影当時の現地の気候、エキストラに本当に虐殺の現場にいた人たちも参加していたことなど、いろんな要素があると思うが、何よりもフークア監督の演出意図であったと思う。
シールズの動きも無駄なく派手さ無く、寡黙であり、ただし、戦闘になれば機敏に働く。演じた役者たちもそれぞれさりげない個性を演出してあって良い。変に目立つのは、女医役の女優であり、主人公の隊長役のブルースである。特にブルースは、かっこつけすぎ。演技以前にビッグスターのブルース以外の誰でもない、という感じ。まあ、ブルースは好きな奴だから許すけどね・・。
映画としては、娯楽性と、侵略と虐殺というテーマ性の両方をうまく絡め合って、指揮官の行動は現実にはありえなくても、各エピソードの処理や演出等よく出来ていると思う。それはひとえに監督やスタッフの功績である。
投稿者:あっきー投稿日:2006-06-26 11:22:26
ブルース・ウィリスらしいヒーロー系作品ですね。
内容的には悪くはないですが
特に良いということもない平凡な作品といったところか・・・。

 ↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-01-17 22:54:21
まあまあおもしろい。
投稿者:純三投稿日:2005-09-08 12:02:45
途上国の政治的混乱をダシに、アメリカ的正義、キリスト教的正義を喧伝する、アホ映画の極致。実はかなり単純な勧善懲悪映画なのにびっくりした。「勧善懲悪のアクション映画は単純に楽しめばいい」のかな? 残念ながら私の頭はそこまで単純になれない。こんな映画作っていると、ますますアメリカは世界から孤立していく。孤立したいのかもしれないけど。
投稿者:bond投稿日:2005-04-11 11:22:20
【ネタバレ注意】

よくある内容だが、中ダレなく楽しめた。久々にブルース良かったんじゃない。後半危うくロマンス物になりかけたか。クールな兵士達がカッコイイ。綺麗なだけじゃないモニカ。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 10:10:02
よくある話だが、それなりに楽しめた。
投稿者:大阪モズ投稿日:2005-04-10 08:21:46
この映画を単純に楽しめない人間はバカですね。確かにイスラム系が悪というシチュエーションは嫌いですけれど、脱出劇としては素晴らしい作品でした。感動して、ラストには涙がウルウルときました。映画の面白さは裏読みをせずに単純に楽しむことが大事です。ここに書き込む人間は根性がひん曲がった人が多いようですね。とても残念です。
投稿者:karr投稿日:2004-12-03 15:31:58
設定を、実際に有りそうな事件に置いていますが、完全な悪を登場させずにはいられない、アメリカのヒーロー主義らしきものに疑問を感じました。
現実にはほとんどの場合、100%の悪人なんて存在しないし、相反する立場から見れば誰でも悪人になってしまう可能性はあるのです。
このイスラム系反乱軍をイラクに置き換えて見れば、見えざる意図を感じざるを得ません。
また、シンプルなストーリーをカバーするのは、音楽や景色やキャラクターなのだと思いますが、どれもが中途半端に感じました。渋い映画を目指してるのか、かっこいい映画を目指しているのか、感動の映画を目指しているのか、それぞれの意図が溶け合っていないような気がします。
特に人物描写に難がある。もっと少数にフォーカスをあてたり、それぞれの個性が印象に残るような会話や事件を挟み込むとか出来なかったのでしょうか。
しかし、戦闘シーンは見ごたえ有ります。
この映画、とにかくサクセスストーリーが見たい、という方にはお薦めしますが、どうですかな?
投稿者:eminem投稿日:2004-07-31 17:59:08
軍隊の描き方・・・悪いです・・・。あとおもんないな・・・。
投稿者:乱気流投稿日:2004-05-22 06:14:19
【ネタバレ注意】

最近、「小国内戦に大国アメリカが絡んだ」戦争ものが続いているが本作品
も(イスラム系 VS キリスト教系、部族間の内乱を背景に)クーデター・暗殺と続く混乱のアフリカ・ナイジェリア連邦共和国を舞台に作られたフィクション。
フィクションとはいっても背後に石油利権を絡ませている点でも今の中東情勢(大国の論理)を臭わす気配を感じる。(ラストのたった2機の空軍ミサイルによる爆撃によるあっけない終結は特にそう。)脚本自体はもともと『ダイ・ハード』シリーズ4作目として用意されたらしいがそのように完成場合の仮想の本作の方がよけいに観たかったような気がする。
途中、主人公ウォーターズ大尉が置き去りしたナイジェリア難民を救出するために
ヘリを引き返すシーンがあるが、最初は女医リーナ・ケンドリックスの女の涙に翻弄されただけだと勝手に解釈していたが、作品最終場面でイギリスの政治家エドモンド・バーク(1729〜1797)の格言「善なる人々が行動を怠れば必ず悪が勝利する」(趣旨/一般に堕落した人々の間では、自由は長く存在することはできない。) の字幕を観て後で納得。本作を大国横暴型作品と酷評する人もいるが、ウォーターズ大尉の心の動きの根底にあるものを熟慮すれば本当の「自由」意味を再認識させてくれる作品とも解釈できるような気がする。http://www7.ocn.ne.jp/~ybqp95/

投稿者:kiiti投稿日:2004-05-21 06:10:24
戦争やけんかは、しなくても仲良くできるのではないか?
と思う甘ちょろいわたしに、戦争の悲惨さ残忍さをまたひとつ教えていただきました。
それでも本当の戦争は、もっとすごいのだろうけど。
思わず、アフリカの内紛をいろいろ調べてみたりしてしまいました。
ニュースでイラクのやパレスチナの問題は目にしますが
アフリカでは、ナイジェリアだけではなく部族同士の衝突で、村の人を
皆殺しにする事件が今もなお起きているみたいです。
この映画のブルースウィリスは、銃を取って戦争しよう、みんな助けるぞと
言ってるのではなく 何かこの映画を見て考えて、といってるように思いました。
でも戦争って終わらないよねー。人を憎んだり嫉妬や羨ましがることを人間がやめてしまわない限り 戦争や殺人、喧嘩してしまうのだろうか・・・
やっぱ自分でも力(腕力だけでなく)があって人に言うこと聞かせようとすることあるもの・・
投稿者:紅竜投稿日:2004-04-14 03:04:24
戦争映画好き(実際の戦争はいやですが)にとってはアフリカを舞台に
はぐれ部隊の現地の人達を連れての脱出劇と聞けばいやがうえにでも
あの「ワイルドギース」を連想してしまいます。
宗教や政治的立場は置いといてあの映画で描かれたような戦う男たちの
心意気を期待していざ観てみると、戦闘シーンもリアルさを強調して
ひたすら地味、政府軍の横暴ぶりも陰惨で娯楽映画の範疇を越えてるし、
B・ウイリスは相変わらずワンマンで集団活劇として面白くなりそうな
この映画を台無しにしています。唯一、良かった場面はクライマックスの
戦闘直前に今まで脇に徹していたウイリスの部下達が死を覚悟で自分の意志で
目的を遂行しようと決意する所。これにはグッときました。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-02-14 16:28:19
村の女の乳房を切り取った敵兵に「貴様それでも人間か!?」と激しく怒る黒人兵士がいたが
それは間違い、筋違いだと思う。
彼らの戦い方ではそれが当たり前で、彼らにとってそれが正しいことなのだ。
「残酷なやり方」と「普通の人」にだけは思われるだろうが、それなら戦争全部が残酷なことだと思う。
無抵抗の女を切り刻もうが、銃を持った敵を撃ち殺したりナパームで焼き払うのも
結局は戦場では全く同じことだろう。
あのシーンはただ観客にアメリカ人と野蛮人の違いを見せて、
野蛮人に憎しみを抱かせ、観客を味方につけたかっただけのように思えた。
戦争を知らない人間に一方的な戦争をみせている。
投稿者:flatlies投稿日:2003-11-12 02:47:14
皆さんの感想それぞれにごもっとも。
でもダイハード4の企画からの派生であれば、あそこまででしょうね。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2003-11-06 23:52:34
【ネタバレ注意】

女医の救出どころか命令違反までして難民を抱えての救出劇。部下7人に対しての300人以上の敵。主演がブルース・ウィリスだから「ダイハード」路線でハッピー・エンドはおよそ検討がつく。しかし、この映画のテーマである命令違反をしてまでも人道的立場からの救出劇。命令違反を問うラストがもう1〜2テイクあると思ったが、敵に攻められ万事休すで援軍が入り救出成功。命令違反及び難民に重要人物がいると知ると外交がこじれると非難していた司令官までもが「よくやった!」で幕が閉じてしまうと、命令違反は?重要人物まで救出させてしまったことに対しての外交問題は?と忘れ去られて単なるブルース・ウィリスのヒーロー映画で終わってしまったのは消化不良で、あまりすっきりとしない作品だった。

20031106_Cinema鑑賞_65点

投稿者:座間投稿日:2003-10-27 09:27:33
多くの方の述べられている通り,全体的な評価はさほど高くできません.ジョン・
ウェィンのベトナム映画に象徴される「アメリカ=善なるもの(そうあって欲しい
姿)」という精神を射影した作品で,正直あまり好きにはなれません.シールの設
定もある意味強引過ぎて,嘘っぽさがダンタン鼻についてきます.「ダイ・ハード」
も,「大嘘作品」でしたが,活劇に徹していたため,ジョークと笑ってすませまし
たが,この物語でとなるとそれも無理でしょう.まあ,善し悪しですが,アメリカ
のある種の階層(一部)の錯綜した心理からくる作品との解釈で観る価値を見いだ
せるというところでしょうか…. 
投稿者:幻巌堂投稿日:2003-10-20 21:50:13
フークアの手堅い演出で、作品自体は全編に緊張感があふれ、ラストまで一気に引っ張られる。しかし、しかしなのだ。ブッシュアメ帝のネオコンたちへ媚びるあまりの、実に下品で気持ちの悪い締めくくりのコメントには吐き気を催さざるを得ない。バグダッドや周辺に数え切れない爆弾の雨を降らせて平気で庶民を殺戮しても、やるのは正義やらないのは悪ってんだからね。
お世辞にも英語が上手いとは言えないベルッチ嬢も、もうすっかりハリウッド女優。離婚は近いぞ!ブルースのおっさんたら、またダイハードと勘違いして。顔の汚れ方一緒やぞ!そして戸田奈津子。また手抜きやないかい!
投稿者:えど!投稿日:2003-10-20 20:18:33
映像、サウンドの一つ一つに重みがある。
ブルース・ウィリスの存在感も見事。
圧倒的なスケール感で迫るアフリカの大自然の中で、人間としての愛を
貫き通す兵士たちの姿が美しく、そして悲しい。
投稿者:PEKO投稿日:2003-10-20 02:05:12
つねに胸元開けてましたね、ベルッチさん。売りが体しかない女優の辛いところです。もっと演技の勉強して欲しいす。難民を救う女医師役なんですが、しらじらしさが感じられました。
ブルース・ウィリスの部隊もイイ人だらけでもっと全員の心理描写などをいれてほしかったです。
2003.10.19観賞 6点
投稿者:ミャミ投稿日:2003-10-15 11:24:14
めちゃくちゃつまらなくはないけど、あんまり面白いとは思わなかった...。
途中ちょっと眠たかったし...
アメリカを良く見せる感じがバレバレっぽいなーと思ってしまいました。

同じ戦争映画なら、個人的には「ブラックホークダウン」のが好きです。
投稿者:リーズ投稿日:2003-08-20 06:50:07
モニカ・ベルッチ目当てでしたがかなり後悔。。
戦争映画なので普通にヘコみます。その日は。

恋愛に発展すると期待してたけどそれも結局起こらず。
最後の最後の方でちょっとラブラブになっただけ。
さすがにあの戦闘ではそういう余裕がないのか。。

女医師残して隊が全滅すると思っていたのでラストは少しホっとしました。
投稿者:BunnyMax投稿日:2003-08-09 06:50:25
Bruce Willisのヒーローぶりを強調するために作られた映画。
彼が上官の命令に背いて難民を救う決断をする過程も、
少数の部隊を率いて戦う作戦も全てが甘く説得力全くなし。
救出劇というところで”Black Hawk Down”を意識しているようだが、
程度ががくりと落ちる。常にシャツのボタンをかけ忘れて、
胸を半分こぼれさせながらジャングルを逃げ回るBellucciの
存在もばかばかしさに拍車をかけていて、戦争ものに下手に
女性やロマンスを入れると失敗するという見本のような作品。
http://hoppingmax.com/m-frame.html
投稿者:ちゃき投稿日:2003-06-19 08:33:04
【ネタバレ注意】

ナイジェリアから一人の女医を無事に国外脱出させる任務についたチームが思わぬ情と正しいと思うひとりひとりの思いから厳しくつらい状況に置かれることになり、その一部始終を描いた映画。トレーニング・デイの監督がおくる、プライベートライアン系の救うことが目的のアーミーチームの話です。戦争というものを描いた映画のなかでも実際にかなり近い映像の緊張感と、やるせなさ、悲劇、かなしさ。民間人が次々と犠牲になっていくその姿は果てしなくつらく、重い気持ちになります。無駄な争いが、無意味なあらそいが、一日も早くなくなりますように。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ティアーズ・オブ・ザ・サン2013/04/12\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ティアーズ・オブ・ザ・サン2010/04/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ティアーズ・オブ・ザ・サン <期間限定 今だけ2枚で5,980円(税込)キャンペーン>2009/02/25\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ティアーズ・オブ・ザ・サン2006/11/22\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン2013/04/12\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2010/04/28\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2010/02/03\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション2009/06/03\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2008/11/26\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2007/11/07\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2007/06/27\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2006/11/29\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン アルティメット・コレクション2006/06/21\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <期間限定生産>2005/12/21\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】SUPERBIT(TM) ティアーズ・オブ・ザ・サン2005/03/25\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション <2枚目タダ男キャンペーン第3弾>2004/12/22\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション2004/04/02\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ティアーズ・オブ・ザ・サンレンタル有り
 【DVD】ティアーズ・オブ・ザ・サンレンタル有り
 【VIDEO】ティアーズ・オブ・ザ・サンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION