allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クジラの島の少女(2002)

WHALE RIDER

メディア映画
上映時間102分
製作国ニュージーランド/ドイツ
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月2003/09/13
ジャンルドラマ
運命に、立ち向かえ。

ニュージーランド、マオリの神話。一人の少女の無垢な魂が、奇跡を呼び起こす。
クジラの島の少女 [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 6,420
USED価格:¥ 688
amazon.co.jpへ

 Photos
クジラの島の少女クジラの島の少女クジラの島の少女

【解説】
 マオリ族出身の作家ウィティ・イヒマエラの原作を、ニュージーランドの女性監督ニキ・カーロが映画化。時代の流れの中で次第に伝統的価値が薄れつつあるマオリ族を舞台に、伝統を守ろうと奮闘する長老たちの苦悩や、女であるために伝統を継ぐことを許されない少女がそれでも因習を打ち破り自ら運命を切り開こうとする一途な姿を描く。2003年のサンダンス映画祭観客賞をはじめ各地の映画祭で“観客賞”の栄誉に輝いた。
 ニュージーランドの小さな浜辺の村。祖先の勇者パイケアがクジラに導かれこの地へ辿り着いたという伝説を語り継ぐマオリ族。彼らは代々男を族長として村を守り続けてきた。ある時、族長の長男ポロランギは双子の男女を授かった。だが、喜びも束の間、男の子と母親は出産時に命を落としてしまう。ポロランギは悲しみに暮れ、一人娘を残して村を去って行った。娘は伝説の勇者と同じ名前パイケアと名付けられ、祖父母のもとで育てられる。パイケアが12歳になった時、村では彼女と同年代の少年たちが集められ後継者育成の訓練が始まる。しかし、女であるパイケアはその訓練への参加を許されなかった…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aめぐりあう時間たち (2002)
[002]Aビッグ・フィッシュ (2003)
[003]Aベッカムに恋して (2002)
[004]Aロスト・イン・トランスレーション (2003)
[005]Aミリオンダラー・ベイビー (2004)
[006]Aネバーランド (2004)
[007]A誰も知らない (2004)
[008]Aフリーダ (2002)
[009]Aキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)
[010]Aムーンライト・マイル (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24197 8.21
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:たんばのもり投稿日:2012-02-19 20:19:21
 この映画は、何で知ったのだろう?
 少女パイケアを演じたケイシャ・キャッスル=ヒューズが、2004年アカデミー賞の主演女優賞に、史上最年少でノミネートされたことか。それとも、世界の数々の映画祭で観客賞を受賞したことか。新聞、映画情報誌にこの映画の記事が載ったことか。
 ニュージーランド。
 鯨に乗ってやってきたという伝説を信じるマオリ族。
 族長の家系に生まれた少女パイケアは、数々の奇跡を起こしながら、指導者へのみちを歩み始める。
 ハリウッドが作りあげたこの作品は、女流監督ニキ・カーロの演出により、美しいニュージーランドの小村を舞台に、古い伝統、因習によりバラバラになった家族、部族が、少女の若い力によって、家族愛を、そして部族愛を取り戻していく姿を、個性あるマオリ族出身の俳優たちを通して、静かに、そして生き生きと描かれている。
 特に、ケイシャ・キャッスル=ヒューズは、少女パイケアの心の内面を見事に表現し、その魅力は我々を引きつける。そして、若い指導者を乗せた部族の伝統的なカヌーが、透明なコバルトブルーの海に乗り出していく最後のシーンは忘れられない。
 心の清涼剤になるような映画だ。

 ※ニュージーランドは美しい北島と南島の二つの島からなりたっている。
 北島の中央部には“トンガリロ国立公園”がある。現地には、この公園内にそびえるナウルネエ山などの山頂を写真に撮ってはならないという決まりがあるそうだ。理由は、このトンガリロの地が先住民マリオ族の聖地であり、先住民マリオ族の人たちはトンガリロ全体を人間の身体にたとえ、山頂を頭とみなしているからだそうだ。頭には神様がいる。山頂が頭だとしたら、そこを汚すようなことをしてはならないということである。
 先住民マリオ族は、ラロトンガからカヌーに乗り未開の地にやってきて、独自の文化を築き上げた。そこに白人が移住して来て、現在のニュージーランドという国が出来たのである。
 火山と氷河によって形成された独特の美しさをもつ“トンガリロ国立公園”は、大切に守られてきた先住民マリオ族の文化も併せて評価され、現在は世界遺産でもある。

 そういえば、以前に見た1970年に開催された日本万国博覧会の記録映像の中に、ニュージーランドのナショナル・デーの模様が写っていた。マリオ族の人たちがお祭広場で、あの独特の棒を使った踊りをしていたのを思い出した。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-16 10:26:32
「風の谷のナウシカ」を実写にすると、こうなるんじゃない?という内容。またそれを倍加させる効果として、ニュージーランドの風景があり、現代でありながら家族も温かい。http://mototencho.web.fc2.com/2006/standu.html#whaler
投稿者:uptail投稿日:2010-01-16 17:55:43
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
投稿者:幸村和投稿日:2006-08-08 23:55:21
【ネタバレ注意】

頑なに伝統に縛られ、それを守り通すことが一族のためと信じきる一族の長と、女性というだけで、はじかれているけれど誰よりもひたむきに一族のことを大切に思う少女の対比が印象的だった。少女の一族への思いも、長のそれも、ひたむきな気持ちは同じで本物なだけに、少女の「誰のせいでもない」という言葉が胸に迫った。差別の本質がここにある。女性であれ、男性であれ、人間であれ、何であれ、何かに生まれてきたことは誰のせいでもないのだ。日本にもいる、伝統の名の下に女性というだけで、排除したがる日本の某伝統スポーツ協会に見せたい映画だ。また、マオリ族の伝統芸能が日本にはない独特のもので、その荒々しさ、奇抜さがいかにも海洋狩猟民族という感じで、そこも見ごたえがあった。素晴らしい映画だった。

投稿者:terramycin投稿日:2006-07-28 12:38:23
【ネタバレ注意】

おじいちゃんが男系社会を押し付けようとしている姿を見て、さすがに嫌悪感を抱いた。

前半(パイの父親が帰ってくるまでは)おじいちゃんはやさしかったのに、以後、急に冷たくなったのには驚いた。
どちらが本性だと子供なら考えるだろうが、嫌われていると感じ、とても悲しい気持ちになっただろう。
このときのおじいちゃんは孫の可愛さよりも、後継者である男子の誕生を望む気持ちの方が強かったのだ。
まさか祖父にあれほど疎まれる人は世の中にも少ないと思うが、もし、自分が祖父や祖母に避けられて育ったなら、人間不信になっていただろう。
子供にとっては時には両親よりも愛着のある親族となりうるのだから。

パイケアも非常によかったが、おじいちゃんに焦点を当ててみていた。
クジラの歯を海に投げ入れて、誰も取ってこなかったときのおじいちゃんの表情はなんともかわいそうな顔をして感情が非常に伝わってきた。
あれほど強気のおじいちゃんが全てを否定されたような場面に感じた。
そして、かわいそう過ぎて少し苦笑してしまった。

女の子の勇者の立志伝物語はかっこよかった。
この作品を見て、「風の谷のナウシカ」のナウシカを思い出した。

投稿者:anemoneruby投稿日:2005-08-14 17:47:32
【ネタバレ注意】

パイケアを演じたケイシャ・キャッスル・ヒューズが素晴らしい。涙ながらのスピーチのシーンは感情がほとばしるようでとても良かったし、女でありながら族長としての素質、運命を背負う静かな感情も良かった。

ストーリーとしては前半は淡々と進みテンポが遅い気がしたけど、今はそれも良かったのかもしれないと思える。ラストが近づくにつれて一気にパイケアの心があふれだして展開していくのには感激した。

この映画みたいに望むと望まざるに関わらず、運命を背負いそれを受け入れる(悟る)人物ってとても好き。今回だと父親と村を離れようとした時に、クジラの声を聞き彼女は目覚めていくわけだけど、やっぱりそこからがとてもおもしろかった。

祖父の苛立つ気持ちもよく分かる気がした。女の子しか残らず、長男は出て行き、しかも後継者も結局見つからなかった時、こんなはずじゃないっていう気持ちでいっぱいだったんだろうなって。

音楽の使い方もとても良かったし、ラストもとても良かったです。http://www.geocities.jp/anemoneruby/

投稿者:ムーネルドンハ投稿日:2004-09-20 09:57:32
伝統はスピリットで守らんといかん。何ものにも縛られないパイケアはすばらしいな。
投稿者:sclf投稿日:2004-06-28 00:59:51
【ネタバレ注意】

 文明社会へとシフトする島の、族長の不安。その息子の感傷と、孫娘の新たな視線。イデオロギーから新たなイデオロギーへとたどり着いた先祖たちの神話から―現実と神話が混在するフィルムの中で―少女は鯨に乗り更なる飛翔を遂げた。
 さわやかな印象と、意欲的なカット。現代における、心の軌跡と言葉の綱とで綴られたこの神話は、飛翔の体験として、一人一人の観客の胸に響くことだろう。

投稿者:エリザ投稿日:2003-11-23 21:04:40
【ネタバレ注意】

どぉしてクジラみ長時間のってって生きてたのか??
どぉしておじぃさんはパイケアを嫌ってておばぁちゃんはいつ離婚する??
疑問に思ったらぜひ原作を読んで見ましょう☆
すこぉし非現実的で、少々むりやりではあるけど、私は大好きです!!
日本ではミニシネマでの上映だったコトが残念におもいました。

投稿者:黒美君彦投稿日:2003-10-31 18:16:50
神話的世界を、現代の少数民族の暮らしの中で描いた佳作。とにかく主人公の少女パイケアを演じるケイシャ・キャッスル=ヒューズが凛々しく美しい。製作当時11歳だというが、素晴らしい演技だ。
パイケアはマオリ族。マオリ族はニュージーランドの先住民で、当然のことながら18世紀後半にキャプテン・クックにニュージーランドが「再発見」されるまでは、美しいこの島国の主人だった。以来、欧州からの入植者と100年近く戦争状態が続く一方で、ニュージーランドの自然は著しく破壊されたという。
マオリ族そのものは東ポリネシア系とみられ、マオリ語とマレイ語との類似を指摘する説もあるそうだ。現在、全人口の15%を占めていて、マオリ語が公用語にもなっているとは知らなかった。ちなみに、キリ・テ・カナワもマオリ族出身だそうだ。
いずれにしてもマオリ族が海洋の民であったことは間違いない。民族の誇りを伝える伝承と神話。だが、いわば「文化のグローバリズム」が進む現代にあって、若者達は分裂状態に陥っている。そんな中、海洋神話でよく登場するクジラが、この物語でも海の遣いとして重要な役割を果たす。
現代に神話的世界は甦るのか。逆にいえば神話的世界が甦らないと、現代は救われないのではないか。
首長である祖父のコロにスピーチを捧げるパイケアの美しい涙を観ながら、クジラに額をあて交感するせつなげな眼差しを観ながら、そんなことを思った。
投稿者:タオ投稿日:2003-10-01 22:47:33
今年(2003年)は、オーストラリアのアボリジニをテーマにした『裸足の1500マイル』、カナダのイヌイットをテーマにした『氷海の伝説』など、先住民族をテーマにした映画が立て続けに上映されていますが、この作品もニュージーランドの先住民族であるマオリ族をテーマにした物語となっています。ただし、前者2作品が一世代昔、あるいは前世紀の物語であるのに対して、この作品は現代社会における民族のアイデンティティを問うているということができるでしょう。
この映画の物語の舞台は欧米の生活スタイルが定着している小さな村ですが、次世代の長(おさ)をどのように決めるのかというのは、先住民族のアイデンティティにほかなりません。
クライマックスの“奇跡”は、どうしても作られた印象がありますが、それでも物語全般で紹介されている先住民族の文化は一見の価値はあります。“いま”の生活スタイルと彼らの生活スタイルのどちらが良いのか、あらためて考えてみてはいかがでしょうか。http://www01.upp.so-net.ne.jp/northernwind/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 
■ 外国映画賞 監督:ニキ・カーロ(ニュージーランド=ドイツ)
■ 若手俳優賞ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 
 □ ファミリー映画賞(実写) 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】クジラの島の少女2004/06/25\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】クジラの島の少女レンタル有り
 【VIDEO】クジラの島の少女レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION