allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

八月のかりゆし(2003)

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2003/08/02
ジャンルドラマ/ファンタジー/音楽
八月のかりゆし [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,730
USED価格:¥ 925
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:高橋巌
企画:宮下史之
大島満
プロデューサー:公野勉
岡本東郎
水上繁雄
下地和成
共同プロデューサ
ー:
鈴木裕光
倉持健一
東田眞一
脚本:高木弓芽
撮影:岡雅一
美術:仲前智治
音楽:斉藤和義
照明:清野俊博
録音:鶴巻仁
出演:松田龍平テル
末永遥マレニ
Tamaアキ
(Hysteric Blue)
斉藤和義キジムナー
北川えりマレビト
匠ひびきるいこ
嶋田久作柳口タダシ
きゃんひとみエイミ
兼城道子チル
村山富市リウボウ
【解説】
 「infinity ∞ 〜波の上の甲虫〜」でフィリピンのリゾート地を舞台にした高橋巌監督が、今度は沖縄を舞台に描くスピリチュアル・ファンタジー・ドラマ。亡き母の故郷を訪れた青年は神秘的な霊能力を持つ少女と出会い、精霊に導かれるまま2人で不思議な旅へと出る。主演は松田龍平と末永遥。また、村山富市元首相が映画初出演したことでも話題に。
 民俗学者で遊び人の父と、ユタと呼ばれる霊能師の母との間に生まれた17歳の高校生テル。父は幼い頃に行方不明となり、母も最近他界した。テルは親戚の謝花家を頼って母の故郷・沖縄にやって来る。そして14歳の従姉妹マレニと出会う。彼女はユタになるためチルおばあのもとで修行しているが、普通の人には見えない霊が見えてしまうことに抵抗を感じていた。そうした超常現象をまるで信じないテルだったが、マレニとはなぜかすぐに打ち解けた。そんなある日、マレニが急に精霊キジムナーに導かれてフラフラと歩き出した。それを見たテルはチルおばあに促されその後を追うのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Jの人投稿日:2004-03-07 22:35:30
この映画を劇場(デジタル上映)で見た数少ない観客の一人です。
DVDが出たので、もう一度見ましたが、何度見ても素晴らしい作品。
沖縄の伝説に基づいたファンタジックで、謎に満ちたストーリー展開。
デジタルHD撮影による沖縄の風景も綺麗。(劇場では凄く綺麗だった)
「ホテル・ハイビスカス」を見た人は、この映画も是非観て欲しい。
投稿者:SWEET BABY投稿日:2004-03-05 11:54:57
えらく長く感じたな。見てるのが苦痛だった。ちゃんと映画として成立しているのか・・・・・と首を傾げたくなるような作品だった。後半は斜め見しちゃったのでストーリーがサッパリわからない。冒頭部分は、長回しの風景にリズムのよく効いた音楽がかかったので、ジム・ジャームッシュのダウンバイローみたいなもんか!と期待したんだけどなぁ(期待し過ぎ)。松田龍平は真面目に演技しているのだろうか………。やっつけ仕事っぽく見えるよ。この映画はもっと編集に力を注いでたら、もう少し見てる人を惹き付けることできたんじゃないかな。沖縄の美しい風景やスピリチュアルなストーリーなど良い題材そろえてるのに活かせてませんな。なんて真面目に書いても、この映画に興味ある人少なそうだ。

ただ、音楽は抜き出て良い。サントラは超お薦めだ!
な〜んてね、せっちゃんファンのコメントでした。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】八月のかりゆしレンタル有り
 【VIDEO】八月のかりゆしレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION