allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベアーズ・キス(2002)

BEAR'S KISS

メディア映画
上映時間98分
製作国カナダ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2003/08/02
ジャンルドラマ/ロマンス/ファンタジー
せつない夜は
クマを抱いて眠る
ベアーズ・キス コレクション BOX -ローラの宝箱- [DVD]
USED価格:¥ 9,503
amazon.co.jpへ

 Photos
ベアーズ・キスベアーズ・キス

【解説】
 「コーカサスの虜」「イースト/ウェスト 遙かなる祖国」のセルゲイ・ボドロフ監督が、シベリアの故郷に古くから伝わる民話をヒントに描くファンタジー・ロマンス。孤独なサーカスの少女と、人間に姿を変えられる小熊の美しく切ない恋物語がヨーロッパ各地の風景をバックに綴られる。主演は「ショー・ミー・ラヴ」のレベッカ・リリエベリ。監督の息子でもある共演のセルゲイ・ボドロフ・Jrはロシア期待の若手として将来を嘱望されていたが、2002年9月不慮の事故で他界、惜しくも本作が遺作となってしまった。
 シベリアの森の中。母親が人間に襲われて死に絶えるところを見てしまった一匹の小熊。その小熊は数ヶ月後、ロシアの動物市場で売られていた。そしてある時、少女ローラの目に止まり、ミーシャと名付けられて彼女のサーカス団で飼われることになる。両親と共にサーカス巡業でヨーロッパ中を旅して回るブランコ乗りのローラは、ミーシャとすぐ仲良しになり、どんな時も一緒に過ごすようになった。そんなある夜、ローラが檻に入っているミーシャの様子を見に行くと、何故かその檻の中には見知らぬ裸の青年がいた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
854 6.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nr-akiko投稿日:2004-07-19 01:22:17
ちょっと思ったいた内容とは違っていました。もっとファンタジー色が強いのかな・・と思っていたけど。結構生活色が強かったかな。サーカスで働く人間としての悲哀のようなもののほうが印象に残りました。
ベア人間版は、あんな感じでいいんじゃないでしょうか?熊なんだから、あまり美少年でも不自然だし。声が変わっていたな〜これが遺作なんて、すごく残念。もっと見たい役者さんでした。
投稿者:Mow投稿日:2004-06-13 00:23:40
思ってたより暗めな映画だった感じがする。もっと明るめでファンタジックな映画だと思ってたから少し残念。さまざまなヨーロッパの風景が綺麗だったけど、熊ちゃんの人間バージョンの俳優さんもっと美形な方が・・足りないのはそこかな。
投稿者:ポクスンア投稿日:2003-11-25 01:55:30
【ネタバレ注意】

元の民話を知らないけど、現代を舞台に巧くアレンジできていると思う!
ロードムービーでもあり、シベリアからスペインまでヨーロッパの多様な風景を
楽しめるし、ロリコンも楽しめる(ホントか?よく分かんないけど、多分)。
最後は熊さんの不細工さより憎らしい小生意気な少女が大変身!
熊が人間になるより、ロマンチックで良いです。

投稿者:NYY投稿日:2003-11-24 06:01:05
【ネタバレ注意】



予想通りのオチだった。クマの俳優がもっとカッコイイ俳優を使えば美しいラブストーリーになったかも。

投稿者:meg111投稿日:2003-11-15 22:05:48
熊なのに英語が堪能。
熊なのに船のエンジンのかけ方を知っている。
熊なのにけんかっぱやい。
人間になる意味がわからなかった。
本物の熊さんの方はかわいかった。
【レンタル】
 【DVD】ベアーズ・キスレンタル有り
 【VIDEO】ベアーズ・キスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION