allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リクルート(2003)

THE RECRUIT

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月2004/01/17
ジャンルサスペンス
信じるな――自分の《五感》でさえも。
リクルートBlu-ray
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,209
USED価格:¥ 2,399
amazon.co.jpへ

【解説】
 CIAのリクルート活動とスパイ養成を題材にしたサスペンス。CIAにスカウトされたエリート学生が、過酷な訓練の過程で張り巡らされた数々の罠と、背後に蠢く陰謀に混乱、翻弄されていく姿をスリリングかつトリッキーに描く。CIAスポークスマンの協力を得て、複雑な新人採用のプロセスや育成の方法といったCIAの知られざる内幕をリアルに描写。主演は、名優アル・パチーノと、注目の若手「マイノリティ・リポート」「フォーン・ブース」のコリン・ファレル。監督は「カクテル」「13デイズ」のロジャー・ドナルドソン。
 マサチューセッツ工科大学の学生ジェイムズ・クレイトン。彼はその優秀な成績から、卒業後の進路もPCメーカーから特別に誘いを受けるなどエリート街道を約束されていた。そんなジェイムズはある日、アルバイト先のバーでウォルター・バークという男に出会う。彼はCIAのベテラン教官でリクルート担当者。バークはジェイムズに関する情報を全て調べ上げたうえ、その能力を見込んで採用するために訪れてきたのだった。ジェイムズは悩んだ挙げ句、就職先をCIAに絞り、採用試験をクリア、晴れて訓練生となるのだが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]AHERO (2002)
[002]Aシービスケット (2003)
[003]Aミスティック・リバー (2003)
[004]Aラブ・アクチュアリー (2003)
[005]Aスウィングガールズ (2004)
[006]Aスパイダーマン2 (2004)
[007]Aソウ (2004)
[008]Aラスト サムライ (2003)
[009]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[010]Aロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
42294 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2014-02-23 09:04:15
演出:6
演技:6
脚本:6
音響:6
投稿者:er3535投稿日:2013-02-12 02:21:11
【ネタバレ注意】

ジェイムズとレイラは、お互いを疑っていたけれど、気になる相手のことすら、ここまで疑えるのはバークの心理術と、やはり特殊な環境下にいるからなんでしょうか。お互い他の上司に確認もせずにね。
実際どうなのか知らないけどチームじゃないと何かと無理そうだな〜と思ったりも。レイラにはジェイムズが車で話した後は少しは信じて欲しい気もしました。

バークの最後の演説も、それまでのバーク見てると唐突な感じがしました。
新人を何人も巻き込んだり、重要情報を持ち出したりするほど、追いつめられた悲壮感はバークから感じなかったので・・。お金の為ってハッキリ言ってもイイのにって思ってしまった。コリン・ファレルの顔芸は良かった。

投稿者:scissors投稿日:2012-05-23 23:37:38
お話として辻褄が合わないのを除いたとしてもTVムービー的というか、小手先でチョチョイとお手軽に作ってある感じ。
見どころはクレジット上位3人の俳優だけかな。
でも作品全体に漂うチープさでアル・パチーノまで安っぽく感じられる。

前にも見たはずだけれど、中身はほとんど覚えていなかった。
投稿者:すぺしゃりすと投稿日:2010-04-05 08:23:34
履歴調査、暴力、拉致監禁、色仕掛け、尾行、盗撮盗聴などの場面を見て、誰のやりクチや?誰も行かなくなるぞ、そのうち訴えられるぞ!などと思わずヤジってしまった。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 22:44:11
コリン・ファレル
投稿者:taisuco投稿日:2009-09-14 00:58:23
【ネタバレ注意】

私の捉え方ですが、なぜ直接レイラに盗ませないかというと、

レイラの持ち出し試験はCIA科学技術部の正式な仕事であって

その情報をいくらテストプログラムだとしてもバーグに渡すことは

できないからだと思います。レイラの仕事はバーグに指示された

訳ではないので。いきなり「それくれ」とは言えないでしょう。

バーグはアイス9を本物にする変えることには成功し、あとは

それを手に入れるだけ。クレイトンを犯人に仕立て上げれば

クレイトンが、バーグが黒幕と言ってもだれも信じないだろう、

というプランだったのでは。あくまで私の感想ですが。

ところで下のほうに、

> 単に「面白かった」だけの視聴者(論外だろ?!)よりは、クレバー

と書かれていますが、映画をまず単純に「面白い」と楽しめない

人って可哀想ですね。映画が自分にあってないんじゃない?

少なくとも監督も制作者も我々よりも映画に詳しいので、

下手な批評を並べても周りからは虚勢にしか見えないので

早く、まず理屈抜きで映画を単純に楽しめない自分を恨んだほうがいいですよ。

投稿者:kmty投稿日:2009-04-14 14:00:29
【ネタバレ注意】

>ピンクガンスモーキンさん

>さて、レイラがCIA内部のセキュリティ・チェックのために定期的に持ち>出しているPCプログラム(ダミー)が、「ホンモノかもしれねえ」と誤解>したバーグは。。。

いやいや、訓練用とすり替えたってバーグ言ってたじゃないですか。。
CIAとして訓練を行う中でバーグは犯行におよんだんですよ。
だからこそ足がつきにくい。
クレイトンも専門家として「これは本物だ」って言ってたし。


>騙されたクレイトンは、レイラを追う過程でザックを殺してしまい、そのこ>とをレイラに告げ、連絡を受けたCIAが、殺人容疑でクレイトンを捜査、

クレイトンはレイラが自分の無実を信じてくれると思って携帯の電源を切らずに捜査してもらったんやろうけど。。
信じてはくれなかったんやろね。。
愛も疑わしい。


あと、最後の車の中での上司との会話も重要ですね。
「血筋」の話。
あの上司も知っていた。
バーグは嘘だって言ったのに。
バーグがクレイトンを落ち込ませるために「父親はZOCじゃない」って言ったのか?
CIA全体がクレイトンをだまそうとしているのか?

次の仕事の話をされ、クレイトンはまた疑いだらけの世界に巻き込まれていく。
って感じの終わり。

愛も仕事もすべてが疑わしい。。
いやーなんがどんよりする終わりですなぁ。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2009-01-16 04:47:31
【ネタバレ注意】

とりあえず観た人を3層に分ける映画。BunnyMax氏いわく「Al Pacinoの行動が説明がつかず、 つじつまが合いません」、hanya氏も「やはりバーグの行動・目的が分からない」。「いったいバークはクレイトンに何をさせようとしてたのでしょうか」(MySQL氏)。いっそのこと、「いちいち主人公を騙さなくても、『レイラに盗み出させて終わり』じゃなかったのか?」(ひつじめえめえ氏)。
なるほどねえ。
まあ、言えてるね。

たしかに、プロットに疑問を抱いた諸氏は、単に「面白かった」だけの視聴者(論外だろ?!)よりは、クレバーだと思うぜ。問題意識を持つってのは大事なことだし。
でも、あと一歩ってところだな。

ハイハイ、それじゃ、俺がザクッと解説してやるよ(以下完全ネタバレ)。

――CIA教官バーグは、訓練生のクレイトンを落第させた後、コネ採用してやったのは事実(しかし人事権の問題なので、窓際採用にとどまる)。かたや、ライバルのザックが優等生としてスパイ(“NOC”)になり、レイラが研究員として正式採用されたのも事実。
さて、レイラがCIA内部のセキュリティ・チェックのために定期的に持ち出しているPCプログラム(ダミー)が、「ホンモノかもしれねえ」と誤解したバーグは、レイラの履歴書を偽造し、クレイトンに見せて「彼女は2重スパイだ」と信じこませた。後は、レイラと恋愛してくれそうなクレイトン(パソコンの天才なのがポイント)に、そのプログラムを取って来させ、ひそかに転売しようという魂胆。たぶん、バーグ自身はそこまでパソコンに強くないんだろう。
騙されたクレイトンは、レイラを追う過程でザックを殺してしまい、そのことをレイラに告げ、連絡を受けたCIAが、殺人容疑でクレイトンを捜査、その最中に……

ほかに分からねえところある?
(「そんなの全部分かってるよ」と言えた視聴者が、一番上のランク。合格。)

話のスジが分かりにくいから評価しにくい、などということがあるわけも無いが、まあ、映画そのものとしては、平均点くらいだな。
冒頭から激しい編集でバタバタやって、客の目をごまかしている。
そして、中だるみを避けるためのベッドシーン(おっぱい無し)、カーアクション(森でクラッシュ)。続いて「港で会おう」というセリフが、ラストの派手なバトルを予告する。ありきたりな作りだね。
特にラストで、港や工場、倉庫が来ると、「ああ、そこでバトルの撮影やるつもりだな」と分かってしまうのがツライ。アクション映画の宿命。ラスト・シーンに港だの、工場だの(『ターミネーター』もそう)。森の中と同様、撮りやすいのは分かるけどさ。

C.ファレルは、イチローに似ているなあ。ってのは、どうでもイイが、謎の黒幕として、どこかのテロ国家や、マフィアや狂人を一切持ち出さずに“内部犯行”というオチにするのが、いかにも今どきのパターン。悪の造形ってのも、難しいんだよ。

◆◆◆◆
9/14
kmty氏の適切な指摘にしたがい、俺の以前のコメントを訂正。

“PCプログラム(ダミー)が、「ホンモノかもしれねえ」と誤解したバーグは”

“PCプログラムが、「売れそうだな」と直感したバーグは”

以上。

他に、一切訂正すべき個所は無い。

とはえいえ、改めてクダラないことに頭を使わせるだけの映画と再認識したため、点数を下げておく(5→4)。具体的に言えば、たかだかセキュリティの運用チェックのために、ホンモノの高価なプログラムを盗み出せるかどうかを試すというCIAのバカバカしさに「−1」。ダミーでいいじゃん。

それに、盗めるに決まってるだろ?選び抜かれたプロなんだからさ。アホくさ。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-08-24 18:30:26
【ネタバレ注意】

数日前まで観る気は無かったのだが、ふと興味が湧いて来てスカパーで観賞。意外と楽しめた。そりゃ詰めは甘いし、コリンとヒロイン(割と好み)がデキるとパチーノが予測してたなど安直な所だらけだが、話の展開が簡単に予想出来ない所が良かった。俺も酒場のシーンでヒロインに簡単にダマされた(苦笑)。ただコリンは殺人を犯したのに、お咎め無しなの?

投稿者:藤本周平。投稿日:2007-11-03 17:18:48
ラストの部分が少しわかりにくかったかな?
投稿者:roko投稿日:2007-04-22 17:05:17
初めはグイグイ引き込まれて見たが最後は前半より良くなかったかな?
投稿者:モノリス投稿日:2006-06-10 19:12:00
いまいち。
アルパチーノが安っぽくなった感じがした。
アルの前半と後半のギャップは意外性があってビックリというより、違和感を感じたな。
投稿者:spink投稿日:2006-06-05 12:54:03
-
投稿者:ジャック ウォルシュ投稿日:2006-05-06 22:35:13
前半は良かったのだが、後半から展開がちんたらしていて良くなかった。
アル・パチーノは昔の方がオーラがあった。
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2006-03-21 09:20:34
【ネタバレ注意】

なんとなあく見ちまった。下のコメントにあるように、いちいち主人公を騙さなくても、「レイラに盗み出させて終わり」じゃなかったのか?
緻密そうなフリしてるけど、ずさんな映画。

後味わるー。

投稿者:the hysteric green投稿日:2006-03-19 21:49:32
最近このテの意外性を狙ったサスペンス映画が多いので、驚きや新鮮味が無かったのが残念かな。

でも良質な作品だと思うよ。
投稿者:あっきー投稿日:2006-01-15 22:35:49
作品全体が良い緊張感に包まれてます。
真実がつかめず、サスペンスらしい作品でしたね。
最後はちょっと無理があるような気はするが・・・

 ↓ みんなの「映画レビュー」始めました!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:irony投稿日:2005-08-02 17:39:37
【ネタバレ注意】

 何も認識していないのが理解不能?アルを引っ掛ける話なら筋が通りそうだが...アルがゲロって、真相が解るのって間抜けすぎでしょ?大体コリンの身分ってアルが保証してるだけであって不安定だし、特にザックっていうNOCは死に損じゃありません?

投稿者:オメガ投稿日:2005-07-31 18:24:04
「これもテスト?!」そんな騙し騙されの展開が楽しい。なんか他にも
こんな作品あったような気もするが、アル・パチーノとコリン・ファレル
のタッグは群を抜いている。もう一回観て、再度内容確認したくなった。
投稿者:bond投稿日:2005-07-26 10:58:01
この手の映画はネタつきたような感はあるが、キャスティングが良くそこそこ良かった。
投稿者:通りすがリーマン投稿日:2005-05-23 05:16:42
【もろネタバレですよ!】

パチーノ、ファレル、モイナハンの主役3人の「俳優個人の
魅力」でもっている映画といえば、言いすぎか。いや、しかし
一応最後まで見させる映画ではある。
ただ、善良な役とばかり思っていたバーク(A・パチーノ)が
後半の10分でいきなり悪役になったのは、ドンデン返しの
つもりだろうが、逆にガッカリした。彼はそのまま良い教官に
しといたほうが話は落ち着いたと思う。で、もっとスパイ・
ストーリーのほうを徹底的に描いてほしい。なんか、最後は
無理矢理終わらせたみたいな。最後のパチーノの「独白」シーン
も、とってつけた感じ。第一、最後のほうは素人映画ファンには
説明不足で、「??」だった。もう一度借りて筋をチェックしたい
けど、カネかかるしなー(笑)。
ま、題名「リクルート」ってぐらいだから、勧誘(リクルート)〜
訓練場面に多くの時間を使っている点は「看板に偽りなし」では
ありますな。
PS: モイナハンって女優気に入った。他の作品も見よっと。
投稿者:SoH投稿日:2005-05-23 03:48:21
【ネタバレ注意】

ネタバレ!ネタバレ!

アル・パチーノ!60歳超えてるのに、容姿・立ち振る舞いがかっこよく、熱演ぶちかます役者はそうそういないということで、大好きな役者ですよ。で。CIAといえば、70年代に暴露された不祥事から、ハリウッド映画で真の悪者が巣食っている組織として登場するとこ。そしてなんだかんだいって謎に包まれた(というか、俺は知らない)組織なので、その内部を「CIA全面協力」で描く作品というだけで、ちょっと期待してしまった。CIAの試験・養成内情が描かれる前半はそれだけで楽しい。実際に「家」のセット作って、侵入の試験やったりするのは面白かった。そして、「何も信じるな」の言葉が刻まれることとなる試験は実に非情!俺だったら絶対に耐えられん。後半から物語が本筋へ突入。内部不正を暴く極秘任務に就く主人公。展開に意外性はないが、細部の凝り方、力の入った撮影、コリン・ファレルの力演等でそれなりに楽しめる。しかしなあ、あのオチはイマイチ弱い。↓の方々も書いていますが、アルの計画がさすがに不確かで回りくどく感じちゃうんだよ。それに最後は自爆しちゃうのも「アル、いくらキレたからって、冷静になれよ!ファームの教官だろ!?」と思ってしまった…(アルファンだからアル贔屓するよ、俺は)。ま、アルは相変わらず演説演技やってくれたし、そこでのセリフ「27年働いて、やっとスポットライトか」や「一つだけ認めてくれ」、「バイバイ」は実にかっこよかったので、良しとしようか。近頃見受けられない硬派なスパイもの。嫌いじゃない

投稿者:hanya投稿日:2005-05-07 02:27:01
コリン・ファレルが、まだむきむきになってなくて、
これくらいの肉体が良かったなあと日本人な私は思う。

面白い、ことは面白かったんだが、やはりバーグの行動・目的が分からない。
どこまでが真実でどこまでがテストなのか、という緊迫感は良かった。
コリンがよい具合に役にあってて、あくがなくスマート。
追い詰められていくとこがうまい。
アル・パチーノはやはり空気の作り方がうまい。
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-15 12:35:11
【ネタバレ注意】

とんとん拍子に進んでいき、飽きることなく見ることが出来ました。
ファームの様子もとても面白いし、又、最後の方は確かに読めるとしても、それなりに緊迫感もあり面白い。コリン・ファレル、アル・パチーノはやはり格好いいし。
時間を忘れてみる事が出来ました。

投稿者:nehane215投稿日:2004-11-21 04:27:17
ずっと訓練しててほしかったなー。その方がおもしろそう。

 教官が教え子に手を‥
  教官が教え子にいたずら‥
   教官が教え子にいかがわしい‥ (アハッ‥違う?)
投稿者:MySQL投稿日:2004-08-03 15:09:00
【ネタバレ注意】

僕も理解できません。
なんでバークがクレイトンをスカウトしたのか。
だって目的を達成するんだったらもっとシンプルに
レイラにテストといってアイス9をもって越させれば済む話じゃないですか。
いったいバークはクレイトンに何をさせようとしてたのでしょうか。

レイラがスパイだということの証人にしたかった?
でもそれだと地下鉄で殺されたザックの存在が分からなくなる。
ザックがCIAにレイラはバーグの命令で動いてたと証言すればバレるから。
でもザックが殺されたときバーグは作戦を中止しようとしていましたよね。
なんでだろう?

また、レイラを殺害するために雇ったのなら
わざわざ、あんな恋愛関係にさせる必要もないはず。
しかもあれだけ心理分析のエキスパートなんだから
クレイトンがレイラを殺せるとは思わないでしょう。

どうしてクレイトンを雇ったのか?
そもそもタイトルがリクルートなんだから
この辺をスッキリして欲しいですね・・・。

投稿者:民生1973投稿日:2004-08-02 10:30:40
コリン・ファレルは佳い。が、それ以外には何の印象も残らない。
投稿者:eminem投稿日:2004-07-25 13:38:42
【ネタバレ注意】

アルパチーノが怪しいと思ってたんやけどまさか黒幕とは・・・。やっぱコリンファレル最高だ!けっこう楽しめました!!

投稿者:Johnny投稿日:2004-02-04 11:50:21
期待して見て、まあまあ楽しめたので面白いのかな。
話は、勧誘→試験→訓練→実務の流れなんだけど、CIAの新人は
こんな感じなのかなと思うぐらいで、
特に「これは!」的な物は残念ながらありませんでした。

今まで演じたキャラより弱い感じですが、
アル・パチーノの存在は凄く引き込まれます。
コリン・ファレルやブリジット・モイナハンもそれなりに
いい演技をしてたように思えます。良くも悪くもきっちり
まとまっていて軽いスタンスで観れば普通に楽しめる映画かな。
投稿者:hira投稿日:2004-02-01 17:47:47
CIAという組織を再確認するには良い作品だったと思います。スパイの哲学というのが存分に語られていました。
しかし、ファーム(新人育成所)の紹介が終わってからはありきたりの騙し合いになってしまって、興味は薄れました。まぁ、退屈はしないのでいいのですが・・・。
最近、出ずっぱりのコリン・ファレルですが、流石にいい役者だと思います。
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-01-31 19:06:52
簡単に予想出来る展開で居眠りしそうになりました。アル・パチーノ以外には見るもの無し。
投稿者:ピープル江川投稿日:2004-01-28 22:27:20
よかったわ〜これ。凡庸な題名からあまり期待してなかったんだが、
かなり予想以上。
まあ、サスペンスとしては、平均プラス1ぐらいだけど、
コネタが嬉しい。
カート・ヴォネガットのネタにニヤリ。
あとヒロインがキュート。
アルの老け具合にびっくり。
「ゲーム」が好きだった人にはオススsメ。http://mlcity.gaiax.com/home/egawa/main
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-01-28 00:08:09
タイトルからのイメージからするとあまり面白そうな作品ではないが、時間が立つにつれ、騙し騙されの繰り返しではまり込んでいく作品である。ストーリーは深く考えなければ理解出来るのだが、アル・パチーノ扮する教官の訓練の過程を深く追求していくとどこまでがシナリオでどこまでが違うのか何が何だか分からないパラドックスに落ち入り、正に「半落ち」状態の映画になってしまう。アル・パチーノも初老ながら教官として適役でいい味を出している。タイトルや予告編のイメージから想像出来ないからか伸び悩みで短期間で終わってしまうのは惜しい作品である。

20040127_Cinema鑑賞_80点
投稿者:スリットみかん投稿日:2004-01-25 23:35:31
【ネタバレ注意】

バークのホントの筋書きってどんなの?
レイラたちを犯人に仕立て上げてクレイトンに殺させるつもりだったの?

投稿者:dadada投稿日:2004-01-18 17:44:51
新旧スター競演のこの手の映画としては、マズマズですか。アル・パチーノは、太って無様になっちまった...残念。だからかどうかは知らないが、映画の中での勝敗は...。マイケル・チミノの「逃亡者」を思わせるクライマックスのシチュエーションだが、こちらも無様。ベテランは無様ぶりを体現し、若手は活きの良さを見せつける。そういう意味では、面白いコラボレーションか...。
投稿者:kon thai投稿日:2004-01-13 07:36:12
エンターテイメント性の高い映画です。もちろん最後まで飽きることはありません。CIAという国家機密を扱う人間の訓練とはどういうことなのか?という疑問を、事実はともかくとして、わかりやすく見せてくれます。作品全体はサスペンス映画に不可欠な緊張感をアルパチーノが見事に表現していて、役者の顔ぶれ、映像音楽の雰囲気、ストーリーの展開と高いレベルでスマートに仕上がっています。この題名の持つ安っぽいイメージを良い意味で裏切ってくれる映画でした。
投稿者:BunnyMax投稿日:2003-09-04 11:49:21
今のりにのってるColin Farrell。彼はこの映画ではなかなか演技的に
成長したところを見せ、主役を十分はれる成長ぶり。映画自体も
途中までは緊迫感をもって進むのですが、終盤わけがわからなく
なります。結局蓋を開けてみればAl Pacinoの行動が説明がつかず、
つじつまが合いません。映画のネタを作るためにまだるっこしいこと
をやっているだけで、プロットが練りきれていません。
CIAの訓練の過程は結構楽しめましたが、それだけです。http://hoppingmax.com/m-frame.html
投稿者:ちゃき投稿日:2003-06-21 07:13:33
CIAの特殊捜査官のリクルーターであり、トレーナーであるアル・パチーノがコリン・ファレルをリクルートし、その一連で起こることを描いています。とにかくアルの存在感がすばらしい。MIT出で運動神経も抜群のジェームズ(コリン)の役どころもはまっていてよかったです。惹きつけて離さないという役者の魅力も当然ありますが、ストーリーがまたすばらしい。あとから考えると巧みに張られた伏線が多彩で、またそれにうまくストーリーがすべてが乗っかっている。(ネタバレがないためには)こう書くのが精一杯なんですが、一度でなくもう一回最初から見なくては!と思わずにはいられない映画です。でも実はアメリカのマスコミの評価は低いです。CIAのトレーニングの様子が描かれているので、どこまで本当かは別として、やはり、ああいうトレーニングを受けている人たちはつらいな、強いな、と思います。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】リクルート2016/09/21\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】リクルート2016/09/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】リクルート <期間限定生産>2010/01/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】リクルート <期間限定生産>2005/07/06\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】リクルート2004/07/14\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】リクルートレンタル有り
 【VIDEO】リクルートレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION